櫻 葉 ブログ マトリョーシカ。 新到着 食虫植物 ムシトリスミレ rotundiflora Pinguicula 2号鉢 ロツンディフロラ ピンギキュラ

新到着 食虫植物 ムシトリスミレ rotundiflora Pinguicula 2号鉢 ロツンディフロラ ピンギキュラ

櫻 葉 ブログ マトリョーシカ

今週もイベントが盛り沢山っぽい感じですが、私が実質やるのはコレだけかな。 マトリョーシカの欠片を3個釣って、デイリークエで交換して、開ける。 期間は2週間なので、42個釣っちゃえば受け渡しの手間も省けますね。 明日以降のは最終日に纏めて開けるとして、まずは1個お試し開封です。 マトリョーシカの欠片3個を持ってベリアの家具商人なシリウスさんの元へ。 貿易商人とかの近くです。 すごく存在感薄い。 イベントのクエスト名は「[EV]明るく微笑む人形」です。 お使いとかは特に無し、その場で交換してもらうシンプル系。 報酬は選択性になってます。 この箱 ? は開けると当たり外れがあります。 人によってはクロン石が当たりな場合もあるかもですが、そこは適当に。 開けてみた。 特にルーレットとかは無し。 記憶の破片を1個獲得しました。 1番目のマトリョーシカの中身がちょっと気になるけどなんだったんだろう。 最後まで行ってもカプラス石なので、そんなに大差なさそうですけどね。 その辺りは最終日にいろいろ見てみようと思います。

次の

【鹿児島、天文館グルメ情報ブログ!】鹿児島天文館のランチから居酒屋から、鹿児島屋台村まで。: サラダ、ご飯、味噌汁、カレーお代わり自由!グルメ通りマトリョーシカ!

櫻 葉 ブログ マトリョーシカ

>詳細は後程、上げる予定です。 なんつって前回書いてますが、 実は、写真を1枚も撮っていなかった…。 相当テンパって、番長氏にもヒズられてましたんで。 --------------------------------------------------------------------- 金曜日夕方。 残念ながらこの時点でGPクラスのエントリーは、 ご当地、「水沢ラジコンレーシングチーム(以下MRT)」の2名と 「ZEN」橋本氏の計3名。 でも実は、2位、3位ゲットでも相当な年間ポイントが得られるな…。 と密かに目論んでいたのだが、これぞ取らぬ狸のナントカ。 突然、ヒョッコリと「Team Bomberチームボンバー」のミソ加藤氏が 現れたのである。 本人曰く「ぶらっとしてたらラジコン屋さんが見えたので寄っただけ」 だそうが、なぜかF1だけは持って来たらしい…。 コースにご案内すると、加藤氏は驚くほど「天下統一」のときのことを 覚えていた。 あれから2年近く経ち、毎週のように各地でレースをされているであろうに うれしい限りである。 さらに、加藤氏からは 「関東からもう1~2人来ますよ。 」 と、驚くべき情報がもたらされる。 私の「MRT35ポイントゲット計画(あわよくば45ポイント)」が、 瓦解し始めた瞬間である。 土曜日。 わがMRTチームエースK氏は、 既に昨夜からその火蓋が切って落とされた加藤氏との「舌戦」に晒されている 真っ只中であった。 私は、加藤氏のタイムをみて驚いた。 032…。 トエルヴでも滅多に見ないタイムである。 伝え聞いたところによると8秒台を目指しているらしい。 恐るべし…。 しかし、K氏も負けていない。 096…。 K氏自身の今までのベストラップは9. 4付近。 もちろん手を抜いて練習していたわけではない。 しかし、山の頂上だと思ったらまだ頂上はあった。 みたいな…。 あるいは、 1UPキノコはねぇ~だろ。 と思っていたら、何もない空中からブロックが現れた。 みたいな…。 あるいは、 エイリアンの惑星から脱出したら、脱出した宇宙船に まだエイリアン乗ってました。 みたいな…。 あるいは…、 な感じである。 ちなみに、加藤氏は来店から630LAP走り込んで頂いている。 ここまで走って頂けるとは地元冥利に尽きるというもの。 さらに、 GPクラスには千葉から、TEAM SONIC 櫻尾氏 (なんとワールドドロームチャンピオンだそうです。 ) そしてFutaba Racing 木村心哉氏が参戦することが判明。 土曜日夕方、 居た方たちの協力を得てバナー貼りを終えたサーキットはまるで 文化祭のようなお祭り気分。 「おお、こんな遠く蝦夷(えみし)の地のチッコイサーキットに、 こんな大きな大会が来てくれるなんて!!」 私は超テンションが上がって、わがチームドライバー達の重圧のことはすっかり忘れてました。 つづく…。 つづき…。 日曜日 昨日の準備でなんだかレースが終わっていたような気がしていたが、 実は今日こそが本番である。 気合を入れて朝6:30に起床!! しかし、途中、 円盤状の加工肉食品をおいしく焼いてチーズと一緒にパンで挟んだ 素敵なご馳走を、注文から60秒以内に提供してくれる 謎のお店に迷い込んでしまい大きくタイムロス。 この大イベントは主催者遅刻でその幕が切って落とされたのであった。 そればかりか、 ボランティアスタッフS吉氏は超気を利かせ、 タイムスケジュール表とジェットインクをたっぷり(しかもグリーンだけ!) 使っちゃったであろうことが想像に難くないコースゼッケンを、 それも全車の全レース分印刷してきていた。 その後、今度は外でみんなの凄まじい量のタイヤを削りまくるS吉氏…。 まるで、昔の「GTなのにRV」みたいな大活躍である。 7:30受付開始。 幸いドタキャンもなく全員参加していただいた。 後から考えると、この「受付ギョウム」が私の一番働いたときだった。 と、いうことで 10:00スタートに間に合わせるため、 ドラミーティングは若干「マキ」が入っての進行。 そして、いよいよレーススタート。 私は運営に全力投球しようと考え今回レースには参加しなかった。 が、かといって運営はボランティアに進行して頂いたので見た目はラク…。 いや~でも精神的にはテンパっていたんですよ。 アヒルの水かきというやつですね。 (ん?あれ?逆か??) 以降、 個人名の伏字は、雑誌、F1RCGPのHPもあることですので何の意味も持ちません。 ただ!! なんかこの方が書きやすいんですよ。 んなので、見にくいとは思いますがお付き合いくだされば幸いです。 F1クラス 1ラウンド目は 地元 O川氏が一人飛びぬけ25周に到達。 ベストラップも9. 705秒を叩き出していた。 14秒という僅差 そして、この1ラウンド目に9秒台のベストラップを記録していた方がもう一人…。 遠く、沿岸からお越しのM浦氏、 この時点で13位だがベストラップは9. 951に到達していたのであった。 F1GPクラス 1ラウンド1走目 橋本(ZEN)氏、櫻尾氏が25周に到達。 橋本氏のベストラップは9. 365! 1ラウンド2走目 加藤(BOM)氏は 26L 4:05. 314 に到達。 K澤(MIZ)氏は 26L 4:07. 207 の1. 8秒遅れ 暫定1位、2位がこの二人となり、3位にわれらがセカンドドライバー A木氏 25L 4:00. 044 がつける。 間髪いれず2ランドに突入! F1クラス O川氏は自己の1ラウンド記録に届かず。 しかしベストラップは9. 813 で暫定2位。 1ラウンド3位GTO氏は24周に到達するも 24L 4:09. 844 1ラウンド目8位のA部氏が 24L 4:08. 270 で一挙に3位。 13位だったM浦氏は 24L 4:09. 417 で、9ランクアップの暫定4位を勝ち取りGTO氏は5位に後退。 F1GPクラス 1ラウンドから順位に変動はないものの、 加藤氏が 26L 4:00. 688 と、1ラウンドから5秒も縮めK澤氏を引き離しにかかる。。 そのベストラップは9. 075!! 前人未到の4分で27周までわずか0. 688…。 出るのか27周!? お昼休み。 ありえないことだが、私はお昼ご飯を食べなかったのである。 それほど精神的に追い詰められていたのだ。 アヒルの水かきである。 (ん?やっぱり逆か??) ちなみにその後サーキット周辺は局地的豪雨に…。 いよいよ予選最終ラウンド。 F1クラス この時点でAメインボーダーラインは SS木氏の 23L 4:01. 965 O川氏は自己の1ラウンド記録に届かず。 しかしベストラップは9. 813 で暫定2位。 1ラウンド3位GTO氏は24周に到達するも 24L 4:09. 844 1ラウンド目8位のA部氏が 24L 4:08. 270 で一挙に3位。 13位だったM浦氏は 24L 4:09. 417 で、9ランクアップの暫定4位を勝ち取りGTO氏は5位に後退。 F1GPクラス 1ラウンドから順位に変動はないものの、 橋本氏が2ランウド目に対し7秒近く縮める 25L 4:02. 904 注目のポール争い、 K澤氏は、3ラウンド目、2ラウンド目にわずか0. 7秒及ばす、 2ndグリッド確定、 そして27周あるか? に注目の集まった加藤氏の3ラウンド目、 こちらも2ラウンド目に、なんと0. 08秒及ばすの 26L 4:00. 762 しかし、なんと加藤氏はついにベストラップ8. 933に到達するのである!! なぜ、そんなに加藤氏がハヤイのか!? それは、TeamBomberのメインシャーシとTバーを使っているからだそうです。 ご本人が言っているので間違いないでしょう!! 皆さんもBomber製品を是非お使い下さい。 在庫ないときは注文取り寄せもできます。 ってことで、どんなレースも始まっちゃえば早いもの。 (走ってないからだろ!というツッコミもあろうかとは思いますが…。 1時間に近いインターバルの後、 いよいよF1クラス決勝、まずはCメイン。 しかし、運営者側には大きい課題が突きつけられていた。 なんと各メイン全員への出走前インタビューをせねばならんのだ! が、ここで予想もしない(いや、予想はしていたが) インタビューの神降臨。 その様子を見て私は別なことを考えていた。 どうしてもあのひとことを言いたくなってきたのだ。 しかし、 ほんとにこれ言ったら地球がエウロパになってしまうかも しれないのでやめときましたけどね…。 ま~これはね。 凄いですよ…。 F1もF1GPクラスも。 ほんと、みなさん凄すぎます。 この凄さをな~、いろんな人に知ってもらいたいよな~。 ってくらい凄かったです。 詳しくはラジコンマガジン9月号で!! あと、 F1RCGPのホームページ更新をのんびり待ちましょう!! そして皆さんには語り継いで行ってもらいましょう!! だからココには書きません。 (本当は記憶が薄らいできた…。 ) で、運営最後の大仕事は表彰式…。 私の手作りのちょっと歪んでいるけどメチャクチャ頑丈な マトリョーシカ式(失敗)表彰台に上位3選手が上がり、 超ゴージャスなトロフィーを受取り、 そして最後は超ゴージャスなシャンパンファイト!! シャンペ~ンですよ!!発泡酒じゃないんですよ!! 「ほんとにやるの?」 「かけるの?」 と、はじめはオヨビ腰だった選手たちもフリフリしたシャンパンの栓が抜けると、 もう心のダムが決壊して本当に酒を掛けあってますよ。 う~ん、F1チックだ…。 大人になってからこんなことするなんて、ま~ないっすよね。 ということで、2010年のウチの最大イベントだったF1RCGPもここに幕を閉じたのである。 参加、協力していただいた皆さん、 当店を開催地に選んでいただいた北澤様、 遥か遠方からご参加いただきました方々、 謹んで御礼申し上げます。 ってことで、私がたった1枚だけ撮った写真がこれ…。 う~む、なにやらみんなグッタリして、敗戦の様相を呈しているが、 これ、祝勝会ですからね!! ってことで、ほんとにめちゃくちゃでしたが、これ、 金曜の夜第2サーキットで番しながら書いてるんで時間がかかったんですよ。 後半はもう記憶が薄らいできてすっぽ抜けてますが…。

次の

マトリョーシカの欠片が3個集まったので交換クエストやって開けて来た【黒い砂漠Part2981】

櫻 葉 ブログ マトリョーシカ

今週もイベントが盛り沢山っぽい感じですが、私が実質やるのはコレだけかな。 マトリョーシカの欠片を3個釣って、デイリークエで交換して、開ける。 期間は2週間なので、42個釣っちゃえば受け渡しの手間も省けますね。 明日以降のは最終日に纏めて開けるとして、まずは1個お試し開封です。 マトリョーシカの欠片3個を持ってベリアの家具商人なシリウスさんの元へ。 貿易商人とかの近くです。 すごく存在感薄い。 イベントのクエスト名は「[EV]明るく微笑む人形」です。 お使いとかは特に無し、その場で交換してもらうシンプル系。 報酬は選択性になってます。 この箱 ? は開けると当たり外れがあります。 人によってはクロン石が当たりな場合もあるかもですが、そこは適当に。 開けてみた。 特にルーレットとかは無し。 記憶の破片を1個獲得しました。 1番目のマトリョーシカの中身がちょっと気になるけどなんだったんだろう。 最後まで行ってもカプラス石なので、そんなに大差なさそうですけどね。 その辺りは最終日にいろいろ見てみようと思います。

次の