フロートリグ。 【フロートリグ】アジング・メバリングに有効な飛ばしウキ仕掛けを徹底解説|TSURI HACK[釣りハック]

【エギングロッドでメバルを釣る!】フロート&キャロライナリグ編

フロートリグ

アジングで使われるフロートリグの2つのパターン アジングで使われるフロートリグは、遊動式とFシステムの2つに分類されます。 まずは、それぞれの全体像と特徴を紹介しておきますね。 遊動式(中通し)• メインライン:PEライン 0. 3~0. 中間リーダー:フロロカーボンライン 3~5lb• 飛ばしウキ• クッションゴムorシモリ玉• スイベル• ショックリーダー:フロロカーボンライン 3~5lb 遊動式が最もオーソドックスなフロートリグです。 その名の通り、遊動式の飛ばしウキからスイベルを経由してジグヘッドがつながる構図となります。 メインラインはPEラインが推奨されますが、フロロカーボンラインでも問題ありません。 (この場合は中間リーダーが不要になります。 スイベルとクッションゴムは別々に揃えてもいいですが、一気に手に入る上記のMキャロ用がおすすめです。 アジングでフロートリグやキャロライナリグといった遠投リグを使うときは、必須となりますので、持っておいて損はありません。 Fシステム(3点フロートリグ)• メインライン:PEライン 0. 3~0. 飛ばしウキ• ショックリーダー:フロロカーボンライン 3~5lb• ジグヘッド&ワーム Fシステム(3点フロートリグ)は釣り具メーカー「アルカジック」が提唱するシステムです。 PEラインとショックリーダーを直結した後、PEの端糸に短いフロロカーボンラインを直結して飛ばしウキを繋げる仕組みとなります。 こっちはこっちで利点があるのですが、遊動式とごっちゃにして解説するとわかりにくいので、Fシステムは別の機会に解説記事を作ろうと思います。 遊動式フロートリグのメリット・デメリット ということで、ここからは遊動式フロートリグにテーマを絞って、特徴を解説していきます。 メリット まずは、遊動式フロートリグのメリット!以下の3つです。 キャストの飛距離が大きく伸びること• 遠投リグなのに感度も良好なこと• 巻かない誘いができる 遠投リグなのでキャストの飛距離が大きく伸びるのは当然っちゃ当然ですが、感度が良いというのは、遊動式フロートリグの大きな強みです。 飛ばしウキが中通しなので、ラインに沿ってスルスル動きます。 ジグヘッドの感覚がほぼ直接的に手に伝わりますので、感度が損なわれません。 また、飛ばしウキが水面に浮いていますので、巻かずに誘えるのも魅力のひとつです。 食いがシブい時やショートバイトが連発する時には、そのエリアで巻くのを止めて、ワームだけをちょんちょんやって誘ってみるのもおすすめですよ。 デメリット 逆に遊動式フロートリグのデメリットはこちらの2つ。 風や波にあおられやすい• 水深のあるフィールドのボトム付近が攻めにくい フロートリグはウキがプカプカ浮いた状態での釣りとなりますので、ウキ自体が波にあおられたり、メインラインが風にあおられたりしやすくなります。 強風時や波が立っているコンディションではリグの制御が難しいです。 また、潮の流れにもガンガン流されますので、流れが速い釣り場でもイマイチ機能しづらくなります。 ウキ下は完全にジグ単状態ですので、仕掛けが沈むスピードも遅めです。 水深のあるフィールドのボトム付近は攻めにくくなります。 ただ、これに関してはジグヘッドの重量を上げることである程度対処できますので、それほど大きなデメリットではありません。

次の

Arukazik Japan

フロートリグ

やメバリングにおいて、表層を狙うのにとても役立ってくれるのがフロートリグです。 フロートリグがあれば、軽いワームやルアーでも遠くまで飛ばすことができ、釣果を伸ばすサポートとなってくれます。 本記事では釣り歴20年以上となる筆者がフロートリグの選び方やおすすめ品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 フロートリグを選ぶときの3つのポイント ロッドのキャストウエイト上限を守る フロートリグには大小さまざまな大きさと重さがあります。 フロートリグを選ぶときには、自分が持っているロッドのキャストウエイト上限を必ず守るようにしましょう。 キャストウエイトの上限を超える重さのフロートリグを使うと、ロッドを破損してしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。 特に繊細なアジングロッドやメバリングロッドでは気をつけるようにしておきましょう。 見やすさを付加してあるものを選ぶ アジングやメバリングは夜に行うことが多い釣り方です。 そのためフロートリグは見やすい色や工夫がされたものを選んでおきましょう。 フロートリグはプラスチックで形成されているものが多く、暗いなかで見失ってぶつけてしまうと、壊れてしまうこともあります。 具体的にはホワイトやピンクといった視認性の高い色のものや、発光体を装着できるようになっているフロートリグがおすすめです。 適切な浮力のものを選ぶ フロートリグは海面付近を釣っていくのに適した仕掛けですが、あまりにも浮力が強いものを使うと波や風の影響を受けやすくなり、釣りがしにくくなってしまいます。 そのためほんのわずかに浮力が抑えられたものや、ゆっくりと沈んでいくタイプのフロートリグを選んで使っておくのがおすすめです。 同じ製品のラインナップに、浮力の違うモデルが販売されていることが多いので、選ぶときには注目してみてください。 フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5 ここからはフロートリグのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介。 筆者がフロートリグ選びのポイントを踏まえたおすすめ品なので、ぜひ参考にしてみてください。 5位 ダイワ 月下美人 月ノ雫II F Amazonの情報を掲載しています フロートリグの自重:3. 8g 海面ぎりぎりに浮くように浮力が調整されているシマノのフロートリグ。 ラインを切らずにセットできる仕組みが人気の理由となっています。 Amazon商品価格(2018年4月29日現在) 864円 フロートリグ使用上の注意点 ゆっくり大きな動作で投げる フロートリグはルアーとの間に「リーダー」といった先糸があり、うまく投げないと仕掛けが絡んだり、には自分に針が引っ掛かってしまったりすることもあります。 フロートリグを投げるときには、ゆっくりと大きな動作で投げるのがコツです。 瞬間的なインパクトで投げても飛距離は伸びず、トラブルの原因となるだけなので覚えておきましょう。 ロッドティップからフロートリグまでのタラシを、50cmほど取っておくと投げやすいので参考にしてみてください。 【こちらもCHECK】フロートリグに関連するおすすめ動画はこちら.

次の

【メバリング】フロートリグの使いこなし術!仕掛けの作り方と誘い方のコツとは|TSURI HACK[釣りハック]

フロートリグ

で、このアジングロッドが良さそうだったと? 意外に少ない?フロートリグの選択肢 フロートリグと言えば、軽いジグヘッドを沖まで飛ばしてただよわせて食わせたり・・・。 水深の浅いエリアを引いてきたり、フロートがゆっくりと沈むような重さのジグヘッドを付けて全層を探ったり・・・。 色々な楽しみ方ができると言えます。 ただし、そのフロートと言えば飛距離は出せるものの重量があります。 このため、スペック的にリグを投げられるのか?というのが一番の問題点です。 実際にソアレBBアジングのLタイプは適合ルアーで12g、言わば硬めのアクションになっています。 それでいて、自重は71gとくるから・・・。 めちゃ軽いですね。 他に悩んだ同じシマノのロッド比較 ソアレBBアジングにする前に悩んでいたロッドもあります。 それが次の表になります。 全長(m) 適合ルアーWT(g) 本体価格(円) ソアレBBアジング74L-S 2. 24 0. 5-12 15,500 ソアレBB S80L-T 2. 44 0. 8-10 16,000 ソアレSS 76ML-S 2. 29 1-14 27,000 この辺りのロッドが、気になって悩んでいたのです。 実際に使うフロートの重さが10.5gです。 これはアルカジックジャパンのシャローフリークのF(フローティング)10.5gです。 このシャローフリークが使いやすく気に入っているため、どうしても10gでは軽いというのが実際のところです。 そして、欲を言えば1g以下の軽量ジグヘッドも扱いたい・・。 そんな希望から選択したのがソアレBBアジング74L-Sでした。 それでも気になる適合ルアーウェイト 実は、12gまでというのは、適合ルアーウェイト(g)であって、リグで12gという表記では無いのです。 なので、実際に10.5gというフロートは飛ばせるとは思います。 しかし、投げていないことには分かりません。 それにソリッドティップを採用していることもあり、投げて折れないか?とか、めちゃくちゃ気にしました。 なので、ロッドを買う時にシャローフリークをいつもの10.5gではなく、もう一つ軽い7.5gというのを3つ、4つ買いこんでいました。 まっ!とりあえず、いつも使っている10.5を投げてみよっか~。 ってなことで、投げて見ました。 実際にフロートリグは使いやすい? ブルブルとフロートが動いてますが、実際にフロートリグでアジが釣れました! 遠投して、アタリとかも分かるのかなぁ。 とか思っていたのですが・・・。 分かりました。 実際に使っていたのはPE0.3号にリーダーは1.2号です。 サイズは、小鯵サイズだったのですが・・・。 魚が掛かってからよりもキャストフィールが気になっていました。 投げやすさは、良い感じです。 ソリッドと言っても、急に柔らかくなっているような食い込み重視のソリッドで無いのが良いのかもしれません。 7.5gのほうが使いやすいのかも。 なんて思っていましたが、遠投できるなら10.5gに越したことはありません。 笑 使用していたジグヘッドは0.3g リグの合計で10.8gです。 ワームの重さまでは加算していませんので、ご了承ください。 メーカー推奨の適合ルアーウェイト以上の重さを投げるのは、破損の原因になるかもしれませんので、自己責任でお願いします!.

次の