ペット 2 デイジー 声優。 内藤剛志&伊藤沙莉「ペット2」に参戦! 豪華声優陣の声をおさめた本予告も公開

ペット2映画のキャラクターと犬の種類は?登場人物と新キャラについても

ペット 2 デイジー 声優

目次 ・ - ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 映画『ペット2』 映画『ペット2』は、2019年に公開されたアメリカのアニメーション映画です。 日本では2019年7月26日(金)より公開になりました。 2016年公開の『ペット』の続編として製作されました。 飼い主がいない間のペットたちが巻き起こす騒動を描いたシリーズ第2弾です。 製作はイルミネーション、監督はクリス・ルノーです。 クリス・ルノー監督は前作『ペット』や、ミニオンの映画『怪盗グルー』シリーズを手がけてきました。 日本語吹き替え版の声優では、お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さん日村勇紀さんのお2人がメインのキャラクターの声優をしているんですよ。 そのほかにも、女性から人気のあるモデル・タレントの佐藤栞里さんや、女優の永作博美さんなども声優をしています。 テリア系の雑種で、ジャックラッセルテリアに似ています。 飼い主のケイティに甘やかされて育ち、少し気が小さくて寂しがり屋さんです。 マックスは元気いっぱいで、動くものに敏感に反応する好奇心旺盛な犬です。 デュークとは1作目からの親友です。 『ペット2』ではケイティの息子のリアムを過保護に溺愛して、ストレスがたまってしまいます。 日本語吹き替え版声優:設楽統〈バナナマン〉 映画『ペット2』のキャラクター:デューク 『ペット2』でも、主人公のマックスの親友としてデュークが登場します。 デュークは、前作でマックスと同居することになった大型犬です。 ケイティの1番犬の座をマックスと競っていましたが、徐々に心を開いていき親友になります。 おおらかでポジティブな性格のキャラクターです。 日本語吹き替え版声優:日村勇紀〈バナナマン〉 映画『ペット2』のキャラクター:ポップス.

次の

ペット2【映画】ウサギのスノーボールの声優は?悪役からヒーローに!

ペット 2 デイジー 声優

伊藤沙莉さんには何の恨みもありませんが、どちらかというと棒読みよりの吹替です。 ただ、木村佳乃さんとか、米倉涼子さんとかああいった部類の最初から最後まで棒読みというわけではないのでひどすぎるというのも違いますが…… 『ペット2』ではタレント声優さんが吹替をしているキャラクターがいる中、人気のプロ声優さんも多数出演しています。 プロの方と比べると差は歴然なので、気になる人は気になってしまうかもしれません。 実際私はかなり気になりました。 「ふぁ?! これ誰が吹替してるん!? 悪目立ちしすぎじゃねえか!」 とか……地上波だったらおそらく声をあげたと思います。 ちなみに、プロ声優さんは宮野真守さんをはじめとして「沢城みゆき」さん、「梶裕貴」さん、「中尾隆聖」さんが出演。 予告では名前が出ていなかったキャストとしては「南條愛乃」さんもプリンス役として登場しているので、声優さんのファンである方は見に行って損はないです。 ただ、前述通り実力差はあるのであしからず。。。 みんなの評判 伊藤沙莉さんの声良いなーハスキ〜 — D-suke0203 gobou0203 伊藤沙莉さんの声ドストライクすぎてずっと聴いときたい 思えば女王の教室観てたころからハスキーボイスが好きだったのかもしれない — いりえ irie8221 ちょっと『ペット2』の 吹替の伊藤沙莉さんの評判をつぶやている方がいらっしゃらなかったのでなんともいえませんが…… 地声は絶賛されています。 うまくないと思ったのは私だけかもしれませんね…… 前作『ペット』を無料視聴する方法 今回公開された『ペット2』は、 『ペット』の続編で、 キャラクターもストーリー設定も前作から受け継いで話が展開されます。 できるだけ前作『ペット』は見ておいたほうが本作を楽しめるので、ぜひチェックしてみてください。 ちなみに、 前作『ペット』は、 DVDレンタルサービス「TSUTAYAディスカス」で完全無料で見られます。 ストーリーもわかりやすく、 小さい子供でも理解できる内容になっています。 大人でも楽しめるようなくすりと笑える描写も多々あるので、大人が全く楽しめないというわけでもない映画ですが、総評としては子供に好まれそうな映画といったところ。 前作とくらべて面白さは変わらず、犬たちの友情にスポットが当たっていた前作とは変わって、キャラクターたちの成長が本作では主に描かれました。 恐怖心に打ち勝つ方法を模索したり、キャラクターが成長する過程を描いた『ペット2』は、鑑賞した人が大人なら深い意味を考えさせられる映画かもしれません。 私個人的には、 同日に公開された『アルキメデスの大戦』は大人向けの映画でかなり楽しめたので、この2本で迷う猛者はいないと思いますが……もしどっちがいいかなと悩んでいるなら後者のほうがいいかもしれませんね! レビュー等を参考に見る映画は決めてみてくださいませ! まとめ 以上が『ペット2』でデイジー役を担当した「伊藤沙莉」さんについて簡単にまとめでした。 賛否両論あると思いますが、管理人はやっぱりタレントさんや女優、俳優さんではなくプロ声優さんを使ってもらいたいなぁと思う今日この頃。。。 本作は面白かったにせよ、ちょっぴり「もやっと」でした。 ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしください! 『スポンサーリンク』.

次の

伊藤沙莉のハスキーボイスを活かしたキュートなシーズー/映画『ペット2』予告編

ペット 2 デイジー 声優

来歴・人物 [ ] 概略 、を卒業。 附属演劇研究所、現代演劇協会附属総合芸術学院を経て、 より『』附属『』に所属。 2月に昴を退団。 フリーとなり、個人事務所『トモダチ』を開設。 演劇プロデュース集団『演劇婦人商会わたらっぱん』を主宰。 7月より所属。 中学・高校・短大 の女子校に通い、当初はバレー部に所属するも1年で退部。 1年生の時に観たの『』をやってみたいと思い、演劇部に入る。 100人以上の部員がいる人気の部活動という事もあり、発声や早口言葉などの基礎を先輩から厳しく指導される。 中学2年生の時、文化祭で『』の主役を演じる。 学校の礼拝堂での上演後、アメリカ人の宣教師の先生から手を握られ、泣きながら感動を伝えられる。 この時の思いが嬉しい体験として心の中に残り、芝居をする事の楽しさを知る。 また、自分が一生懸命になれる事に気が付く。 演劇が来るような学校だったので、観劇後に役者と対談出来る際には必ず参加するようになる。 高校生の時には、自分達で作ったシナリオで芝居を上演し、脚本や演出も行う。 文学座の『』を観て、の演じる姿に憧れを抱く。 高校卒業後、横浜市内にあるミッション系の女子短大に進学する。 文学座 短大を卒業する頃、「このまま仙台に帰ってしまうよりは、一回だけ文学座を受けてみよう」と思い立つ。 この2年間は何もやっていない事もあり、期待薄の受験であった。 しかしながら、合格し、それでは「10年頑張ろう」と目標を定める。 1年後の選考では落ちてしまうも決意は揺らがず、昴にいた友人にも勧められて試験を受ける。 昴 研究生の時、劇団の勧めで参加したのオーディションに合格し、芝居と声優を同時進行で学ぶ。 当時、声の仕事をする人間を新しく育てようという機運が業界全体に存在しており、制作会社から劇団などに広く呼び掛けが行われていた。 付いていた講師は、演出家のと。 週1回程度で研修が始まるが、ディレクターの多忙でレッスン時間の確保が難しくなって行く。 実践で覚える方針に変更された為、様々な番組のオーディションを受ける。 TVシリーズ『』主演のアマンダ役に選ばれ、劇団の本公演に立つよりも先にデビューが決定する。 アマンダを演じて行く中で、声の仕事の難しさと魅力に惹かれて行き、沢山やりたいと思うようになる。 ベアーズの出演後、仕事が増え、忙しい時期が訪れる。 アニメにも意欲があり、オーディションを受けた『』で初のレギュラー。 翌年に出演した『』のが当たり役となる(第6回 女性キャラクター部門1位)。 作品『』などの海外アニメの吹き替えも担当する。 目標とした10年よりも早く、芝居を始める契機でもあるシェイクスピア劇への出演を果たす。 劇団の主宰・の演出で『』のを演じる。 翌年には、『』にハーミア役で出演する。 また、同演出の最後の上演となったの作『父親の肖像』では、主演を務める。 声の出演依頼も継続され、吹き替えでは、を筆頭に、、、、などの女優を担当。 のメンバーであるの日本語版専属声優も務める。 その後の演劇活動においては、の演出で上演された『』のオリジナル・メンバーとなる。 再演を重ねて、劇団の財産演目へと成長して行く。 福田恆存回顧公演として三作品が連続上演された際には、詩劇『明暗』に出演。 作者の実妹をモデルに理想化されたヒロインの一人を演じる。 プロデュース公演にも参加し、現代劇連続上演では、の演出で社会劇『』に出演する。 独立 - 現在 演劇プロデュース集団・演劇婦人商会わたらっぱんの代表を務め、演劇公演を制作する。 旗揚げ公演では、の作『トタン屋根の女』を上演する。 第2回公演では、『よりそう』と題して新作を書き下ろし、2作を連続上演。 今後も追いかけていくテーマとする。 また、被災地となった故郷・仙台での公演『えっちゃんの"街" ~東一番丁物語~』を企画し、様々な思いを胸に刻む。 一方、の作『鶴亀』やの作『』などの創作劇にも取り組む。 の喜劇作品では、昴在籍時に外部出演した『イカイノ物語』を契機とし、以後も『花咲く家の物語』といった諸作に出演する。 新たな趣向として『』を原作としたや声優口演などにも参加して行く。 10年先、20年先に立ち、幅広く活動を続ける先輩役者を目標とし、演劇・声優・ナレーションなどで活躍している。 エピソード [ ] 特技は4歳の頃より習い始めたで、の腕前。 やもたしなむ。 憧れた女優は、や。 の状況劇場も好きで、友人たちが誰も興味が無い中で、いつも一人で観劇に行っていたとのこと。 ディズニー [ ] かつては、と共にビデオのナレーション吹き替えを務め、をはじめ複数のキャラクターも演じていた。 しかし現在、土井や江原がナレーションを務めた時代のビデオは、土井が役を担当した『』などごく一部を除いて全て廃盤となっている。 近年視聴が可能なソフトは、土井がほぼデイジーダック専任となって以降のものか、ブエナ・ビスタ版のものである。 出演(女優) [ ] テレビドラマ [ ]• 第2話「かたき同士の家族」(1976年、TBS)• 第110話「危うし! 女刑事」(1977年、TBS)• ・(1979年、TBS)• 第10話「大爆破3秒前」(1980年、テレビ朝日)• 第59話「ドッキリ写真! 女の後ろに犯人が!! 」(1981年、TBS)• 第20話「落ちこぼれの愛」(1983年、TBS)• 第37話「宿場町、泣く女」(1987年、日本テレビ)• 「捜査回避 再婚したい女が殺された! 殺人容疑は相手の私…」(2002年3月23日、テレビ朝日) - 鈴川衿子 舞台 [ ] 年度不詳• パーティ・タイム(ダスティ) - 作: 1976年• たくさんのお月さま(村の娘、レノア姫)- 作: 演出:中西由美 1981年• (1981年 - 1982年、市民) - 作: 演出:• ベッドルームを拝借(ジャン) - 作: 演出:樋口昌弘 1982年• 御意にまかす(ディナ) - 作: 演出:• 業平(女房常子) - 作: 演出: 1983年• エデン・シネマ(シュザンヌ) - 作: 演出:村田元史 1984年• () - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:福田恆存 1985年• (1985年 - 1986年、ハーミア) - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:福田恆存/樋口昌弘 1988年• (1988年 - 1992年、ベリンダ) - 作: 演出:加瀬谷慎一• 父親の肖像(岡村まり江) - 作: 演出:福田恆存/樋口昌弘 1990年• (1990年 - 1992年、2001年、フェイ・リルマン、母親ローズ) - 作: 演出: 1992年• Road-ロード-(モーリー/クレア) - 作:ジム・カートライト 演出: 1993年• (シーリア) - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:リチャード・E・T・ホワイト/クリスティン・サンプション 1994年• ベルナルダ・アルバの家(マリーア・ホセーファ) - 作: 演出:村田元史 1995年• カモメたちの晩夏(水野文恵) - 作:ザ・サード・ステージ/西川信廣 演出:西川信廣• ザ・カヴァルケイダーズ(ブレイダ) - 作:ビリー・ローチ 演出:菊池准 1996年• 修道女(アルパジョン修道院長) - 作: 演出:村田元史• 明暗(河野祥枝) - 作:福田恆存 演出:村田元史 1997年• 秋の歌(桐岡襟子) - 作: 演出:小林裕• (1997年 - 2000年、2002年、チャーリー/子供、街の人、過去の精霊/ディルバーのかみさん) - 作: 演出:村田元史、松本永実子/菊池准 1998年• プレイング・フォア・タイム-命を奏でて-(エステル) - 作: 演出:村田元史 1999年• (ヒーロー) - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:菊池准 2000年• (リンデ夫人) - 作: 演出: 2001年• イカイノ物語(2001年、2014年、町子) - 作・演出: 演出代行:、演出:永井寛孝 2002年• いい血、炊き出し…(片岡房子) - 作:• 風待公園 - 作:ふたくちつよし 演出:村田元史• 蛍(よし子) - 作: 演出:大場正昭• (語り手) - 作曲: 台本: 2003年• 桜の樹の下で(よし子) - 作:コメオン工房• 眠れぬ夜(今井の母井出) - 原案: 作・演出:鯨エマ 2004年• 恋の片道切符(矢作朱美) - 作・演出:堤泰之• 鶴亀(お芳) - 作: 脚色:久保田万太郎 演出:大間知靖子• トタン屋根の女(長沢絵美子) - 作: 演出:森さゆ里 2005年• 花も嵐も旅芝居(金子みすず) - 作:マルセ太郎 演出:永井寛孝 2006年• 愛さずにはいられない(石原洋子) - 作・演出:堤泰之 2009年• a Suite ~ア・スイート(ローリーの母) - 作: 演出:/• しぶとさは三文の得!笑う門にはつるかめ荘(玉川みさ) - 作:マルセ太郎 演出:永井寛孝 2010年• よりそう~パート1「シャンソンしてて日が暮れて」(関屋悦子) - 原案:土井美加 脚本:シノさん&わたらっぱん 演出:• よりそう~パート2「よりそう」(女) - 作・演出:塩塚晃平 2012年• えっちゃんの"街" ~牛タン、笹かま、七夕シャンソン~(えっちゃん) - 原案:土井美加 脚本:シノさん 演出:永井寛孝• (鼠ばあさん・リータ) - 作:ヘンリック・イプセン 演出:毛利三彌 2013年• えっちゃんの"街" ~東一番丁物語~(えっちゃん) - 原案:土井美加 脚本:シノさん 演出:永井寛孝• 「誤認の女」-ダブルバージョン- - 作・演出: 2015年• 詠舞台『』(声) - 作: 舞台原案: 演出:中村和明 2017年• プラネタリウム語り芝居 ~宮沢賢治『双子の星』~(語り手) - 作: 演出:小林拓生• 三島由紀夫の世界vol. 1 ~『葵上』~(六条康子) - 作: 演出:小林拓生 2018年• 花咲く家の物語 - 作:マルセ太郎 演出:永井寛孝• 蟲師・音楽夜話『蟲音・奏』 - 原作:漆原友紀 企画・音楽: 出演(声優) [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 1977年• (お梅、おそめ、皇女和宮 幼年 、琴、さなえ、栴檀皇女、千姫 7歳時 、鎮西八郎為朝 幼年 、藤太郎、紫式部 幼年 ) 1978年• (新聞部員) 1980年• (アナウンスリンダ)• (マリー、リーザ) 1981年• (カエデ)• (竹田レイコ、ミユキ)• ( カレン姫 、ローレライ)• (大林くに子) 1982年• (ウェンディ)• (ディードー)• ( ミンミン、ヤンバルクイナ、女医)• (ミリー)• (ガウツ・ガム)• ( )• (ミエール)• ( ママ ) 1983年• (パステル・プチ)• (ミャーン)• ( フーケ・エローズ)• (ドナ・リンレイ)• (零子)• (MM3・霧賀亜子)• (ベラミ)• ( マーベル・フローズン)• ( 森沢なつめ) 1984年• (フル・フラット)• ( ラーナ・イザビア)• (桃子)• (バーバラ) 1986年• (ジェニー・フィティア)• (ちとせ飴)• (吉永ルリ子、町子、啓子、皿数え)• (ディアナ)• (トウ〈2代目〉、オウカ) 1987年• (ナナ)• (イルザ)• (山吹 、千姫)• (杉子)• ( 木下圭子) 1988年• (シドの母)• (キンタンの母)• ( 緑川美鈴) 1989年• (ティタニア、ヘドラ)• (魔妃クレオクス)• (トライロー) 1990年• (麻衣子)• (ジュリー)• (トゥーティッキ) 1991年• (アイコママ、ホシゾラアゲハ)• (タルるートのママ〈2代目〉) 1992年• (伍代アンナ)• (アンジェラ)• (1992年 - 1993年、クイーン・セレニティ)- 2シリーズ• (王妃様、ナレーション) 1993年• (1993年 - 1999年、かげろうちゃん、さくらもちねえさん〈2代目〉、おしんこ巻きくん〈初代〉、バッテラさん) 1994年• (サナエ)• (メル)• (食脱医師) 1995年• ( レインデビラ、ももこの母)• (青い瞳)• (赤木ナオコ)• (沙也香)• (昴宿)• ( 52「最強女の艦隊」ナレーション) 1996年• (今村今日子〈麻里今日子〉、瑞恵)• (坂井佳子)• (ウンディーネ)• (道明寺楓)• (大魔女)• ( 高荷恵) 1997年• (タチアナ・コズイレフ)• (ハガル)• (佐伯麗子) 1998年• (梅さん)• (アリサ)• (三田村圭子、万代鈴江)• (イライザ)• (千草) 1999年• (ゼニア・コリンズ)• (ラマージュ)• (桐子)• (羅螺鮎子)• (ディレクター)• () 2000年• (おゆう)• (ラマージュ)• (プリンセス・オットー)• (マリー)• (胡桃沢彗子) 2001年• (麻倉茎子)• (ローラ)• (2001年 - 2002年、先々代の女王様・マジョトゥルビヨン)- 2シリーズ 2002年• (エクリプス)• (シュウジの母) 2003年• (崎山香織)• (津々井やす子) 2004年• (翔太の母)• (メアリ・プリチャード)• (裁判長)• (高嶺千代)• ( ガリオン) 2005年• (嬉子の母)• (美咲静)• (小倉まゆ)• (語り・ぬい) 2006年• (藤岡琴子、ハートの女王)• (ソフィア)• (2006年 - 2012年、タバサの母) - 3シリーズ• (やつがしら)• (日向沙織)• (ラナン・シー) 2007年• (タナトス)• (やつがしら) 2008年• (ホールター)• (後神)• (マガリス・アルメーダ)• (女王メロウ)• (エンシェント・フェアリー・ドラゴン) 2009年• (2009年 - 2017年、七瀬)- 4シリーズ 2010年• (レイコの母)• (エクリプス)• (古林幸恵) 2011年• (ソフィア・ネート) 2012年• (美子)• ( コビー) 2013年• (佐伯奈々子の母)• (紫条悠里 ) 2014年• (ウンディス )• (村松キエ )• (ばあや) 2017年• (デボラ)• (コビー) 2018年• (2018年 - 2019年、親船最中 ) 2019年• ( 江古田ちゃん 〈第7話〉) 2020年• (老婆)• (藤間さくら) 劇場アニメ [ ] 1984年• ( 早瀬未沙) 1989年• (白いイルカ)• (ケットの母) 1990年• (リート)• (十津川美沙子)• (折免しげこ) 1994年• (お母さん) 1997年• (秋華) 2002年• (コビー) 2004年• (有沢美音) 2005年• (かあちゃん)• (西山シゲ) 2008年• ( デザート女王 ) 2009年• (ナレーション)• (シャオの母) 2012年• (コビー) 2018年• 2019年• (コビー ) OVA [ ] 1984年• (1984年 - 1986年、森沢なつめ) - 4作品 1985年• ( )• (小夜子の母)• (1985年 - 1994年、ママ、美女、女) - 3作品 1986年• (モモ)• (1986年 - 1987年、森沢なつめ) - 2作品 1987年• (葉月あづみ) 1988年• (フレイア)• (デラドリア艦長)• (教授夫人) 1989年• (サラ=トバ)• ( 杵築麗奈)• ( 三加和蓉〈エンゼル〉)• (美沙)• (メニアック)• (キャシー)• (ミューラー) 1990年• (キャロライン・エバンス)• (フォアラ)• (最首)• (ファイバー)• (学園長) 1991年• (九曜、般羅若)• (登和) 1992年• (ヨウコ)• (ローザ〈フレイア〉)• (矢坂ゆかり) 1993年• (取石葉月)• (横川サチ子) 1994年• (我婥) 1995年• (ミシェル・プチ〈ミシェル・ロシャス〉) 1996年• (女プロデューサー) 1997年• (フィオレナ) 1998年• (ヴァレリー・リン・フィッツシモンズ)• (村田久美子) 1999年• (マーガレット1世)• (横山タツエ) 2001年• (高荷恵) 2004年• (ラマージュ) 2010年• (ママ) Webアニメ [ ]• (2008年、須磨子 ) ゲーム [ ] 1992年• (エミタスア) 1997年• (ドナー・アナガリス)• (ナレーション)• (1997年 - 1998年、マーベル・フローズン、フル・フラット ) - 2作品 1999年• (メタル・マム)• (アニタ・ジュリアン) 2000年• (2000年 - 2001年、マーベル・フローズン、早瀬未沙) - 2作品• (セレニス) 2001年• (メイガス) 2002年• (デイジー、アリス)• (マーベル・フローズン)• デイジー 2003年• (赤木ナオコ) 2005年• (デイジー)• ( シフ) 2006年• (赤木ナオコ)• (日向沙織) 2007年• (マーベル・フローズン) 2008年• (早瀬未沙) 2009年• (おばちゃん〈島波まこ〉)• (早瀬未沙) 2010年• (フォドラクイーン)• (コビー) 2011年• (デイジー、アリス)• (エリン・マティス)• (早瀬未沙)• (コビー)• (コビー) 2013年• (マーベル・フローズン)• (デイジー)• (紫条悠里 )• (早瀬未沙 ) 2014年• (アニタ・ジュリアン)• (アリス、デイジー) 2015年• (マーベル・フローズン)• (アニタ・ジュリアン) 2018年• (マーベル・フローズン) 2019年• (マーベル・フローズン) オーディオドラマ [ ]• (バーンズ警備主任)• シリーズ(ネリー)• (ホモイ)• 『』()• (ユリーシア)• (トライロー)• (七瀬幸江)• (火の鳥)• (渋沢蝶子) 歌曲 [ ]• 愛の小石(作詞:、作曲:)• 想い出のホワイト・クリスマス(作詞:阿佐茜、作曲:)• 傘の中(作詞:阿佐茜、作曲:羽田健太郎)• 遥かなる想い(作詞:阿佐茜、作曲:羽田健太郎)• 星の夜のミサ(作詞:阿佐茜、作曲:羽田健太郎)• この世界の片隅で…(作詞:、作曲:)• 2 Of A Kind! (作詞:山田ひろし、作曲:)• 大地よりの使者(作詞:山田ひろし、作曲:)• 1st Friend Forever(作詞:、作曲:) 吹き替え [ ] 女優 [ ]• (ローリー)• (アン・ケイ)• (マリオン・レイヴンウッド)• (フェアウェル夫人)• (オリビア)• (イザベル)• (パトリシア・ワトソン)• (クレア・ステンウィック)• (ティンカーベル〈ティンク〉)• (ミランダ)• (ベス)• (ヘイゼル・ハフマン)• (ハンナ・スタブス)• (マザー)• (アリアドニ)• (ティッシュ・コジンスキー)• (シャノン・クリスティ)• (ヘレン・レミントン)• (アデル)• (アリス・グリーン)• (ビリー・ドーン)• (ヘレン〈〉)• (ダイアナ・ベイラー〈〉)• (ジモーナ〈フリーデリケ・ワーグナー〉)• (おばあちゃん〈〉)• (アデル・ユゴー〈〉)• (ヘルガ〈クリスティーナ・ネル〉)• (ローラ〈モニク・ヴァン・デ・ヴェン〉)• (リタ〈マリア・デル・マー〉)• アライバル2(ブリジット〈ジェーン・シベット〉)• (スーキー〈〉)• (エレノア・ダッシュウッド〈エマ・トンプソン〉)• (パメラ〈〉)• (マルタ・アクーニャ 〈ミレージャ・パスクアル〉)• (クーキー〈〉)• (ニミュエ〈〉)• (メルバ〈カーチャ・フリント〉)• (ケリー・ウェルズ〈〉)• (メアリー・スチュワート〈〉)• (ノラ〈〉)• (タラ〈サリター・チョウドリー〉)• (ナファス〈ニルファー・パズィラ〉)• (オードリー〈〉)• (キャシー・ファーガソン〈〉)• (クレア・ストッカード〈キャスリーン・クインラン〉)• (ヘレン・ライル〈〉)• (ジェニファー・ヘインズ〈レベッカ・デモーネイ〉)• (ダー・ホー〈ユエ・シウチン〉)• (アリス〈〉)• (イザベル〈〉)• (エイミー〈〉)• (スーザン〈マリー・ローラン〉)• (チェリー・ベイカー〈ウェンディ・モーガン〉)• (バーバラ・ベクネル〈リン・ウィットフィールド〉)• (ジェシカ・ダグラス〈マルガリータ・フランコ〉)• (ナンシー・グリーン〈〉)• (カレン・デトマー〈ボー・ピーターソン〉)• (マリア〈ルス・ハンプトン〉)• 恋の魔術にかかったとき(メラニー・ジェームズ〈ジェニー・シーグローヴ〉)• (キャサリン・ヘンリー〈ヴァージニア・マドセン〉)• (アミラ〈〉)• (スーザン・ドレイク〈〉)• (キャッシュ〈クリスティン・ヘイジ〉)• (ジャネット・フッド捜査官 〈シンディ・アンビュル〉)• (パターソン〈〉)• ザ・フォール (リサ〈キム・ハフマン〉)• (マーサ・ハケット〈〉)• (セリーナ〈シャーリー・ベラフォンテ〉)• (ミセス・ドノフリオ〈〉)• (シーラ〈ヴァレリア・ロス〉)• (アリッサ・ロスマン〈サンドラ・ブロック〉)• (エリザベス)• (ヘレナ〈ユマ・サーマン〉)• (アリソン〈ステイシー・ハイダック〉)• (シーラ〈〉)• (アン・モリス〈〉)• (ローレル・サマースビー〈〉)• (ステファニー・スペック〈〉)• (カロリーヌ〈〉)• 白雪姫とエッチな仲間たち(ナレーション)• (マーガレット・バレット〈シンツィア・モンレール〉)• (パム〈メラニー・キンナマン〉)• (ディンディン〈〉)• (女魔術師〈〉)• (スザンヌ・カーター〈〉)• (リン〈〉)• (フェイス・ジャスティン〈〉)• (トンプソン〈〉)• (アレックス〈〉)• (アン〈〉)• (ダイアン・ライトソン〈〉)• (アニタ〈アンナ・ヘンケル〉)• (ソロモン博士〈ザハヴァ・ソロモン〉)• シリーズ(ジル・タック〈〉)• (ガーライ〈ン・ガーライ〉)• (アンナ・ノルマー博士〈〉)• (マン〈〉)• (シスター・レイモンド〈オードリー・ニーナン〉)• (リンダ〈スーザン・ノーマン〉)• (キャロル・オハラ〈〉)• (ルビー〈〉)• (ベルダ〈〉)• (モー〈〉)• (カレン・バークレー〈〉)• チャイルド・プレイ 〜チャッキーの狂気病棟〜(ティファニー〈ジェニファー・ティリー〉)• (アレックス・トーレス〈ヴァネッサ・ウィリアムス〉)• (サラ・ブラックネル〈〉)• (シェリル〈ナターシャ・ホーヴェイ〉)• (ジョセフィーン・マーカス〈〉)• (マリア〈〉)• (オリビア〈〉)• (スーザン・ヨハンソン警部〈グネール・フレッド〉)• (バーバラ〈パトリシア・トールマン〉)• ナインハーフ3(エミリー・デュボワ〈クララ・ベラール〉)• ニューマン(サラ・カーソン〈〉)• (ジュリアン〈〉)• (ポーラ・オルセン医師〈〉)• (キャサリン・ウィーヴァー〈デブラ・ウィンガー〉)• (トリー〈ララ・フリン・ボイル〉)• (ノーマ〈シルヴィア・ディオニシオ〉)• (ローラ〈リンダ・パール〉)• (サム〈ナンシー・エヴァーハード〉)• (アーメンガード・ヴァンダーゲルダー〈ジョイス・エームス〉)• (ケリー・テイト=ローリー・ストロード〈ジェイミー・リー・カーティス〉)• (オードリー・マックレア〈〉)• (アニー〈〉)• (ローラ・ジャクソン〈〉)• (チャン・シウチン〈〉)• (コレット・アンドリュース〈〉)• (ケイレブの母〈フィリス・マルコム〉)• (レイス〈キーラ・セジウィック〉)• (フランチェスカ〈リリー・カラーチ〉)• (女王様〈〉)• (ケッチェン〈イザベラ・ロッセリーニ〉)• (マーサ〈デブ・スナイダー〉)• (シルヴィア〈レスリー・ステファンソン〉)• (シルヴィア〈バーバラ・ニーヴン〉)• (シャネラ〈アナベル・スコフィールド〉)• (ノラ・ジョーンズ夫人〈〉)• (フィリピーヌ〈マリエ・アダム〉)• (リンダ〈トニー・バリー〉)• (マンスフィールド夫人〈〉)• (クレア・ウォード〈ジェーン・シベット〉)• (パク・スネ〈キム・ヨンエ〉)• (ハン〈ドゥドゥ・チェン〉)• (アンナ・ファーブル〈〉)• (ターナー〈〉)• (ピア〈〉)• (ロバータ・グラス〈〉)• (リサ・ウォーカー〈〉)• (ルシール)• (サラ〈レイ・ドーン・チョン〉)• ヘルプマン(ジュリア〈ローラ・サン・ジャコモ〉)• (ゴラン〈〉)• 見せたがる女(ホリー・ジェイコブソン)• (トンプソン〈〉)• (ホーイエ〈〉)• (ローラ・ターナー〈〉)• (メユ・ベルトラン〈ミシェル・ラロック〉)• (ルーシー〈〉)• (リーン〈〉)• (キティ〈ニコール・カルファン〉)• (文繍〈〉)• 立証責任(マーギー)• (サリー・ジョーンズ〈〉)• (レイチェル〈〉)• (オ・ヒョンジュ検事〈〉)• (ジェーン〈マリオン・クラット〉)• (ドュブラウ夫人〈〉)• (エブリン〈カリン・シューベルト〉)• (マリア〈〉)• (ベス〈エイミー・ストライカー〉)• (ヴァージニア・チョウ〈ジョアン・チェン〉)• (ロンダ・ブレーク〈〉)• (ニーナ・ポメランツ〈〉)• (ナディア)• (カミール〈ジュディ・パスコー〉)• 4(サマンサ・ドラン)• (ローラ 12)• (アマンダ〈トリシア・キャスト〉)• (ペニレ・ビルク・ラールセン〈アン・エレウノーラ・ヤーゲンセン〉)• (ナ・ホンラン〈キム・ボヨン〉)• (キャトリン・スターク〈〉)• シーズン2 20(カレン・デッカー〈〉)• (ミーガン)• (タラ〈〉)• (リュウ・メイユン〈シェン・シーホア〉)• (コニー・ウェール、エルスペス〈〉)• (鄒氏〈魏慧麗〉)• (ルース・フィッシャー〈フランセス・コンロイ〉)• (メグ・ラム)• シーズン2 15(カトリーナ・トリメイン)• (ジェニファー・ライス〈〉)• (メアリー・ボイル〈ティナ・ケルガー〉)• (キャサリン・クーパー〈ペリ・ギルピン〉)• (マギー)• (ジェニファー)• (エセル・ロジャース〈アンナ・マックスウェル・マーティン〉)• (アグネス)• シーズン2 11(テリー)• シーズン3 5(エイミー・オトゥール)• (テリー・バウアー〈レスリー・ホープ〉)• (シャイホーン夫人〈シーズン1:、シーズン3:ジュディス・ライト〉)• (ロビン)• (ケイト・パイク〈アンドレア・パーカー〉)• (ジョッジーナ・オークリー〈ビクトリア・ウィックス〉)• シーズン3 13(ドナ・バロウズ)• シーズン2 17・18(カレン・ラブ)• フリッパー シーズン1 21(レスリー・カントレル)• (エミリー・ウォルサム〈ヘレン・バクセンデール〉)• (ジリアン〈ジュリー・グレアム〉)• (若い頃のエマ〈ジェニー・シーグローヴ〉)• (ヴーラ〈アンドレア・マーティン〉)• (キャサリン・グリーンショウ〈〉)• (バレリー・サンクレア〈〉)• 100万ドル債券盗難事件(エズミー・ダルリーシュ〈ナタリー・オーグル〉)• 負け犬(リリー・マーグレイブ)• (ライドナー夫人〈バーバラ・バーンズ〉)• (ブランディ・ドーバー)• シーズン1 22(ザン・フィンチ)• (メラニー・バード〈〉) アニメ [ ]• (グラニーばあちゃん)• (グラニーばあちゃん)• (ワイズマン博士)• (バニー・ラボット)• ポニー版、バンダイ版(廃盤)• ( 、 、 、 、、ナレーション)• ( )• ( ジョニー)• ( )• ( マリアン、スキッパー)• ブエナ・ビスタ版• ( デイジーダック)• ( アッタ姫)• ウォルト・ディズニー・スタジオ版• (ネプチューナ)• ミッキーマウスとロードレーサーズ(デイジーダック)• ミッキーマウス!(デイジーダック)• (エイプリル・オニール)• (ペネロッピー)• ( 、ナレーター 他) 特撮 [ ]• (ウラナイジゲンの声) その他 [ ]• つぶより花舞台(ナレーター)• (デイジーダック、、アリス)• 東京ドームシティ 超時空遊園地場内アナウンス(2012年10 - 11月)• (テレビ朝日・ナレーター)• (ボイスオーバー)• 趣味どきっ! そろそろスマホ 1~9(NHK Eテレ・ナレーション) 参考文献 [ ]• 『』1983年10月号 - みのり書房、71 - 76頁(プロフィールインタビュー) 脚注 [ ]• 『日本タレント名鑑(2003年版)』VIPタイムズ社、2003年4月25日、634頁。 2019年9月1日閲覧。 せんだいメディアテーク. 2018年7月30日閲覧。 nippon. zaidan. info. 2018年4月7日閲覧。 2015年1月28日閲覧• 2015年1月28日閲覧• ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2018年8月1日閲覧。 財団法人 現代演劇協会. 2018年8月1日閲覧。 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。 2015年1月28日閲覧• 財団法人 現代演劇協会. 2018年8月1日閲覧。 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。 土井美加事務所・トモダチ. 2018年8月2日閲覧。 www. theaterx. 2018年7月18日閲覧。 土井美加事務所・トモダチ. 2020年1月25日閲覧。 土井美加事務所・トモダチ. 2020年1月25日閲覧。 mitsuwakai. web. fc2. com. 2018年4月9日閲覧。 2018年11月4日閲覧。 一般社団法人みやぎびっきの会. 2018年8月2日閲覧。 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2018年8月2日閲覧。 2015年1月28日閲覧• 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。 2018年4月8日閲覧。 www. kujira-enter. sakura. 2018年4月9日閲覧。 www. nntt. jac. 2018年4月9日閲覧。 mouvement. 2018年4月9日閲覧。 日本語. 一般社団法人 日本2. 5次元ミュージカル協会. 2018年6月24日閲覧。 www. stagegate. 2018年12月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。 「ビビッドレッド・オペレーション」 公式サイト. 2012年12月7日閲覧。 NHKアニメワールド 山賊の娘ローニャ. 2014年9月2日閲覧。 TVアニメ『蟲師 続章』公式サイト. 2014年1月4日閲覧。 とある魔術の禁書目録III アニメ公式サイト. 2018年9月30日閲覧。 2018年12月14日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。 ONE PIECE. com 2019年5月25日. 2019年5月26日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月28日閲覧。 完結編に登場。 ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-. 2013年6月6日閲覧。 『』2012年12月6日号より。 外部リンク [ ]•

次の