魔法 少女 リリカル なのは strikers に 出 て くる スバル ナカジマ の 親 の 名前 は。 魔法少女リリカルなのはStrikerS: 感想(評価/レビュー)[アニメ]

魔法少女リリカルなのはシリーズ

魔法 少女 リリカル なのは strikers に 出 て くる スバル ナカジマ の 親 の 名前 は

映像化・・・しないかなぁ・・・短縮してコミカライズでもいいけど -- 名無しさん 2013-10-18 00:16:59• ヘタすりゃシリーズで一番よくできてるシナリオ。 -- 名無しさん 2013-10-18 01:08:42• 本当の意味で、スバルとティアナが主人公になった作品 -- 名無しさん 2013-10-31 22:27:48• ルネッサあの後どうなったんだろうな。 やらかしたことの規模から考えると死刑でもおかしくないけど、りりかる歳時記の様子を見る限りでは終身刑なんだろうか -- 名無しさん 2013-11-09 19:11:38• ミッドチルダの最高刑が不明だからなぁ。 異文化交流してるから -- 名無しさん 2013-11-18 00:13:42• 多分死刑は無いんじゃないかな。 人を殺す事にかなり忌避感が強いし、現実でも最近は死刑制度を取り入れてる国は少なくなってるし。 -- 名無しさん 2013-11-18 01:26:19• エターナルコフィンの様な魔法で永久封印って感じじゃない? -- 名無しさん 2013-11-18 01:34:10• 普通に牢獄じゃねーの?捜査中とか色々事情ありとはいえスカ一味ですらあの厚遇だし。 まあ、正直ルネッサについては公式で語られないほうが嬉しいや。 今更後付けで何かあるより、静かに退場してる方がお話的にキレイだし。 -- 名無しさん 2013-11-18 01:45:17• Forceのはやてが「死刑が妥当ってほどのものとはちゃう」って言ってたから、制度自体はある気もするが・・・作者はその辺の設定ルーズだし、そこまで考えてないっぽいんだよねぇ。 -- 名無しさん 2013-11-18 01:54:55• 浅川さんはてっきりカレル役で出てくると思ってたんだがな……。 -- 名無しさん 2013-12-06 16:32:46• 減給処分や活動停止喰らったのティアだけだったっけ?普通なら管理局自体にも責任があるはずだが… -- 名無しさん 2014-01-26 16:01:01• ブラック企業だからね、仕方ない。 -- 名無しさん 2014-01-26 16:18:40• ティアナに関しては背信をある程度察知していたみたいだから、その分ってことじゃね? -- 名無しさん 2014-01-26 16:23:24• ティアの受けた処分はかなり軽いし管理局側もある程度は責任感じてはいるかもしれない。 数少ない優秀かつ凶悪犯罪を積極的に受け持ってくれる執務官を手放したくないだけかもしれんが -- 名無しさん 2014-01-26 16:29:58• 万年人材不足なせいで陸と海の間に溝が出来る位だし、人材を手放す判断はそもそも有り得ないのかもしれない。 活動停止自体、局としては渋々の処置だと思う -- 名無しさん 2014-01-26 18:29:41• ルネッサの中の人ェ・・・(旧(原典)クロノの中の人) -- 名無しさん 2014-05-27 20:24:04• イクス「極限の絶望を見せてやろう・・・」 -- 名無しさん 2014-08-05 21:08:44• とりあえず最近イクスがお目覚めになってよかった。 このドラマCDの1件がもうひと段落ついたみたいで。 -- 名無しさん 2014-08-05 22:18:35• -- 名無しさん 2014-10-15 08:26:55• アニメVivid StrikeのOPにてイクス起きてたよ。 劇中時間二年で目覚めたのは奇跡かな。 -- 名無しさん 2016-11-03 22:08:17• アニメしか知らない人にとって イクスが何故喋っているのか しかもサラっと話が飛んでいるような。 -- 名無しさん 2017-05-13 18:10:12• ゾンビ爆弾を生み出す能力を王族に付与とか古代ベルカェ・・・・・・ -- 名無しさん 2018-05-07 20:28:30.

次の

魔法少女リリカルなのはシリーズの登場人物

魔法 少女 リリカル なのは strikers に 出 て くる スバル ナカジマ の 親 の 名前 は

[chapter:第十二訓~人の名前はちゃんと覚えましょう] フェイトside 銀時と同じ和洋折衷の格好をした男の人が出てきたけど敵じゃない…よね?そう思いながら私は降りた。 丁度ヴィータもなのはも到着した。 ヴィータ「おい、お前!一体何者だ!?」 ヴィータの挑発的な言葉を気にも留めずに男の人は笑っている。 男「おぉ~これはすまんの~。 わしはこういうもんじゃ」 渡されたのは名刺。 そこに書かれてあるのは…株式会社快援隊商事社長。 坂本辰馬? 坂本「友達の家ば行こーとしちょったら、急に目の前が光って手元狂ってしもーたきに。 アッハッハッハッハッハッー」 つまり、次元漂流者ってこと? 坂本「この辺に万事屋金ちゃんって場所ありませんかの~」 万事屋って銀時が経営している何でも屋のことだから銀時と同じ世界の人間。 でも、普通なら『金ちゃん』じゃなくて『銀ちゃん』のはずなんだけど… ヴィータ「銀時が言っていた万事屋銀ちゃんなら知ってるけどな」 坂本「違う、違う、金ちゃんじゃ。 お前何をきいとるんじゃそそっかしい奴じゃの~アッハッハッハッハッハッ」 この人、本当に社長なのかな?こういうのは失礼なんだけど、すっっっっっごく馬鹿っぽいですけど… ヴィータ「とりあえず、六課に来てもらうかんな」 坂本「おっ、金時の家まで案内してくれるがか!江戸っ子は親切じゃのう。 すまんの~」 いや、名前は銀時だから!それに此処は江戸じゃないから!!坂本さんはアッハッハッハッハッと笑う。 この人天然? ヴィータ「オメー、うっせーから少し黙ってろよ!此処は江戸じゃなくてミッドチルダだ!」 坂本「ミートチルド?そう寒くはないぜよ」 ヴィータ「違ーよ!お前は馬鹿なのか!?大体、お前は女の上に立っていることに気付け!」 フェイト「あっ、忘れてた…」 なのは「私も」 ヴィータ「お前等もかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」 そう叫ばなくたって良いのに… Side out 坂本「ところで、おんしらの名前は何じゃ?」 なのは「申し遅れました。 時空管理局、古代遺失物管理機動六課の高町なのはです」 フェイト「同じくフェイト・T・ハラオウンです」 ヴィータ「ヴィータだ」 坂本「このはちゃんにファイトちゃんにヴェータちゃんか…よろしくぜよ」 ヴィータ「フェイト、こいつをビルから叩き落としていいか?」 フェイト「ヴ、ヴィータ。 落ち着いて」 二人の名前を間違って覚える坂本に憤慨するヴィータ。 ヴィータを宥めるフェイト。 そして、その光景を苦笑いするなのは。 しかし、その四人に近く者がいた。 ???「悪いが妹達を返してもらうぞ」 全員(坂本以外)「!!?」 声がする方向を見るとそこには女性が空中に佇んでいた。 その女性は髪を短く切り揃えており、倒れている二人同様に女性としての部位が強調されているボディースーツを着込んでいるが別段変わった様子は無い。 強いて変わった点を挙げるとすれば、両手足に浮かぶ紫色の光を放つ翅。 ヴィータ「テンメェ、何者だ?」 なのは「何が目的なの?」 ???「私はナンバーズ3のトーレ。 さっきも言ったが、そこにいる妹達を返してもらう!」 坂本「何じゃ?宙に浮いとる女の子は?」 フェイト「いや、呑気なことを言っている場合じゃありません!」 ディエチ「トーレ姉は普通の女じゃない…」 呑気な事を言う坂本にフェイトはツッコミを入れる。 そこで復活したディエチが会話に参加した。 ディエチ「トーレ姉は………ゴリラ並みの力を持った女よ」 トーレ「何だ、それは!?お前は私をそんな風にみていたのか!!?」 ディエチの言葉にトーレまでツッコミを入れる。 空気が若干和んだところで改めてお互い気合を入れ直す。 トーレ「IS インフューレント・スキル)『ライドインパルス』!」 その瞬間、トーレの姿は消えた。 いや、目で追えないような速度で突っ込んできたのだ。 なのは「(は、速い!)坂本さん!」 妹と呼ばれていたディエチとクアトッロの一番近くにいるのは坂本なのだ。 そして、一番無防備なのも坂本である。 三人は最悪の事態を予想していた。 しかし・・・ ドン! トーレ「がはっ!?」 坂本は懐から銃を取り出してトーレの右肩を撃ち抜いた。 続けさまに左の太ももを撃つ。 トーレ「な、何故だ?私の動きに付いて来れるはずが…」 坂本「確かに、おんしの速度はわしの眼では追えん。 しかも、経験ば積んじょる。 じゃが、わしがいる位置じゃと何処から狙ってくるが分かるぜよ」 トーレ「何…だと…?」 坂本がいる位置。 クアットロの一歩前でディエチの真ん前。 右側には突き刺さった船。 トーレは船が邪魔なのと、二人を巻き込む可能性がある上空から仕掛けずに坂本の左の死角から狙ったのだ。 軌道が絞り込めたのなら後は気配で探るだけだ。 坂本「戦法は経験や才能だけじゃないきに、地の利や天の利を生かすのもまた戦法じゃ。 これで王手、そげなもん捨てて大人しくするぜよ」 アッハッハッハッと笑う坂本に対して敵味方関係なく度肝を抜いた。 頭に超がつくド天然の人が目で追えない速度で動いている相手を捕えたのだ。 トーレ「くっ!…!?」 膝をついたトーレは突如、地面に引きずり込まれた。 なのは達は全員目を見開いた。 トーレだけでじゃなく、クアットロもディエチも地面に引きずりこまれたのだ。 なのは「レイジングハート、どう?」 RH『ダメです。 反応ロストしました』 フェイト「ロングアーチも見当たらないって」 ヴィータ「チッ!折角、坂本が取り押さえてくれたのに!!」 坂本「まぁまぁ次がある気に。 そういきり立つんじゃないぜよ、ヴェータちゃん」 ヴィータ「アタシの名前はヴィータだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」 廃都市のビルの屋上でヴィータのツッコミが響いた。 一方、トーレ達は トーレ「はぁ…、やっと戻ってこれた」 ディエチ「…感謝」 怪しい光に包まれた通路に辿り着けた事に安堵の声を挙げた。 クアットロは返事はない。 屍の様だ。 トーレ「セイン、世話を掛けたな。 あれは私の失態だ」 セイン「別にいいよ。 それにディープダイバーって戦闘向きじゃないからさ」 目の前に青い髪の少女に少女に言った。 彼女の能力は無機物に潜行し、自在に通り抜けること。 無機物内部を泳ぐように移動することで、地下や建造物の内部も自由に移動できる。 他人や物体も接触していれば同様に潜らせることが可能であり、その能力でトーレ達を助けたのである。 セイン「それにしても…あの坂本って言う人そんなに強いの?結構馬鹿っぽいけど」 トーレ「頭は空にだが、実力は本物だ。 …いつか借りを返す」 トーレは坂本の借りを返すことを誓った。 スバル達は報告書を書いていた。 しかし、エリオだけは部屋に籠っている。 なので、代わりに銀時がやる羽目になったのだ。 銀時「あぁ~終わった」 キャロ「お疲れ様です」 桂「随分と早いな」 銀時「資料が分かりやすかったからな。 けど、こういうのはやっぱ性に合わねぇな」 凝り固まった関節を鳴らしながら立ち上がる。 キャロは苦笑いしているが、どこか暗い表情をしている。 キャロ「エリオ君…」 銀時「今はそっとしておいた方がいい。 その内元気な姿を見せるさ」 キャロを励ましてオフィスを後にする。 その時だった、はやてが姿を現した。 隣には背の高い男がいた。 はやて「えぇ~本日から六課で保護することになった坂本さんです」 坂本「坂本辰馬じゃ。 よろしくぜよ~」 銀時の旧友の坂本辰馬である。 坂本の姿を見た銀時と桂は驚いた。 銀時「た、辰馬!」 桂「何故貴様が此処に!?」 二人の存在に気付いた坂本も驚いた。 坂本「おおおお!!金時にヅラじゃなかか!!おんしらは何故こんな所におるか!?」 久しぶりの再会に坂本は何時ものように高らかに笑う。 坂本「久しぶりじゃのー金時!ヅラ!珍しいとこで会うたもんじゃ!こりゃめでたい!酒じゃー!酒を用意せい!」 宴会しようとする坂本に銀時と桂は同時にドロップキックを坂本に叩き込んだ。 理由はもちろん・・・ 銀時「銀時だって言ってんだろうが!!」 桂「ヅラじゃない、桂だ!!」 キャロ「えっ?えぇぇぇぇぇえええええ!!?」 キャロが驚いているを余所に二人はスタンピングをする。 桂「毎度毎度手紙の内容をP. で済ませよって!人の名前を間違えるなと言っているが、貴様も人の名前を間違えているだろうが!」 銀時「テメェは一生アニメのOPとEDだけ登場しろ!」 はやて「銀ちゃんも桂さんも止めい!」 はやてが止めに入って他のメンバーはまたキャラが濃いのが…見ている。 その後、ヴィータの名前を間違えた坂本はヴィータにギガントフォルムのアイゼンで殴られたのは言うまでもない。 銀時「ったく、何であの馬鹿がミッドチルダ(此処)に来たんだよ…」 悪態を吐きながら廊下を歩いている。 エリオの部屋にそばを通りかかるとその場で足を止めた。 ドアの隙間を覗いてみるとベットで体育座りをしているエリオがいた。 銀時「(あの時は強がっていたが…やっぱ、簡単には立ち直らねぇか。 始めて戦場に出たヅラや高杉みたいだな…)」 始めて剣で人を斬った二人はあの時のエリオのように震えていた。 しかし、度重なるうちに二人は震えは無くなり、平気で敵を斬ったのだ。 元服していた桂と高杉とは違い、エリオはまだ十歳。 背負うには重すぎる。 どうしたものかと銀時は溜息を吐く。 すると、人の気配を感じた。 フェイト「銀時…」 気配のする方向を見るとそこにはフェイトがいた。 エリオからフェイトは保護責任者で親みたいな存在だと言っていた。 まるで、あの人のように… フェイト「銀時、ティアナから聞いたんだけど…エリオが敵を……殺したって本当なの?」 銀時「あぁ、女の子を守るために半狂乱でな」 フェイト「そう…なんだ」 フェイトも暗い表情をする。 管理局は原則として殺人は許されない。 例え、自分たちを殺そうとした相手であっても・・・ 執務官としての立場と息子を思う感情で板挟みの状態にフェイトはいるのだ。 銀時「確かに管理局からすれば許されねぇことだ。 俺としても人を殺す罪は背負わせたくねぇ。 けどな…」 けどなと言う単語でフェイトは顔を上げると遠い目をした銀時がいたのだ。 銀時「けどな、あいつに大事なモンを失う絶望や喪失感を味合わせたくもねぇ」 戦場で笑い合い、ともに駆け抜けた大勢の仲間たち。 自分を拾い、『坂田銀時』という存在を生み出して世界を与えてくれた恩師。 大切な物を奪われ尽くされた絶望をエリオや新八達に味合わせてほしくない。 そのためなら、夜叉(鬼)になって血を浴びても。 銀時「管理局が定めた法なんぜ、知るか。 俺ぁ江戸だろうが、何処だろうがテメーのルールで生きてんだ。 今も昔もな」 フェイトは自分と銀時の違いを知った。 大切な物を護りたいと思っているのは、自分たちも変わりはない。 ただ、立っている場所、信じているもの、胸に秘めた志が違うだけ。 たったそれだけの事。 同じように見えて、実際は、その性質も場所も何もかもが異なっている。 銀時は護りたいものを何かに縛られる事が無い。 組織に縛られた自分たちには無い自由があったのだ。 そんな銀時を見てフェイトは少し羨ましく思った。 フェイト「…銀時はいいな。 自由で」 銀時「そんな大層なモンじゃねぇよ。 俺はただ…目の前で落ちそうなモン拾ってやりてぇだけだ」 フェイト「そうなんだ…ありがとう……」 銀時「はっ?何が?」 そう言ってフェイトは踵を返す。 銀時は訳も分からずに首を傾げる。 振り返るとフェイトは穏やかに微笑む。 フェイト「管理局の法じゃなくて、私のルールで大事な物を守りたい」 要領を得ないが、迷いが吹っ切れたフェイトを見て安心した銀時であった。 エリオの事が心配で銀時は朝練をこっそり見ていた。 しかし、エリオは何時もの調子になっていた。 何があったのか朝食の時に捕まえて問うた。 エリオ「昨日、フェイトさんに昨日の事を話したんです。 そしたら…『確かに殺されそうになったのはいえ、人殺しはやっていけないこと。 けど、それは過剰防衛だから深くは問わない』って言ってました」 銀時「そ、そうか…」 エリオ「後、銀さん達が殺った天人達は異相体として扱われるそうです」 銀時「…何があったんだ?フェイトの奴?」 エリオ「さぁ?」 なのはと一緒に食べているフェイトを見て首を傾げた。

次の

魔法少女リリカルなのはシリーズの登場人物

魔法 少女 リリカル なのは strikers に 出 て くる スバル ナカジマ の 親 の 名前 は

魔法少女リリカルなのはStrikerS18話「翼、ふたたび」の感想です。 カリムの予言通りにスカリエッティが地上本部でテロ事件を起こした。 さらに起動六課隊舎まで壊滅させられてしまい、ヴィヴィオとギンガが連れていかれてしまった。 リインフォースとシャマルとザフィーラとヴァイスは倒れ、他の隊員も負傷してしまう。 瀕死のギンガを見てスバルは暴走する。 ナンバーズを撤退させることができたが、スバルも重傷を負いマッハキャリバーは全損してしまう。 フェイトも足止めされてしまい、キャロがヴォルテールを召喚し周囲のガジェットを殲滅することができたが、かなりの被害が出てしまった。 負傷した起動六課メンバー レジアス中将はスカリエッティと関わっていたらしくマスコミ各社に取り上げられていた。 なのははヴィヴィオが連れ去られてしまったことを知るが、いつも通りの仕事をして事件現場の報告をしていた。 ティアナはシグナムに仕事を変わってくれて病院に向かう。 シャマルは目を覚ましリインも後目覚める予定だが、ザフィーラとヴァイスは目覚めないが峠を越えた。 スバルの左腕は神経ケーブルが破損していたたが、数日で元に戻るようだ。 スバルが戦闘機人だということをエリオとキャロには秘密にしていたのだが、今回のことで生まれや身体のことなど全て話した。 エリオとキャロはスバルとティアナを二人っきりにしようと病室を出る。 「ティアごめんね」 「何に対してのごめんよ。 私やなのはさんの指示を聞かず先行しすぎたこと?大怪我してみんなに迷惑かけたこと?後でマッハキャリバーにも謝っときなさいよ!」 プロトタイプゼロを捕獲と言っていたため殺害される可能性は低く、怪我も蘇生できる程度だった。 起動六課の任務はレリック回収からスカリエッティの逮捕に切り替わった。 「大事なものを奪われちゃったこと守れなかったこと。 だから今度は絶対に失敗なんてしない。 奪われたものは奪い返す助け出す全部よ!」 戦闘機人事件 はやてはオーリスにレジアス中将のことを聞く。 戦闘機人は地上本部で採用しようとしていた技術で、安定した生産数でコストダウンさえできれば実現できる計画をどこかで進めてはいなかったか?スカリエッティは理想の存在であり、地上本部が発見し摘発、試験運用という流れにできる。 その途中で捜査員を事故死させるのもできるのではにないか?と問い詰める。 起動六課本部を立て直すために移動できるアースラの整備を依頼していた。 カリムとクロノとなのはフェイトはスバルの父であるゲンヤ・ナカジマに戦闘機人事件のことを伺う。 戦闘機人は古くは旧暦の時代から始まっていて、人間を形式に作られた兵器である。 人工臓器や人工骨格も使われているが、足りない機能を補うのが目的なのだが拒絶反応や長期使用、メンテナンスでコストがかかる。 素体となる人間を変えることによりそれが解決できる。 機械を埋め込みやすいように調整されながら生まれてくる子供を作る技術をスカリエッティが作り出した。 ゲンヤの妻は陸戦魔導師の捜査官として違法な戦闘機人事件を追っていた。 スバルとギンガは事件を捜査していた時に発見した戦闘機人の実験体だった。 髪の色や顔が似ていると自分たちの子供として育てることにした。 その後、妻は極秘任務中の事故で命を落とした。 それも今も解決していなかった。 八神はやては起動六課の担当している事件に戦闘機人が関わってくると知っていてゲンヤに捜査の依頼をしてきたのである。 レジアスに対し査問会議が開かれることになり、航空魔導師が止めたゼストの写真を見せると動揺して苦しみだす。 ゼストは吐血し苦しんでいた。 ナンバーズのウーノが連絡をしてきたが「一度は死に再び土に帰るまでのわずかな時間を生きてるだけのただの死者だ」と言っている。 これは死んだ人間が一時的に生き返ったのだろうか? ギンガは試験管の中に入れられ蘇生されていた。 スカリエッティの技術で作られていたのだが、誰がなんのために作ったのかは不明だった。 ルーテシアの母も同じように試験管の中にいて11番のレリックが発見されれば稼働できるそうだが、戦闘機人なのだろうか? なのはは泣きじゃくりフェイトに抱きつく。 「約束破っちゃったなって、守ってあげられなかった。 」 「大丈夫ヴィヴィオは絶対大丈夫だから!」 スカリエッティはヴィヴィオにレリックの移植手術を始めるのだった。 「君は私の最高傑作になるのだよ!」 次回「ゆりかご」 18話よりOPが変わりました。 起動六課メンバーは負傷し回復の兆しが見えるがザフィーラとヴァイスは…。 いつも元気なスバルも落ち込んでしまい、励ますのは相棒のティアナだった。 ヴィヴィオが連れ去られたことに同様していない様子のなのはだったが、夜になると泣きじゃくりフェイト胸を借りる。 過去に戦闘機人事件があり、ギンガとスバルはゲンヤの本当の娘ではないことと、母のクイントが謎の事故死だったことも判明。 スカリエッティは過去の事件に関わりがあるのだろうか?.

次の