法務 求人サイト。 総務・法務の求人・転職一覧 |【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職サイト

【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ!

法務 求人サイト

法務と総務の違い 法務と総務は、仕事内容が違います。 ただし、かつては総務部門が、法務や人事などを担当することは珍しいことではありませんでした。 近年はそれぞれに高い専門性が求められるようになり、別部門として独立しています。 法務は法律のスペシャリストです。 法律に関係する業務を担います。 総務は、組織が円滑に業務を行えるように幅広くサポートをする業務です。 その名の通り、総合的な仕事を行います。 法務の仕事内容 法務の仕事内容としては、契約・取引に関する業務・機関法務・組織法務・コンプライアンス業務・紛争対応などが挙げられます。 多くの仕事を担いますが、特に多いのは、契約取引に関する業務です。 売買契約、秘密保持契約、業務委託契約などの文書をチェックします。 海外と取引がある場合は、語学力も求められます。 どの仕事も重要ですが、近年、個人での情報発信が容易になったことなどから、コンプライアンスに関する業務の重要性が増しています。 社員向けの法務研修やマニュアルの作成なども大切な仕事です。 また、トラブルを未然に防ぐための予防法務の常用性も高まっています。 なお必要に応じて、弁護士や弁理士、税理士など、外部の専門家とやり取りをしながら業務を進めます。 【関連記事】 ・ 総務の仕事内容 総務の仕事は多岐に渡ります。 一般的に、備品の管理、施設管理、株式総会の事務局、社内行事の企画や運営、ホームページの管理などが挙げられます。 他部署の担当ではない仕事をオールマイティに請け負っていることが特徴です。 例えば機器や備品の管理は、緊急性は低くとも、会社が円滑に機能するためには欠かせない業務と言えます。 施設管理においては、防災訓練や点検に関する仕事も請け負います。 各種イベントがスムーズに進行できるように手配・運営を行うことも総務の仕事です。 まさに、縁の下の力持ちと言えるでしょう。 多様な仕事を的確に行うことができ、気配りのうまい人が向いています。 法務総務に求められる資格やスキル 法務の仕事は、資格が必ずしも必要というわけではありませんが、難易度の高い法律に関する資格を取得していると、キャリアアップに繋がりやすいです。 弁護士、司法書士、行政書士などは、持っておいて損のない資格です。 特に最難関国家資格の一つである弁護士は、法務に関する業務全般を行う権限を有しているので、法務の仕事に非常に役立ちます。 また、 ビジネス実務法務検定や、 個人情報保護士などの資格は、国家資格と比べると難易度は低いですが、評価している企業が増えている資格です。 法務で求められるスキルとしては、法律に関する専門的な知識はもちろんのこと、専門的な業務での円滑なコミュニケーションスキルや、文章作成能力、英語力などが求められています。 【関連記事】 ・ ・ 総務の仕事において、資格が必須というわけではありません。 しかし、持っていると役立つ資格はあります。 衛生管理者や ビジネスキャリア検定などは有効な資格です。 総務に求められるスキルとしては、コミュニケーションスキルやスケジュール管理能力などが挙げられます。 多様な業務に臨機応変に対応する力も必須と言えます。 未経験からでも法務・総務は目指せるのか? 未経験からでも法務や総務を目指すことは可能です。 ただし、20代であれば未経験でも転職のチャンスはありますが、ミドル世代以降の場合は、20代と比べると難しいです。 未経験から法務・総務を目指す方はなるべく早めに転職を検討することをおすすめします。 法務や総務が担当する仕事は幅広い!実務経験を積もう.

次の

【法務マネージャー募集】WEBサイトを多言語化するSaaSを開発・運営会社の転職・求人情報 10669647|エン ミドルの転職

法務 求人サイト

企業経営における法務戦略の重要性は加速度的に高まっています。 拡大するニーズに対して、そのソリューションを担い、戦略・戦術の成否を握る「人材」は、最適なマッチングが行われることによって最大効果を発揮します。 LCCは従来の人材紹介業の枠組みにとらわれず、求人・求職双方の依頼者に対して「オーダーメイド」で質の高いサービスを提供するために、2004年10月に設立された人材エージェントです。 通常の人材エージェントのように、取り扱い案件の一覧を掲出したりはいたしません。 まずは、求職者の方のご希望やご要望を承ってから、一緒に考えて、ご提案をさせていただくことが、「LCC Way」だからです。 「こんな人材が欲しい」「こんな企業・法律事務所で活躍したい」「こんなキャリアを身につけたい」・・・LCCでは法務領域の人材を巡る全てのご要望にお応えし、社会に貢献して行きたいと願っております。 少しでもご関心をいただけたようであれば、是非、LCCにアクセスしてみてください。 ご連絡をお待ちいたしております。 採用希望の方へ 「法務のプロ」による、詳細で的確なマッチング LCCのコンサルタントは、全員が企業での法務・知財部門の実務経験を豊富に有しています。 候補者の適性やキャリアの指向性などを的確に把握することができるため、他のエージェントでは得られない、高品質のマッチング・サービスをご提供します。 ブティック型エージェントならではの、きめ細かさ 質の高いエージェント・サービスを行う上では、求職者サイドと求人サイドを同一のコンサルタントが担当することが必須です。 大手エージェントでは、当然と言えるこの機能が確保できません。 法務・知財に特化した「ブティック型」のエージェントならではの、丁寧できめ細かなサービスが、LCCの特徴です。 LCCのコンサルタントは、全員が法務・知財部門での実務およびマネジメントの経験を豊富に有しています。 「経験者だからこそわかる」「経験者でなければわからない」当該分野のキャリアについて、詳細なアドバイスをご提供します。 富山県出身 東京大学工学部卒 1988年、株式会社リクルート入社。 リクルートや同社子会社において新規事業企画や事業化、財務などを担当。 1996年、株式会社リクルート人材センター(現 株式会社リクルート・エージェント)に転籍。 事業推進のマネジメントと、自らもコンサルタントとして活躍。 2002年、独立して三井エグゼクティヴサーチ開業。 2003年、知財流通・コンサル会社IPトレーディング・ジャパン社にて知財領域での」人材ビジネスの立ち上げを担当。 2004年、株式会社LCC設立。 同社代表取締役就任。 2005年、株式会社トランスサイエンス・キャリア(現 株式会社ビジネスキャリア・イノベーション)設立、同社代表取締役就任。 LCCは、従来の人材紹介業の枠組みにとらわれず、求人・求職双方の依頼者に対して「オーダーメイド」で質の高いサービスを提供する新しい人材エージェントです。 通常の人材エージェントのように、取り扱い案件の一覧を掲出したりはいたしません。 まずは、求職者の方のご希望やご要望を承ってから、一緒に考えて、ご提案いたします。 また、専門知識を持った人材を必要とされる、組織、企業様の採用活動の支援も事業と致しております。 お寄せいただく個人情報や、顧客企業・事務所様の情報の取り扱いに関しては細心の注意を払い、皆様にご信頼いただけるよう、以下のとおり個人情報保護方針を規定し、その履行に努めます。 本サイトは、株式会社LCCが運営をしており、本サイトでは皆様の許可なく第三者に個人を特定できる情報提供をすることは一切ございません。 1.収集する個人情報に関して.

次の

法務(リーダークラス)(ID:865)|管理部門・士業のための求人サイトMS Jobs

法務 求人サイト

400万円以上• 450万円以上• 500万円以上• 550万円以上• 600万円以上• 650万円以上• 700万円以上• 750万円以上• 800万円以上• 850万円以上• 900万円以上• 950万円以上• 1000万円以上• 1050万円以上• 1100万円以上• 1150万円以上• 1200万円以上• 1250万円以上• 1300万円以上• 1350万円以上• 1400万円以上• 1450万円以上• 1500万円以上• 1550万円以上• 1600万円以上• 1650万円以上• 1700万円以上• 1750万円以上• 1800万円以上• 1850万円以上• 1900万円以上• 1950万円以上• 2000万円以上• 2500万円以上• 3000万円以上• 5000万円以上• 直接募集企業の掲載求人• ヘッドハンターの掲載求人• 外資系企業• 海外展開あり 日系グローバル企業• 上場企業• 株式公開準備• 大手企業• ベンチャー企業• 管理職・マネジャー• マネジメント業務なし• 新規事業・新サービス• 海外出張• 海外折衝• 英語力が必要• 中国語力が必要• 英語力不問• 転勤なし• 土日祝休み• 3,000万円以上資金調達済• 1億円以上資金調達済• ポテンシャル採用(未経験可)• 20代役員在籍• CxO候補• 社長・役員直下• 事業責任者• サービス責任者• 開発責任者• 海外転勤• 年収600万以上• インセンティブ制度• ストックオプションあり• フレックス勤務• リモートワーク可能• 副業可能• MBA・留学支援制度• 育児支援制度.

次の