オノノクス であい が しら。 グソクムシャ育成論 : 切り込み隊長!命の珠グソクムシャ!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【シーズン3前期】

オノノクス であい が しら

5倍にしつつ必中技を使うことが可能です。 この型では「」を持たせてさらに火力を上げています。 また、ダイマックスすると場に出た時にしか使えないデメリットを消すことができます。 H252振りのダイマックスしたサザンドラ確1、ダイマックスしたをはりきり玉シザークロスで確1 耐久無振りを確1、ダイマックスはりきり珠ダイアークでH252振りのを中乱数1発 91. 高い素早さから相手に「なかまづくり」を行い、相手の攻撃を受けた後に「だっしゅつボタン」で味方に交代することで、 相手は次のターン「なまけ」の効果で攻撃できない、または交代するため1ターンの猶予ができるため、味方は起点作りとして働くことができます。 相手が「なまけ」で攻撃できないターンに積み技を使い、相手が攻撃できるターンに「」を使うことで安全に積み技を使うことができます。 5倍になる代わりに命中が0. 8倍になる特性で、攻撃が当たれば大ダメージを与えやすいポケモンです。 また、 素早さ種族値が109と高めなので、 攻撃性能が高いアタッカーと言えるでしょう。 「なまけ」と「なかまづくり」で起点作り アイアントの夢特性「」は2ターンに一度しか攻撃できなくなる特性です。 デメリットしかない特性ですが「なかまづくり」で相手を「なまけ」にすることで相手を不利な状態にすることができます。 その後控えのポケモンと交代することで 起点作りの役割を持つことができます。 アイアントの対策 炎技で攻撃する アイアントの 4倍弱点である炎技で一撃で倒す方法がおすすめです。 しかし、アイアントは攻撃性能が非常に高く受け出しが難しいため、炎技を持ち、アイアントより早いポケモンを死に出しして対処すると良いでしょう。 例え倒せなくてもダイマックスの3ターンを消費させれば他のポケモンでも倒しやすくなります。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

第20話 ネギガナイト

オノノクス であい が しら

25倍になるが、異なる場合は0. 75倍になる。 性別のないポケモンの場合は効果がない。 相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 変化技を使えなくする Lv. 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。

次の

フライゴン

オノノクス であい が しら

「ラムのみ」を持った竜舞型などがメジャーとなった時期もありましたが、現在は「いのちのたま」持ちの4ウェポン型に回帰している印象です。 本サイトで何度も解説しているように、 特性の「じしんかじょう」と「ダイジェット」を合わせた攻撃しながらの「りゅうのまい」が今でも変わらず強力で、「ダイジェット」圏内のポケモンとギャラドスが対面してしまうとそれだけで試合を決められるだけのパワーを持っています。 これまでは「あくび」を持った対面操作型がほとんどでしたが、最近では「はらだいこ」や「のろい」で能力を上げてから 「キョダイサイセイ」で攻撃してくるアタッカー型も増え、対処が非常に難しくなっています。 さらに、このポケモンの活用方法も多岐にわたり、ただ後出しして「あくび」を使ったり積み技を積んでくるだけでなく、 「トリックルーム」後のエースポケモンとしての採用も目立つようになりました。 また、 前シーズンがTOD環境であったせいで遂行速度の遅いこのポケモンはあまり使われず、その印象に引っ張られて使用率が減っているようにも思われます。 しかし、 環境が向かい風であるわけでもこのポケモンの性能が低いわけでもなく、総合時間が増えTODもかなり減ったためシーズン1とほぼ変わらない活躍を見せています。 「ラムのみ」を持ったダイジェットエース型、同じくダイジェットエースである弱保型、ダイマックスミミッキュをも受けられる「オボンのみ」持ちの物理受け型などが使われています。 よく見る並び スタンダード これらのポケモンは タイマン性能・崩し性能・ストッパー性能のどれを取っても優れており、明確なコンセプトを設けていないスタンダードなパーティには必ずと言っても良いほど採用されています。 環 境の動きによってこれらのポケモンの型の流行り廃りが目まぐるしく動いており、豊富な習得技のおかげで新しい型も早いペースで誕生しているため、 最新情報の把握がスタンダードパーティに勝つための条件 であると言えます。 カバギャラ カバルドンやミミッキュで相手のポケモンを削り、ギャラドスで全抜きすることを目指したパーティです。 カバルドンやミミッキュなどの 展開要因に手間取ってしまうとこちらのポケモンがギャラドスの「ダイジェット」圏内に入ってしまい、「じしんかじょう」と合わせて攻撃と素早さのランクを上昇させられてしまいます。 これのせいで、こちらの後続のポケモンをダイマックスさせてギャラドスを対処しようとしても殴り勝つのは難しいです。 そのため、 これらのポケモンへの明確な対策を事前に用意し、ギャラドスの「ダイジェット」圏内まで削られないように立ち回る必要があります。 カビゴンは「あくび」でこちらのダイマックスポケモンを流そうとしてくる型や「キョダイサイセイ」を撃ってくるエース型、さらには序盤に雑に殴り合って試合を動かしてくるチョッキ型など様々で、選出段階で型を絞るのはかなり難しいです。 ヌルアント• タイプ:ヌルの「とんぼがえり」で試合を動かし、アイアントで相手を倒せる対面を作ることを目的としたパーティです。 アイアントは特性「はりきり」のせいで非常に高い火力を持っているため、 このポケモンより遅いポケモンばかりではまず間違いなく3タテされてしまいます。 かといって速くて耐久の低いポケモンを使用すると「であいがしら」によって先制で倒されてしまうため、このパーティに勝つには 単純にどの数値も高いスペックの高いポケモンを使用するか、アイアント以外の対面で「ダイジェット」を使用しアイアントの上を取れるよう立ち回る必要があります。 トリルパ ミミッキュの「トリックルーム」でドサイドンを活躍させるパーティーです。 初手に置かれやすいギルガルドは数値が高くこちらのダイマックスの使用を誘ってきますが、 ダイマックスを切った状態で相手のダイマックスドサイドンを倒すのはほぼ不可能であるため、 多少の被害を受けることは覚悟してギルガルド対面でのダイマックスを堪えるようにしましょう。 また、最近ではドサイドンではなくカビゴンをトリルエースとして採用しているパターンも多く、ミミッキュ+カビゴンという並びを見たらドサイドンと同様に「トリックルーム」を警戒する必要があります。 終わりに 以上、シーズン3前期分の集計でした。 ポケモンHOMEがリリースされたものの、待望されていた集計機能などはまだ実装されていないため、私たちの集計はもう少し続きそうです。 次回もよろしくお願いします。

次の