女子 アナ びしょ濡れ。 宮司愛海アナウンサー、突然の放水でびしょ濡れ「今の時代アウトですから!」

フジテレビ夏祭りで女子アナびしょ濡れ、悪ノリに高評価の声|NEWSポストセブン

女子 アナ びしょ濡れ

華やかなフジテレビの女子アナともなれば世の男性からも引く手あまた。 これまで世間を賑わすビッグカップルが数多く誕生してきた。 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。 「フジの結婚で最初に話題になったのは頼近美津子アナでしょう。 局を代表する有名アナだけに話題性抜群でした。 その後、中井美穂アナが『プロ野球ニュース』の取材で知り合った古田敦也選手と結婚。 披露宴の視聴率は20%以上とまさにタレントそのものでした。 その後、木佐彩子(石井一久)、荒瀬詩織(石井琢朗)、福元英恵(福盛和男)、長野翼(内川聖一)とフジといえば野球選手との恋愛というイメージが定着しました」 そんな華やかな時代を経て、2010年代以降は結婚相手の傾向に変化が起きたという。 「高島彩アナがゆずの北川悠仁と結婚したのを最後に、あっと驚くカップルは減りました。 代わりに増えたのが、社内婚や一般男性との結婚です。 生野陽子アナ、秋元優里アナは同僚の男性アナウンサーでしたし、最近は噂になるお相手も一般人が増えている印象です」 そうした変化はなぜ起きているのか。 「これは他局でも言えることですが、女子アナがフリーでの活動も含めて長く働くケースが増えたことが影響していると思います。 競馬の福永祐一騎手と結婚した松尾翠アナやバスケの五十嵐圭選手と結婚した本田朋子アナなどが退社して夫の活動拠点がある地方へ移住したように、アスリートの夫を選べば地方を転々とするリスクが増えて、自身のキャリア形成に悪影響を及ぼす恐れがある。

次の

女子アナびしょ濡れ 高評価の声|BIGLOBEニュース

女子 アナ びしょ濡れ

フジ 女子アナがびしょ濡れ! フジ 女子アナ びしょ濡れのニュースは次のとおり。 *すでにご存知のかたはこの項目とばしてください。 その舞台はお台場・フジテレビ。 現場にいた女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏がその時の様子を語る。 『今から場内にミストが出ます』というアナウンスとともに山崎夕貴アナ(32)、永島優美アナ(27)、宮司愛海アナ(28)、新人の藤本万梨乃アナ(23)の4人めがけてホースから超強力なシャワーが放たれたんです。 場内一同、熱中症対策のミストが出ると思っていたところに突然の大放水だったので、大盛り上がり。 全員白いデニムやスカート姿だったので下着が透けるわ、デニムにナマ足がピッタリ張りつくわで見どころ満載でした。 本気で女子アナ帝国を復権したいのではないでしょうか」 奮闘する女子アナたちの背景には、フジテレビのしたたかな戦略があるのかもしれない。 *出典:フジテレビ夏祭りで女子アナびしょ濡れ、悪ノリに高評価の声(NEWS ポストセブン) — Yahoo! yahoo. news-postseven. html 永島アナ、びしょぬれではない姿もお綺麗です。

次の

フジテレビ夏祭りで女子アナびしょ濡れ!画像がヤバイ!白いデニムやスカート姿が透けてる?

女子 アナ びしょ濡れ

こんなずぶ濡れになって高評価されるアナウンサーって・・・ちゃんとした仕事で評価されるようにならないと• こんなことをしてまで稼ぎたいフジ 末期症状だ• 完全なセクハラだわ 訴えるべきよ• プロ野球の現場に女子アナを配属しだしたのはフジだし、各方面で女子アナを商品として扱いだした局だからな。 だが地方局は女子アナに水着姿でプールのロケさせたり温泉の入浴ロケもさせていたけどな。 くだらない。 こんなバカ騒ぎ、中身も何もなし。 それを見てはしゃぐバカも同レベル。 としまえんの騒動と同じ。 低俗の極み。 恥ずかしくないのか? 質的企画力ゼロ。

次の