ワンピース ヒグマ 最強。 『ワンピース』最強のキャラクターがついに決定!! 意外すぎて予想できない「あの人物」にwwwww : はちま起稿

ヒグマ(ONEPIECE) (ひぐま)とは【ピクシブ百科事典】

ワンピース ヒグマ 最強

「 おれを怒らせた奴は 過去56人みんな殺してきた」 プロフィール 本名 ヒグマ CV 所属 ヒグマ山賊団 棟梁 所属船 なし 懸賞金 800万ベリー 出身地 年齢 享年46歳(12年前) 誕生日 11月18日(熊の日) 身長 190cm 星座 さそり座 血液型 X型 好物 、、熊肉 概要 「」周辺を拠点とするヒグマ団の棟梁で、懸賞金の平均値が300万ベリーのにて56人を殺害して 800万ベリーの懸賞金を掛けられている凶悪犯である(この賞金額は平均賞金額が300万ベリーの東の海では中々高い方である)。 生涯 フーシャ村にあるのへ手下を引き連れ酒の買出しに向かうも、率いるが店中の酒を全部飲み尽くしてしまった事で反感を買い、シャンクスが差し出した未開栓のボトルも受け取るどころか素手で殴り割った(本人曰く「 寝酒にもなりゃしねぇ」。 )挙句に彼を「腑抜け」と罵りその場を後にする。 数日後、手下と共に再び酒場を訪れシャンクス達の悪口をこぼしていた所を、突っかかってきた幼少期のを痛めつけた挙句、大人げなくも殺そうとしたが、それが 友人への攻撃とみなされ赤髪海賊団ととなった。 当初こそ粋がっていたものの結果は大敗し、悪足掻きでルフィを連れて海に逃亡。 の一つであるを食べてカナヅチになっていた彼を海に落としたが、その直後に現れた「近海の主」と呼ばれるに襲われ乗っていたごと噛み砕かれてした。 なお、ルフィは駆けつけたシャンクスにより救出され難を逃れたが、代償としてシャンクスは左腕を食い千切られてしまい、ルフィの心に大きな禍根を残すこととなる。 その後ルフィは祖父により女山賊のの下へ預けられるが、その際にヒグマ一味の顔を思い浮かべながら「おれ 山賊は大嫌いだ! 」と抵抗している(因みにその10年後、ルフィがフーシャ村を出る際には「おれ 山賊は嫌いだけど お前らは大好きだ~!!! 」と発言しダダンを泣かせている)。 シャンクスが四皇になったのは6年前であると本編958話で言及されており、シャンクスがヒグマと戦ったのは12年前であり当時シャンクスが四皇だったと言うのは間違いである。 知っての通り赤髪海賊団は元ロジャー海賊団所属の強豪海賊を擁する一大勢力であり当然見聞色の覇気の使い手も多数属しているはずだが、その赤髪海賊団相手に煙幕一つで追跡を撒きルフィを拉致するというよく考えるととんでもない事をやってのけている。 メタ的に言ってしまうと当時は四皇はおろか覇気という設定すら定まっておらず、現在のONE PIECEの世界観とは矛盾する部分があったというだけ。 要はみたいな扱いである。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

黒ひげティーチの正体は1巻に?ていうか懸賞金やばすぎだろwwww

ワンピース ヒグマ 最強

ワンピース90巻910話より引用 【パワー】 10億のカタクリの武装色を撃破するギア4の攻撃力はなかなか。 ビッグマムやカイドウには通じなかったのでギア5、ギア6に期待! 【スピード】 スピード型のギア4・スネイクマンでもカタクリよりちょっと遅かったので微妙。 スピードは今後の課題。 【防御力】 カタクリの武装色を下回る武装色なのでまだまだ。 【タフネス】 作中トップクラス。 カタクリの猛攻を食らいながらも再起不能に陥らないタフさピカイチ。 諦めない精神力も相まって素晴らしいものになっている。 【機動力】 ギア4導入で空を蹴って移動できるようになったのは大きい。 しかし、シキやカイドウのように自由自在空を動けるまでもは行かないので成長の余地あり。 ワンピース57巻553話より引用 【パワー】 超巨大な氷塊を持ち上げる腕力、青キジに攻撃を当てられる武装色は素晴らしい。 ジョズの攻撃力=腕力+ダイヤモンド+武装色なわけで、当然申し分ない。 【スピード】 クロコダイルに「あの巨体でこのスピード …参るぜ」と言わせるほどで、スピードにも秀でている。 【防御力】 作中トップクラス。 ミホークの斬撃をとめる快挙を果たす。 ジョズの防御力=基礎防御力+ダイヤモンド+武装色である。 【タフネス】 未知数 【機動力】 スピードはあるが、空である程度自由に動けるのかは不明 パワー・スピード・防御力全てに秀でていて、バランスが取れたキャラである。 基礎戦闘能力も高く、白兵戦ではかなり強い。 ただ、青キジに片腕を取られたのは残念。 ただ、白ひげやドフラミンゴにはすぐ割られてしまったので、氷漬けの技は強者には効かない。 その戦法ばかりを取ってるためパワーはいまだに未知数。 【スピード】 相手を氷漬けにするスピードは半端ない。 ほぼ一瞬で冷凍状態にさせることができる。 一瞬の油断でジョズのようになってしまう。 【防御力】 黄猿・赤犬とともに白ひげの地震攻撃を武装色で防いでるので、武装防御はかなりのものである。 ロギアにも関わらず白ひげの覇気攻撃を受け流しており、武装色に対する対抗策を持ち合わせてるようである。 【タフネス】 頂上戦争ではマルコの蹴りとジョズのタックルを食らうが、耐えている。 【機動力】 白ひげの起こした津波を止める時、すごい高さまでジャンプしている。 あれで月歩を使えれば機動力は中々である。 能力がチートすぎるが故に目立たないが、他のパラメータもそこそこ優秀。 ただ、三大将では最弱と思われる。 ワンピース57巻561話より引用 【パワー】 軽い一振りで超巨大な氷山を一刀両断してしまう凄まじいパワー。 斬撃はジョズに防がれしまったが、直接攻撃だと通じるのか気になるところ。 【スピード】 ルフィのギア2を先回りしてたので、少なくともギア2よりスピードは上。 【防御力】 最上大業物の黒刀で防げば、だいたいの攻撃は防御できるのではないだろうか。 生身のミホークの防御力が気になるところ。 【タフネス】 未知数 【機動力】 対ルフィ戦では、跳んでたのでかなり身軽である。 そもそも斬撃を飛ばせるので、空中移動はできなくても強い。 四皇のシャンクスの互角であることから、「強さ」だけなら四皇と同等といっていい。 (人望がなく部下がいないから四皇になれない)ウィーブル次第だが、七武海では1番強いのではないかと思う。 5位黄猿 ワンピース52巻511話より引用 【パワー】 光速の蹴りの威力は凄まじい。 (物理的には力積が特大)レーザー攻撃も当たってしまえば、人体を必ず貫くので強力。 しかも、それを制限なく連射できる。 【スピード】 作中最高クラス。 今後ワンピースで黄猿を上回るスピードを持つものは出てこないだろう。 見聞色の未来視と組み合わせれば、100%攻撃を当てられるであろう。 【防御力】 青キジ・赤犬とともに白ひげの地震攻撃を武装色で防いでるので、武装防御はかなりのものである。 また、マルコの武装色の蹴りを受け止めており、生身の基礎防御力もなかなかである。 ロギアにも関わらず白ひげの覇気攻撃を受け流しており、武装色に対する対抗策を持ち合わせてるようである。 【タフネス】 未知数。 そもそもスピードが速すぎるせいで攻撃を当てづらい。 【機動力】 空中だろうが光速で一瞬で移動できる。 さらに、世界中どこでも一瞬で移動できる。 機動力でも作中最高クラスである。 パワー・スピード・機動力どれも作中最強クラスだが、悪魔の実の攻撃に頼りすぎている感も否めない。 悪魔の実を無効化するヤミヤミの実ユーザーに対しては、極端に弱くなる可能性がある。 闇の引力からは光速であろうとも逃げられないので、唯一の天敵といえよう。 ワンピース87巻871話より引用 【パワー】 5歳の時点でエルバフを半壊させるパワーを持ち、ジンベエの武装防御技「梅花皮」とベッジの「ビッグファーザー」を難なく撃破していた。 「威国」という遠距離攻撃も備えている。 まだまだ実力は未知数だが、純粋な腕力は作中トップクラスだろう。 【スピード】 スピードが秀でているが分かる描写は今の所ない。 生身の戦闘能力が怪物な分スピードはそこまで、という風に調整されているのかもしれない。 また、ギア4を片手(武装色は使った)で防いでいる。 もし、後者だったらタフネスも作中トップクラスだろう。 【機動力】 普通時のマムは鈍重なイメージですが、痩せた時のマムはかなり身軽だった。 ゼウスがいれば空中を移動できるし、機動力も優秀といえよう。 デフォルトの戦闘能力はかなり優秀。 しかし、ソルソルの実がその力を増幅させるものではないという点は残念。 ゾオン系のような純粋な戦闘能力を底上げするような悪魔の実であれば、もっとランキングは上位だったであろう。 ワンピース59巻577話より引用 【パワー】 「熱+溶岩」という攻撃は、殺傷能力では作中トップクラスである。 一度でも食らうと白ひげやルフィのように体の一部分を抉られてしまう。 武装色の覇気でも防げないので、ビッグマムやカイドウにも通用するものと思われる。 【スピード】 溶岩の粘性が邪魔してるのか、スピードはそこまでではない。 【防御力】 黄猿・青キジとともに白ひげの地震攻撃を武装色で防いでるので、武装防御はかなりのものである。 また、武装色と共に冷えた溶岩を身に纏えば、かなり強力な鎧となるだろう。 ロギアにも関わらず白ひげ・ビスタ・マルコの覇気攻撃を受け流しており、武装色に対する対抗策を持ち合わせてるようである。 【タフネス】 白ひげの地震攻撃を2度も直接食いながらも、 KOはされなかった。 海賊を追いかける凄まじい執念も相まって、タフネスも作中最高クラスといえよう。 【機動力】 高くは飛べないが、多少の高さまでならマグマで移動できる。 頂上戦争で見せたように、地下を溶かして移動でき、他の能力者には持ち得ないタイプの機動力を備えている。 地上戦ではかなり機動力がある方だろう。 頂上戦争では、白ひげ・ジンベエ・ルフィ・エースに重傷を負わせ、イワンコフ・イナズマ・10番隊隊長クリエルを瞬殺し、隊長達+クロコダイルと1人で対抗するという無類の強さを発揮。 これだけ猛攻しといて、まともに攻撃を食らったのは怒り時の白ひげによるもののみである。 おそらく世界政府で一番強いのではなかろうか。 ルフィとの決戦が楽しみである。 ワンピース59巻577話より引用 【パワー】 (おそらく)非能力者の時に、シャンクスの顔に傷をつけ、4番隊隊長のサッチを殺しており、基礎戦闘能力は相当なものである。 さらに、グラグラの実の破壊力も持ち合わせている。 「闇水+地震攻撃」のコラボ技は防御不可能である。 【スピード】 スピードが秀でてる描写は今の所ない。 スピードで相手に劣っていても、闇水で引き寄せれば攻撃は当てられるので、ティーチにはいらないのかもしれない。 【防御力】 闇の引力で攻撃は全て引き寄せてしまうので、防御力は0といってもいい。 【タフネス】 防御力は0な分、タフネスは作中最強と思われる。 白ひげの地震攻撃やエースの「神火 不知火」を食らいながら、耐えている。 闇の引力で攻撃は必ず当たってしまうが、痛みに耐えさえすれば特に傷が残るわけでもなく大丈夫な様子である。 (エースの「神火 不知火」は体を貫いたはずが、穴は開いてなかった) 【機動力】 空を飛べない。 身軽というイメージもない。 そもそも、闇の引力や地震攻撃は、相手との距離にかかわらず強力なので、機動力はいらない。 パワーとタフネスに異常に秀でている。 「体の構造が異形」「悪魔の実を 3つ食べている説」などなど、まだまだ得体が知れず、戦闘においても隠し玉がある可能性あり。 今後の展望も含めて、かなり有望なキャラだ。 ワンピース79巻795話より引用 【パワー】 ギア4のルフィを一撃で KOするという常軌を逸したパワーを持つ。 ゴム人間のルフィに効いてたので、武装色はつかっていた。 龍形態で放つ「ボロブレス」という遠距離攻撃も持っている。 四皇でも頭一つ飛び抜けているのではないだろうか。 【スピード】 未来視を会得したギア4のルフィに確実に攻撃を当てている。 「雷鳴八卦」という技名や「ゴロゴロ」という効果音から、おそらく雷のスピードで攻撃したのであろう。 もしそうなら、スピードにおいても黄猿に次いで作中トップクラスだ。 あの巨体にこのスピードはまさに鬼に金棒だ。 【機動力】 龍形態だと空中を自由自在に移動できる。 抜け目なく5点全てにおいて作中最強クラスであり、まさに「最強生物」である。 ルフィ達がカイドウをどう倒すかが見ものですね。 (倒せないという展開もワンチャン).

次の

ワンピース最強キャラランキングベスト10【強さ徹底議論】

ワンピース ヒグマ 最強

相反する目的がぶつかり合う展開が予想され、ラスボスとされています。 また、 エースを処刑に導いた人物という因縁もあるので、復讐のためもあると思います。 否定派 黒ひげはルフィと同じDの文字を持つ 「Dの一族」なので 最終的には手を組むと予想されています。 Dの一族全員が手を組みより強大な敵に立ち向かうと思われるので、その観点から考えると黒ひげはラスボスには成りえないと思われます。 個人的には 個人的な意見では黒ひげはラスボスの可能性があるのではないかと思います。 エースを処刑台に送り込んだ張本人ですし、 海賊王の目標を持っていることでいずれ対立するという展開が見えるからです。 ルフィは作中、四皇は全員倒すことを言っていましたので、四皇にいる間は敵対するかと思います。 そして、シャンクスが世界政府と繋がっていることを示唆する場面もありました。 そのことから考えると四皇を抜けていたとしても 世界政府側の人間として戦うかもしれません。 それは エースを殺害した張本人であるからです。 「ワンピース」の赤犬って嫌われてる風潮あるけどさ・・・ — カメ速報 kamesokuhou 海軍には祖父のガープがいるので戦うことを避けると思いますが、赤犬に対しては恨みを持っているルフィは個人的に戦いを挑むと思います。 また、海賊として海軍元帥と戦うのは避けられない運命でもあります。 五老星は銀河系にあるそれぞれの星の王だと思ってる。 「歴史より消すべき灯火がまたお決まりでしょうか」 イム様は五老星からすると光の存在。 銀河系を照らす存在。 つまり月。 月の王がイム様。 だと思う!ワンピースと月の関係性は深いなー — なりゆき nariyuki20 世界政府を裏で牛耳っていると思われるイム様とルフィはいずれ戦うかもしれません。 それはルフィが世界の均衡を破壊すると思われ、その時に世界政府と戦うと思うからです。 おそらく、イム様は直接攻撃するのではなく、 五老星を使って間接的にルフィを苦しめていくだろうと考えられます。 『世界に問いかける!! ルフィの目標だった海賊王になったことを見ていたドラゴンはどこからともなく現れ、戦います。 ルフィは苦戦しながらも倒しますが、その正体はドラゴンだったという展開かと思われます。 このことから考えるとロックスはルフィが生きている時には伝説の海賊となっていると考えられます。 ゴール・D・ロジャーがまだ海賊王になる前に暴れていたので伝説となる根拠は十分あり、ロックスがルフィの最大の敵=ラスボスになると思います。 バァカ おれは一生 神には祈らねェ!!! -ロロノア・ゾロ — ワンピース名言・考察 onepiecemeigen1 それはゾロの肩書です。 ゾロは 「海賊狩りのゾロ」と恐れられ、海賊を片っ端から狩っていました。 いずれはルフィの懸賞金の額が他の海賊よりも最高金額になると狩ってしまう可能性もあります。 また、 最強を求めるゾロに取ってルフィはミホーク同様、越えなければならない相手だと考えられます。 その他のラスボス予想 その他、予想されている意外な人物がラスボスになる可能性も予想されています。 ギャグ展開はちょっと無理がありますがね…(笑) ラスボス 笑 :エネル 2代目担当編集・土生田さん 『「いい事を思いついた」と尾田先生が自信満々に話してくれた「ルフィはゴムだから雷が効かない」という設定と「ビックリするエネルの顔」。 想像を遙かに超えるこの渾身のビックリ顔に、ネームを見た瞬間は大爆笑しました。 彼がラスボスになったとしてもルフィにすぐにやられてしまうと思います。 それはゴムは電気を通さないので、いくら強力な攻撃もしても口をあんぐりと開けてしまうと思います。 ラスボス 笑 :ルフィの母親 実はルフィの母親なのではないかということもネットでは予測されています。 ルフィを産んだ張本人でもありますので、実力は折り紙付きだと思います。 ラスボス 笑 :山賊ヒグマ 原作者が「 ラスボスは1話に出てきている」という情報から挙げられた山賊ヒグマ。 ワンピース1巻の山賊ヒグマが60皇を4皇まで減らした説面白すぎるwwwその山賊王ヒグマを一飲みするオチまで面白すぎるw — ちゃばしら🍵 tamanegituna 四皇であるシャンクスに喧嘩を売ったにも関わらず、傷一つなく生還していることを考えるとラスボスとしてあり得ると思います。 ラスボス 笑 :ウルージ 最悪の世代でひときわ目立ったウルージ。 ウルージ誕生日おめでとう🎉今年も期待してる🖤👍 — raimu@底辺Youtuber raimunau スイート四将星の1人で懸賞金6億のシャーロット・スナックを倒した実力者でもあります。 ちなみにスナックが敗れてからスイート三将星となっています。 ウルージがラスボスとして挙げられる点はどんなに 苦戦していても常に笑顔でいる 余裕。 スナ ックを倒す 実力。 四皇カイドウを近くで見ても動じない 豪胆さがあります。 このことからみてウルージがラスボスである可能性があると思われます。 エネル、ルフィの母親、山賊ヒグマ、ウルージと紹介しましたが、意外すぎる4人の内1人がラスボスだったという展開が果たしてあるんですかね? まとめ 以上、ワンピースのラスボス予想8選でした。 個人的には黒ひげがラスボスであってほしいと思っています。 それは黒ひげは懸賞金0ベリーから四皇までのし上がった人物であり、ルフィと同じ海賊王という目標があるからです。

次の