ポケモン 剣 盾 カビゴン 育成 論。 【ポケモン剣盾】ねむカゴ最強カビゴンの育成論を紹介!【ソードシールド】

「ツボツボ」育成論!最も硬い起点作成!【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 カビゴン 育成 論

ポケモンソード・シールド(剣盾)でレイド使用率No1の伝説ポケモン 「ムゲンダイナ」の育て方、技構成など厳選について紹介していきます。 【ポケモン剣盾】ムゲンダイナ育成論・技構成・厳選について どんなボールの種類でも捕獲ができるので捕獲チャレンジでは、 だけしましょう。 リセットを繰り返す厳選(個体値・性格)はしない方がいいです。 時間が5〜10時間掛かるので オススメの厳選方法・育成方法は以下の通りになります。 個体値はして個体値MAXにする• 性格はするとすぐ終わる• 夢特性(隠れ特性)はないので気にしなくていい 育て方については順を追って説明していきます。 種族値・努力値配分 ムゲンダイナ(通常) HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 140 85 95 145 95 130 690 特攻に特化しており種族値690は幻・メガ以外では 最強のポケモン。 努力値は 「HP252・特攻252」とレイドで重要視される 「特攻」を優先的に上げることをオススメします! ムゲンダイマックス HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 255 115 250 125 250 130 1125 種族値は最強の1125と高すぎる。 違う性格なら、下記記事のミントを使い補正をしたらいいでしょう! 育成論・持ち物 特性 プレッシャー 性格 ひかえめなど特攻が上がる性格 持ち物 こだわりメガネ( 特攻1. 5倍+同じ技しか出せなくなる) 努力値 攻撃:252素早さ:252 技 ダイマックスほう、りゅうのはどう、ヘドロウェーブ、かえんほうしゃ こだわりメガネの入手方法は、スパイクタウン一番奥(ネズのステージ側)またはバトルタワー25BPで購入可能。 オススメ技・ムゲンダイビーム 技 タイプ 分類 威力 命中 ヘドロウェーブ 毒 特殊 95 100 りゅうのはどう Lv40 ドラゴン 特殊 85 100 かえんほうしゃ Lv48 炎 特殊 90 100 ダイマックスほう Lv56 ドラゴン 特殊 100 100 ヘドロウェーブは技レコード78(技レコードはWショップ 日替わりランダム)) タイプ相性 倍率 タイプ 4倍 2倍 氷・地面・エスパー・ドラゴン 0. 5倍 炎・水・電気・格闘・毒・虫 0. 25倍 虫 無効 色違い 色違いについては登場しませんので厳選はできません。 前シリーズの流れだと今後配布となります。 ダイマックスできない ストーリー上でしかダイマックスをしない 伝説であるザシアンとザマゼンタ、ムゲンダイナは 対戦でダイマックを使用することができません。 伝説・幻はダイマックスは出来ない=レイドで出現するダイマックス「メタモン」は必ず「変身に失敗」します。 ダイマックスを見たい場合は、 専用技であるムゲンダイビームで攻撃するシーンで「ダイマックス」になる演出を見ることができるだけです。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください 最新情報はこちら: 最新情報• お役立ち• 強化のお役立ち• ポケモン• 剣盾限定ポケモン• 人気ポケモン• レアアイテム• 新要素• yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 カビゴン 育成 論

雨状態のとき、ターン終了時に自身の状態異常を回復する。 ただし、雨が止むターンは発動せず、眠気状態の眠りをそのターンに回復することもできない。 そのため、 どんなポケモンと対峙しても等倍技で殴り合うことができ、上記の「キョダイセンリツ」の効果も相まってタイマンで負けることはほぼ無いと言っても過言ではありません。 また、 殴り合いを拒否してくるような高耐久ポケモンには「ぜったいれいど」が有効で、環境でも特に対策の難しいポケモンになっています。 短所 攻撃・特攻が低い ダイマックスを積極的に使用するポケモンとしては攻撃・特攻の種族値がどちらも85と抑え目です。 ダイマックスすると技が強化される代わりに搦め手が使えなくなるため、 攻撃性能が低いこのポケモンがダイマックスしてしまうと耐久ポケモンに対処されやすくなってしまいます。 また、特攻を上げる積み技を覚えないことや、せっかく「りゅうのまい」を覚えるにも関わらずまともな物理氷技を覚えないことも火力不足を後押ししています。 素早さが低い 積極的にダイマックスを使っていきたいポケモンであるのに素早さが低いため、 技「みがわり」でダイマックスターンを消費する戦術に弱いです。 ドラパルトなどと対面してもすぐにダイマックスせず、相手のパーティを見て「みがわり」持ちなのか、ダイマックスを浪費しても勝てるのかなどを判断する必要があります。 ・ダイマックスすれば今作最強のタイマン性能 ・「ダイサンダー」で「あくび」耐性、「ぜったいれいど」で受けへの回答をそれぞれ持つ万能ポケモン 努力値調整 HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」持ち192 252 ガラルヒヒダルマの「ばかぢから」を96. 「キョダイセンリツ」で 上昇した耐久を倒しきるために相手は弱点技を撃ってくるのですが、それを逆に利用してこちらの火力を「じゃくてんほけん」で底上げします。 同様に、壁対策として使われる 「かわらわり」もラプラスの弱点を突いてくるので「じゃくてんほけん」を発動させることが可能です。 参考パーティ 【ポケモン剣盾】公式大会優勝 キョダイマックスラプラス入り対面構築 使用者:ふゆの() 粘土型(キョダイマックス) 特性 シェルアーマー または うるおいボディ 性格 ひかえめ 持ち物 ひかりのねんど 努力値 HP:12 攻撃:0 防御:76 特攻:196 特防:4 素早さ:220 実数値 207-81-110-143-116-108 技 うたかたのアリア フリーズドライ かみなり ぜったいれいど 入れ替え候補技 10まんボルト じわれ ねむる ねごと うたう ほろびのうた ・「ひかりのねんど」で延長された「オーロラベール」で後続をサポート ・「オーロラベール」下で一撃技の試行回数を増やす 努力値調整 C:余り HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」持ち「ごりむちゅう」192 252 ヒヒダルマの「ばかぢから」を確定耐え S:4振りフォルムチェンジロトム抜き 役割 ダイマックス、初手、壁貼り 解説 「キョダイセンリツ」による「オーロラベール」が持ち物「ひかりのねんど」の延長効果の対象であることを利用した型です。 「ひかりのねんど」によって 5ターンから8ターンに延長された「オーロラベール」を活かし、後続の積みポケモンのサポートを行います。 また、 一撃技である「ぜったいれいど」の試行回数をより増やすことができるので、ラプラスの火力不足を不安定ながらも補うことができます。 2%で耐え S:4振りアーマーガア抜き 役割 ダイマックス、崩し、初手 解説 ラプラスの特徴で述べた通り、 このポケモンは火力が低いせいで高耐久ポケモンの繰り出しによるダイマックスターン稼ぎに弱いですが、「いのちのたま」による火力の底上げによってそれらの後出しを返り討ちにすることができます。 例えば181-137 252-4 ナットレイであれば「キョダイセンリツ(ぜったいれいど)」で確定2発、267-131 252-4 カビゴンであれば「ダイストリーム(うたかたのアリア)」2回で倒しきることもできます。 その他にも、ダイマックスギャラドスを「ダイサンダー(かみなり)」で確定1発にできたり、ダイマックスドラパルトを「ダイストリーム(うたかたのアリア)」+「キョダイセンリツ(ぜったいれいど)」で「じゃくてんほけん」を発動させずに倒したりすることができるようになります。 調整意図にある通り、 トゲキッスに後投げして「キョダイセンリツ」を選択することで、例え相手が「いのちのたま」を所持して「ダイソウゲン」を撃ってきたとしても対処することが可能 です。 また、ピクシーやアシレーヌといった対処が難しく詰みやすいポケモンにも強く、このラプラスを構築に入れるだけで簡単に対策することができます。 ダイマックスを必要としない積みエース• 「キョダイセンリツ」は5ターンの間、 ラプラスだけでなく後続のポケモンの耐久を2倍にするので、積み技を持ったポケモンと相性が良いです。 ただし、「キョダイセンリツ」を使用するためにはラプラスにダイマックス権を使わなければならないため、トゲキッスやギャラドスなどのダイマックスして真価を発揮する積みエースではなく、 カビゴンやピクシーなどダイマックスせずとも積んだ後の性能が高いポケモンと組み合わせる必要があります。 ラプラスの対策 高耐久ポケモンで殴り合いを避ける• ラプラスと殴り合おうとすると「キョダイセンリツ」による耐久2倍、ダイマックスのHP2倍を考えると実質HP4倍のポケモンと戦うことになるためかなり分が悪いです。 そこで、上記のような 耐久の高いポケモンで殴り合いを避けるのが無難な選択となります。 ただし、ダイマックスしていないラプラスは「ぜったいれいど」でこれらのポケモンを一撃で倒してくるため、ガラルヒヒダルマなど ラプラスにダイマックスを強要できるポケモンと対面させ、そこから受け出しをするといった工夫が必要です。 強引に倒しきる• 「いのちのたま」持ちのパッチラゴンや特性「すりぬけ」で「じゃくてんほけん」持ちのドラパルトなどは ラプラスの高耐久・「キョダイセンリツ」による「オーロラベール」を貫通して強引に倒しきることができます。 ただし、パッチラゴンは特性「はりきり」のせいで命中8割になってしまっていたり、ドラパルトは受けポケモンへの引きや弱保型警戒の立ち回りといった相手次第な側面を持っているなど、どちらも 不安定な要素が多いため、これらの対策が決まる前提でパーティを組むのは少し危険です。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイカビゴンの型紹介!①はらだいこ②のろい③のろいねむカゴ④とうせんぼうTOD【カビゴン育成論】

ポケモン 剣 盾 カビゴン 育成 論

雨パの中でも特に、エラがみという先制すると威力が2倍になる技を持つウオノラゴンと相性が非常に良く、現環境でも通用する編成となっています。 初手でペリッパーを選出し、おいかぜでパーティーの素早さを上げて、とんぼがえりで後発のポケモンと交換するのが基本の立ち回りとなります。 後発のポケモンを強化できるので起点型には必須の技です。 とんぼがえり 確定技 ダメージを与えつつ後発のポケモンと交換することができます。 ハイドロポンプorなみのり 選択技 ペリッパーのメインとなる技です。 威力を取るならハイドロポンプ、命中を取るならなみのりを選択しましょう。 まもる 選択技 相手の攻撃を無効化することができます。 敵の強化効果のターン消費などに使うことができます。 エアスラッシュ 選択技 ダイマックス時に素早さを強化することができます。 はねやすめ 選択技 HPを回復することができます。 ペリッパーの弱点・対策 構成を読みやすい ペリッパーは単体での性能はそこまで高くないため、雨パでの採用がほとんどです。 ウオノラゴンがいればほぼ確定するので、雨パに対して有効なポケモンを選出することができます。 素早さが高いポケモンが有効 ペリッパーはおいかぜを使って後発のポケモンを強化する役目を持つため、相手のパーティーにペリッパーがいた場合は、先制できるポケモンを選出しておくといいでしょう。 でんき技が有効 みずとひこうというタイプを持つため、 でんき技が4倍で通ります。 10まんボルトやかみなりといった特殊技で攻撃するようにしましょう。

次の