アイビスペイント 線画抽出とは。 スマホでイラストならアイビスペイント一択!その魅力と注意点

【初心者】アイビスペイントを使いスマホで写真を取り込み線画にする方法【どこよりも詳しいやり方】

アイビスペイント 線画抽出とは

『 ペイントX(ibispaint x)を使って、イラストを描きたい!』と思って、 実際に、描いてみたんですが。 かなり使い勝手が良くて、高校生のイラストに夢中になっている時期に出会いたかったなぁ〜と、、、。 底知れない無料のクオリティに驚く。 じゃあ、シャーペンに描いて、『ペイントX』アプリに落とし込んでイラストを描いていく手順を分かりやすく解説していますので。 このまま下へ読み進めてください。 【初心者必見!】ペイントXの使い方!手順。 1、紙に好きな物を描く。 2、『ペイントX』アプリに落とし込む。 3、線画を描いていく。 4、レイヤーの使い方を理解し、色塗り。 5、完成。 ざっくりとした流れは以上です。 では!実際に、『 1、紙に好きな物を描く。 』ところから描いてみましょう! 1、紙に好きな物を描く。 B5サイズの用紙とシャーペンまたは、鉛筆を用意して描いていきます。 僕の場合は、イケメンを描いていくので。 『丸』を必ず描いてから、顔の輪郭を描いていくようにしています。 後日、別の記事で書き方などの解説もしていきますね! ラフの下書きは、このような感じでイケメンさんが仕上がりました。 2、『ペイントX』アプリにアナログ絵を落とし込む。 まず、『ペイントX』アプリを開きます。 2、『完了』をタップしたら、 『マイギャラリー』をタップします。 3、『マイギャラリー』をタップしたら、 『+(プラスマーク)』をタップします。 4、『+(プラスマーク)』をタップしたら、 『写真読み込み』をタップします。 5、『写真読み込み』をタップしたら、 『OK』をタップします。 6、『OK』をタップしたら、 『下書きイラスト』を読み込みます。 *お使いの・のスペックによってイラストを描くときに重くなるので、基本は『推奨』をオススメしています。 10、『OK』をタップしたら、 『黒側、白側、中央値』の数値を設定する。 僕の場合は、大まかな数値で設定でも、線画を描いていくので修正は後でも簡単にできます。 ですが、 線画をアナログ時点での抽出をする人は、『線画抽出』は重要なので注意。 3、レイヤーをざっくり理解し、線画を描いていく。 『 レイヤーって何だよ!』と、めんどくさい。 理解しなくても行けるやろ!と思ってる人!! レイヤーを理解していると、失敗しても簡単に修正できたり、綺麗に描けたりするのでめんどくさいけど理解しておくことをおすすめします。 レイヤー勉強から始めるより、実戦形式で僕が描いているところを見て全体像のイメージを理解してください。 ここまでが『 3、レイヤーをざっくり理解し、線画を描いていく。 』のやる事です。 ざっくりと『レイヤー』についての理解は出来たけど、まだまだ理解が足りないなぁと思う人は、詳しく解説していますので、このまま読み進めてください。 『 レイヤー』って何?理解して綺麗に書こう! レイヤー とは、画像を重ねて使うことができる機能のことである。 じゃあ、その『レイヤー』をどのような仕組みなのか?と言いますと、下の画像を見てください。 というのが、『レイヤー』を使う事で簡単に出来ます。 このような感じになります。 色塗りをレイヤーを使って綺麗に! 『色塗り』が苦手!という人は、別記事で、色塗りのコツを解説しているので参考に。 ここでは、ざっくりとした解説をしていきます。 このようにレイヤーごとに、肌、髪、目といった感じで色塗りをしていきます。 2、『ペン(ハード)』を選択したら、 『色選び』については、別記事で解説していきます。 3、『色』を選択したら、 『影、光、ベースの肌色』を塗っていきます。 髪、目なども同じで、『影』、『光』、『ベースの色』は重要になります。 4、『色塗り』を進めていくと、 こんな感じで仕上がります。 かなり飛ばしていますが、色塗り記事を次回書きますので少々お待ちを。 【初心者必見!】ペイントXの使い方!まとめ。 初めて、『ペイントX』を使ってみたんですが。 かなり使いやすくペンタブは持っていないけど、はある高校生、中学生とかにおすすめだなぁと感じました。 高校生、中学生ってお金無いしね。 僕なんか、お絵描きしたいから1万5千円のペンタブと5千円のイラストソフトを少ないお小遣いで買っていた時を考えると今の高校生、中学生は恵まれているなぁと思うよ。 まあ、だけどもペンタブの方が描きやすさは抜群だけどね! december1etk.

次の

アイビスペイントの使い方アナログ絵の線画抽出と着色のやり方

アイビスペイント 線画抽出とは

こんにちは、きよせむ です。 あなたは、手描き アナログ で絵を描いていますか?デジタルで描いたこともありますか? 私もアナログで描いていますが、アナログは毎回制作のために時間とお金がかかります。 一方、デジタルで描くとほぼ初期費用のみで描けて修正もすぐできるので便利です。 アナログを活かしつつ、デジタルも描いてみたい。 タブレット端末もない、パソコンもスペックが足りない• お金もない というデジタルイラスト初心者のあなたには、 アイビスペイントのアプリを使ってスマートフォンで描くことを強くおすすめします。 アイビスペイントとはお絵かきツールのひとつで、ブラウザ版とアプリ版があります。 私のようなデジタルイラスト初心者でもこのアプリを使ってさっくり描くことができています。 1.アイビスペイントの良いところ 無料で始められる アイビスペイントはスマートフォンさえあればアプリが無料でインストールできます。 無料の「アイビスペイント X」と有料の「アイビスペイント」がありますが、初めてやるなら無料の「アイビスペイントX」でも十分です。 デジタルイラストを描こうと思ったときに、熟練のイラストレーターさんは何十万もするようなタブレットやモニターを紹介していますが、初めてならまず無料でサクッと挑戦してみたほうが手ごたえをつかみやすいです。 アイビスペイントXで始めてみて、もっとデジタルで描いてみたいと思えばいろんなソフトや機器を検討したらいいですし、ちょっとした資料やブログのカットに必要なだけであればアイビスペイントのみで大丈夫です。 ペイントやExcelでやってきたことが活かせる あなたはWindowsのペイントやExcelでイラストを描いたことがありますか? アイビスペイントは、WindowsのペイントやExcelで出来なかったことがExcelなどと同じ簡単さで出来るところが魅力です。 たとえばお絵かきツールで重要なレイヤー機能などがあります。 私は接客系事務でちょっとしたカットやPOPを頼まれたときに、会社の複合コピー機のスキャナーでアナログ絵を取込み、 さほど使ったことのない ペイントを駆使しながら作っていましたが、やはり濃度調整など、余分と感じる手間がたくさんありました。 アイビスペイントではペイントの塗りつぶしと同じ感覚でレイヤーや範囲選択もできるので、これまでの操作よりもぐっとラクに描くことができます。 アナログ線画抽出機能 アイビスペイントの一番の魅力が、アナログ線を線画として抽出できるところです。 自分で描いたアナログ線画をスマホのカメラで撮影し、アイビスペイントアプリを起動して線画抽出ツールを使うことで、とっても簡単に線画をデジタルに取り込むことができます。 アナログ線を取り込むときによくある線のがたつきやかすれも、ブラシや消しゴムで修正したり線画レイヤーを複製して重ねることである程度カバーができます。 また、アナログ線のがたつきをそのまま活かして描いても味わいある作品に仕上がります。 2.アイビスペイントの有料版と無料版の違い アイビスペイントには、有料版の「アイビスペイント」と無料版の「アイビスペイントX」があります。 有料版と無料版の違いは3つです。 広告の有無• ブラシの選択肢• プレミアム会員 有料版ユーザー 限定素材とフォント 「2. ブラシの選択肢」についてですが、アイビスペイントはブラシの種類も豊富で、その数は無料より有料のほうがやはり多いです。 でも、有料ブラシを無料でも使うことができます。 無料でブラシを選択しブラシ一覧に表示されるアイコンをタップし動画を視聴すると、18時間限定で有料含む全てのブラシが使えるようになります。 1日に描く時間が18時間以内であれば有料無料の差はありません。 実際私は無料のみで有料ブラシを使っていますが、特に不便と感じたことはないです。 動画も流している間にトイレ行ったり雑用をすれば時間の無駄になりません。 3.アイビスペイントXでつくるアイキャッチ用画像 参考までに、私はこんな感じで簡単に作ってますというデモンストレーションをダイジェストでお送りします。 使うもの:iPhone7と指、アイビスペイントX 1. キャンバスサイズに合わせてアナログ画像を縮小するほうが消耗しないんですが、その場合線のガタツキがかなり目立つので画風に合わせて操作手順を入れ替えると良いと思います。 画面が小さいので肩が凝る スマホの小さな画面で髪の線など細かな部分や色合いを描いていくので、ものすごく肩が凝ります。 冷え症や肩こりがよくあるのなら、適度に休憩をはさみながら制作しましょう。 5.『スマホでイラストならアイビスペイント一択』のまとめ アイビスペイントの魅力が伝わったでしょうか。 デジタルイラストを描いてみたいけど資金不足という人にとって、すぐインストールできてアナログとデジタルの併用もしやすいアイビスペイントはまさにうってつけです。 あなたもインストールしてお手軽にデジタルイラストを描いてみましょう。 線画を抽出する以前にアナログ絵を上達させたい!というときは『』の記事もおすすめです。 クロッキーもやって、アナログとデジタル、どちらも楽しんで描いてみませんか? 今回使用したアナログ画材はこちら。

次の

無料のお絵かきアプリのおすすめ!「アイビスペイント」の魅力を紹介│もめの部屋

アイビスペイント 線画抽出とは

「アイビスペイントX」をダウンロードする アプリ「アイビスペイントX」をダウンロード。 青いアイコンのほう(無料)でOKです。 アイフォンの場合は「Appストア」、アンドロイドの場合は「Playストア」で「アイビスペイントX」と検索し、ダウンロードしてください。 広告が出ます。 また、特殊な筆を使いたい場合は広告動画を見る必要があります。 わたしはこちらを(無料の筆のみで)使っています。 広告を消したくなったら、あとから課金して、有料版とおなじ状態にもできます。 初心者のかたはまずこちらをダウンロードするのをおすすめします。 840円します(2019年6月現在) 紙とペンでアナログで線画を描く 紙にペンで線画を描きます。 単純な線のほうが最初は塗りやすいです。 どんな絵を描くかラフ案を描きつつ、下描きしてペン入れします。 写真で取り込むので、紙はどんなものでもかまいません。 薄くてもOK。 罫線があったり、色のついているものは取り込みにくいので、 色は白地がいいです。 最初なので塗り絵っぽく、線のふとい単純なイラストにしてみます。 鉛筆画でもいいのですが、下描き状態の線があやふやなものは塗りにくいです(スキマにたくさん塗り残しができる)。 くっきりハッキリした線が塗りやすいです。 あと、線と線がつながっている描き方をすると塗りやすいです。 これはふつうの塗り絵とおなじですね。 スマホの写真機能で絵を撮影する なるべく白い部分が白いまま写るように撮影します。 紙のはじっこはどうしても影になってしまいますが、絵にかからなければOK。 また、絵がゆがまないようになるべく真上から撮りましょう。 スチールシェルフなどがあれば、下の段に絵を載せ、上の段にスマホを載せて撮影するのが平行に撮れるので、理想です。 また、ピントを合わせるためと、絵のまわりに余白をもたせるため、あまりドアップでは撮らないほうが無難です。 アイビスペイントに写真を取り込み、線画レイヤーにする 「アイビスペイントX」を起動します。 表紙が出たら、いちばん左のボタン「マイギャラリー」を押します。 はじめは空白の「マイギャラリー」ページが出てきます。 何枚か描くと、ここに自分の過去の作品が表示されます。 (データを「新規作成」するボタンです) 絵の大きさを決める画面に行きます。 「写真読み込み」の部分を押します。 自分のスマホ内にある写真のデータが出てきます。 アイフォンの場合「すべての写真」を押し、さきほど撮影した線画の写真を押します。 すると小窓で注意書きが出てきます。 キャンバスサイズ キャンバスサイズが大きいほど動作速度が遅くなり、消費ストレージが大きくなります。 また小窓が出てきます。 線画抽出 アナログ線画を読み込んだ場合は、線画抽出をすると便利です。 線画抽出を行いますか? キャンセル OK 「OK」を押します。 下に3本のバーが出てきます。 上から「黒側」「白側」「中間値」とあります。 まず、真ん中の 「白側」のバーの丸印を、100%から0%のほう(左側)に下げて、紙の色を真っ白に近づけていきます。 白であってほしい部分に、灰色みがまったくなくなったらOK。 だいたい 40~50%くらいのところになると思います。 あまり0%に近づけすぎると、線画自体が白飛びしてしまいます。 「白を真っ白にしようとしたら、線の色がちょっと灰色っぽくうすまっちゃったな」という場合は、いちばん上の 「黒側」のバーを0%から少しだけ右にずらしましょう。 10%くらい。 線が太りすぎないていどに。 絵を拡大して、線の色味をよく見ながらいい感じのところに調整しましょう。 なお、いちばん下の 「中間値」は50%のままでOKです。 (公式にもそう書いてありました。 すると変更が確定されます。 すると、「マイギャラリー」のページに行きます。 さきほどまでのデータが追加されています。 とりあえず保存ができたので、作業をすすめます。 右下の「編集」を押すと、作業の続きに入れます。 デジタル作業ではこまめな保存をおすすめします。 取り込んだ絵が、中央に写らずに片側に寄ってしまったり、絵が大きすぎたり小さすぎたりした場合、調整していきます。 小窓が出ます。 これが「レイヤー」をあらわしています。 赤い四角がいっぱいある「選択レイヤー」は、今回は使わないので無視してください。 その下に「1」という青枠でかこまれたレイヤーがあります。 これが写真で取り込んだ「線画レイヤー」になります。 この状態のまま、右のバーの上から3ばんめ、 十字になっている矢印のマークを押します。 線画自体を自由に移動・拡大縮小できる画面に行きました。 大きさを変えたいときは、画面上で 指2本をひろげるような動作(ピンチアウト)で 拡大、 指2本をせばめるような動作(ピンチイン)で 縮小します。 位置を調整するときは、 指1本を置いて移動させます。 線をざっくりととのえる 写真取り込みでかすれてしまった線を描き足したり、白い紙の部分が影で黒くなってしまったのを消したりして、線画を修正します。 画面のいちばん下、左から3番めの黒い丸を押します。 小窓が出てきます。 ペンの太さを選ぶ画面に行きました。 注意文が出てきます。 無料で利用する 動画を見ると有料ブラシを一定期間、すべて無料で利用できます! キャンセル OK 無料ブラシのみで作業できるので、「キャンセル」を押します。 上から5番目の「 ペン(ハード)」の8. 0か、上から7番目の「 デジタルペン」の8が、くっきり描けて線画には使いやすいです。 ひとまず「ペン(ハード)」の8. 0のところを押してから、画面下のさっき押した左から3番目のアイコンを押します。 これで線の「太さ」と「濃さ」を微調整できます。 上のバーが太さで、さっき8. 0を選んだので8. 0になっています。 描いてる途中で少し細くしたりふとくしたりしたくなったら、こちらをいじればOK。 下のバーは濃さです。 写真取り込みの線画はうすくなっていることが多いので、ちょっと濃さを下げて90%くらいにすると、もともとあった線となじんだ濃さの線が引けます。 あと線がはみだした部分や、背景が影で黒く汚れた部分などを消します。 下のいちばん左のアイコン、 筆と消しゴムがぐるぐる矢印になっているアイコンを押すと、「筆」と「消しゴム」が一瞬で入れ替わります。 こんな感じの全体像になりました。 (こまめに保存) 線を真っ黒にする さてこのままの状態では線画がちょっと 透けているので、 線を真っ黒にします。 (線画が透けていると、線画より濃い色を塗ったときに、線画が浮いてへんな感じになります) まず、また「マイギャラリー」画面から右下の「編集」を押して作業していきます。 右下の、点が3つ「・・・」タテに並んでいるアイコンを押します。 小窓が開きます。 上から3つめの「不透明度で選択」を押します。 線画のまわりが点線で囲まれます。 「レイヤーページ」を閉じます。 画面下の左から2番目のアイコンが「ブラシ 筆 」であることを確認します。 ちがっていたら、画面下のいちばん左のアイコンを1、2度押して「ブラシ 筆 」にします。 上から5番目の「ペン ハード 」のいちばん右を押し、「ペン選択ページ」を閉じます。 画面の下、真ん中の四角を押して「色選択ページ」をひらき、左上の真四角の「黒」を押します。 右上の長四角が「黒」になったらOKです。 「色選択ページ」を閉じます。 バーを2本とも右に寄せます。 これで「ペン先の太さ」も「濃さ」も最大限に設定できました。 つぎに、指で画面全体をぐるっと染めます。 何度もグリグリすると線が太くなりすぎるので、1回だけぐるりと。 右上の真ん中あたりの、点線の四角を押します。 小窓が出ます。 いちばん上の「選択解除」を押します。 線のフチについていた点線が消えます。 これで、線の透明部分をなくし、真っ黒にすることができました。 パッと見、ちがいはわからないかもしれませんが、色を塗っていくと不透明にしたほうがだんぜんアラが気になりません。 「マイギャラリー」ページに戻ったら、下の右から2番めの「…」を押してください。 小窓があらわれます。 削除 作品を複製 キャンセル これの「 作品を複製」を押します。 すると、おなじデータがもうひとつできます。 線画は線画のまま保存しておいて、 コピーしたデータで色塗りしていきます。 こうすると、色塗りが煮詰まってどうにもならなくなったときも、写真の取り込みからでなく、 「線画」の状態からやり直せます。 デジタル作画を仕事としてやっていく場合は、こういう工程をかますクセをつけておくと、あとでたすかることが多いです。 (LINEスタンプなど、似たような絵を複数つくるときも、この方式でデータをふやしてつくっていきます) 作画画面のアイコンの簡単な説明 長くなってしまったので、色塗りについてはべつに記事を描きます。 色塗りだけに関していえば、アナログ写真から抽出だろうがデジタルで線画を描こうが、おなじ手順ですしね。 ここで簡単に、作画画面のアイコンについてご説明しておきます。 直前にやった作業が、もとにもどります。 「取り消し」した作業を「やっぱりやる!」という場合に押します。 色を変えた場合に見比べたいときなど、けっこう便利です。 右上の4つは初心者はまだ気にしないで大丈夫です。 左から「選択関連」「手ぶれ補正」「定規」「柄トーン」です。 押すと小窓が開くので、ひとまずザッと見てみてもいいかと。 画面左下に行きます。 さきほど説明した、消しゴムと筆が矢印でくるくるしているマーク。 ペンと消しゴムを切り替えるクイックボタン。 イッパツでペンと消しゴムが入れ替わるので、「描き」に熱中しているときには便利なボタンです。 そのとなり左から2番目。 最初は筆のマークになっているボタン。 ここを押すと小窓が出て、描画機能がいろいろ使えます。 最初つかうのは「ブラシ(筆)」「塗りつぶし(バケツ)」「自動選択(ワンド)」「スポイト」くらいです。 ちなみに上記の( )内は、ほかの描画ソフトで使われているべつの言い方です。 もういちど下の筆マークを押すと、小窓は閉じます。 そのまたとなり左から3番目。 つぎに左から4番目。 ここは色を指定する画面が開きます。 太さと濃さを選ぶ2本のバーが出るほか、なにか小窓が開いているときに押すと、小窓が閉じます。 右から2番目。 レイヤー画面。 レイヤーを選びます。 色塗りのさいにくわしく説明しますね。 「マイギャラリー」ページに戻ると同時に、そこまでの作業が保存されます。 作業ごとにこまめに押したいです。 今回は以上です。

次の