蒸し パン。 蒸しパン

フライパンでできる「生米ふっくら蒸しパン」

蒸し パン

牛乳50mlを耐熱容器に入れて人肌くらいの温度まで温めて、その半量をボウルに入れます。 次に、スプーンで黒糖を溶かし混ぜます。 溶け残って粒状のまま残るものが出るので、それはスプーンの裏などを使ってボウルに押し当ててつぶします。 スプーンを泡立て器に変えて、全体をよく溶かし混ぜます。 続けて、 小麦粉100gとベーキングパウダー5gを計量して軽く混ぜ、ザルやふるいを一度通してボウルに合わせます。 泡立て器で卵と粉類を混ぜ合わせます。 小麦粉のだまが残らないよう、全体を混ぜて生地を完成させます。 用意しておいた容器やカップに生地を流し入れます(容器の選定はを参照)。 アルミカップや紙カップなら容器の7~8割くらいまでを目安に入れるとよいです。 蒸し器は蒸気がしっかり上がるくらいに沸かしておき、できれば 水滴が落ちないよう蓋に布巾などを巻いて蒸しはじめます。 蒸す時間の目安はカップや容器の大きさにもよりますが、 8号カップなら12~14分、9号カップなら16~18分が目安です。 黒糖の甘さや風味が楽しめる、食事にもおやつにもぴったりな美味しさだと思います。 蒸したてはもちろん、作った翌日でも美味しいです。 レンジで温めるときは加熱しすぎNGなので低いワット数で軽めに温めてください。 黒糖の分量は好みで調整を。 甘さ控えめなら40~50g、さらに甘くしたいなら70gくらいでも。 蒸し上がりが心配な場合は、竹串を刺してみて串に生地がくっついてこないかを確認するとより安心です。 サラダ油や米油などの植物油を入れることで ふんわり&しっとりとした食べ口になります。 油なしだと冷めたら硬くなってしまいます。 油は大さじ1に減らしてもOKで、減らすことで食べ口が軽めになり、多少容器や型にくっつきやすくなるかな…くらいになるかと。 蒸し器の蓋に布巾を巻くなど、蒸し器の使い方の注意点などはも参考に。 レシピ更新情報:油とベーキングパウダーの分量に多少幅を持たせるレシピに変更しました(2020. 03).

次の

蒸しパンのコツを紹介、失敗の原因、アレンジ、おから蒸しパンも

蒸し パン

基本の蒸しパンの材料と作り方 蒸しパンは 材料、作り方ともにシンプルですが シンプルなお菓子ほど実は難しかったりするもの。 コツを覚えてふっくら蒸しパンつくりましょう。 基本の定番蒸しパン、レーズン入りのレシピ 基本の蒸しパンの材料 まずは卵、オイルなしのプレーン蒸しパンの作り方を紹介。 薄力粉 ・・・100g• ベーキングパウダー ・・・小さじ1(4g)• きび砂糖 ・・・35g• 塩 ・・・少々• 水 ・・・100ml• バニラエッセンス ・・・少々 基本の蒸しパンの作り方• ボウルに粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜます。 水、戻したレーズン、バニラエッセンスも加えて練らないようにゴムべらや大きなスプーンで混ぜます。 カップに8から9分目まで3の生地を入れて、蒸気がしっかりと上がった蒸し器で強火で13から15分蒸します。 竹串で中央の生地を刺してチェックして生の生地がついてこなければ、できあがり。 取り出して冷まします。 作り方を写真で説明 ボウルに砂糖、粉、塩、ベーキングパウダーなどを加えて混ぜます。 ダマがないようにします。 レーズン(湯で戻す)など加えたい場合は、ここで加えます。 戻したレーズンの水気をしっかりとらないと生地の固さがゆるくなります。 もしレーズンに水気があるようなら、生地に加える水を減らしてください。 生地にいちごジャムを混ぜたもの カップに生地をスプーンで入れます。 蒸しパンに使用する型、カップについては「蒸す道具・型について」に書いています。 蒸気の上がった蒸し器に型に入れた蒸しパン生地を並べます。 写真はよもぎ蒸しパンです。 お弁当のアルミカップを使いました。 柔らかめのアルミカップなので、生地を入れると形が少々いびつになりました。 よもぎ蒸しパンホカホカに蒸しあがりました。 できた蒸しパンは手早く冷ましたほうが、蒸しパンにツヤがでます。 蒸しパンの材料について 蒸しパン材料の基本は、粉、膨らますための膨張剤(ベーキングパウダーや重曹)、水分。 そして甘い蒸しパンには砂糖、甘くないおかず蒸しパンにも砂糖を少々。 卵、オイルを加えることもあります。 塩を少量加えると甘さがひきたちます。 これらの材料のそれぞれの役割を紹介します。 蒸しパンに使う粉について 基本、グルテンの少ない薄力粉を使います。 米粉、おからなどを加えることもあります。 ココアや抹茶等のフレーバーを加えることもあります。 おから(生おから、おからパウダー)を加えたおから蒸しパン。 おからを加えるとしっとりと仕上がります。 おから蒸しパンレシピのまとめは、一番下のおから蒸しパンについてのコーナーにあります。 蒸しパンに使う膨張剤について 蒸しパンをふっくら膨らませるには、 膨張剤や卵、卵白を泡立てたメレンゲの力を借ります。 イーストや天然酵母で膨らませた まん頭風の蒸しパンもありますよ。 一般的には膨張剤の中でも ベーキングパウダーを使うことが多いです。 ベーキングパウダーは重曹を改良したもの。 匂いや刺激も少なくお菓子の色を変えることなく、ふっくらと膨らみます。 ベーキングパウダーは、 古くなると膨らむ力が弱まるので気をつけてください。 保存する際も 密封して保存します。 蒸しパン生地は 生地を作り終えたらすぐに蒸します。 作り終えてから時間がたつと、膨張する力がだんだんと弱まります。 小分けタイプはすぐになくなってしまうという方。 アルミ不使用のベーキングパウダーをお探しの方向け。 ベーキングパウダーは重曹を改良したもので膨らみやすく風味も改善されています。 重曹は和菓子等にも使われます。 洋菓子ではクッキーやクイックブレッドにも使われます。 独特な素朴な風味が加わります。 重曹を使うと色が黄色っぽくなり、たくさん加えると苦味が出るので加える量に注意。 蒸しパンに重曹を使う場合は、重曹だけで作るよりは重曹とベーキングパウダーを併用するといい感じになります。 重曹を使った黒糖蒸しパンレシピ。 蒸しパンの砂糖について 砂糖は上白糖でも可。 きび砂糖を使うとコクがでます。 蜂蜜を加えても。 甘味を加えることで生地に 柔らかさやしっとり感も出ます。 蒸しパンに加える水分について 蒸しパン生地に加える水分、水でも、豆乳や牛乳を使っても。 野菜ジュースを使うと色がついてきれいな蒸しパンになります。 蒸しパンの卵について 蒸しパンレシピで卵ありのもの卵なしのものがありますね。 卵ありとなしどう違うのでしょうか? 卵なしだともっちりした蒸しパンになります。 卵入りの蒸しパン生地だとふんわり柔らかめの生地になります。 特におからを加えた蒸しパン生地の場合、卵を加えたほうがふっくらします。 卵白を泡立てた メレンゲを生地に加えて作ると、 ふわふわ蒸しケーキに。 メレンゲのおかげで膨らむので、ベーキングパウダーも減らせます。 蒸しパンの油について オイルを大さじ1程度加えて作ることも多いです。 油を加えると生地が固くなるのを防ぎます。 しっとりして、冷めてもパサつきにくく、固くなりにくい生地になります。 ホットケーキミックス、蒸しパンミックスについて 市販されているホットケーキミックスや蒸しパンミックスの粉。 砂糖、膨張剤、粉等がすでに配合されています。 これらを使って蒸しパンを作るとふんわりと失敗も少なく作れます。 こちらの記事の一番下にホットケーキミックスを使った蒸しパンのレシピがあります。 ミックス粉は、暑い時期などは特にダニが湧きやすいので保管には気をつけてください。 蒸す道具、型、蒸し器について 蒸しパンの型、大きく1個作りたい場合は、お弁当箱等の型に入れて蒸します。 ザルにクッキングシートを敷いて記事を流し入れて蒸しても手軽です。 100円ショップの小さいセイロを型にしてクッキングシートを敷いて蒸しても上手に蒸せますよ。 大きく蒸す場合、蒸し時間は長めに。 ザルにクッキングシートを敷いて蒸しても大きく蒸せます。 お弁当用のアルミカップや紙カップを使う場合 小さく個別に作る場合は、 プリン型やお弁当用のアルミカップや紙カップを使います。 プリン型には、切れ込みを入れたクッキングシートを敷きこみます。 お弁当用のアルミカップの場合、薄くて柔らかいカップを使うと生地を入れた時に横に広がったり、形が崩れがち。 あれば厚手で固いカップを使います。 または二重に重ねるか。 おすすめは お弁当用のシリコンのおかずカップにアルミカップを入れて蒸すこと。 形が崩れにくくなります。 ココット型やスフレ型などに入れてもいいのですが、熱伝導が悪くなるので蒸し時間を少し長めに。 ステンレス落とし蓋、蒸し台、蒸しプレートで蒸しパン 蒸し器がない場合、小さすぎるときはどうすれば? 中華鍋や大きめの鍋に落とし蓋を使って蒸す方法はどうでしょうか。 しまい込んである蒸し器を出すのが面倒なときも。 家にある大きい鍋にステンレスの落し蓋(蒸し台)で蒸し器を作っています。 マジカルキッチン料理のTips ステンレス製の落とし鍋、蒸し台や蒸しプレートと呼ばれます。 折りたたみ式になっていて、広げると大きくなります。 大きめの鍋に小皿をのせて、その上に蒸し台を置き、蒸しパンを並べて蒸します。 普段魚の煮付けなんかを入れている小皿です。 お湯を入れるので、少し高さが欲しいです。 小皿の上に落し蓋を置きました。 この時、高さが水平でなかったりグラグラして不安定だと、蒸しパン生地がこぼれます。 水平で安定した状態になるようにします。 鍋に数センチほど、水を入れて湯を沸かして蒸します。 生地を型に入れたものを並べます。 深さのあるフライパンや鍋に直接入れて蒸す方法。 鍋底にキッチンペーパーを2枚ほど敷きます。 (底がカタカタいうのを防ぐため) 水を2センチ程度入れて湯を沸かし 生地を入れた型を並べて蒸します。 途中湯がなくなってないかチェック。 型に水が入らないように、型はある程度高さのあるものを。 蒸しパン作りのポイントおさらいとパックリ蒸しパン せっかくの蒸しパンが膨らまないと悲しいですね。 ここでは蒸しパン作りの注意点のおさらいと、ぱっくり割れた蒸しパンの作り方を紹介します。 ベーキングパウダーをチェック ベーキングパウダーは蒸しパンを膨らませる重要な役目を持つもの。 古いものを使うと膨らみが悪いことがあります。 開封したら密封して冷蔵庫に保存。 なるべく早めに使い切ります。 ベーキングパウダーをはかる際 小さじ1がきちんとはかれていない場合があります。 目分量で測る時、人によって癖があるようで。 意外と多すぎたり、少なかったりするんです。 ベーキングパウダー小さじ1は約4gです。 生地は作り終えたらすぐに蒸します。 作り終えてから時間がたつと、膨張剤による膨らませる力がだんだんと弱まります。 パックリ割れた蒸しパンが作りたい場合 生地はゆるめより硬め。 卵なし、器は小さめで、しっかりした型にしたほうが蒸しパンが割れやすいです。 卵入りの生地の場合、割れずに丸い形に出来上がることが多いです。 生地の濃度がゆるめだと割れにくくなります。 強めの火で常に蒸気が上がった状態で蒸します。 蒸気が弱いとパックリしません。 粉に水分を加えてからは混ぜすぎない 粉に水分を加えてからはネチネチ混ぜすぎない。 練ったりすると小麦粉のグルテンが出て、膨らみにくくなります。 湯気の上がった蒸し器で強火で蒸す 水滴が蒸しパンに落ちないようにします。 落ちる場合はふきん等で対策を。 蒸しパンは蒸気がしっかりと上がった状態の中に入れて蒸します。 特に初めの7分程度はフタをあけず、強火で蒸します。 蒸気が十分上がっていると、蒸しパンがパカっと割れやすくなります。 常に湯気の上がった状態にしてください。 もし途中水がなくなったら水を足します。 フタを開ける時も水滴を蒸しパンに落とさないように気をつけます。 粉にプラスすると風味がまた変わります。 抹茶やきな粉、ココアを用意して。 蒸しパン作りアレンジは自由自在です。 写真奥がいちごジャムを加えたジャム蒸しパンです。 ピンクの可愛らしい生地になります。 蒸しケーキ風にきめ細かい生地の蒸しパンが作りたい場合。 甘さ、水分を少し増やして卵を軽く泡立て、油分を加えてリッチな生地に ふんわりフワフワきめの細かい蒸しケーキ風になります。 ホットケーキミックス蒸しパンの材料と作り方 ホットケーキミックスを使っても蒸しパンは作れます。 膨らみやすいので初心者さんにもおすすめです。 たとえばホットケーキミックスで作るジャム蒸しパン。 通常の蒸しパンと同じように作って、最後にジャムを加えて軽く混ぜます。 (完全に混ざってなくて構わないので、ここでも練らないようにして混ぜます。 ) (ジャムが固い場合は、加える前に水少々を加えてジャムをほぐして練っておきます。 ) ホットケーキミックスで作った蒸しパンは、薄力粉で作ったものよりさらにフワっとしています。 マジカルキッチンおなじみ、おから蒸しパン マジカルキッチンおなじみのおから蒸しパン。 しっとりヘルシーが魅力の蒸しパンです。 おからの蒸しパン生地を作っている時はおからのせいで、見た目はボソボソ。 でも蒸しあがると「おから」の存在感はあまり気になりません。 ただし蒸したて熱々を口にすると、若干おからの匂いが残っている場合もあります。 冷めると感じません。 また、蒸したての頃は余分な水分が残ってべたついています。 粗熱が取れた後食べたほうがべたつきません。 冷めても食感が変わらずしっとりふわふわ、次の日もそのまま食べられます。 蒸しパンに入れるおからは、生おからを使う場合、事前に乾煎りしなくても大丈夫です。 生おからのかわりに、おからパウダーを使っても作ることができます。 蒸しパンの食べごろ 蒸しパンの食べごろは、いつ? やっぱり蒸したて熱々が一番? なんて思っていたころもありました。 でも、実際に蒸したての状態のものを食べると。 べたついて、少し重いのです。 それは蒸したての状態の時は、蒸しパンにまだ余分な水分が残っているからです。 なので、蒸しパンの食べごろは冷ましてからが正解です。

次の

蒸しパン

蒸し パン

歴史 [ ] 蒸しパン、あるいはの起源は明確に解明されていないが、原料であるがされ、に加工され始めた時期から作られるようになったと推測されている。 と小麦粉で捏ねた生地をさせず、ただ焼いただけのものは約1万年前からやで食べられていた。 やがて偶然から、こねた生地にを作用させて焼くと食味が増すことが発見される。 エジプトで創造されたパン作りの技術は、の沿岸からヨーロッパ北部へと広まっていった。 大陸にはの時代にコムギの栽培と効率のいいがを通じて伝来した。 コムギは乾燥した気候ので広く栽培されるようになり、収穫された後に粉に挽かれる。 これを水でこね、やなど、中国に古来から存在するための調理器具にかけて加熱調理する。 生地を醗酵させないまま蒸したや、発酵させてから蒸したは地方のとして定着した。 さらに(中身)を入れたやなど、中国独特の粉食文化が花開いた。 にが伝来したのは、とされている。 一般的に中国ではを詰めた蒸しパンを、中身なしをマントウと呼ぶ。 しかし日本に伝わった後は、中身入りながら「饅頭」と呼び習わされるようになった。 にはによって、西洋式のの作り方が伝えられた。 しかしに入ると政策やの禁止などでパン製造はすたれ、ので暮らすのために細々と作られるのみだった。 この頃のがパンを食べた記録は残っていない。 当時の日本人の口には、パン独特のによる醗酵臭が合わなかった事や、としてキリスト教の儀式と密着していたパンは、キリスト教を厭う世相から製造が忌避されたといわれている。 江戸時代中期に出版された料理文献の中に、パンの作り方を載せていたものがある。 しかし生地の醗酵にを使うなど、作り方は日本の饅頭に近い物だった。 ちなみにこの製法のパンは長崎以前のの頃から行われていたからのオランダ使節団(期間は~まで)にも振舞われたという。 鎖国が解かれた後のにパンの製法が一般的に確立され、マントウや饅頭に近いパンは一掃された。 一方、となるの入手が手軽になり、これを使って醗酵の手間を省き、日本に古くからある調理器「」にかけて作ることができる蒸しパンは、子どものおやつや米にかわるとしても食されるようになる。 のの頃にパンと呼ばれる玄米の蒸しパンが誕生した。 見た目は餡を抜いた饅頭のようなもので、あまり美味しいとはいえず、当時の不景気を象徴するものだった。 また、玄米パンをで商売をしていた地域も大正~一桁台(一部では昭和20年代)の頃にかけて存在していた。 なお、昭和10年代にはのでレシピが紹介されている。 後はの支給された小麦粉を使用し、と混ぜて捏ねたものを(木枠に金属板2枚を入れていた器具『パン焼き機』も存在した)または、で調理し、代用食(当時はと呼ばれていた)にしたり、が貴重だったため、やを混ぜておやつとしても食されていた。 には、(実際にはを使用)に荷車を引かせて販売していたが一世を風靡した。 以降に普及したや、以降に普及したでは、商品の回転の速さに対応できるため、日持ちのしない蒸しパンも流通経路に載せられるようになり、大手業者も蒸しパンを製造販売するようになった。 ・・などの伝統的な風味のもののほか、、、などの新しい風味のバラエティーも増えつつある。 また、2008年以降、のパン類への利用が増えるようになる中、米粉を加えたもちもちとした食感の蒸しパンも作られるようになった。 作り方 [ ] 、、、、、(でも可)、を混ぜて小さなカップに流しいれ、で20分から30分蒸かして作る。 近年では、小麦粉とベーキングパウダーに代わりを用い、蒸す代わりにで過熱する(30分の蒸しが1分半の加熱で済む)、手軽に作る方法が考案されている。 蒸しパンは甘くやわらかく消化吸収がよいためのおやつに使われる。 その際は野菜を練りこむと幼児に不足しがちなビタミン類の摂取に役立ち、母親の味としてより記憶に残りやすいともされる。 点心 [ ] の()「(マーラーカオ)」も蒸しパンの一種である。 のものの多くは、も混ぜて作る。 茶請けとして食べるほか、朝食のひとつとして食べることも多い。 のなどでは、甘さを控えて、塩味を加えたものも作られている。 やなども蒸しパンに似た点心である。 バリエーション [ ].

次の