コロナ の 影響 で 仕事 が ない。 コロナの影響で仕事がない!生活を守るための4つのポイントをご紹介

副業・複業で新型コロナの影響で仕事や収入がなくなるリスクに備える

コロナ の 影響 で 仕事 が ない

提供 「イベントがなくなったから仕事も中止で……。 こんな状況だからさ、恨みっこなしで」 3月某日、春先に開催予定だったイベントの中止を、主催者から一方的に通告された筆者。 イベントの取材をして、それを元に各媒体に記事を書きわける。 例年はこの案件だけで約10万円の収入があった。 中止となったイベント取材はこれだけではない。 多くの大規模イベントの予定が消し飛んだ。 まさか自身が「新型コロナウイルス」の余波に巻き込まれるとは考えたこともなく、あまりのショックに呆然とするしかなかった。 中国を皮切りに、今や世界中が「コロナパニック」に陥っている真っ只中、筆者だけでなく、世界中がその影響を甘受せざるを得ない状況が続いており、我が国の政府は公共料金支払い期限に猶予を持たせたり、融資機会の拡充といった策を発表しているが、本音としては「現ナマをよこせ」というのが第一であり、その次に「減税せよ」というのが、庶民の切なる思いに違いない。 その一方で、騒動の渦中にありながら、まるでビクともしない人たちがいる。 極端な大金持ちが、物見遊山で庶民の暮らしを眺めているのかと言えば、そうではない。 むしろ、その逆である。 ビル内の業者が出社停止になり休業状態でも、ビルのメンテナンスは毎日欠かせない。 ということは、私には仕事があり続ける。 月収は手取りで20万円くらい。 むしろ残業が増えている」 こう話すのは、都内のビルメンテナンス業者に務める澤田豊彦さん(仮名・40代)。 地方の高校を卒業後に職を求めて上京するも、ギャンブルや夜遊びにハマり、多額の借金を抱えた。 高給業界には見向きもされず、人手不足のビルメン業界になんとか潜り込んで早15年。 給料が安く夜勤もあってキツいと言われる仕事。 だが、ここにきて「絶対になくてはならない仕事」であることが明らかになったのか、仕事がなくなることはないという。 「私が担当するビルに入居する一流企業は、多くがリモート勤務に移行して人が少ない。 今までほとんどもらったことがない残業代が支払われて……。 千葉県内の土木関係会社経営・福田隆さん(仮名・50代)が話す。 「土木関係ですが、人がいないということで様々な事業主からひっきりなしに声ががかかる。 休業中のテーマパークの補修など、普段は人が多すぎて簡単に補修ができないような場所での仕事が前年同月比で200パーセント、倍です。 これを機会に信用を勝ち取り、取引先になればと人員を増やして頑張っています。 コロナの影響……そうですね、災い転じて福となす、という言葉を噛み締めていますよ」(福田さん) 福田さんは自社の業務を振り返りつつ、「絶対に社会に欠かせない仕事だ」と再認識した。 そして、自信を取り戻すまでになったと喜びを隠さない。 「資本主義経済って弱肉強食なわけです。 誰かが富めば誰かは貧する、陣取りゲームですよね。 我々で言えば、同級生の誰々は大手銀行に入った、弁護士になった、なのに私はフリーター。 結局、勝ち負けしかない。 たとえどんな状況であれ、私たちは今、まずは眼前の困難に向き合うしかないのだ。 <取材・文/森原ドンタコス>.

次の

新型コロナウイルスで仕事が無い!仕事探し・アルバイト探しの全情報【給付金・学費免除】

コロナ の 影響 で 仕事 が ない

・タクシー運転手の収入が9割減 ・中国からの観光客減少でバス会社が倒産 ・パートで生計を立てていたシングルマザーが収入ゼロに ・4月からの就職予定だった学生の内定取り消し ・飲食店や個人経営者が店の家賃が払えない! ・学生アルバイトがシフトに入れずバイト代ゼロに コロナショックによる厳しい状況は自分だけではありません。 思い詰めず、できることをひとつずつ進めていきましょう。 新型コロナウイルスが原因で支払いが間に合わない時の対応を紹介 コロナによって仕事がなくなってしまったり、アルバイト・パートがなくなってしまった場合、収入が急に無くなってしまいます。 支払いが難しくなった家庭を対象に支払い免除や支払い猶予期間を延長する動きが加速しています。 1:電気料金など公共料金の支払い猶予を順次進めている 水道局では、新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的に水道料金の支払いに困難を来している方を対象に、最長4か月の支払い猶予の受付を3月24日に開始しました。 詳しくは東京都水道局のHPをご覧ください。 各都道府県の会社に確認してみましょう。 免除ではなく支払い猶予なので注意してくださいね。 2:携帯料金・ネット回線料金の支払い猶予 ドコモやau、ソフトバンクなどの大手携帯会社は新型コロナウイルスの影響で支払いができない顧客に対して支払い期限を5月末まで延長する発表をしました。 国税に加え、社会保険料についても原則1年間、納付猶予や延滞金などの免除措置を取る。 (参照) 毎月の保険料は、家庭によって大きな出費になると思います。 仕事を探している間は、生活も厳しいはずです。 無理せず支払い猶予をして仕事探しをしましょう。 仕事・アルバイト・パートを探す方法 新型コロナウイルスの影響で仕事を失った場合に、給料保証や助成金の情報は以下の記事に最新情報をまとめているので、ご参照ください。 バイトを探す方法1:短期バイトの求人を探すならバイトルが良いかも! アルバイト・パート情報サービスの「バイトル」が短期雇用の求人掲載枠を期間限定で無料になっています。 ( 参照) 企業に向けて短期バイト募集の掲載が無料なので、他のバイト情報サイトよりも求人が集まりやすくなりそうです! 現在バイトルでは「すぐ働ける短期のお仕事特集」を実施しています。 新型コロナウイルスで仕事を失った人や、短期的に単発の仕事を探している人はまずを見るべきです。 バイトを探す方法2:「ランサーズ」で在宅ワークを探す! クラウドソーシングサイトでは、スマホやパソコンだけでできる仕事を探すことができます。 クラウドソーシングサイトとは、企業や個人がネット上で仕事を依頼したり、引き受けることができるサイトのことです。 登録は無料なのでにとりあえず登録して家にいながらでもできる仕事を探してみましょう! 家にいながらお小遣いを稼ぐ方法 続いて、家にいながらお小遣い・お金を稼ぐ方法を紹介していきます。 スマホだけでも現金に交換できるポイントを稼ぐこともできるので、試してみてください。 1:ポイントサイト スマホやパソコンで、ゲームをしたりアンケートに答えることでポイントが貯められるサービスがポイントサイトです。 明日の支払いに間に合わないなら借りてでも支払うべき 明日の支払い、来月の支払い、家賃が間に合わない。 そんな人もいるかと思います。 自分のできることを徹底的に調べて、意地でも支払いましょう。 支払えないのは、コロナのせいでもなければ誰のせいでもない。 自分の責任です。 それを理解することから始めるべきです。 まとめ:新型コロナウイルスで仕事が無い!仕事探し・アルバイト探し情報 新型コロナウィルスで仕事やアルバイトが無くなってしまった人の仕事の探し方。 給付金や支払いが間に合わない場合の、支払い免除と支払い猶予延期の最新情報について紹介してきました。 このブログでは、新型コロナウイルスでのお金の情報を更新しています。 その他、個人で稼ぐための情報もまとめているのでぜひ参考にして欲しいと思っています。

次の

【解決策】コロナの影響で仕事がなくなる?生き残る職業は?どうしたらいいか考えた。

コロナ の 影響 で 仕事 が ない

Contents• コロナの影響でどうなる?いつまで続くの? コロナによる、経済ダメージは計り知れません。 今まで、飲食やサービス、娯楽に落ちていたお金が、外出困難なことで一斉に使用されなくなったためです。 既にアメリカでは、 国内の約30%の人が職を失うだろう、という予測までされているそうです。 米国の経済ダメージは、間違いなく日本にも打撃を与えます。 現在、すでに 新 卒の内定取り消しや企業の倒産などが、相次いで話題になっています。 コロナが終息するまでに、 今後どれだけの起業が破綻に追い込まれ、会社員がリストラされるか…その被害の大きさは計り知れません。 コロナっていつ終息するの?今年中? コロナ対抗のワクチンさえできれば、この不景気も収束する……。 じゃあ、いつになればワクチンが完成するのか、ご存知ですか? こればかりは予測にすぎませんが、日本政府の見通しとしては、現時点で 最速でも「 2021年の3月頃になるだろう」と言われています。 つまり、 まだ約1年も先のことです。 さらに、じゃあ2021年の3月になったところで、コロナの影響が完全に終息するかといえば、そうとも言い切れません。 そもそも、1年もコロナの煽りで「外出禁止」や「飲食やサービス業の縮小」があたりまえになれば、 世の中の常識や、流行のビジネスモデルも大幅に変わっているはずです。 そもそも、今ダメージを受けている企業やサービス等が、このままのビシネスモデルで、 約1年もの歳月を乗り切れるとは到底考えられません。 大手企業はまだしも、中小企業は策を打たなければ、軒並み倒産やリストラに追い込まれてしまうでしょう。 現在の業態の「 そもそものモデル」が、 間違いなく激変する。 それが、「コロナショック」です。 職を失う仕事・伸びる仕事とは? 世間では、飲食業やサービス業が、コロナの影響で軒並み売上が下がり、経営破綻に追い込まれていると耳にしますよね。 まずは、コロナの煽りで「 減退する仕事」「 伸びる仕事」はそれぞれ何かを、考えてみました。 ズバリ「店舗がある」仕事は職を失う 「 不要不急の外出禁止」を言い渡され、現時点で土日や平日夜間など、仕事や生活必需品の購入以外、基本的な外出は一切タブーとされていますよね。 ペナルティこそ無いものの、基本的に自宅で生活が義務付けられ、街を歩く人影はすっかり見かけなくなりました。 こうなってくると単純ですが、「 自宅以外での受けるサービス業」は、すべて経営が赤字になることは免れません。 なぜなら、人が外でサービスの利用をしようと思わないからです。 飲食は勿論のことですが ・店舗販売を基本にしている小売業 ・接客をうるキャバクラやホストクラブ等の夜のお店 ・ライブハウス、街コンやイベント会社 ・ブライダルやホテル業界 ・子供の学習塾や習い事など などなど、これらの仕事は、なにか手を打たなければ 生存は厳しいと言わざるを得ません。 逆に、コロナの影響で伸びる仕事 人々は単純に「 外のサービスにお金を使わなくなった」のであり、 需要そのものが失われたわけではありません。 仕事が減り、収入が下がることは免れませんが、その分お金が落とされるビジネスモデルはなんでしょうか? 「ウーバーイーツ」など、飲食の宅配 間違いなく伸びるのが、自宅にいたまま外注で料理を頼むことができる「ウーバーイーツ」や「宅配ピザ」のような、 デリバリーサービスです。 外出禁止であっても、外食と同様の料理を家で食べることが可能です。 同様の理由で、宅配のスーパーマーケットや、アマゾン等のネット通販業もさらに加速するでしょう。 リモートワークでできる仕事 コチラに関しては、「伸びる」というより、 「減退を免れられる」という方が正しいかもしれません。 自宅からzoomやスラックなどを活用して、オンラインで会議やアポ取り、事務作業ができる仕事に世の中はシフトしています。 オンラインを利用してできる職種は、クライアントのうける影響度合いによりますが、自身の職種自体がなくなる危険性は低めと言えるでしょう。 家庭教師や家事代行サービス 「 自分が外出しない代わりに、家に業者が来てくれる」サービスは、今後飛躍する可能性が高いです。 例えば、 子供が出歩けないので学習塾の売上は大きなダメージですが、教師が家に来てくれる「 家庭教師」や、オンライン上で講義をうけらえる「 通信講座」業は、間違いなく伸びる教育サービスです。 同様に、子供を幼稚園にあずけにくかったり、食事を外注しづらかったり…という悩みが増えるはずなので、そうすれば家で子供の面倒を見てくれたり、食事をつくってくれる「 家事代行」「 ベビーシッター」等の需要は、高まるはずです。 これらの仕事についていなければ、もしくは提供していない企業は、いかに「 自宅からでない消費者のニーズに応えられるか」というものさしで、提供サービスのカタチをシフトさせる必要があります。 「コロナ時代」だからこそ、副業すべき さて、この時代に結果的に「 負の煽りを受けなかった」のが、「ブロガー」や「アフィリエイター」といった「 ネットビジネス」の類に精通していた人々です。 コロナの時代で、成功できるビジネスの条件は以下です。 この点でいえば、アフィリエイトの他に 「転売」「YouTube」なども良いかもしれないですね。 未来の安定のため、「副業ビジネス」をやる。 コロナの煽りで、日本だけでなく世界中が、 数ヶ月前まで想像もしなかった未来を迎えています。 だれか、こんな現在を予想できたでしょうか。 これは 今回に限ったことではなく、コロナがたとえ落ち着いたとしても、また別のウイルスや病原体が流行したり、信じられないような災害や不景気の到来があるかもしれません。 そうなったとき、自分の身を守るために必要なのは 「 稼げる柱をどれだけ、用意できているか」だと思います。 私も本業は「人材系の営業職」ですが、やはりコロナの影響で、どこまで収入が落ち込むのかは予想がつきません。 現に、先々月と比較しても予算は減少傾向ですし、4月に入ってからは一度も出社できていません(リモートで自宅から勤務しています)。 ただ、今では本業の他に、 「アフィリエイト」という軸を持っています。 たとえ本職で「ボーナスがもらえない」「減給」等のダメージがあったとしても、その分は副業で稼げば問題ないと考えています。 2020年4月にスタートし、現時点でまだ、 副業収入は月収は11万円程度、ですが、これから20万、30万と伸ばしていって来年に50万以上には必ず到達していたいです。 そうすればもう、怖いものなしです!!!!! 今から約2ヶ月前、アフィリエイトをはじめるまでは腰も重く、実際スタートしてからも本業との両立で辛いことも多かったですが、それでも今、 本当にアフィリエイトをスタートして良かったと考えています。

次の