ワイン コルク あ かない。 ワインに使われている栓はコルクだけじゃない?ワイン栓の種類と特徴とは

「コルク臭」ワインが判らないあなたへ [ワイン] All About

ワイン コルク あ かない

針金ハンガー 安いもので可 のフックの部分を、ペンチでまっすぐに伸ばします。 伸ばした先端から1センチ程を曲げて、小さなフックを作ります。 ちょうど釣り針のような形ですね。 次にフックの部分をコルクとボトルの間に入れていきます。 フックの先端がコルクの一番下に届いたら、ハンガーを回してフックの先をコルクの中心に刺します。 ハンガーをゆっくりと上に引っ張り、コルクを抜きます。 また、ワインオープナーと同じように使う方法もあります。 伸ばした先端を上からコルクの中心に刺し込んだら、ハンガーを回転させながら引っ張り上げます。 少しずつやさしく抜くと失敗を防げます。 ボロボロに折れて失敗しそう。 このような場合には、はさみ型 プロングタイプ のオープナーを使ってみましょう。 プロングタイプはコルクに穴を開けないで、コルクを取る事ができます。 まず長い方の刃先をボトルとコルクの間に差し込みます。 次に短い方の刃も差し込んだら、左右に振りながら根本まで入れていきます。 後はゆっくりと回しながらオープナーを引き上げると、コルクを挟んで抜く事ができます。 またビンテージワインのコルクは、時間の経過と共に崩れやすくなっています。 ソムリエでさえ上手く抜けない事もあると言います。 外から見てスクリューを刺すのが難しいと思った場合にも、こちらのオープナーはお勧めです。 網の目が細かい茶漉しなどが良いでしょう。 ワインは金属に触れさせたくないので、竹や化学繊維でできている物の方が無難です。 匂い移りにも注意してください。 紙のコーヒーフィルターを使ってもOKです。 デキャンタがあれば理想的ですが、なければペットボトルで代用できます。 その日のうちに飲む、又は2~3日の内に使い切る事をお勧めします。 ワインには美味しいおつまみが付き物。 こちらの記事では、コンビニで手軽に買えるワインのお供をご紹介します。 赤・白とワインのタイプ別に、どのコンビニにあるかなどまで盛りだくさんです。 幅広いおつまみの中から、好みの味がきっと見つかります。 チェックしてみてくださいね。 蒸しタオルを用意して、ワインボトルの口の部分を温めます。 固まってしまったワインの糖分を溶かし、ボトルとコルクの間に隙間を作ってください。 この場合、温めるのはボトルの上の方だけにしてください。 抜けないからといってビン全体を温める事はしないでくださいね。 慌てずあきらめないでワインを楽しみましょう ワインの栓を抜く時は少しドキドキしませんか?いつもとは違う特別な時間が始まりそうな気がします。 美味しい食事、気の合う仲間とワイワイ、一人で祝杯をあげる…。 色々な状況が浮かんできます。 ここまでコルクが固い時の開け方やオープナーの代用品、折れた場合の対処方法をご紹介してきました。 大切なのは、ワインを手に入れたらなるべく良い状態で保存しておく事です。 ワインにとって良い状態はコルクにとっても良い状態ですから、コルクも抜けやすくなります。 ワインセラーがなくても、少し気を遣ってあげればいいのです。 光が嫌い、温度差が苦手、静かで匂い移りの心配がないなど配慮すべき点があります。 ですが、ワインの事を知れば慌てずに優雅な気分を味わえます。 また抜き方に失敗をしたとしても、あきらめる事なくワインを楽しむ事ができるでしょう。 代用品を用いたり、なかなか抜けない事が思い出になるかも知れません。 但し美味しいからといって飲みすぎは禁物ですよ。 ワインと一緒に人生も楽しみましょうね。

次の

コルク栓

ワイン コルク あ かない

ウィング型は、コルクがボトルの中に落ちてしまう、スクリューがささったまま抜けなくなってしまうという 失敗が少ないオープナーです。 スクリュープル型よりは、少し力と経験が必要な開け方ですが、慣れてしまうと女性でも開けやすい道具です。 抜き方は、先ずスクリューの先端がボトル口の中央にくるように、ワインボトルにウィング型オープナーをのせます。 そして上の栓抜きのような部分を回してスクリューを差し込んでいくと、左右にある取っ手が、羽を広げるように上がってきます。 水平くらいになったら、両方の羽をつかんで下げると抜けてきます。 左右均等に力を入れられるので、スクリューが傾くことや、コルクが折れてしまうことを防げます。 完全に抜けないようであれば、再度上部を回して、羽部分を上下させることで、テコの原理で小さな力でもコルクが抜けます。 ハサミ型のオープナーは、 ソムリエナイフ以上に扱いが難しい開け方になります。 取っ手の下には長さの違う細い刃が2枚でていて、この2つの刃で挟むようにした抜き方になることからハサミ型と言われます。 スクリューが折れてしまった、コルクが固くて開かないという時にも重宝します。 抜き方は先ず 長い方をコルクの端から中に差し込み、 もう一方を対角線の位置に差し込み、 コルクを挟んで引き抜きます。 スクリューで穴をあける必要がないので、ビンテージワインを開栓するときにおすすです。 ビンテージワインは長年ボトルの中でワインが熟成することで、栓部分も経年劣化していてもろくなっている可能性があります。 そうした場合に、穴をあけることで割れたり、ボトルの中に落ちてしまったりするのを防いだ開け方をすることができます。

次の

ワインオープナーがない時のコルクの開け方!意外と知らない缶切りで開ける方法

ワイン コルク あ かない

ああ、コルクじゃない合成樹脂のやつですね。 以下の方法を試してみましょう。 おしぼりをひとつ用意して電子レンジでチンして熱々にしましょう。 コルクに差したオープナーはそのままにしてすぐに抜けるようにしておきます。 お絞りを持ってワインボトルの口のところにぎゅっと押し当てます。 つまりガラスを熱することによってガラスを少し膨張させます。 しばらく押し当てて瓶の口のところが熱くなったら一気に引いてみましょう。 口のところが熱くなってワインが大丈夫か、なんて心配はもちろんご無用です。 あと、ボトルネックをハンドバーナーで加熱したあとで冷やして割るという方法もありますが、初めてでは旨く行かないでしょう。 (理系の学校でガラス細工の経験者なら簡単) これでだめなら、仕方が無いのでスクリュープルというタイプのオープナーを使えば、確実に抜けますよ。 但し結構値がはるかもしれません。 まぁ、このオープナーは何十年もたったワイン以外にはほぼ万能なのでこれからワインを飲むことが増えるようならひとつ盛ってて損はしませんし、使いやすい、よいソムリエナイフよりは安価です。 そのコルクはもしかしたら本当のコルクではなく、プラスティック製の固いものではないでしょうか。 普通のコルク抜き(T字型のやつ)は、普通のコルク用のコルク抜きなので、最悪の場合コルク抜きが壊れます。私も一度、くるくる回していくだけで自然にコルクが抜けていくタイプのコルク抜きを使ってその固いコルクを抜こうとしたことがありまして、なんと、上に抜けてこないでただくるくる回るだけで、全然抜けませんでした。で、無理やり上に引き抜いたらコルク抜きが壊れました。 プラスティック製のコルクには、ソムリエナイフが一番です。あと、ウイング型というのでしょうか。 まずコルクに刺して、左右にあるレバーを上から下に下ろすとコルクが上がってくるタイプのものなら力技で何とかなるかもしれません。 何にせよプラスティック製のコルクには普通のコルク抜きが使えないと思ったほうがいいです。 安いワインにそのプラスティック製のコルクがよく使われるそうですよ。.

次の