お 大事 に なさっ て ください 上司。 「お大事になさってください」の意味は?メールで使える表現も

上司に掛ける言葉として適切なもの

お 大事 に なさっ て ください 上司

A ベストアンサー 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's something I can do for you. I'm a good listener, so if you'd like to talk about it, I'm always here for you. この他にもご自分で相手に心の底から伝えたい事があれば、紋切りの表現より相手に感銘を与えると思います。 お義理で言うだけでなく、相手からその後の連絡がなくても「どうしていますか?」というフォローアップをしてあげると良いと思います。 死を待つばかりの状態では相手も動揺しているでしょうし、何を言ってもそれが状態を改善する訳でもないので、手短にご自分の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。 英国圏では通常、I'm so sorry to hear that. というのが普通最初に口に出る言葉です。 その後は相手の方とどのくらい親しいかにもよりますが、下記の様な事も言えると思います。 It breaks my heart to imagine what you and your family are going through. I know words are inadequate to express how sorry I am. Please let me know if there's some... Q 6日前からアルバイトスタッフが休んでいます。 理由は、お祖母様が危篤状態で危ない、との事でした。 事態が事態なので悔いのない様に過ごしてもらいたいと思い、落ち着くまで休める様に調整するから遠慮なく言う様にと伝え様子を見ていました。 その3日後、祖母の容体が回復し、親戚達と今後の介護などの話し合いも終わったのであと2日休んだら出勤したい、とスタッフから申し出がありましたのでそのつもりで出勤当日を迎えたのですが、そのスタッフは来ませんでした。 何かあったのかと心配になり電話しましたが、出ません。 留守電に折り返し連絡を下さいと入力しましたが連絡はありません。 お祖母様の事でいろいろ慌ただしかった事もあり肉体的精神的に疲れてしまったでしょうし、さらに追い詰めてしまいそうな気がするので連絡を頻繁にするのは避けてそっとしておきたい気持ちもあります。 ですが、どの様な状況であれそのスタッフが無断欠勤をした事によって残業する事になった他のスタッフや休日のスケジュールを変更して代わりに出勤してくれたスタッフの事を考えると、売り場の責任者として無断欠勤については怒りを覚えてしまいますし、今後も自分の言った日なのに突発で休む事が続けば他スタッフの負担が増えるのは明らかですので、こちらとしても困ってしまいます。 この様な状態のスタッフの無断欠勤に、どう対応したら良いのか分からず悩んでいます。 皆様ならばどの様になさいますか? ご指導のほどよろしくお願い致します。 理由は、お祖母様が危篤状態で危ない、との事でした。 事態が事態なので悔いのない様に過ごしてもらいたいと思い、落ち着くまで休める様に調整するから遠慮なく言う様にと伝え様子を見ていました。 その3日後、祖母の容体が回復し、親戚達と今後の介護などの話し合いも終わったのであと2日休んだら出勤したい、とスタッフから申し出がありましたのでそのつもりで出勤当日を迎えたのですが、そのスタッフは来ませんでした。 何かあったのかと心配になり電話しましたが... Q 本日、父が倒れ緊急入院しました。 脳関係(おそらく脳梗塞)なのですが、あいにく今日は休日なので詳しい検査を明日から行い、以後の治療をきめていく、とのこと・・・。 (意識はまだあります) とはいえ、私は正社員として働いているので明日から仕事があります。 サービス残業ももちろんあります。 定時になったらすぐに帰れる、という状況ではございません。 そこで質問なのですが 上記の理由で明日から数日、 仕事を休んだり、早退する、ということは、常識的に考えてありなのでしょうか?? もし「あり」なのでしたら上司に相談してみようと思うのですが・・・。 私の周りをみてもこういった理由で休んでいる人はまだいなくて・・・。 (私はまだ20代半ば・・で・・) こういったことで休んだりするのは・・・非常識な行為なのでしょうか?? 是非、一人でも多く意見をきかせてください A ベストアンサー お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要な状態になった場合には、最大で93日の介護休暇を取ることが可能です。 (雇用保険の被保険者であるなどの細かい条件がありますが) 公共職業安定所に問い合わせれば、介護休業のことについて教えてもらえるはずです。 会社は介護休業の間は賃金を支払わなくても構わないのですが、介護休業した場合、雇用保険から給付金が支払われる制度もあります。 家族を介護する人が増えてきている時代ですし、公共職業安定所にもそういう労働者を支援する制度がありますので当てはまるようなら、その制度を活用されたほうがよいと思います。 (まだ介護が必要な状態になるとは決まったことではありませんが、念のため。 ) 倒れたばかりでお父様は何かと不安なことがよいでしょうから身内のかたがそばにいられたほうがよいかと思います。 とにかく早めにお見舞いに行ってあげてくださいね。 お父様が倒れられたとのこと、びっくりされていると同時にとても心配されているのではないかと思います。 そのような事情であれば、休んでも構わないと思われます。 なお、法律的な面で心配、というのであれば、 6ヶ月以上継続勤務し、契約上出勤することになっている日の8割以上出勤していれば、10日の年次有給休暇を取ることが可能です。 まずは、明日の朝にでも「こういう事情でお休みさせてください」と会社に年次有給休暇の取得を申し出られてはいかがかと思います。 そのほか、お父様が介護が必要... Q 親の容態が不安定な場合休みを貰うのは非常識でしょうか? 仕事を休むべきか?出勤するべきか?悩んでいます。 一進一退の状態で、再起をかけて入院中の父の介護をしてきました。 特に、先週一週間、上司にお願いして、昼から休みを頂いて 午後から介護にあたってきましたが、昨日、主治医から 意識などは、現在ありますが、容態が急変して、急死する可能性もあります。 覚悟しておいてください。 と言われました。 他に家族もいなく、一人で病院において置くのは、あまりにもとも思いますが 意識不明とか、確実に死ぬという状態でもなく、どういった判断をするべきか 非常に悩んでいます。 みなさんが同じ様な立場であったり 職場の人間だとすれば、どう思いますか?このような状態で 休みを貰いたいのは、甘え、非常識なことだと思われますか? A ベストアンサー 職場側の立場です。 建前論としては、有休を限度いっぱい申請し、それでも足りないなら無給の介護休暇・介護休職をとっても問題はないとの回答になります。 しかし、現実には、制度がしっかりしている大きな会社や公務員などと 仕事がいっぱいいっぱいの中小企業とでは異なります。 前者なら 制度をフルに活用しても問題ありませんし、一人くらい欠けても支障を来たしません。 ただし、後者では 一人が長期的に欠けるとなると仕事に支障を来たしてしまい、連続した休みには良い顔をしませんし、社内の人々も 表面はともかくとして内心では快く思っていません(あえて言えば 会社を辞めて看病に専念して欲しいと思っていたりします) ということで 私も現実を言うだけで どうすべきかとは言えません。 私は、親が亡くなった時は遠方のため死に目に会えませんでしたが、そういう人もいます。 家族の全員が死に目に立ち会っているわけではありませんし、冷たいことを承知で言えば、死に行く人より これから長く生きるであろう人の状況を重視するという考えもあります。

次の

「お大事になさってください」とは?上司の家族・子供に使える敬語?使い方や例文・メールでの返信・英語表現をチェック

お 大事 に なさっ て ください 上司

「お大事にする」を敬語にすると、「お大事になさる」と「お大事にされる」の二つの言い方ができます。 今回問題となっている「される」ですが、これは「する」という動詞の尊敬語にあたります。 つまり、「お大事にされる」というのは「お大事」+「さ」+「れる」というように分解ができます。 この「さ」+「れる」は、「サ行変格活用動詞」+「尊敬の助動詞」という風に解釈ができます。 これでは「病気の人」に対して尊敬している表現ではなく、「お大事」という状態を尊敬していることになってしまうので間違っているといえます。 「お大事に」という言葉はあくまで言葉をかける対象をいたわる言葉ですので、間違った表現をしないように注意が必要です。 「どうか」のように「くれぐれも」を使って、「お大事に」にさらに心配の気持ちを込めて伝えましょう。 「くれぐれもお大事に」は以下のような表現でよく使われています。 ・くれぐれもお大事になさってください。 ・早退されるのですね。 くれぐれもお大事にしてください。 ゆっくり休んでください。 ・旦那さん、入院されたのですね。 くれぐれもお大事にしてください。 ・奥さんの妊娠おめでとうございます。 くれぐれもお大事になさってください。 「くれぐれも」は「お大事に」を強調する言葉ですが、軽症の人に使ってはいけないということはありません。 あまり考えすぎず、「お大事に」とセットで使う言葉として認識しても良いでしょう。 最後の例のように、病気ではなく妊娠に対しても「身体を大切にしてください」という意味で使うこともできるので覚えておきましょう。

次の

お大事になさってくださいの類語と使い方|ご静養ください/ご自愛ください

お 大事 に なさっ て ください 上司

「お大事になさってください」の意味は?上司にも使える敬語? 「お大事になさってください」は相手の体調を気遣敬語言葉! まず「お大事になさってください」という言葉にはどんな意味があるのか?から見ていきましょう。 もともと、「お大事に」という言葉には病気が良くなるように、病気が悪化しないように、お体を大切に、相手を労わる、などの意味があります。 「労わる」とは、「病気や体調の優れない相手に対して同情の気持ちを持ち、優しく接する」という意味です。 このことから言うと、「お大事になさってください」という言葉は相手を気遣い、相手が少しでも良くなることを願う敬語表現だということが言えますね。 使い方もきちんとマスターすると活用できそう! ここまでで、相手の体調を気遣う表現だと分かった「お大事になさってください」という敬語表現ですが、これはビジネスシーンなどで自分の上司にも使える表現なのでしょうか?以下から、それについてもしっかり見ていきましょう。 「お大事になさってください」はもちろん上司にも使える表現! 結論から言うと、「お大事になさってください」という敬語表現は、バッチリあなたの上司に対しても使うことが可能です。 先述した通り、基本的にこの表現は相手を労わり、気遣う表現なので上司や年上の人に対して使用しても問題ありません。 上司などの目上の人に使う際は、「くれぐれも」「何卒」「どうか」「どうぞ」などの言葉と一緒に使うとベターです。 「お体、くれぐれもお大事になさってください」のような使い方をすることによって、相手に非常に丁寧で礼儀正しい印象を与えることができます。 このように、短い言葉であってもその前後にちょっとした言葉を付け加えるだけでも相手に伝わる印象が変わってきます。 特にビジネスシーンでは上司など目上の人に対する自分のイメージが自分の評価に直接関わってきます。 このような表現をしっかり活用していきたいものですね。 「くれぐれも」という言葉を加えることで、より丁寧な印象を与えることができます。 また、この例のように相手がこれから取る行動が分かっている場合、その行動について前後で言及します。 この例の場合、例えば相手がこれから病院に行くことが分かっていれば、「病院に行かれるのですか?」とそれを確認する敬語を付け加えると、より相手を思う気持ちと丁寧さが伝わるでしょう。 この表現は、相手が風邪を引いたなど具体的なことは分からず、相手の様子が漠然としている時などに使えます。 相手に優しく、「無理は禁物ですよ」ということを伝えることができます。 このように、相手の様子がこちらであまり把握できていないような場合でも、「あまり無理をされないよう、お大事になさってください」を使うとメールでもしっかり相手を気遣う使い方となります。 かなり使えそうな敬語表現ですね。 お体、くれぐれもお大事になさってください」です。 これは、かなり丁寧な敬語表現なので、相手に非常に丁寧で礼儀正しい印象を与える使い方となります。 相手がただの風邪での体調不良、という感じではなく、例えば入院を要するような場合や長期療養が必要な場合などに使います。 逆に言うと、親しい間柄の人に対しては丁寧過ぎて使えないので、使う相手を見極めて、メールでも活用してみましょう。 「お大事になさってください」の類語と敬語と使い方は? 「お大事になさってください」の類語:くれぐれもお体ご自愛ください 「お大事になさってください」の類語の代表的なものに、「ご自愛ください」という表現があります。 「自愛」とは、「自分の身を大切にすること、自分の健康状態を気遣うこと」という意味です。 この表現は、口語、メールでの書き言葉でも広く使え、歳の差も関係なく使えるので活用しやすい表現です。 具体的な例文としては、「だんだん寒くなってまいりましたので、お風邪など召されませぬようくれぐれもお体、ご自愛ください」「お忙しいとかと存じますが、くれぐれもご自愛ください」「寒い日が続きますが、何卒ご自愛ください」などです。 メールや手紙などの締めの表現として良く使われます。 ただ、この「ご自愛ください」という使い方は、相手がすでに入院していたり、体調を崩して療養中の人に対しては使えないので、そこには注意が必要です。 この表現には、あくまでも「体調を崩さないように健康を保ってください」という気持ちが込められているのがポイントです。 「お大事になさってください」の敬語と使い方について 「お大事になさってください」には似た意味の他の敬語表現が存在します。 それが、「お労りください」、「おいといください」、「養生なさってください」などの言葉です。 まず、1つ目の「お労りください」は、相手の健康を強く願う場面で使うとベストです。 「労わり」とは「心を用いて大切にする」という意味がありまます。 2つ目の「おいといください」は、「いたわってください」「大事にしてください」という意味が込められています。 「おいといください」は、相手の健康を祈る結びとして挨拶表現として使われます。 現在ではあまりメジャーな敬語表現ではありませんが、日本語としては正しい敬語表現です。 最後に、「養生なさってください」は、「この機会にしっかり養生なさってください」などの形で使用します。 「養生」とは、「怪我や病気の回復に努めること」という意味になります。 この表現を使うと、相手の回復を強く願う気持ちをしっかり伝えられます。 言われた相手もしっかり勇気づけられそうですね。 「お大事になさってください」と言われた時の返事は? 「お大事になさってください」と言われた時の返事はありがとうございます 「お大事になさってください」と言われた時の返事でベストなものは、やはり素直に「ありがとうございます」でしょう。 一番ストレートに、相手の気遣いに対する自分の感謝の気持ちを伝えられる表現です。 もう少し丁寧な印象を与えたいなら、「お気遣いありがとうございます」も良い表現ですね。 この表現で、「自分は、あなたのその気遣いに感謝している」ということを言葉でしっかり伝えることができます。 また、どこかで誰かに帰り際に「お大事になさってください」と声をかけられた場合、挨拶代わりに「ありがとうございます。 失礼します。 」と答えることも可能です。 「お大事になさってください」の返事の後に続けると良い言葉 「お大事になさってください」の返事の後に、「ありがとうございます。 お世話になりました。 」と続けるのも良いでしょう。 この言葉を続けるだけで丁寧な印象を相手に与えることができます。 挨拶代わりに気楽に使える表現なので、使い勝手が良い表現だと言えます。 是非、これらの類語表現も積極的に使ってみてくださいね。 」です。 この表現は、一番カジュアルで日常生活でも頻繁に使われます。 誰かと話した後、帰り際に「さようなら、また」という意味でも使われます。 挨拶代わりにも使われるなんて、おもしろいですね。 」です。 これは、少し丁寧な表現で、「くれぐれもお体に気を付けてくださいね」という意味で英語圏では使われます。 丁寧な表現なので、家族や友人ではなく、上司などの目上の人に使うことも可能です。 」です。 日本語に直訳すると「あなたが良くなると良いな」です。 友人や家族など、身近な間柄の人に良く使われる表現です。 もちろん、メールなどにも使えますよ。 英語表現にはこのような気軽で覚えやすいものが多くあります。 その表現を使うのは、親しい友人や家族なのか?あまり知らない第三者なのか?上司や目上の人なのか?これをしっかり確認して、類語を含めそのシチュエーションに最適な表現を選ぶように心掛けましょう。 慣れないうちは仕方ないですが、特に目上の人に対してあまりに馴れ馴れしい表現を使うことはできるだけ避けるようにしましょう。 「お大事に」だけではなく、「お大事になさってください」など、しっかり敬語としての使い方をすることがポイントです。 1つの表現で自分の印象や評価を変えてしまうことがあります。 特に目上の人や位の高い人に使う時には細心の注意を払って表現を選ぶようにしましょう。 特に自分の評価にも大きく関わってくるビジネスのシーンでは特に注意したいものですね。 相手がどんな状態なのか?風邪を引いているのか、入院中なのか、療養中なのか、知れる範囲は限られてくると思いますが、できるだけ相手の様子を把握できるように努めましょう。 すでに体調を崩している人に対しては、「くれぐれも、お体、お大事なさってください」代わりに使うなら「くれぐれもご自愛ください」と使うなど相手の状況によって表現を使い分けていくことが必要です。 少しずつこの使い分けにも慣れていきましょう。 若い世代にありがちですが、自分が使おうとしている表現の意味を理解しないまま、間違った使い方をしてしまうこともあります。 若気の至りと言ってしまえばそれまでですが、やはりきちんと配慮したいですね。 今回の記事でも紹介した通り、例えば「労わる」「ご自愛」「お大事」などの言葉についてもその違いと使い方が分かるようになっておくと、適切な使い方ができるようになります。 言葉そのものの意味を正しく理解するのは、やはり大切だと言えるでしょう。 ここまで、「お大事になさってください」など相手を気遣う表現を多く紹介してきました。 これらの表現は、円滑な人間関係を構築するために活用できる表現です。 これらを上手く使うのと同時に、学校職場で相手がどんな人か?を見極める必要もあります。 そんな時に役立つ記事が下記の記事です。 是非チェックしてみてください。

次の