マツコ ホリエモン。 ホリエモン擁立、議員辞職…N国立花「政治ハッキング」のヤバい目的(真鍋 厚)

ホリエモンこと堀江貴文の現在の年収・年商がヤバい!資産はいくら?

マツコ ホリエモン

バッサリ斬り捨てたマツコ(左)と激怒した立花氏 参院選で1議席を獲得し、国政政党へと躍進した「NHKから国民を守る党」を率いる立花孝志党首(51)とマツコ・デラックス(46)の場外バトルが勃発した。 マツコが立花氏やN国党を「気持ち悪い」と評したことに立花氏が激怒。 「テレビに出ている芸能人はNHKを批判できない!!」と猛反論し、N国党VSマツコが開戦だ。 NHKスクランブル化のワンイシュー(1つの政策)だけで、参院選では全選挙区の合計で3・02%得票し、比例区でも約99万票を得票したN国党。 その勢いのまま、北方領土訪問中に戦争発言で物議を醸し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)を入党させれば、元みんなの党代表の渡辺喜美参院議員(67)と会派を組むなど話題を振りまき、国会で存在感を増している。 そんなN国党と立花氏を一刀両断にしたのがマツコだ。 注目発言が飛び出したのは7月29日放送の「5時に夢中!」(TOKYOMX)で、27日発行本紙紙面「小中学生の間で『NHKをぶっ壊す!』が流行」の記事が取り上げられた時だった。 マツコは、N国党について「これからじゃないですか。 これ(NHKのスクランブル化)だけの目的で国政に出られたら、それで税金払われたら受信料もそうだけど、そっちの方が迷惑。 今のままだと、ただ気持ち悪い人たち」とブッタ切ったのだ。 さらに、N国党が参院選で躍進したことにも「さあ? なんだろう。 冷やかしじゃない? もちろん、受信料を払うことに疑問を持って、真剣に思っている人もいるだろうけど、なんかふざけて入れている人も相当数いるんだろうな」と冷ややかだった。 笑顔で「NHKをぶっ壊す!」を連呼する立花氏とN国党を「ちょっと宗教的な感じもある。 ちょっと気持ち悪い」と評し、最後まで辛辣だった。 このマツコ発言にN国党関係者は大怒りだ。 東京選挙区から出馬し、落選した大橋昌信氏(43)はツイッターで「『テレビ側の人間の凝り固まった発想』ということ。 歯に衣着せぬ毒舌コラムニストで知られるマツコだが、いまや各局にレギュラー番組を持つ売れっ子。 ネット上でもマツコ発言は賛否両論、物議を醸した。 本紙の取材に「テレビに出ている人はすべてNHKの悪口なんて言えない。 当たり前のことなんですよね。 悪口を言った瞬間、CMから出演まですべて飛ぶ。 我々が国政政党となったのは国民の声で、全然わかっていない」とあきれ顔。 テレビに出演しているコメンテーター陣のN国党批判にはもはや慣れっこの様子だ。 立花氏が最も看過できないとしたのはマツコの「気持ち悪い」発言だ。 「立花やウチの党をバカにするのはいいけど、党に投票してくれた有権者をバカにしないでもらいたい」と立花氏は憤る。 得票は自ら客観的に分析しており「政見放送で『不倫路上カーセックスをしているNHKをぶっ壊す』と言って注目されたが、実際として票は減る。 本当にNHKの集金人からの被害がひどく、そういった方々から多くの投票を頂いた」とも。 ふざけているようで、被害者の深刻な声を聞いているだけに「我々が気持ち悪いんじゃなく、NHKにヨイショする芸能人が気持ち悪い。 そんなのは国民も分かっている」と立花氏は不快感をあらわにした。 N国党関係者は「どこか場があれば、ぜひ立花とマツコさんの間でNHK問題を論議してもらいたい」と呼びかける。 果たして、マツコVSN国党の直接対決に発展するのか、注目だ。

次の

ホリエモンこと堀江貴文の現在の年収・年商がヤバい!資産はいくら?

マツコ ホリエモン

堀江貴文のプロフィール 生年月日:1972年10月29日 血液型:A型 身長:173センチ 出身:福岡県八乙女氏 出身校:東京大学文学部中退 配偶者:独身(離婚歴あり) 堀江貴文 ホリエモン の現在の年収がヤバい!! 堀江貴文(ホリエモン)の現在の年収は?資産は? ホリエモン(堀江貴文)の書籍の収入は、年間2160万円以上! ホリエモン(堀江貴文)の2ヶ月に1冊の割合で本を出版しています。 しかも、最低3万部以上を出版社は作らなくてはならないという出版契約をしています。 本の印税は、基本的には、実際の本の売り上げではなく、作った数量に比例して生まれます。 つまりホリエモン(堀江貴文)さんは一冊出版するたびに最低でも3万部分以上の印税が入ってきています。 一般的に本の印税は定価の10%です。 これが年間6冊以上は出版されるので、ホリエモン(堀江貴文)さんの本の印税は最低でも年間2160万以上になっています。 堀江貴文(ホリエモン)の有料メルマガの収入は年間1億円以上! ホリエモン(堀江貴文)さんはまぐまぐで有料メルマガを毎月発行されています。 購読料金は毎月840円です。 今現在1万5千人の有料購読者がいるので、有料メルマガの売上は毎月1260万円です。 ただ、まぐまぐに40%を手数料で引かれるので、ホリエモン(堀江貴文)さんに入る年収は9千72万円ということになります。 ただ、ホリエモン(堀江貴文)さん位になると、まぐまぐ側も手数料を少し譲るようなので、ホリエモン(堀江貴文)さんの有料メルマガの年収は1億円以上でしょうね!! 堀江貴文(ホリエモン)のコンサルタント収入、講演会収入 アメーバブログ収入は合計年間1億円以上 ホリエモン(堀江貴文)さんはコンサルタント(1回につき200万以上)や講演会(1回につき200万以上)を多数行っています。 さらにはアメブロも書いています。 アメーバブログはホリエモン(堀江貴文)さん著名人にだけ執筆料を払っています。 この執筆料が年間1200万円以上です。 芸能人が他のブログサービスをやめてアメブロだけに書いているのは、この執筆料が貰えることが大きいですね。 しかもさらに、PVによって執筆料は高くなるようです。 結局、 堀江貴文(ホリエモン)の年収は、合計収入をまとめると、およそ3億円以上、資産は10億円!!!と思われます。 ホリエモン(堀江貴文)の今の資産は10億円位!?ライブドア時代は208億7000万円あった!! ホリエモン(堀江貴文)さんは、ライブドア旧経営陣が賠償請求された訴訟で208億7000万円の財産を賠償金として支払っています。 この金額は当時のホリエモン(堀江貴文)さんの資産ほぼ全額です。 ホリエモン(堀江貴文)さんは会社も無くし、財産も無くし、刑務所に収監されたんですね。 でも、刑務所の中からも本を出版し、有料メルマガを発行していました。 年間1億円以上は収監されていても稼いでいたんです。 なんと! 年収は3億円以上という事ですが、実際はもっと稼いでいると思います。 投資家としてのホリエモン 意外と知られていない事実なのですが、堀江さんの凄い所は「事業の目利き」が優れている事です。 堀江さんはこれから伸びるであろう事業に投資したり、場合によっては事業そのものを買収して、そこで莫大な利益を出しています。 表に出てくる情報だけでは3億円の年収に見えますが、そういった投資の利益を考えると、 数十億円稼いでいる可能性は十分あります。 しかし、堀江さんと言えば「ロケット事業」ですが、そこでのマイナスは大きいでしょう。 堀江さん自身も 「ロケット事業は金食い虫。 」 と笑いながら言っていた通り、まだ結果を出していないので、ひたすら出費を出し続けている状態のロケット事業。 当たればデカいですが、今のところは他で稼いでもロケット事業にほとんど持っていかれているのが現状です。 そういったところから考えると…。 年収は5億円位なんじゃないでしょうか? まあ、経営者なんで、年商=年収ではないんですけどね 笑 堀江貴文 ホリエモン の資産は現在どの位? 堀江さんが2年ほど前に地方番組「ヘベレケ」で 「資産を一番持っていた時で、 3000億円。 」 と語っていましたが、現在の資産はいくらなんでしょうか? 総資産についても多数の推測を呼んでいます。 まず彼が力を入れている宇宙産業がキーになります。 宇宙ビジネスとは将来の宇宙旅行を視野に入れたものだそうで、その出資額は数千億円と言われています。 それだけの金額を出資できる時点でかなり資産であることは間違いありませんね。 逮捕以前の資産も残っているという説もありますし、 現在は5000億円くらいという推測もありました。 いずれにせよ、もはやイメージできない額であるという事は間違いありません。 起業家として成功してしまえば、逮捕されようが特に人生にダメージは無いという事ですね 笑 末恐ろしい話です。

次の

N国・立花孝志「マツコ・デラックス被害の会株式会社」設立し波紋呼ぶ

マツコ ホリエモン

バッサリ斬り捨てたマツコ(左)と激怒した立花氏 参院選で1議席を獲得し、国政政党へと躍進した「NHKから国民を守る党」を率いる立花孝志党首(51)とマツコ・デラックス(46)の場外バトルが勃発した。 マツコが立花氏やN国党を「気持ち悪い」と評したことに立花氏が激怒。 「テレビに出ている芸能人はNHKを批判できない!!」と猛反論し、N国党VSマツコが開戦だ。 NHKスクランブル化のワンイシュー(1つの政策)だけで、参院選では全選挙区の合計で3・02%得票し、比例区でも約99万票を得票したN国党。 その勢いのまま、北方領土訪問中に戦争発言で物議を醸し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)を入党させれば、元みんなの党代表の渡辺喜美参院議員(67)と会派を組むなど話題を振りまき、国会で存在感を増している。 そんなN国党と立花氏を一刀両断にしたのがマツコだ。 注目発言が飛び出したのは7月29日放送の「5時に夢中!」(TOKYOMX)で、27日発行本紙紙面「小中学生の間で『NHKをぶっ壊す!』が流行」の記事が取り上げられた時だった。 マツコは、N国党について「これからじゃないですか。 これ(NHKのスクランブル化)だけの目的で国政に出られたら、それで税金払われたら受信料もそうだけど、そっちの方が迷惑。 今のままだと、ただ気持ち悪い人たち」とブッタ切ったのだ。 さらに、N国党が参院選で躍進したことにも「さあ? なんだろう。 冷やかしじゃない? もちろん、受信料を払うことに疑問を持って、真剣に思っている人もいるだろうけど、なんかふざけて入れている人も相当数いるんだろうな」と冷ややかだった。 笑顔で「NHKをぶっ壊す!」を連呼する立花氏とN国党を「ちょっと宗教的な感じもある。 ちょっと気持ち悪い」と評し、最後まで辛辣だった。 このマツコ発言にN国党関係者は大怒りだ。 東京選挙区から出馬し、落選した大橋昌信氏(43)はツイッターで「『テレビ側の人間の凝り固まった発想』ということ。 歯に衣着せぬ毒舌コラムニストで知られるマツコだが、いまや各局にレギュラー番組を持つ売れっ子。 ネット上でもマツコ発言は賛否両論、物議を醸した。 本紙の取材に「テレビに出ている人はすべてNHKの悪口なんて言えない。 当たり前のことなんですよね。 悪口を言った瞬間、CMから出演まですべて飛ぶ。 我々が国政政党となったのは国民の声で、全然わかっていない」とあきれ顔。 テレビに出演しているコメンテーター陣のN国党批判にはもはや慣れっこの様子だ。 立花氏が最も看過できないとしたのはマツコの「気持ち悪い」発言だ。 「立花やウチの党をバカにするのはいいけど、党に投票してくれた有権者をバカにしないでもらいたい」と立花氏は憤る。 得票は自ら客観的に分析しており「政見放送で『不倫路上カーセックスをしているNHKをぶっ壊す』と言って注目されたが、実際として票は減る。 本当にNHKの集金人からの被害がひどく、そういった方々から多くの投票を頂いた」とも。 ふざけているようで、被害者の深刻な声を聞いているだけに「我々が気持ち悪いんじゃなく、NHKにヨイショする芸能人が気持ち悪い。 そんなのは国民も分かっている」と立花氏は不快感をあらわにした。 N国党関係者は「どこか場があれば、ぜひ立花とマツコさんの間でNHK問題を論議してもらいたい」と呼びかける。 果たして、マツコVSN国党の直接対決に発展するのか、注目だ。

次の