マクドナルド 消費税。 マクドナルド、店内・持ち帰り同価格に 消費増税で :日本経済新聞

【軽減税率】マクドナルドは店内飲食・持ち帰り(テイクアウト)の価格を統一

マクドナルド 消費税

6229 商品券やプリペイドカードなど [平成31年4月1日現在法令等] 1 商品券やプリペイドカードなどの譲渡 商品券、ギフト券、旅行券のほかテレホンカードなどのいわゆるプリペイドカードの譲渡は、物品切手等の譲渡として非課税とされています。 注 商品券などの譲渡に課税すると、最終的に提供を受ける商品やサービスが同じ一つのものであるにもかかわらず、二重に課税されることになります。 したがって、このような二重課税を避けるために商品券などの譲渡には課税しないことになっています。 2 商品券やプリペイドカードを使用して商品を購入等した場合 1 課税仕入れの時期 商品券など物品切手等を用いる取引では、物品切手等の購入は非課税とされ、後日、物品切手等を使って商品の購入をしたり、サービスの提供を受けた時が課税の時期となります。 すなわち、仕入れに含まれる消費税額の控除は、商品券などを購入した時ではなく、後日その商品券などを使って実際に商品の購入又はサービスの提供を受けた者が、その時に行うことになります。 なお、事業者が自ら使う商品券などで継続して購入した日の属する課税期間の課税仕入れとしている場合は、その経理処理が認められることになります。 2 課税仕入れに係る支払い対価の額 事業者が自ら使う商品券などを購入した場合の控除する消費税額は、引換を受けた商品やサービスの価格ではなく、物品切手等の購入に要した金額をもとに計算することになります。 3 チケット業者の取扱い チケット業者が販売する郵便切手、印紙、証紙は非課税取引とはなりませんが、物品切手等の販売は非課税取引になります。 消法6、消法別表第1四、消基通6-4-3〜4、9-1-22、11-3-7、11-4-3• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の

マクドナルド 消費税増税・軽減税率対応・ポイント還元を解説

マクドナルド 消費税

マクドナルドの消費税増税にたいする対応が決まりました。 ・店内飲食、テイクアウトともに同じ価格で販売 ・税込み価格での表示 です。 そして、私たち消費者の負担を減らすために軽減税率が実施されます。 ただし、価格は見直され、 ・ハンバーガー ・チーズバーガー ・てりやきマックバーガー ・ポテトM など全体の約3割が税込み価格を10円アップとすることになりました。 マクドナルドのポイント還元制度はどうなる? ポイント還元制度は参加表明した店舗でフランチャイズ店舗が 実施します。 ポイント還元に参加するフランチャイズ店舗は 国内約2,900店舗のうち約2,000店舗が参加なので すべての店舗ではありません。 あなたのお近くのマクドナルドが対象かどうかは 公式サイトから確認できます。 VISAやJCB、マスターカードなどクレジットカードや 楽天エディ、ワオン、nanaco、LINEpay、何所もiDなど電子マネー、 Suicaやpasmoなど交通系ICカードがあれば支払いできます。 まだ持ってない方はどんどん楽天ポイントがたまる 楽天カードがお得。 楽天カードを作るだけでポイントが付くし、 楽天でお買い物するとポイントはいつも2倍になります。 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが買った翌日は最大3倍、 お買い物マラソン楽天スーパーSALEでは最大28倍、 5の倍数の日に楽天カード決済で2倍になるのでとにかくお得。 持ってて損はないカードです。 たまったポイントはくら寿司やマクドナルド、ツルハドラッグなどでも 使えます。

次の

ハッピーセット

マクドナルド 消費税

こんにちは、らくからちゃです。 特に今回同時開催の「軽減税率」なる摩訶不思議アドベンチャーなイベントについては「やっと決めたんかい」という話がチラホラと出てくるようになりました。 例えばこんなのね。 マクドナルドの消費税に関する方針の概略 本記事の内容について、もう少し噛み砕いてみましょう。 軽減税率の適用対象は、自宅で飲食するケースに限られ外食の場合は対象外とされています。 よってマクドナルドのような店内飲食も、持ち帰りも出来るような業態の場合• 店内飲食・・・通常税率10%• じゃあ支払いをするときに 「持ち帰りますわ」と言っておいて、 「やっぱ気が変わったー」とその場で食べちゃったらどうなるんだろね?追加で消費税分だけ払うの?みたいな話が出るわけですよ。 で、それに対する今回マクドナルドの決めた方針は下記の通り。 あくまで顧客の申告に基づいた税率で計算されるものの、• 店内飲食の場合は税抜単価を引き下げ• 持ち帰りの場合は税抜単価を引き上げ を行うことで、店内飲食であれ持ち帰りであれ支払金額は同一となる仕組みです。 会社の経費で落とそうと思っている場合はさておき、一般の消費者が飲食するぶんには、店内飲食でも持ち帰りでも金額は同じなので 「とりまテイクアウトってことにして店内で食ったれ」みたいな不正(?)は出ないでしょう。 じゃあこれ、結局消費者は得をするのか損をするんでしょうか。 基本税率が上がるわけですから、商品レベルで店内飲食されるものは税込価格を引き上げ、軽減税率対象となる持ち帰りされるものは御値段据え置きであれば、全体としてはプラマイゼロです。 今回は 「税抜ベースでみた加重平均価格は変わらないようにする=便乗値上げではない」を重視して価額調整をしているみたいなので、実際に持ち帰られる可能性が高いかどうかはあんまり気にしていないようですが、見ていると低価格帯商品は値上げ、セット商品は御値段据え置きとするみたいですね。 でもテイクアウトで注文するお客さんはいるわけですので、 総合的に見れば「値上げ」ということになりそうなんでしょうけど、いかがなんでしょうか。 そうすると軽減税率導入の前提となった「低所得者層の食費に掛かる消費税を軽減したい」という建前が崩壊してしまいますよね。 また導入当初の現時点では「軽減税率を選んでくれれば店舗側は得をする」状態ですが、裏返しにすれば「軽減税率を選んでくれないと店舗側は損をする」ことになります。 さらに言えば 「店舗で食べる場合(外食扱い)の消費税は店舗側が負担する」とも解釈できるわけです。 これに対して、ずっと国民に対しては「消費税は消費者の負担」として示されてきましたが、これで消費者はこう思うかもしれませんね。 消費税って消費者が負担する税って形式を取ってるけど、もしかして店舗側負担する税なんじゃないのか? 消費者からみた消費税と業者からみた消費税 「我々はレシートに書かれた"消費税"って金額を負担していて、それが納税されるんでしょ?」が一般市民の感覚でしょうけど、実際の徴税事務はだいぶ異なります。 レシートに書かれた金額を全部払うとなると、消費者の手許に届くまでに経由する企業の数(言い換えれば発行された領収書の枚数)分だけ、税額が増えることになります。 ご丁寧に図まで用意してくれていますが、この図は後ろから見ていけってことですね。 最終的に消費者の負担した税が、それぞれの事業者のところに落ちていって、売上 - 仕入の差分に税率をかけたものを収めればよいでしょ、ということを言いたいらしいです。 出典: でもこの図、シンプルに見てもじっくり見ても 「消費者が負担するっつうより、業者の利益に掛かっている付加価値税」に見えません? その税は誰が負担するのか 「消費税みたいな庶民いじめの税をあげるよりも、法人税を上げろよ!!儲かっている会社から金取れ!!」みたいな声はよく聞きます。 まあでもそれは大企業の株主が、 「うええーん、増税されちゃったよう。 悔しいけどちゃんと払わないとなあ」と言いながら、自分が貰えるはずだった利益を削って納税することを想定してますよね。 でも開き直って 「え、税引き後利益減るの嫌だよ。 売値を上げるか、労働者の賃金減らそうぜ」と言い始めれば、その増税分は消費者や労働者に転嫁されてしまいます。 結局増税分を誰が負担することになるのかは、各々のパワーバランスで決まります。 消費税も2%の増税分を粛々と消費者に転嫁できることを前提に考えることも出来ますが、消費者が受け入れられない場合、税込み価格を固定して増税負担分は事業者の利益を削って収めることになるケースも考えられます。 「租税帰着」に関する議論の一旦になるわけですが、そのへんは下記にまとめてみましたのでご興味があれば是非。 本来自由な競争をするのであれば、最終的に増税分を引き受けるのが誰になるのかは、取引のなかで決まります。 しかし消費税に関しては、お上から "確実に消費者に負担させるべし"というお達しが出ているんですよね。 その例として「増税分はウチで巻き取ります!」みたいな言い方をするのはNGと明白に示されています。 これを見た方の中には 「あれだけ消費者イジメの税として悪名名高いのに、なんでそんなことするの?」と思うかたもいらっしゃるでしょう。 理由をざっと上げると• 消費税は事業者側から見ればメチャクチャ重たい負担の税• 消費税は事業者側の協力がなければ成り立たない税• 消費税は間接税であって痛税感はいずれ薄まる税 みたいなものがあげられます。 消費税を事業者側の負担となる税として考えてみましょう。 でもまあこれは、あくまで諸々支払ったあとの利益に掛かる税ですね。 そこから家賃だの光熱費だのの諸経費を引いて800万円くらい手許に残るものとしましょう。 となるとオーナーや従業員のお給料の原資も1割ぶっ飛びます。 消費税を「粗利に掛かる税」と考えると、「所得(最終利益)に掛かる法人税」と比べるとかなりの重税になります。 故に、競争力のない中小企業にとっては、増税分を取引先・消費者に転嫁できないことは死活問題に繋がります。 また広く言われるように、消費税は徴税効率の良い税制ですが、事業者の協力があって初めて成り立つものですから、事業者が嫌がるような仕組みであってはならないわけです。 また課税主体側としては、「消費税の痛税感はいずれなくなる」という思惑もあります。 法人税や所得税などの直接税は、最終的に自分の支払う金額を目にするので「高いなあ」という感想を持つこともあるでしょう。 (所得税については、源泉徴収の仕組みで上手にごまかしてますけどね)でも日々の支払いの中で生じる消費税については、小さく・細かく集めるため、総額でどの程度負担しているのかは、中々気づきません。 導入当初は「高っ!」と思っても、いずれ皆慣れます。 以上の事由により、消費税は「消費者に押し付けられるべき税」と当局は考えているんですよね。 マクドナルドの開けてしまったパンドラの箱 ところがどっこい 「軽減税率とかもう面倒くさくて付き合ってられんわ」を錦の御旗に、今回マクドナルドが 「勝手によしなにやるで」と宣言してしまったことで 「あれ、消費税ってもしかして自分たちの払うべき税じゃなくて、向こう側でよしなにやってくれれば良いんじゃない?」と思うようになれば、次に来るのは 「消費税の増税分を消費者に押し付けるなよ。 企業努力で回避しろよ」なのかもしれません。 今回のマクドナルドの判断は課税当局からしてみれば、諸々耐え難い内容を過分に含んだ物であり、激オコにさせる可能性も十分にあるでしょうに、よくぞやりやがったなコンチクショウ、みたいに思っている人も多いやもしれません。 個人的には、そもそも「外食=贅沢=軽減税率対象外」って前提が間違いな気がするんですけどね。 それはさておき、今回の決定は、将来的に有る種のパンドラの箱を開けるものにつながる可能性もあるんじゃないのかなー、なんて傍目からは心配しております。 そこに希望が残っていれば良いんですけど、残っているのは絶望だけかもしれませんけどね。 ではでは、今日はこのへんで。 lacucaracha.

次の