鼻整形 東京。 【韓国の鼻整形事情】日本との違いや費用など徹底比較!

韓国の鼻整形の名医を一挙紹介:鼻の整形したいなら韓国のスペシャリストにまかせよう!

鼻整形 東京

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)とは 鼻尖(鼻先)に脂肪溶解注射(BNLS)をし、鼻の脂肪を溶かすことで少しずつ鼻を小さくする方法です。 鼻に脂肪があることによって鼻の皮膚が厚く、大きく見えたり丸く見える方に適しています。 ただし、人によっては鼻に脂肪が少なく、脂肪溶解注射をしても期待したほどの効果を得られない場合もございあす。 患者様のご希望や、鼻の状態によって1回に使用する本数は異なりますが、1回の施術で1~2本使用することがほとんどです。 個人差はありますが、1回の注射で大きな効果を得ることは難しいため、1~2週間ごとに3~5回の施術を行うのが効果的です。 基本的に、BNLSは脂肪細胞そのものを溶かすため、一度溶けた脂肪は元に戻ることはありませんが、暴飲暴食をするなど、急激な体重の増加が合った場合、溶けずに残っていた脂肪が膨張してしまうこともあります。 オペのように大きな効果が期待できる施術ではありませんが、鼻先の丸みが気になる、オペには抵抗があるという方にはおすすめの施術です。 ダウンタイム・完成までの期間 BNLS 脂肪溶解注射 のダウンタイムはほとんどありませんが、人によって腫れ、内出血、赤みが出る場合があります。 いずれも1週間程度で治まりますが、内出血が出た場合は消えるまでに2週間程度かかることもございます。 注入から3日~1週間程度で効果が表れ始めますが、1回の注射で効果を実感する方は少なく、1~2週間ごとに1回、計3~5回の注射が必要となります。 2週間に1度、計5回注射した場合は約3か月程度かかります。 ダウンタイム中に起こり得る症状 注入後は2~3日腫れ、赤みが出る場合がございます。 また、2週間程度内出血が残ることがありますが、メイクで隠せる程度です。 ダウンタイム・完成までの日数について ダウンタイムや完成までの日数や、症状の程度には個人差があります。 術後の経過によっては日数が前後する場合がございますので、こちらの日数はあくまで目安とお考えください。

次の

鼻整形なら湘南美容クリニック【公式】|美容整形・美容外科・美容皮膚科

鼻整形 東京

鼻の部位によって行える施術が変わります。 鼻根部(鼻の根元部分)・鼻背部(鼻筋)…メガネやサングラスが落ちると悩まれている方は根元が広かったり、低めです。 根元が高いだけで顔の彫りは深く見えます。 鼻根部形成にはヒアルロン酸やレディエッセは手軽なプチ整形で、すっとした鼻のイメージに近づけることが可能です。 よりシャープな鼻筋には隆鼻術・プロテーゼ施術がおすすめです。 隆鼻術・自家軟骨では、ご自身の軟骨を使用するため、異物反応が起きず、自然な形に癒着することが可能です。 下向きの鼻、高さのない鼻先、上向きの鼻を修正には鼻中隔延長が最適です。 鼻尖部(鼻先)…鼻先が丸い方には鼻の先端を細くシャープにする鼻尖形成が適しています。 鼻翼部(小鼻)・鼻の穴…広がった小鼻の修正に。 小鼻縮小や切らないプチ整形のケーブル法でスッキリした鼻に。 鼻の穴がきになる方には鼻孔縁形成がおすすめです。 東京美容外科では他院での不自然なプロテーゼを抜去・修正のほか、斜鼻、鼻骨骨切り、鷲鼻修整も可能です。

次の

鼻の整形でうまい病院や名医は?維持費はどのくらい?

鼻整形 東京

印象的な方が美しいとされる目とは異なり、鼻は顔の中心にあるため、目立たないことが美しいとされています。 目の整形手術は「絵画」だとすると、鼻の整形手術は「彫刻」と同じです。 正面からだけではなく、どの角度から見ても美しいように整える必要があります。 私は、美容外科学会専門医だけでなく、形成外科学会専門医でもある立場を生かし、これまでにも様々な手術を経験しております。 美容外科的な知識だけでなく、形成外科的な見地からも術式を判断するため、複合的な手術や難症例を得意としています。 一言で鼻の整形と言っても「鼻を高くしたい」「鼻先をとがらせたい」「鼻の曲がりを治したい」など、ご要望は様々です。 あらゆるご希望を叶えるだけでなく、お一人おひとりにとって最も良い状態に整えるために、じっくりお話を伺います。 まずはお気軽に当院へお越しください。 宮益坂クリニック院長 青井則之 宮益坂クリニックの 鼻の整形のこだわり 鼻の整形はシミュレーションで決まる 私の手術では、術前のカウンセリングを非常に重視しています。 術式を決定するだけの機械的なカウンセリングではなく、ご希望を叶えるために術後の仕上がりを様々な方法でシミュレーションします。 鼻の整形のシミュレーションで重要なツールの一つとして、写真を活用しています。 患者様の側面像の写真に、理想の鼻先の位置や鼻柱の位置、鼻筋の高さをご自身で書き込んでいただいて、手術のゴールを共有します。 決定したゴールに辿りつくために、私がよく使用するのが「リノメジャー」という鼻専用の計測器です。 これを使って鼻根・鼻尖の位置を正確に計測します。 リノメジャーを使用すれば、手術中も計画した高さや位置にできたかどうかをその都度チェックすることができます。 鼻は他の部位と比べて、再手術率が高い整形でもあります。 だからこそ満足できる結果になるように細心の注意を図ると同時に、年齢の経過や好みの変化によって後々修正が行いやすいように手術を行っています。 どこから見ても美しい鼻を長く保つ術式をご提案 鼻の整形は、軟骨・プロテーゼ・ヒアルロン酸など元ある鼻に何かを付け足して形を整えることも多くあります。 しかし、土台がしっかりしていないところに家を建てても、いずれ地盤沈下してしまう可能性があるように、鼻の整形も土台作りを行わないとバランス崩れや不自然さの原因になります。 私のカウンセリングでは、短期的なお悩みの解決だけでなく、トータルで美しく長期的に維持できるような術式をご提案します。 また、患者様が希望されても、鼻の機能をなくしてしまうような整形はしません。 機能と形態は両立すべきであると考えているからです。 患者様のご希望を最大限に尊重しつつ、ご予算にも合わせて、豊富な術式の中から適した方法をご説明します。 他院のカウンセリングでの疑問点も遠慮なくご質問ください。 鼻の整形の症例写真 鼻中隔延長の症例写真 「切る手術は怖い」「まずは手軽なプチ整形から試してみたい」という方には、手軽な鼻の整形としてヒアルロン酸注入を行っています。 私が自ら厳選した鼻に適しているヒアルロン酸を使用しているため、1年半~2年ほど持続させることができます。 ただし、鼻用の硬いヒアルロン酸であっても、基本的にヒアルロン酸はゼリー状であるため、注入すると鼻が高くなると同時に横幅も広がってしまいます。 そこで、横幅が広がることを計算しつつ注入することが重要になります。 また、鼻筋を全体的に高くするにしても、鼻骨のある部分は高さを出せますが、やわらかい軟骨の部分では軟骨が下に沈み込んでしまい、あまり高さを出すことはできません。 したがって、ヒアルロン酸注入による隆鼻術は高くなったとしても1~2mm程度で、イメージとしては「鼻を高くする」というよりは、鼻筋が通ったように「鼻の形を整える」方が近いでしょう。 このような特徴を理解していただいた上で、患者様のご希望を伺い、施術を行っています。 隆鼻術の中でも、自然な感じに仕上がりメンテナンスの必要がないのが、「耳介軟骨移植」「細片軟骨移植」「筋膜被覆細片軟骨移植」などの患者様自身の身体から取った軟骨を移植する術式です。 例えば、ご自身の耳の軟骨を重ねて鼻を高くする耳介軟骨移植は、アレルギーがなく一生モノの仕上がりになります。 鼻筋を高くするだけではなく、鼻尖部(鼻先)を高くする場合は、採取した耳介軟骨を分割して移植します。 耳の軟骨を取るといっても、耳が変形することはありませんのでご安心ください。 細片軟骨移植は、同じく耳の中心辺りの軟骨を取って細かく刻むのですが、軟骨を人工膜で包んでから鼻筋に移植する方法です。 人工膜は時間の経過とともに溶けて吸収されます。 人工膜ではなく、筋膜で包んだものを移植するのが筋膜被覆細片軟骨移植です。 さらに高さを出すことができる上に、すべて自分自身の組織であるため、自然な感じに仕上がりやすい術式です。 眉間形成 鼻が大きい方や男らしい鼻の方は、鼻の上側(目の下の間あたり)にある鼻骨が太く広がっています。 こういった場合は、鼻の横と鼻腔内を少し切開し、左右の鼻骨が始まる部分と鼻骨の中央を骨切りします。 これを中央に幅寄せすることで、鼻根部を細くして全体を小ぶりな印象にすることができます。 鼻全体のバランスによっては、小鼻も合わせて小さくするために、鼻翼縮小術や鼻尖形成を同時に行うことをおすすめする場合があります。 この点は術前のカウンセリングで丁寧にシミュレーションを行いながら決定します。 骨切の場合でも最小限の腫れで済むように手術しますので、入院の必要はなく、日帰りで受けることができます。 また手術の一週間後に抜糸しますが、この時期には問題なく人前に出ることができます。 抜糸後も後戻りがないか丁寧に確認いたします。 ハンプ切除 ハンプとは、鼻背がイラストのように出っ張っている状態で、鷲鼻とも呼ばれます。 ハンプ削りとは、こうした鼻背の出っ張りを平坦にする手術です。 ハンプは硬い鼻骨と柔らかい軟骨で構成されるため、両方を切除します。 ハンプが大きい場合は、鼻の土台の大部分を切除することで鼻尖が垂れて見えることがあるため、状況によっては鼻尖形成術や鼻中隔延長術も同時に行い、鼻先の位置を調整します。 また、ハンプ削りで鼻が低くなることを心配される方には、鼻骨骨切りで幅を狭くするか、隆鼻術を行って相対的に出っ張りが目立たないように調整を行う対応も可能です。 いずれの手術も入院なしの日帰りで受けることができます。 曲がった鼻をまっすぐにする 鼻筋が曲がる原因は、鼻骨自体が曲がっている「骨性斜鼻」か、鼻の中を左右に分けている鼻中隔軟骨が湾曲している「軟骨性斜鼻」の二つが考えられます。 どちらに当てはまるか、またはその両方かどうかは、CTで診断します。 斜鼻の治療は、患者様によっても適応が異なります。 当院では多くの場合、鼻骨骨切りや曲がっている鼻中隔軟骨の部分切除、軟骨移植での鼻中隔の補強などを行って、複合的に治療していきます。 歪みを改善することで審美的な面だけではなく、鼻詰まりの解消なども見込めます。 斜鼻の治療は後戻りする可能性があるため、慎重な経過観察が重要です。 術後も定期的に検診を行いますので、お気軽にご相談ください。 ご契約中の施術の通院には再診料はかかりません。 同一施術で4回以上のカウンセリングを行う場合は、30分¥10,000かかります。 その場合には提携医院をご紹介させていただきます。

次の