セキセイ インコ 雛 育て 方。 セキセイインコのヒナの飼い方

手乗りセキセイインコの育て方はこれだ!雛の飼育方法と飼い方は?│ネット動物園 〜生き物全般からペットまで〜

セキセイ インコ 雛 育て 方

コザクラインコの一人餌までの雛の育て方 一人餌になっていない(自分で餌をたべられない)コザクラインコの雛を育てるときに抑えなければいけないポイントは3つです。 ゆっくり休ませる これらの重要ポイントを押さえることで、雛の飼育は難しくなくなります。 順に解説していきます。 コザクラインコの保温 雛を育てるにあたって大切なのは保温です。 羽根が生えそろってない雛は何もしなくても体温を失いやすいです。 また、 基本体温が人より高いため、人が雛を手に乗せるだけで体温は奪われてしまいます。 雛を抱くときは事前に手を暖めるなどして体温を奪わない工夫が必要です。 冬場のヒーターを使うタイミングも非常に重要です。 特に初めての冬を迎える若鳥は注意しなければいけません。 詳細をこちらにまとめましたので、あわせてチェックしてみてください。 check! check! コザクラインコの雛の餌の与え方 コザクラインコの雛は健康ならかなり食欲旺盛です。 基本的にほしがるだけ与えてください。 1日3回なら3~4時間おき、1日2回なら朝と昼に挿し餌を与えましょう。 餌は専用パウダーフードとあわだまをぬるま湯に溶かして与えます。 餌やりに自信がない、経験がない人は、事前にショップでやり方を教えてもらうか、一人餌になった雛をお迎えするほうが良いでしょう。 一度作った挿し餌は痛みやすいので 餌の作りおきは絶対にしてはいけません。 面倒ですが餌のたびに新しく作り直し、与えているときに餌が冷えたら温めなおしてあげるようにしましょう。 挿し餌を与えるときにチェックするポイント 挿し餌を与える前に、のどにある「そのう」という餌を一時ためる器官をチェックする習慣をつけましょう。 軽く触れば「そのう」が空っぽか、餌が残っているかがわかります。 残っているようなら、もう少し時間をあけてみて、空っぽのようなら次回からもう少し早めに与えるように調整しましょう。 ただし、 朝あげた餌が夕方以降も「そのう」に残っている、「そのう」の中の餌が硬くなっている場合は病気の可能性があります。 急いで獣医に診察してもらいましょう。 雛は半日も餌を食べられないと急に弱ります。 様子見は絶対にしないようにしてください。 餌を食べる量が急に減った場合、下記のことを確認し、それでも改善が見られない場合は病院に連れて行きましょう。 check! check! コザクラインコの挿し餌の切り替えのコツ コザクラインコはオカメインコほどではありませんが、比較的甘えな性格な子が多く、飼い主さんも切り替えには苦労をなさるようです。 挿し餌期間があまりにも長いと、挿し餌=湿った餌を「そのう」に入れる時期が長くなるので、カビなどが生えやすくなります。 愛鳥のペースを把握しながら、少しずつ、確実に切り替えていきましょう。 あわせて読みたい コザクラインコの雛はゆっくり休ませる 雛が家にやってきたころは、嬉しくて楽しみでついついかまってしまいますよね。 しかしあまりかまい過ぎると体力を使いすぎてしまい、体調を崩す原因になってしまいます。 雛は体力を温存することを知らないので、遊んでもらえるだけ限界まで遊びます。 「遊ばないと人に慣れないかも」と心配になるかもしれませんが、 餌をあげる時に手に乗せて撫でてあげる程度で十分に懐きます。 一人餌になるまでは、おなかいっぱいご飯を与え、しっかり休ませて成長を見守りましょう。 他、いつもと違うしぐさ、眠る時間が長い気がするなどの小さな変化を見逃さないように、毎日のお世話やふれあいを通してしっかり観察しましょう。 check! check! コザクラインコの雛の育て方、保温と一人餌まで。 まとめ• コザクラインコの雛は一人餌になるまでは弱い面があるので、しっかり保温をしましょう。 餌は作り置きをせず、そのつど新鮮な餌を作って与えましょう。 やけどさせないようにしっかり温度を確認しましょう。 遊び過ぎず休ませる時間を作って丈夫な体を作りましょう。 コザクラインコの雛は比較的丈夫で、体重が減り続けている、元気がないといったことがなければ、初心者でも比較的育てやすいです。 それでも保温や餌の量や回数にはしっかり気を配る必要があります。 「こんなに懐くの?!」と思ってしまうくらい、懐くのでたまらないですよ^^.

次の

インコの雛の飼い方はこれで完璧!挿し餌のやり方や温度はどうする?|小動物マニア

セキセイ インコ 雛 育て 方

最初のポイントはお店選び 大切な家族として迎えるセキセイインコ ですから、元気に育ってほしいですよね。 それにはまず、元気なヒナを迎えること、 つまり、良いお店からヒナを購入すること が大切です。 セキセイインコのお迎えを決めたら、 いくつかお店を回って見て、お店での 管理や育て方をチェックします。 <チェックポイント> ・清潔にしているか ・温度管理は徹底しているか ・ヒナが元気そうか (保温をしているにも関わらず膨らんで 震えていたり、苦しそうにしている子が 多い場合は要注意です) ・店員さんは愛情を持って接しているか といったところでしょうか。 ヒナが元気そうかどうかは判断が 難しそうですが、いくつかお店を見ていると、 自然にわかってきます。 この子はかなり元気な方だと思います。 ヒナを迎えるための下準備もまた 鳥好きとしては楽しいものです。 ヒナを迎えたら ・ヒナはプラスチックの飼育ケースに入れます。 こんな感じの飼育ケースです。 温度変化が少なく、中の様子も見えます。 これに、裂いた新聞紙や、ハムスター用の 木製チップを敷き、ヒナを入れます。 フンで汚れた部分を取り除けますし、 保温力も高まります。 ・かまいたいところですが、我慢です。 環境が変わったばかりのヒナには多大な ストレスがかかります。 温度変化が少なく静かで安全な場所 に安置します。 ・温度は25度以下にならないようにします。 必要に応じてヒーターを使います。 ヒナの餌について 購入時に、お店では何を与えていたか 聞いてみましょう。 <粟玉の場合> 粟玉をふやかしたもの、それに栄養を 添加したものを与えているお店が多い ようです。 粟玉に熱湯を加え、15分ほどふやかして、 冷めた場合は40度くらいになるようにし、 水分が多くなりすぎないように水気をきり ビタミン剤やパウダーフード、ゆでて すりおろした小松菜などを加えます。 (栄養が添加されている粟玉もあります) さし餌用のスプーンです。 先が細く、中央は網状になっています。 さんというショップはとても良心的で、 鳥さんグッズも充実しています。 これ1つでセキセイインコからオウムまでOK という優れものです。 ポタージュスープくらいの濃度になるように 熱湯で溶いて、40度程度に冷ましてから 与えます。 食事の後はくちばしのまわりについたフードを 温かいおしぼりなどでやさしく拭いてあげます。 (そのままにしておくとフードが固まって そこにまたフードが付いてガビガビになって しまいます) この動画は少しフードの濃度が高いみたいですね。。 ひとつのスプーンからなかよく食べています。 数日でご飯の時間になるとケースのふちまで 飛び上がれるようになります。 スプーンも1つでは足りなくなったようです。 作った餌は傷みやすいので、 粟玉でもパウダーでも、作りおきせずに 食事のたびに毎回新しく作るのが鉄則です。 餌が冷めると食べなくなってしまうので、 湯せんで保温しながら与えると良いです。 (電子レンジで温めると濃度が濃く、固くなってしまいます) ヒナが「もういらない」と食べなくなるまで与えます。 餌が冷めたために食べるのをやめてしまう 場合もあるので、首の下の「そのう」が食べた 餌できちんと膨らんでいるかもチェックします。 21】 先日大手書店でみつけた本です。 思わず手に取り立ち読みしてしまいました。 インコの心情が鳴き声や行動別に紹介されていました。 「あぁ。 そうなんだ。 」 「あるかもね~。 納得」 というものや、これまでなんの意味があるのだろう? と思っていた行動の解説など、価値ある一冊でした。 YES NOテストで、飼い主さんとの関係診断もできます。 もし、お店で見かけたら、迷わず手にとって(ぶっちゃけ立ち読んで) 頂きたい本です。 amazonでは¥998でした。 画像クリックで詳細をご覧頂けます。 (なか見検索はできません。。 コメントありがとうございました^^ パウダーフードでくちばし周りの羽がガビガビになっていらっしゃるのですね。。 お察しの通り、我が家も経験ありです。 今思い返せば、パウダーフードで育てた子は全員ガビガビになってしまいました^^; 我が家の場合は、お湯で濡らしたタオルなどでガビガビをふやかしてほぐしたり爪でしごいて取り除いていた記憶があります。 力を入れ過ぎるとヒナが痛い思いをするので、だましだましやったのと、タオルの水分で身体が濡れて冷えないように気をつけました。 ガビガビの予防としては、給餌後にお湯で濡らしたタオル(おしぼり)で優しくふいてあげることです。 この時も、身体が濡れて冷えないように気をつけました。 一度羽にパウダーフードが着くと、給餌のたびにそこにまた新たなパウダーフードが着いて結合して、放っておくとどんどん大きくなって団子のようになってしまいます。 ガビガビが完全に取りきれない子もいましたが、挿し餌が終わってしばらくすると羽が抜けたのか、綺麗になっていました。 お迎えしたばかりのヒナさん、きっととっても可愛らしいのでしょうね^^ まず、餌についてですが、一般に、生後一ヶ月くらいから、さし餌からひとり餌に切り替わると言われています。 私の経験では、羽が生えそろって、飛ぶ練習を始める頃から、飛べるようになる頃まででした。 私の場合は、切り替えには、ケース(ケージ)内に、粟の穂を入れています。 (粟玉やシードを撒いても良いと思いますが、粟の穂は存在感があって、ヒナの興味をひいたり、食べたかどうかが分かりやすいので我が家では粟の穂です) 羽が生えそろっているようでしたら、朝さし餌をして、お仕事・学校などからご帰宅された後にさし餌、その後就寝前まで時間があくようでしたら就寝前にも一度さし餌でいけるかと思います。 毎日体重測定をし、体重の減りが激しいようでしたらさし餌の回数が少ないか、病気などの異常が考えられます。 さし餌卒業の目安は、一人で上手に飛べるようになる頃です。 さし餌の場合は粟玉をお湯でふやかしたり、パウダーフードをお湯で溶くので水分は含まれています。 パウダーフードに不安がおありでしたら、粟玉を混ぜてみてもいいかもしれません。 1日2~3回さし餌を与えている間は水を与えなくても良いですが、さし餌の回数や食べる量が減ってくる頃にはシードと水をケージに入れてあげてください。 小さいうちは毎日、その後も定期的に体重測定をすること ヒナをお迎えしたら早めに健康診断を受けられることをおすすめします。 特に健康診断は、感染症や異常・病気・障害の早期発見に繋がります。 ただ、小さい方から飼っていた方が慣れますし、コミュニケーションの時間が増えればその分おしゃべりする可能性も増えると思います。 私が初めてお迎えしたインコが、「手乗り」と謳われてはいたものの、今の時代だったら確実に「売れ残って育ちすぎてしまった若鳥」でした^^; 結局その子とは7~8年一緒に居ましたが、お互い緊張しながら手に乗るか乗らないか…くらいまでしか距離を縮められませんでした。 ただ、おしゃべりは、我が家がおしゃべり一家だったこともあり、そこそこしました。 (でも内容はそのインコに向けられた言葉ではなく、家族の会話の一部のマネっこでした^^;) また、別の子は、とってもおしゃべり上手で、てっきりオスだと思っていたら、卵を産んでメスと判明したこともありました。 そんなこともあり、おしゃべりはその子の素質と育つ環境に左右されるような気がしています。 ちびちゃんのうちから育ててベタ慣れのインコさんは、本当にかわいいので、私なら迷わず1ヶ月くらいの雛を選びます^^ 4~5ヶ月のオスがおしゃべり上手になるかはわからないのと、おしゃべりしなくても慣れてくれる方がうれしいからです。 インコさんには柄(羽の模様)も様々な種類がありますので、お好みを調べてみてもよろしいですし、 色々なお店を巡っているうちに、びびびっとくる子と巡り会えるかもしれません。 一週間ほど前にセキセイインコの1ヶ月過ぎの子をお迎えしました。 ペットショップで、私の手から放れなくて、そのまま連れて帰ってしまいました。 手の中が大好きで、潜り込み手から離れようとしません。 可愛くて可愛くて仕方ないないのですが、あまり動き周りましないし、飛びもしません。 ショップで売っているときに羽を切られているので、上手に飛べないのかも知れませんが、それにしても飛ばなすぎるかなぁと少し心配になってきました。 食欲もあり、体重も36㌘と順調に増えてます。 それと、寝る時はまだ床で寝ています。 昼間は止まり木に止まって毛繕いなどしてリラックスさした様子です。 まだ子供だからでしょうか?のんびりした子なのでしょうか? とにかく手の中が大好きです。 もう少しぴょんぴょん飛び回って遊んでくれたら良いのにと思ってしまいます。 あまり動いたり飛ばない…手の中が心地よくてそんな気にならないのでしょうかね^^ 羽は切られていても、時期になると羽ばたいたりして飛ぶ練習のような動作をすると思います。 寝る時はまだ床でも、日中に止まり木で過ごせているならば、身体に問題があって床で寝ているのではないように思います。 飛んだり動いたりの件でご心配が募るようでしたら(身体が辛くて動かないのか?どこか問題があるの?など、心配になりますよね…><)、健康診断もかねて一度病院で診てもらうという選択肢もあります。 お店では雛を多く扱うので色々なケースに遭遇していると思いますので、お迎えしたショップに相談してみるのもひとつの手ですね^^ 雛を手に乗せさせてくれるお店なら、相談に乗ってくれる気がします。 (見た目の状態では羽が生えそろっているくらいまで育った子) まだ飛べない場合は、練習しようとするので、日中全く様子を見ることができないならば、 あるていど飛べるまで育った子の方が、安心ではあります。 成長には個体差があるので何ヶ月とはっきり指定するのは難しいのですが、 ・餌を自力で食べられる ・ほぼ飛べるようになっている を目安にお店の方に相談されると良いかと思います。 (家の子は概ね生後1~2ヶ月で飛べるようになっていたと思います。 ) 手乗り希望ならばその際にお店の方にその旨お伝えした方が良いと思います。 特に手乗り希望でなければ生後半年くらいの若鳥や、もっと育った子をお迎えするという手もあります。

次の

【鳥の産卵・繁殖・雛の育て方】セキセイインコの繁殖、検卵について|とりっち

セキセイ インコ 雛 育て 方

餌の回数と与え方は? さし餌の回数は生後どれくらいたっているか で変わってきます。 生後2~3週間程度のヒナでは、1日4~5回与えます。 写真は生後約3週間の子です。 ヒナの体温を下げないように、手を温めてから 手のひらに乗せて、話しかけながら食べさせて あげます。 6時、10時、14時、18時、 7時、11時、15時、19時、 など時間を決めて与え、 おなかをすかせてなくようならば夜にもう一度、 様子を見ながら与えます。 この頃は、食べて寝るのが基本なので、 遊んだり、かまったりするのはもう少し我慢です。 さし餌の時に、名前を読んだり、声をかけてあげましょう。 生後3~4週間ほどして、チップや新聞紙を くちばしでくわえたりするようになれば、 粟の穂を置いたり、地面に餌を撒いたりして、 ひとり餌の練習をさせます。 生後1ヶ月近くになると、産毛(綿毛?)がなくなり、 羽が生え揃います。 まだ黒っぽいくちばしは、子どもの証です。 これはこの時期だけのもので、徐々に 黄色いくちばしにかわります。 (はじめからくちばしが黄色い子もいます) もうプラケースでは狭そうに羽ばたいたり、 飛びはじめる子もいると思います。 こちらの動画では、粟の穂が入れて あるのが見えますね。 この頃から飼い主さんとのふれあい コミュニケーションOKです。 さし餌の時に、ヒナの方から手に乗ってきたり するかもしれませんね^^ いろいろなインコの挿し餌の様子 ヒナが疲れてしまわない程度に手に乗せたり、 話しかけたりして遊んであげます。 温度管理に注意しながら、プラケースから かごに移して様子をみます。 この時はまだ地面のアミはつかわずに (着地や歩行で脚をケガしてしまうことがあります) 新聞紙やキッチンペーパーを敷くだけにします。 胸位の高さに止まり木を1本いれてあげます。 この頃になると、さし餌の回数を朝、晩もしくは 朝・昼・晩に減らし、浅い皿に粟玉を入れたり、 地面に撒いたりします。 (鳥は拾い喰いをする 習性があります) 徐々にさし餌を食べる量がへり、粟玉などの シード(実や種)の量が増えてきます。 さし餌をやめたら、水入れに水もいれます。 中には甘えていつまでもさし餌をねだる子も いるようですが、羽が生え揃って飛べるように なってからもいつまでもしめった餌を食べてい ると、そのう炎になってしまうことがあるので 注意です。 ペットショップのヒナたちは生後どれくらい? ペットショップのヒナは生後どれくらいなのか という質問を目にしたのでこちらにも書いて おきます。 ヒナの生後日数はお店の方に聞くのが 確実だと思います。 (きちんと答えられない お店はやめた方がいいです) これまで色々なペットショップで セキセイインコのヒナを見てきましたが、 生後2~3週間で入荷しているケースが 多いようです。 私は羽が生え揃わないうちから さし餌をして育てるのが好きなので、 入荷日を聞いて来店し、お気に入りの子 を予約したり、調子がよければ 連れて帰ったりします。 でも、羽が生え揃って、生後1ヶ月 すぎていても、お店でさし餌をして くれているので、かごに移される前 に迎えれば、手乗りになると思います。 (小学生の頃、私が最初に飼った子は、 既にケースからカゴに移されていて、 何も知らなかった私と母は、「ヒナ」と 言われて買いましたが、結局最後まで 殆どなつきませんでした(TnT)。 今思えばお店もイマイチでしたね。。 ) 体調が比較的安定し、家庭に連れ 帰った後のさし餌の回数が少なくて すむというメリットもあります。 このため、あえてある程度育って (さし餌の期間が終わって)から ヒナを迎える方もいます。 あれ?と思ったらすぐに病院へ 鳥は体調が悪くても隠します。 餌を食べている「フリ」をします。 これは、外敵に自身が不調であることを 悟られないための防衛本能だそうです。 ということは、鳥さんが見るからに 具合が悪そうにしている時は、 既に結構病状が進んでいる事が多いです。 もしもの時のために、 を載せておきます。 病院に行く時は、事前に電話をする事を おすすめします。 症状を伝えて指示を仰ぎ、連れて行った方が安全です。 ヒナを迎え、ある程度体調が安定したら、 健康チェックもかねて、一度病院に 連れていくことをおすすめします。 その後も半年~1年に一度は 健康チェックのため病院に連れて行って あげるのが理想的です。 ヒナで迎えてさし餌をしてお世話するのは 1週間程度、長くても2~3週間ほどだと思います。 この時期に愛情たっぷりで接して信頼関係を 築くのは勿論ですが、その後もカゴの前を 通るたびに声をかけたり、一日に何度か カゴから出して遊んだりして、鳥さんと ラブラブになりましょう^^ 触ったり、なでたり、モフモフさせてくれる子に 育てば、毎日インコさんの香りを楽しめます。 そういえば、少し前に が話題になりましたね^^; インコ=世話が楽 ということは決してありません。 日々のお世話は勿論ですが、 様子をしっかり見ることを徹底し、 些細な変化も見逃さないようにしてください。

次の