車 傷 修理 代 目安。 車のこすり傷や引っかき傷の直し方と修理代の相場教えます!

車のこすり傷や引っかき傷の直し方と修理代の相場教えます!

車 傷 修理 代 目安

車で事故を起こしてしまった時、問題になってくるのは修理費用ですよね。 軽い衝突事故であれば、ご自身の怪我はないかもしれませんが車には確実にキズやヘコみなどの症状が残るものです。 修理費用が変わってくる原因 単に修理費用といっても、その料金は実に様々。 故障箇所や車種によっても、見積金額が大きく変わってくるのです。 以下では、修理費用が変わる主な原因について見ていきましょう。 故障箇所 まずは故障箇所です。 車の中でも、修理が容易な部分と難しい部分ながあります。 やはり修理が難しい部分を破損してしまうと、通常よりも高い作業賃金が発生するのが一般的なようです。 また、パーツそのものを交換することになった時も費用の差がかなり出てきます。 バンパーの故障とエンジンの故障であれば、間違いなくエンジン故障の方が高くなるでしょう。 参考: 故障程度 次に損壊の程度が関わってきます。 キズに例えるとわかり易いかもしれませんね。 同じ箇所についたキズでも大きさや深さが違うだけでその値段は様変わり。 キズにヘコみが伴っていると、さらに費用は高くなるでしょう。 修理工程 どのような修理工程をとるかによっても、費用が変わってきます。 キズに対する修理を、パーツ交換で行なうか板金作業で行なうかでは費用が倍以上変わることもあるでしょう。 見積もりを出してもらう時は、どのような修理の際にどれくらいの費用がかかるかをしっかりと確認しておいてくださいね。 車両によっても値段の変化が もちろん、ご自身が乗っている車両次第でも値段の変動はあるでしょう。 例えば、珍しい外車と大量生産されている国産車を比べた時に修復費用がかかるのは前者だと考えられます。 これは、パーツ取り寄せにかかる労力と費用がかさむためです。 外車の場合、パーツを海外から取り寄せる必要がありその分費用が加算されてしまいます。 一般的な乗用車であればパーツもそれなりに流通しているので、外車ほどは高い費用にならないでしょう。 また、特殊な塗料を使用している車や珍しい色をしている車も塗装費用が大幅に上がってしまうことが予想されます。 最悪の場合、販売元での修理しかできない可能性もありますので詳しくはディーラーや専門店、販売店へと相談してみてください。 参考: 保険を使用するかどうか また、故障時の修理費用は車両保険を使用するかどうかでも個人の負担額が大きく変わってきます。 もちろん、保険を使った方が修理費用として支払う金額は安くなるのですが、むやみに保険を使用して修理してしまうと後々の支払金額が高くなるという落とし穴があるのです。 以下では、車両保険の使用に関して注意すべき点を見ていきましょう。 (ここでは自損事故に関して紹介します。 ) 保険の等級について 保険は、全ての方が同じ条件で加入できるわけではありません。 プランに加えて、等級というランクが定められています。 1年間保険使用した事故を起こさなければ1等級ずつ上がっていき、数字が上がればあがるほど保険料金の割引率が高くなります。 事故を起こして保険を使用すると… 毎年無事故を続けていれば、十数年で最高ランクの20等級になり、保険料金はかなり安くなるでしょう。 しかし、一度事故を起こして保険を使用した修理を行なうと現在の等級から一気に3ランクダウンしてしまうのです。 (18等級の方が事故を起こすと15等級にランクダウン) また、「事故級」と「事故なし級」にも分けられるので、事故を起こして15等級になった方と、無事故のままランクが上がって15等級になった方とでは圧倒的に後者のほうが保険料金の割引率の高くなります。 この等級と保険料金の関係性が、事故時に保険を使用しての修理を行なうかどうかの最大の争点となってくるのです。 よく年以降支払う保険料を計算してみる 確かに、保険を使用しての修理のほうがその時の負担金額は少なくなります。 ただし、よく年以降割増になる保険料金の総額で考えると、保険を使用しないで自費修理したほうが結果的にお得になることも多いのです。 月ごとに18,000円ごとの割増となった場合、年間で200,000円以上の負担が増えることになります。 ということは年単位で考えれば、200,000円以下の修理費用であれば自費で修理したほうが支出が少なくなるのです。 もっと長期的に考えるのであれば、3年間の保険料増額分と比較してみても良いかもしれませんね。 このように、自分が支払う最終的な金額を全て比べた上で保険を使うかどうかを決定しなくてはならないのです。 (ここでは、翌年以降無事故という前提で話を進めています。 ) 参考: フレーム部分の損傷かどうか 自動車修理の中でも、パーツとフレームでは修理費用が異なってきます。 フレームとは、車の屋台骨ともいえる中心部分ですので交換するということが基本的には難しいのです。 以下、車のフレーム部分を紹介します。 ・フレーム(サイドメンバー) ・クロスメンバー ・インサイドパネル ・ピラー ・ダッシュパネル ・ルーフパネル ・フロア ・トランクフロア ・ラジエータコアサポート フレームの修理は高額になることが考えられる これも事故の度合いによって変わってきますが、バンパーなどのパーツ部分に比べてフレームを故障してしまうとその費用はかなり高額になります。 やはり走行する上で非常に大切な部分なので、フレームは修復にもお金がかかってしまうのでしょう。 例 修理費用の目安 以下では、車の各部分を修理する際にかかる費用に関して見ていきましょう。 損壊度別で費用も異なるので、参考にしてみてください。 (なお、車両保険は使わない時の金額です) エンジン故障での修理:500,000円? エンジンは故障時に載せ替えるのが基本です。 エンジン自体が300,000円以上かかりますので、工賃を含めると最低でも500,000円程度はかかるものと思ったほうがいいでしょう。 ドアの修理費用 キズヘコみ修復30,000円? ドア交換100,000円? 板金や塗装のみで修復できる程度だと、30,000円くらいの費用負担で収まるかもしれません。 (傷やヘコみの大きさにもよる) ただし、ドアごと交換することとなればパーツ費用がそのまま負担となります。 100,000円以上はかかるでしょう。 また、これが外国車になるとパーツの取り寄せにお金がかかるため、さらに費用は高くなるでしょう。 バンパーの修理費用 10,000円? 200,000円 バンパーに関しても、板金や塗装で対応できるかどうかがポイントとなってきます。 軽度なものであれば10,000円? 50,000円程度、パーツ交換になれば100,000円以上の費用となるでしょう。 これも、乗っている車種によって変わってきますね。 フレームの修理費用 一部分の修理100,000円? 全損レベル1,000,000円? フレームの修理は、ごく一部の修理でも100,000円近い金額がかかるでしょう。 フレームの大部分を修理することとなれば、1,000,000円以上かかることも珍しくありません。 その場合、車の買い替えも視野に入れながら検討したほうが良いでしょう。 パーツ交換かどうか?フレームの損傷かどうか? 上記のように、修理する部分・故障の度合いによって費用の目安は変わってきます。 どのような場合でも、まずは見積もりを出して貰う必要があるでしょう。 見積もりを出してもらう先は、ディーラー・車用品店・街の整備工場等が挙げられますが、大規模な損壊事故であればディーラーに直接見積もりを依頼することをオススメします。 車用品店では対応しきれない修理もありますが、ディーラーであればその車両に対しての知識を豊富に持っています。 パーツの取り寄せから修理まで、最も効率良く対応してくれるでしょう。 参考: 見積もり次第では買い替えも検討すべき もしも、見積もりが1,000,000円を超える超高額になるようでしたら、車の買い替えも視野に入れると良いでしょう。 新車を買えるような金額であれば、無理して修理を行う必要はありません。 これまでの走行距離や使用年数も考慮して、「今後修理して何年間使えるのか」「耐久性は大丈夫か」「車検の時期はいつか」なども含めた上で、新しい車に買い替えてみてもいいでしょう。 参考: 修理工場を探すならGooPitがおすすめ 事故で故障してしまった愛車を修理に出すなら、信頼できる工場を探したいもの。 全国の修理工場が探せるGooPitなら、工場ごとの作業実績やクチコミなども載っているので、参考にしやすいですよ。 また、内装補修や外装補修、ライト・ウインカー類修理など、目的ごとにメニュー分けされているので、修理を依頼したい箇所に合った工場が探せます。 見積り依頼も気軽にサイトからできるので、まずは見積り比較をしてみましょう。 まとめ 事故の度合いによって変化してくる修理費用ですが、フレームに到達しているかどうか次第では買い替えも視野に入れたほうが良いのかもしれません。 また、現在乗っている車の寿命も考慮するべきでしょう。 走行距離も多く、使用年数もかなり経っているのであれば、多額の費用をかけて修復するよりも新しい車への乗り換えを検討したほうが長期的に見てお得かもしれません。 見積もりを出してもらい、今後のライフプランを考慮しながら選択してみてください。 当サイトでは全国各地のあらゆる修理店を掲載しています。 業者について調べたい方は参考にしてみてください。 また、も受け付けているので、郵送できる部品などを修理・交換してほしい方は検討してみましょう。 修理価格サイトのご紹介 全国の修理店をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 北海道・東北 関東 中部 関西 中国・四国 九州・沖縄.

次の

車のこすり傷や引っかき傷の直し方と修理代の相場教えます!

車 傷 修理 代 目安

お電話で廃車をご依頼されるお客様は 車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。 車の修理代が変動する理由とは まずは車の修理代を左右する様々な要素を挙げてみましょう。 故障の個所 車には簡単に修理ができる個所と難しい個所があります。 例えばバンパーやボンネット、ドア、ガラスなどのパーツは比較的修理しやすく交換も可能です。 けれどもメンバーやピラー、ルーフなど車の骨組みにあたる個所は交換が難しく、修理に時間と手間がかかるので大変です。 そのため数十万円単位の修理になります。 修理の工程 簡単な修理で済ませられる程度の傷や故障なら作業は短時間で終わり、工賃も安く済ませられるでしょう。 自分でキットを購入し、修理することも可能です。 一方で大きな傷には板金塗装が必要になったり、深刻な故障には部品を全部取り換えなければいけなかったりします。 その分、修理代は高額になりがちです。 修理工場の違い 車を修理できるのは大きく分けるとディーラー、カーショップ、小規模な修理工場の3種類です。 ディーラーは技術力に優れていますが、本来の故障以外も整備する場合が多いので割高です。 カーショップは故障個所だけを修理してコストダウンに努めていますが、技術力には不安があります。 その点、小規模な修理工場は両方の良さを兼ね備えていますが、得意不得意があり当たり外れが大きいのが難点です。 複数の修理工場から見積もりを取って比較しましょう。 使われるパーツ パーツを交換する場合、どれを選択するかは修理する工場によって異なります。 ディーラーであれば純正品を使いますし、カーショップなら安価な代替品を、小さな修理工場では中古品を使うところもあります。 当然、後者になるほど修理代は安上がりです。 ただし信頼性でいえば前者になるほど高くなるので悩ましいでしょう。 パーツの入手がしやすい 国産車や流通数が多い車は全国どこでも容易にパーツを入手できます。 逆に輸入車や希少価値の高い車はパーツの入手が困難で、海外をはじめ遠くから取り寄せなければいけません。 パーツ代に輸送コストや手間賃が上乗せされ、修理代は高くつきます。 国内で修理できない車だとなおさらです。 意外なところでは「塗料」も該当します。 特殊なカラーリングの車は修理工場を限られてしまうので要注意です。 保険適用の有無 任意の自動車保険に加入しており、そこに「車両保険」が含まれているなら、請求すると修理代として保険金が支払われるので負担は軽減されます。 けれども自動車保険を利用すると翌年からの等級がダウンして保険料が大幅に値上がりするのが難点です。 自動車保険はほとんどが6等級からスタートして、無事故であれば毎年1等級ずつ上がっていきます。 最高は20等級で保険料は63%の割引です。 けれども交通事故に遭って保険金を支払ってしまうと、内容次第では次の契約から3等級下がってしまいます。 さらに「事故有係数適用期間」といって、数年間割引率が少なくなってしまいます。 一般的には3年で最大は6年です。 例えば20等級で1件の交通事故を起こし、保険金を請求すると翌年は17等級に下がります。 本来であれば17等級の割引率は53%ですが、事故有係数が適用されると38%にしかならず、無事故の8等級と同じくらいの保険料になってしまうのです。 もし20等級での保険料が10万円だったら、おおよそ16. 8万円になる計算です。 そのため車両保険を適用するときは修理代と、その後で余分に支払う保険料を比較して、どちらがお得か計算したいものです。 車のエンジンにかかる修理代って? エンジンが故障しても部分的な修理はできず、ほぼエンジンそのものを交換します。 純正の新品であれば高くなりますが、「リビルト品」と呼ばれる再生エンジンを使えば安く抑えられるでしょう。 相場は5~70万円くらいで、これに工賃が10~20万円ほどかかりますから、修理代は20~100万円ほど見込んだほうが良さそうです。 輸入車や高級車(特に馬力のあるスポーツカー)はその倍以上かかる場合もあります。 交通事故によってエンジンだけでなくエンジンルームが損傷して自走もできないなら、修理するよりも買い替えたほうが安上がりかもしれません。 その際に気をつけたいのが保険金の利用です。 車両保険の範囲で支払われる保険金は修理にも車の購入にも使えますが、「修理費用特約」から支払われる部分は修理だけしか使えません。 嘘をついて車の購入に充当すると契約違反になります。 車の買い替えを検討の場合 今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。 そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。 近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。 なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちの をご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。 > 車のエアコンにかかる修理代って? エアコンの冷房が効かないだけならガスが切れているか漏れているので、ガスを充填すれば元通り使えるようになります。 修理代は1万円以下で済むでしょう。 ただしガス漏れがパイプやコンプレッサなど他のパーツの破損によるものであれば修理や交換が必要になって、1つのパーツにつき3~5万円かかります。 交通事故によってエアコンの広範囲が故障したら、修理よりも全部を交換します。 特殊な車で無い限りエアコンの種類は選ばないので、高級車でも比較的安価なエアコンの搭載が可能です。 修理代は20万円前後になります。 車のドアの修理代って? 車のドアは他の車や物と擦りやすいだけでなく、開けるときに何かとぶつかって傷が付いたり凹んだりしやすいものです。 あまり目立たない傷でも放置するとサビの原因になって車の価値が下がってしまうので、早急な修理が必要です。 小さな傷であれば市販のキットで修理できます。 例えば車の色補修に使えるタッチペンで、価格は1,000円くらいです。 塗料と同じ色のタッチペンで傷を塗りつぶすだけですから簡単です。 勢いよくぶつかって(ぶつけられて)大きな凹みができた場合は板金塗装で修理してもらいます。 範囲の広さや凹みの程度によりますが、軽微なものなら修理代は2万円台から、大きなもので5万円台からです。 板金塗装で修理できないくらいの深刻なダメージがあれば、ドア丸ごとの交換です。 修理代は最低でも10万円以上かかり、輸入車のように海外からドアを取り寄せると輸送費が上乗せされます。 車のドアは丈夫に見えますが、中はエアバッグやカーオーディオ、パワーウインドウを設置するため空洞になっています。 思っている以上に凹みやすいので扱いには十分注意しましょう。 車のバンパーの修理代って? 車のバンパーも出っ張っている分だけドアと同じくらいぶつけやすく、傷ついたり凹んだりしやすいところです。 それでもちょっとした凹みなら修理代は1万円くらいとドアより安くなります。 凹みが大きかったり範囲が広かったりするとバンパー自体を取り外して板金塗装をしなければいけないので修理代は2~5万円ほどです。 それでも普通乗用車であれば新品と交換するよりも半額くらいで済みます。 こうしたバンパーの修理はディーラーに依頼すると新品との交換になりがちです。 修理代を安く抑えたいならカーショップや小規模な修理工場に相談してみましょう。 取り外しの工賃、修理費用、パーツ代の合計で見積もってくれるはずです。 まとめ このように車の修理代は故障の個所、修理の工程、工場の選択、パーツの入手しやすさなどによって決まります。 車の命とも呼べる個所が故障したり、パーツを交換したり、ディーラーで修理したりすると高くなるでしょう。 数万から数十万円程度で済むなら修理して乗り続けるべきです。 しかし、修理費が100万円を超える場合、その後で乗る年数や車検などのランニングコストを考えると、よほどの事情が無い限り新たに車を買ったほうがお得ですし耐久性もあります。 修理を依頼する前には見積もりを取って、どちらが最良なのか検討してみましょう。 車両保険を使う場合も同じです。

次の

車のキズ(傷)やへこみの修理の費用はどのくらい|車検や修理の情報満載グーネットピット

車 傷 修理 代 目安

気を付けて運転しているはずなのに 『あっ!!やっちゃった。。。 』 気づけば こすり傷なんてこと、 皆さんも一度や二度いやもっと 経験したことのある方も多いはず。 ちょっとした内輪差や思った以上に 狭い道に行った時、駐車のスペースが 狭い時などこすり傷をつけてしまう ことはよくあります。 修理の料金や時間を業者別で徹底比較! 一言に料金や時間と言っても、 頼む相手によって異なるもの。 それぞれの料金や時間を比較してみました。 ディーラーの料金や時間は? 一番信頼できる修理屋さんは ディーラーではないでしょうか? 何か車で困った時は いつでもここへ行けば大丈夫。 初心者の方でもわかりやすい!! さらに仕上がりの 保証や代車の準備等が確実に行えること、 そして何よりも安心感がもてることが 一番のメリットです。 ただ、ディーラーの場合は 金額が高く、時間も長くかかる傾向に あります。 理由は車のこすり傷の場合、 板金塗装をするのですが、 ディーラーでは行っていません。 ではどこでするのかというと 下請けの板金会社に依頼して塗装を してもらいます。 その為、すぐには出来ず、 車を何日が預けないといけなくなります。 また下請けの会社に依頼するので ディーラーに中間マージンが発生します。 つまり、 下請け業者とディーラーの利益が ダブルでかかってくるということです。 以下は傷がつきやすい部分の大体の 目安金額となります。 料金はまちまちで上記の金額で できますとは言えませんが、 カーショップの2~3倍の金額が 請求されることが多いようです。 さらに保険を使う場合は高い金額が。。。 オートバックスなどカーショップの料金や時間は? ディーラーに比べるとカーショップで 修理する方が 金額は割安になります。 また、カーショップでも金額や時間は まちまちです。 ですので、一度ホームページ等を確認し、 大体の金額や時間・代車の用意等について 聞いておくこともオススメです。 しかし、これは軽いこすり傷の場合。 車の傷が深い場合や傷が大きい場合は 素直にディーラーやカーショップ・ 板金屋にもっていくことをお勧めします。 理由は うまくできないことが多い からです。 ただ、金額は段違いでお安く済みます。 車をこすったという事故に対する修理 ですから、 保険の等級がダウンします。 つまり 翌年からの保険料が高くなる ということ。 それが毎年に影響してくると考えると 保険を安易に使ってしまってはいけない ような。。。。 また、保険の内容によっては 使えないこともあります。 一度 保険会社の人に車の修理代金と 合わせて相談してみるのがお勧めです。 ちなみに等級にもよりますが、 一般的には10万円以下の修理代なら 損すると考えて間違いないようです。 車の傷は修理より売るほうがお得?愛車の高額査定 出典: 車のこすり傷でも修理費用が高くなったり 自分でDIYするにはリスクがあるなどから 買い換えた方がお得になる場合もあります。 今ではネットで簡単に買取査定をして くれるサイトが多数あり、 思わぬ高値が つく可能性もあるため、利用して損は ないでしょう。 ネットでの買取査定のメリットと言えば、 複数社に一括して査定を依頼できる所です。 何故ならすぐに内容や価格を比較できる のであなたの車を高値で買い取ってくれる 業者を見つけやすいからです。 買取業者によっては驚くほど査定額に 違いがでるので 他社より60万円もお得 になったというケースも実際にあります。 かんたん車査定ガイドのおすすめポイント• 完全無料で買取相場がすぐわかる• 45秒簡単入力の スピード査定• 全て優良企業による 安心査定 完全無料で利用でき、 査定後は最新の 買取相場もWeb上で確認できるので 修理費用との比較にも役立ちとても 便利です。 まとめ いかがでしょうか? 今回は 車のこすり傷の修理の料金に ついてお話させて頂きました。 修理の料金や時間で比較してみた• 以下の記事では車の全塗装の値段の相場を 詳しく解説していますので、併せて参考に してくださいね。

次の