プライバシー ポリシー 雛形。 【雛形付】プライバシーポリシーに定めるべき9項目を弁護士が解説!

プライバシーポリシーの書き方!グーグルアドセンスでは必須!【雛形付き】

プライバシー ポリシー 雛形

プライバシーポリシー雛形 【当サイトでの広告の配信について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をご覧ください。 【当サイトのアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをクリックしてください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 アドセンスで定められているプライバシーポリシーについてはに記載されています。 プライバシーポリシーを記載するポイントは、 「Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用している」 ということをきちんと明記することです。 雛形の文面には、そのことがきちんと記載されています。 【当サイトでの広告の配信について】 【当サイトのアクセス解析ツールについて】 の部分です。 自分でプライバシーポリシーを書く場合も、 「Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用している」 ということは、きちんと記載していきましょう。 プライバシーポリシーの作り方(ワードプレスの場合) プライバシーポリシーのページをワードプレスに作る場合は、 固定ページで作っていきましょう。 「ワードプレスってなに?」という方は「」が分かりやいです。 まずはワードプレスにログインします。 左メニューの「固定ページ」- 「新規追加」をクリックします。 タイトルに「プライバシーポリシー」と入力します。 テキストタグにして、本文に下記のプライバシーポリシー雛形をコピペで貼り付けます。 当サイトでの広告の配信について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。 当サイトのアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 最後に「公開」をクリックします。 0以上の場合は、デフォルトエディタが「Gutenberg」となるため、見た目が違います。 その場合は、「Classic Editor」というプラグインをインストールしてみてください。 「固定ページを表示する」をクリックすると作成したプライバシーポリシーページを確認できます。 次に作成したプライバシーポリシーへのリンクをメニューに追加します。 ワードプレスの左メニューの「外観」-「メニュー」をクリックします。 メニューへの追加は使用してるテーマによって異なることがあります。 フッターメニューに追加できる場合は、フッターメニューのほうが目立たなくておすすめです。 以上で、プライバシーポリシーページのブログへの追加は完了です。 アドセンスプライバシーポリシーまとめ アドセンスがにならないように安全に使うためにも、 広告を表示しているブログにはプライバシーポリシーを作ることが大事です。 作り方は簡単で内容も雛形のコピペで十分ですので、もしまだプライバシーポリシーがないブログがあれば、この記事を参考にして早速作ってみてください。 プライバシーポリシー以外にも アドセンスで大きく稼ぐためのポイントがいくつかあります。 それらのポイントを「」に完全版としてまとめています。 このアドセンスを使ったクリック報酬型アフィリエイトに興味があれば、こちらのメルマガに登録してもらえるとさらに詳しく教えますよ。

次の

コピペで簡単!ワードプレスのプライバシーポリシー書き方と設置方法を紹介!2019年

プライバシー ポリシー 雛形

こんにちは、きゃぷてんです。 ブログを運営する際に、必要になるのが「プライバシーポリシー」を記載したページです。 すでに記載している方も多いですが、法律用語が多く「面倒だから他のサイトのやつをコピペで使っている」という方も多いと思います。 ただ、使っているサービスによって 「必ず記載しなければならない項目」というものがありますので、とりあえずコピペしただけのプライバシーポリシーの場合では、知らないうちに規約違反をしてしまう可能性があります。 知らなかったでは済まされない事態も起こり得るため、抜かりなく記載したいですね。 追記: 2018年5月25日からEUでGDPRという新しい取り組みが始まりました。 プライバシーポリシー、日本語では個人情報保護方針と呼ばれます。 言葉の意味としては 「Webサイトを運営するに当たり取得した個人情報をどのように扱うのか記載したもの」になります。 取得した個人情報をどのように保護するのか、はたまた、一定の条件で利用するのか、といった個人情報の扱い方をWebサイトの管理者が定める必要があります。 Webサイトを運営するだけで、個人情報って集まるの? と思うかもしれませんが、多くのサイトに設置してあるお問い合わせフォームでは、メールアドレスや名前が取得できますし、アクセス解析ツールを導入している場合であれば、市区町村単位での住所、使っている機器、年齢、性別、などを取得することができます。 プライバシーポリシーをざっくりと説明する場合、上記のように集まった個人情報を「大切に扱います、あなたには迷惑をかけません」と宣言している、ということになります。 どんなWebサイトにプライバシーポリシーが必要なのか さてさて、プライバシーポリシーの定義がわかったところで、次に気になるのが 「どんなWebサイトにプライバシーポリシーが必要なのか」という点ですよね。 その答えはとても簡単です。 そんなサイトを運営している人を見たことはありませんが(笑) 追記:GDPRの施行によりプライバシーポリシーの作成が義務化 2018年5月25日からEUでGDPRという個人情報に関する法律が施行されます。 要点だけ抜き出すと・・・• 個人情報をしっかりと管理しましょう• 必要に応じて個人情報を削除or提供しましょう• 違反者には高額な罰金がありますよ といった感じです。 詳しくは下の記事で解説していますので参考にしてください。 プライバシーポリシーに記載すべき項目 プライバシーポリシーには、前述した通り 「集まった個人情報を大切に扱います、あなたには迷惑をかけません」といった内容を記載するのですが、以下のサービスを利用している場合、 各サービスが定めた内容を記載してあげる必要があるので注意が必要です。 Google Analytics 7. プライバシー お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。 お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 この情報の開示は、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ(www. google. お客様は訪問者の端末上での Cookie やその他の情報の保存や、そうした情報へのアクセスについて、そうした行為が本サービスに関連して発生する場合、およびかかる行為に関する情報の提供と訪問者からの同意が法律で求められている場合は、訪問者に明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るように商業上合理的な努力を払うものとします。 お客様は、本サービスの一部であるプライバシー機能(たとえば、オプトアウトなど)を回避してはなりません。 お客様は、Google アナリティクスおよび特定の DoubleClick ならびに Google の広告サービスの統合バージョン(「Google アナリティクス広告向け機能」)を利用することができます。 お客様が Google アナリティクス広告向け機能を利用される場合、Google アナリティクス広告向け機能に関するポリシー(support. google. お客様の、いかなる DoubleClick または Google の広告サービスへのアクセス、およびそれらの使用も、当該サービスに関するお客様と Google との間の該当する規定に従うものとします。 google. この利用規約(「スイート ポータル利用規約」)は随時改訂されることがあります。 本サービスの利用は、スイート ポータル利用規約の第 2 条に基づき、引き続き本契約に則るものとします。 とても長いので読むのが嫌になりますね(笑) 要約すると上の文章にはこんなことが書いてあります。 プライバシーポリシーを必ず記載しましょう• Google Analyticsを使っていることを記載しましょう• データ収集にCookieを使用していることを記載しましょう• データの収集・処理される仕組みについて記載しましょう ちなみに、Cookie(クッキー)という単語が出てきましたが、これは、 あなたが訪れたサイトの情報をGoogle ChromeなどのWebブラウザが覚えておいてくれる仕組みのことです。 amazonや楽天に「最近チェックした商品」がバレているのもCookieの仕業ということです。 他にはパスワードの保存などの役目もありますね。 Google AdSense サイトのプライバシー ポリシーについて プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。 Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。 Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。 ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www. aboutads. info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。 その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。 または、www. aboutads. info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。 サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。 サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。 Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices. org をご覧ください。 こちらも、なかなかの長文ですね(笑) 要点だけ抜き出すと以下のようになります。 GoogleやAdSenseの広告主はCookieを使用して表示する広告を決めていることを記載しましょう• www. aboutads. info にアクセスすると、パーソナライズド広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にすることができることを記載しましょう 基本的には、Google Analyticsと同様に「こんな方法でデータを集めてますよ」「ちゃんとデータを扱ってますよ」「嫌なら解除してね」と書いてあるので、そのようにプライバシーポリシーにも記載してあげればOKです。 Amazonアソシエイト 乙がアソシエイトであることの表示 乙は、本規約、乙によるアソシエイト・プログラム・コンテンツの使用または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行その他の発表または広告もしないものとします。 乙は、本規約により明示的に許可される以外に、甲と乙との関係について不実の表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含みます。 )をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。 乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon. jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 」の文言を表示しなければなりません。 甲は、この文言を適時変更することがあります。 要するに「僕は、Amazonアソシエイトプリグラムに参加しています!」と宣言してください、と書いてありますので、プライバシーポリシーに記載してあげましょう。 ちなみに、には上記のような記載がないので、今の所はプライバシーポリシーに記載する必要はなさそうです。 プライバシーポリシーと同じくらい重要な項目 さてさて、プライバシーポリシーに記載すべき項目についてお伝えしてきたのですが、ここで、 プライバシーポリシーと同じくらい重要な項目についてもお伝えしようと思います。 おそらく、 僕のブログを読んでいる方の多くはアフィリエイターだと思うので「免責事項」と「著作権」についても記載することをおすすめします。 免責事項 あなたのサイトの訪問者に何らかの不利益が講じた場合「どのような条件の時にあなたが責任を取らないのか」を記載しておくのが「免責事項」になります。 ちなみに、 プライバシーポリシーと同じページに記載されることが多いです。 何らかの商品をアフィリエイトしているサイトによく記載されているのが下の一文ですね。 免責事項の記載例 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 上の文章が言っていることは「購入する際は自己責任でお願いします」ということです。 例えば、あなたが「超・痩せるサプリ」という商品を使ってみて実際に痩せたとしましょう。 その内容をブログに書いて「おすすめ!」と紹介するまではいいですが、あなたのブログを参考にして購入した人があなたと同じ効果を得られるかどうかわかりません。 そのため、逃げ道として「購入する際は自己責任でお願いします」と記載しておきます。 アフィリエイトサイトを運営する際は必須事項になりますので、必ず記載するようにしましょう。 他には、あなたではない人が作成した画像や動画(フリー画像、フリー動画を除く)を、サイトに掲載する場合には、下のような文章を記載します。 著作権の記載例 当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。 これは、自分の権利を主張することによって「文章・画像・動画等」を守るためですね。 【コピペでOK】プライバシーポリシーの書き方・雛形 それでは、 コピペで使えるプライバシーポリシーの雛形をご紹介します。 ここで紹介するプライバシーポリシーには、前述した「免責事項」も記載してありますので、そのまま使ってください。 また、このブログのような、いわゆる「情報発信ブログ」と呼ばれている運営スタイルと「トレンドアフィリエイト用のブログ」の2パターンのプライバシーポリシーを用意していますので、あなたの運営スタイルに合った方を選んでくださいね。 当サイト(情報発信ブログ)のプライバシーポリシー 以下のサービスを利用していること仮定しています。 Google Analytics• Amazonアソシエイト• メルマガスタンド 個人情報の利用目的 当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の第三者への開示 当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 広告の配信について [自分のサイトの名前]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 トレンドサイトのプライバシーポリシー 以下のサービスを利用していること仮定しています。 Google Analytics• Google AdSense• Amazonアソシエイト• 第三者の画像や動画を利用 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「」をご覧ください。 また、[サイト名]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 [サイト名]の部分は、あなたが運営しているサイトの名前に書き換えてくださいね。 プライバシーポリシーのベストな設置場所 さてさて、プライバシーポリシーの書き方がわかったので、次は設置場所ですね。 基本的に、どこに設置しても問題はないのですが、 一般的にプライバシーポリシーはフッター部分に設置することが多いです。 フッターとは、サイトの一番下の部分のことですが、場所がよくわからないという場合は下の記事で、Webサイトの各パーツの名前を解説していますので参考にしてみてください。 プライバシーポリシーは画像でもいい 風の噂ではありますが「プライバシーポリシーをコピペで作ると、Googleにコピーコンテンツと判断され評価が下がる」と聞いたことがあります。 引用タグを使えば問題はないと思いますが、念には念をということで、 僕はプライバシーポリシーの文章を画像化して表示させています。 プライバシーポリシーの表示形式には「必ずテキスト形式でなければならない」と言った規定はありませんので、Googleからの評価が心配であれば参考にしてみてください。 ちなみに、画像以外にもPDFで掲載している人も多いですね。 お疲れ様でした 最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。 プライバシーポリシーは、ほとんど人に見られることはないので、後回しにしがちですよね。 しかしながら、 プライバシーポリシーがしっかりしているだけでも好印象になりますし、ビジネスチャンスがやってくるかもしれません。 (広告の掲載依頼や問い合わせなど) あまり気が進まないかもしれませんが、この記事の内容をコピペで貼り付ければ、立派なプライバシポリシーができますので、チャチャっと作ってしましましょう。 また、 ブログで思うように稼げていないという悩みがありましたら、稼ぎのコツをこっそりお伝えしている、僕の無料メール講座がおすすめです。 期間限定でプレゼントもありますので、興味がありましたら登録してみてください。

次の

プライバシーポリシー|板倉レディースクリニック

プライバシー ポリシー 雛形

あなたの会社がWEBサイトにおいて個人情報を取得する場合には、プライバシーポリシーを作成することが必要です。 なぜなら、個人情報保護法においては、個人情報を取得、利用する際には、利用目的等について公表することが義務付けられているからです(個人情報保護法18条)。 会社が取得する個人情報の取り扱いについて、サービス利用者との間で紛争が生じるケースが多く見受けられますが、会社の事業モデルにあったプライバシーポリシーを作成することで、利用者との間の紛争を未然に防ぐこともできます。 他の会社が公表しているプライバシーポリシーをまねて作成をしているだけでは、思わぬところで、トラブルになる可能性があります。 そこで、本記事では、新たなWEBサービスの立ち上げを考えている方や、これまであまりプライバシーポリシーの規定を意識していなかった方が改めて見直すきっかけとして、プライバシーポリシーの注意点と基本的な作成方法をご説明します。 個人情報の取り扱い全般については下記の記事をご参照ください。 Contents• 1 プライバシーポリシーとは プライバシーポリシーとは、WEB上で収集した個人情報をどのように取り扱うかを定めたものです。 個人情報をどのように取り扱うかについては、個人情報保護法に規定されています。 そのため、プライバシーポリシーは、個人情報保護法を遵守するために作成されるものですが、企業においては、個人情報保護法に定められている個人情報以外の情報についての取り扱いを定めているところが多いです。 2 プライバシーポリシーの対象 プライバシーポリシーは個人情報保護法を遵守するために定められるものですので、個人情報保護法における「個人情報」について確認する必要があります。 個人情報保護法では、「 特定の個人を識別することができるもの」、と定められています(個人情報保護法2条1項)。 「識別できる」とは、一般人の判断能力や理解力をもってすれば、当該情報の主体である個人を認識できる場合のことをいい、具体的には、 氏名や、氏名と結びつくことで個人の特定につながる情報(生年月日、連絡先、勤務先等)を指します。 これらの個人情報保護法に定める「個人情報」については、 最低限プライバシーポリシーの対象としなければなりません。 個人情報保護法における「個人情報」の範囲を超えた情報についても、プライバシーポリシーの対象としている例が多く見受けられます。 これは、サービスの利用者に対して安心感を与えるために、保護する個人情報の範囲を広げているものになります。 具体的には、 位置情報や検索履歴等は、利用者が情報を取得されることに、不安を覚えることが多い情報であることから、あえてプライバシーポリシーの対象としているものが多いようです。 これらは、 個人情報保護法の要請によるものではなく、あくまで各企業が自主的に定めているものになります。 したがって、 個人情報保護法に定める個人情報の取り扱いについて、プライバシーポリシーで定めておけば、法律上の義務が果たしているということになります。 第2条 この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、次の各号のいずれかに該当するものをいう。 一 当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等(文書、図画若しくは電磁的記録(電磁的方式(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式をいう。 次項第二号において同じ。 )で作られる記録をいう。 第十八条第二項において同じ。 )に記載され、若しくは記録され、又は音声、動作その他の方法を用いて表された一切の事項(個人識別符号を除く。 )をいう。 以下同じ。 )により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。 ) 二 個人識別符号が含まれるもの 3 利用目的の特定と制限 個人情報を取り扱う場合は、その利用目的をできる限り特定しなければならず(個人情報保護法15条1項)、その利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはできません(個人情報保護法16条1項)。 この利用目的については、あらかじめ公表している場合を除き、速やかに本人に通知又は公表する必要があります(個人情報保護法18条1項) そのため、本人への通知を行う手間を省く意味でも、プライバシーポリシーにおいてできる限り特定した利用目的を公表しておく必要があります。 利用目的の特定については、 「〇〇事業における商品の発送、関連するアフターサービス、新商品サービスに関する情報のお知らせのために利用いたします。 」 という程度まで 具体的に特定することが求められます。 単に 「事業活動に用いるため」、「マーケティング活動に用いるため」といった、抽象的な内容では特定として不十分です。 なお、個人情報の第三者提供については後述いたしますが、第三者提供を想定している場合には、利用目的においても、そのことを特定しなければなりません。 また、「公表」しているというためには、 自社のHPのトップページから1回程度の操作で到達できる場所への掲載が必要となりますので、プライバシーポリシーをHPのどこに配置するかという点についてもご注意する必要があります。 15条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的(以下「利用目的」という。 )をできる限り特定しなければならない。 16条 個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、前条の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。 17条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。 4 第三者提供 取得した個人情報を第三者に提供する場合、 原則としてあらかじめ本人から同意を得る必要があります(個人情報保護法23条1項)。 そのため、プライバシーポリシーにおいても本人の同意なく第三者に個人情報を提供しないことを記載する必要があります。 グループ会社間で個人情報をやり取りする場合でも、第三者提供に該当する場合があり、あらかじめ本人からの同意が必要となりますので注意が必要です。 第23条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。 一 法令に基づく場合 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。 5 開示請求 取得した個人情報のうち、保有個人データとされているものについて、本人から開示請求がなされた場合、原則として開示しなければなりません(個人情報保護法28条)。 また、個人情報の訂正、利用停止、利用の通知についても、本人から請求を受けた場合には、原則としてその求めに応じなければなりません(個人情報保護法29条、30条、27条2項)。 このような開示請求等の手続や手数料については個別に定めることができるため(個人情報保護法32条1項、33条1項)、開示の方法について、争いが生じないよう、あらかじめプライバシーポリシーに開示の手続きや手数料について定める必要があります。 第27条 2 個人情報取扱事業者は、本人から、当該本人が識別される保有個人データの利用目的の通知を求められたときは、本人に対し、遅滞なく、これを通知しなければならない。 ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。 一 前項の規定により当該本人が識別される保有個人データの利用目的が明らかな場合 二 第十八条第四項第一号から第三号までに該当する場合 第28条 本人は、個人情報取扱事業者に対し、当該本人が識別される保有個人データの開示を請求することができる。 第29条 本人は、個人情報取扱事業者に対し、当該本人が識別される保有個人データの内容が事実でないときは、当該保有個人データの内容の訂正、追加又は削除(以下この条において「訂正等」という。 )を請求することができる。 第30条 本人は、個人情報取扱事業者に対し、当該本人が識別される保有個人データが第十六条の規定に違反して取り扱われているとき又は第十七条の規定に違反して取得されたものであるときは、当該保有個人データの利用の停止又は消去(以下この条において「利用停止等」という。 )を請求することができる。 第32条 個人情報取扱事業者は、第二十七条第二項の規定による求め又は第二十八条第一項、第二十九条第一項若しくは第三十条第一項若しくは第三項の規定による請求(以下この条及び第五十三条第一項において「開示等の請求等」という。 )に関し、政令で定めるところにより、その求め又は請求を受け付ける方法を定めることができる。 この場合において、本人は、当該方法に従って、開示等の請求等を行わなければならない。 第33条 個人情報取扱事業者は、第二十七条第二項の規定による利用目的の通知を求められたとき又は第二十八条第一項の規定による開示の請求を受けたときは、当該措置の実施に関し、手数料を徴収することができる。 6 プライバシーポリシーの例 以上を踏まえた一般的なプライバシーポリシーの例を添付しますので、を参考にしていただければと思います。

次の