ふるえ あやか。 古江彩佳

古江彩佳 “ミレニアム世代”随一の実力者、夢へのアプローチ一歩ずつ──次はプロ1勝(スポニチアネックス)

ふるえ あやか

ふるえあやか。 00 年生まれ。 神戸市出身。 153cm、53kg の小さな体ながら、ナショナルチームの一員として活躍。 今季、アマチュアとして参戦した富士通レディースで、ツアー初優勝を飾る。 コンパクトなトップは先を使っていない証拠 非常にクセの少ない、教科書のようなスウィングです。 近年は、重心の上下動を使い、地面反力を利用して飛距離を得る動きが注目されていますが、古江選手は上下動を抑えて下半身を静かに使い、捻転差を大きくすることでエネルギーを作り出すタイプと言えるでしょう。 トップで背中が目標を向くほど大きく捻転しているのに、シャフトが水平よりもコンパクトに収まっているところに注目してください。 これは手先の動きを一切排除し、体の捻転でバックスウィングしている証拠です。 前傾角度が崩れないだから曲がらない 身長が低く、スパインアングル(前傾角度)の浅い選手ほど、ダウンでは体が起き上がりやすく、クラブが寝て下りる傾向があります。 古江選手のように、体の大きくないプレーヤーがスパインアングルを維持するのは、決してやさしくないのです。 【スパインアングルとは】 脊椎(spine)が傾いた角度(angle)のこと。 ゴルフスウィングの場合は、前傾角度を指す。 しかし、彼女の場合、スパインアングルが見事に保たれ、ダウンに入った瞬間、クラブがプレーンに乗っているのがわかります。 この動きを可能にしているのが、体の裏側の筋肉(背中やお尻など)を主体にしたスウィングと、右手首の動きです。 スパインアングルを保つためには、トップからインパクトまで、右手首のヒンジ角(手首を甲側に折った角度)を変えないことが絶対条件。 古江選手は、これができているから、体が起き上がらないのです。 これによって、クラブはスウィングプレーンに乗りやすくなります。 プレ・インパクト(クラブが腰の高さまで下りてきたポジション)で、右ひじとシャフトが重なっているのは、オンプレーンの証拠。 この時点でスクェアインパクトが保証されていると言っても過言ではありません。 インパクトの静かさは秀逸で、左腕とクラブが1本にラインナップしたままフォローへ抜けていくところは男子プロを思わせます。 アマチュア優勝もフロックではなく、技術的にも裏付けされた勝利だったと言えるでしょう。 【解説】中井学 なかいがく。 プロコーチ。 米国留学中から、独自に理論を構築。 現在は、自らツアーに参戦しつつ、多くのプロ、アマチュアを指導する。

次の

【古江彩佳】どこを真似てもいい“ザ・教科書スウィング”。史上7人目のアマチュア優勝者は前傾角度が崩れない!

ふるえ あやか

来歴 [ ] アマチュア時代 [ ] 両親の影響で3歳からゴルフを始め 、その頃より父親の古江芳浩に師事している。 ゴルフと並行して4歳から水泳もしていた。 2012年「関西小学生ゴルフ選手権」、2014年と2015年の「関西中学校ゴルフ選手権」、2015年「全国中学校ゴルフ選手権」、2016年「関西高等学校ゴルフ選手権」など数々の大会で優勝し、2016年の「」に出場(28位タイ)して頭角を現す。 また2013年の第30回アオノジュニアゴルフ大会小学生高学年では との優勝争いとなりサドンデスのプレーオフで安田に勝利した記録が残る。 2017年と2018年はJGAナショナルチーム入り。 等と共に挑んだ2017年の「」で個人7位タイ 、団体優勝。 安田祐香などと共に挑んだ2018年の「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」で個人4位、団体優勝。 また、佐渡山理莉等共に挑んだ同年の「」で個人4位、団体5位。 卒業後の2019年、六甲国際ゴルフ倶楽部に研修生として就職した。 同年10月、最終プロテストを控えていた為、アマチュアとして出場する最後のプロの試合に予定していた(LPGA)ツアー「」で 、史上7人目の同ツアーアマチュア優勝を果たした。 この優勝により古江は最終プロテストが免除される形でプロ入りが可能となり 、同年10月22日にLPGAに入会申請書を提出した。 プロ転向後 [ ] 2019年10月23日付でLPGAに入会、LPGA91期生となった。 プロ転向初戦の同年11月「」こそ予選落ちしたが 、「」は4位タイ、プロとしての公式戦初戦「」では2位タイに入った。 同年はプロデビュー戦から4戦のみながら、年間獲得賞金ランキングで54位に食い込んだ。 同年12月、日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)「特別賞」を受賞。 さらにLPGAアワード「敢闘賞」を受賞した。 主な成績 [ ] アマチュア時代 [ ] 本稿はJGAプロフィールページに基づき 、来歴に記載のない物のみ記す。 (L)はローアマチュア 2017年• 20位T(L)• 日本女子オープンゴルフ選手権競技 41位T 2018年• 20位T(L)• ・いい部屋ネットレディス 11位T• 日本女子オープンゴルフ選手権競技 32T 2019年• ・ブリヂストンレディースオープン 14位T(L)• ・いい部屋ネットレディス 8位T(L)• 3位T(L)• 25位T(L)• 10位T(L)• 29位T(L) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月23日閲覧。 JGA. 2019年10月23日閲覧。 ゴルフダイジェスト・オンライン 2019年10月21日. 2019年10月25日閲覧。 関西ゴルフ練習場連盟 2013年4月4日. 2020年1月16日閲覧。 JGA 2017年4月23日. 2019年10月23日閲覧。 JGA 2017年4月23日. 2019年10月23日閲覧。 ALBA. Net 2018年6月15日. 2019年10月23日閲覧。 ALBA. Net 2018年8月26日. 2019年10月25日閲覧。 ゴルフダイジェスト・オンライン 2019年4月11日. 2019年10月20日閲覧。 ALBA. Net 2019年10月22日. 2019年10月23日閲覧。 ゴルフダイジェスト・オンライン 2019年10月20日. 2019年10月20日閲覧。 一般社団法人. 日本女子プロゴルフ協会 2019年11月3日. 2019年11月4日閲覧。 日刊スポーツ 2019年12月4日. 2019年12月11日閲覧。 ゴルフダイジェスト・オンライン 2019年12月11日. 2019年12月11日閲覧。 日本女子プロゴルフ協会. 2019年12月19日閲覧。 外部リンク [ ]• (のプロフィール)• kodebuchanayaka -• ayakagolf27 -.

次の

藤木あやか

ふるえ あやか

スポンサーリンク 古江彩佳の高校は? 古江彩佳選手の出身高校は、 滝川第二高等学校 です。 高校1年生で関西高等学校ゴルフ選手権で優勝。 同じ年に日本女子オープンゴルフ選手権競技に出場し28位でした。 高校2年生では、 全日本大学・高等学校ゴルフ選手権で優勝。 高校3年生では、 トヨタジュニアゴルフワールドカップで日本代表入りします。 結果は、個人戦で4位、団体戦では2位であった。 高校生で早くも世界を相手に経験を積んでいます。 古江彩佳は現在研修生? 古江彩佳選手は、高校卒業後 六甲国際ゴルフ倶楽部 に研修生として就職しました。 そこで、一般客のキャディを務めた後に練習ラウンドを重ねています。 ハードな日々だと思いますが、 「 練習させてもらってる」 という感覚でキャディ目線でプレーの観察を行っていると語っていました。

次の