パン粉 冷凍。 余ったパン粉、どうしていますか?

パン粉の保存方法をみると冷凍という書き込みをみたのですが

パン粉 冷凍

皆さんはいつも、どこにどのようにして保存していますか? 中村さんによると、菌の繁殖を防ぐためには温度を一定に保つことが重要になるため、薄力粉は冷蔵庫で保存するのがベストとのこと。 「薄力粉はフタ付きの密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。 ただ、冷蔵庫から出して使用する際、大幅な温度変化によって結露が発生するといたんでしまう可能性もあるので、使用後はすぐにまた冷蔵庫にしまうよう注意してください。 きちんと保存すれば、薄力粉は開封後1年ほど使用することができます。 ただし、薄力粉に限らず、どの粉ものについても言えることですが、製品に記載されている賞味期限内には必ず使い切るようにしてください」 ちなみに、中力粉と強力粉の場合も同じ保存方法でOKとのことですが、「強力粉については開封後半年を目安に使い切るようにしたほうがいいでしょう」ということでした。 なお、冷蔵庫内のスペースの関係で、薄力粉などを冷蔵庫で保存するのが難しいケースもあると思います。 そのような場合は、湿気の少ない涼しい場所であれば、常温で保存することも可能だそう。 「常温で保存する場合も、フタ付きの容器やジッパー付きの保存袋などに入れて密閉し、虫などが侵入しないようにします。 そして、熱がこもるシンク下、電子レンジや冷蔵庫などの近くを避けて、涼 しい場所で保管してください。 常温保存の場合は、大体開封後3カ月を目安に使い切るようにします」 片栗粉の保存方法 片栗粉についても、薄力粉と同様に、フタ付きの密閉容器に入れたうえで、冷蔵庫で保存するのがいいとのこと。 「保存期限の目安も薄力粉といっしょで、冷蔵庫で保存する場合は開封後1年、また常温で保存する場合は開封後3カ月を目安に使い切るようにしましょう」 パン粉の保存方法 パン粉には、生パン粉と乾燥パン粉がありますが、どちらも冷凍保存が最も適しているそうです。 乾燥パン粉を冷蔵庫で保存している人も多いと思いますが、冷蔵庫だと他の食品のにおいがパン粉に移ることがあるため、やはり冷凍庫で保存するのが二重丸。 特に乾燥パン粉は、冷凍しても粉同士がくっつくことがないので、扱いやすくておすすめだそうです。 「生パン粉や乾燥パン粉はフタ付きの密閉容器に入れて、冷凍庫で保存するのがベスト。 ただ、一度解凍したものを再冷凍するのは絶対にやめてください。 どちらのタイプのパン粉も、それぞれ開封後は半年を目安に使い切るようにするといいでしょう」 ホットケーキミックスの保存方法 ホットケーキミックス(HM)の保存で最も注意したいのが、ダニなどの害虫の発生です。 「ホットケーキミックス以外にもお好み焼き粉などは、粉に害虫が好むいろいろな旨味がブレンドされているため、ダニなどの害虫が繁殖しやすくなります。 なるべく買いだめをせずに、必要な分だけを購入する。 粉は残さず使い切る。 残った分は必ず密閉容器で保存するようにすれば、ダニなどの侵入を防ぐことができます」 開封後は残さずに使い切るのがいちばんですが、残ってしまった分については、フタ付きの密閉容器やジッパー付きのフリーザーバッグに入れてしっかり封をし、冷凍庫で保存するのがいちばんいいとのこと。 「冷蔵庫での保存は、ホットケーキミックスに他の食品のにおいが移ってしまうこともあるので、やはり冷凍庫での保存がおすすめ。 開封後は半年を目安に使い切るようにしてください」 なお、ホットケーキミックスにダニが発生した場合でも、しっかり加熱調理すれば問題ないと考える人も多いようですが、実はこれは大間違い。 「ダニアレルギーがある人の場合は、ダニの死骸やフンでもアナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、加熱済みかどうかは関係ありません。 また、アレルギーを持っていなくても、小さなお子さんなど免疫力が弱い人の場合は、ダニの入ったホットケーキを食べてアレルギー症状を引き起こすこともあるので十分な注意が必要です」 ホットケーキミックスなどは、ダニなどの害虫の侵入により健康を害する危険があるので、保存の仕方には十分気をつけなくてはいけません。 ぜひこの機会に、皆さんのお宅でも粉ものの保存方法を見直してみてはいかがでしょうか。 また、商品によって賞味期限などは異なりますので、そのつどご確認ください。

次の

パン生地は冷凍保存できる?やり方と解凍方法、焼き方の解説

パン粉 冷凍

パン生地は冷凍保存できる? パンを捏ねてる時、発酵待ちの時間、ふと「この状態で冷凍保存して、食べたい時に焼けば毎回焼き立てパンじゃないの!」と思ったことはありませんか? 私はあります。 結論から言えばパン生地は冷凍保存できます。 冷凍することで発酵が止まるので、膨らみ続けるということはありません。 パン冷凍生地のメリットデメリット パンを生地の状態で冷凍するメリットは、食べたい時に食べたい分だけ、少量でも焼き立てパンができること。 他にも、例えば発酵中に急に出掛けないといけなくなった場合など、発酵途中のまま置いていくわけにはいかないので、いっそ冷凍庫に入れて保存することができます。 逆に冷凍保存するデメリットは、解凍に時間が掛かること(レンジを使うと早いですが。 )ぐらいでしょうか。 >> 一次発酵が終わったらガス抜きをして、この段階で冷凍します。 ここで分割して小分けしておく方が冷凍&解凍しやすいので、きっちり量って分けておくといいです。 分割した生地は丸くして1つずつラップに包んで冷凍庫へ。 冷凍したパン生地の解凍方法は 使いたい時に使いたい分だけ冷凍庫から出して使います。 解凍は常温で自然解凍でも、冷蔵庫でもいいですが、解凍されてある程度の温度に戻ったら発酵が進むので、解凍させてまま長く放置しないようにしましょう。 電子レンジを使用する場合は、ラップしたまま20秒ほどチンするといいです。 熱くなりすぎるとイースト菌が死滅してしまうので要注意。 成形後に冷凍する方法 続いて成形してから冷凍する方法。 通常通りパンを一次発酵させてガス抜き、ベンチタイムを置いて成形します。 成形したパンを天板に並べて、そのまま冷凍庫へ。 天板が冷凍庫に入らない場合は、平バットやお皿、クッキングシートなどに並べて置くといいです。 カチカチに冷凍されたら、まとめてジップロックに入れると場所を取りません。 常温だと2時間ほどで完全に解凍させると思いますが、その後は発酵していくので、お忘れなく、です。 ふっくら2倍くらいに膨らんだら通常通り焼きます。 二次発酵後のパン生地は冷凍できる? 恐らく可能かと思いますが、二次発酵後のパンってふわふわしていて崩れやすいので、私は怖くて試していません。 二次発酵後に冷凍したパンなら、解凍せずにそのまま、予熱したオーブンに入れて焼けると聞いたことがあるので、試したらレポートしたいと思います。 では続いて、冷凍したパン生地の焼き方と保存期間、冷凍に向いてるパン、向いてないパンについて、です。 続きはこちら>>.

次の

ダニや湿気…大丈夫?「粉ものの正しい保存方法」薄力粉・片栗粉からHMまで

パン粉 冷凍

【スポンサーリンク】 パン粉の保存方法について まず、パン粉に種類があることをご存知でしたか? 市販されているパン粉には大きく2つの種類があります。 パンをそのまま粉砕して作られる、生パン粉。 そしてその生パン粉を乾燥させて作られる、乾燥パン粉。 この2種類があります。 生パン粉は乾燥パン粉に比べて水分が多いため日持ちはしませんが、ボリューム感を出しやすくフライなどにするとサクサクとした食感を楽しめます。 とんかつ専門店などで使われているのは生パン粉だそうです。 使い切れなかった生パン粉は、密封して冷凍庫での保存をオススメします。 乾燥パン粉は乾燥させているため賞味期限も長く保管しやすいですが、生パン粉より食感はどうしても劣ります。 ですが、生パン粉よりも油を吸う量が少ないので揚げ物のカロリーを少しでも抑えたいときには乾燥パン粉を使うと良いでしょう。 お弁当に入れるフライを作るときにも、乾燥パン粉がオススメです。 乾燥パン粉でもフライの衣を生パン粉のようにやわらかくしたい、というときはパン粉に食パン程度のやわらかさになるまで霧吹きで少しずつ水を吹きかけて湿らせてください。 水を吹きかけすぎると揚げる際に、油がはねやすくやりますので注意してくださいね。 また、湿らせたパン粉は保存できませんのですぐに使い切ってしまいましょう。 開封した乾燥パン粉を保存する場合は、密封して冷暗所で保存しましょう。 夏場やすぐに使わない場合は冷蔵庫で保存すると安心です。 生パン粉、乾燥パン粉どちらの場合も、衣付けなどでお皿やバットに出して使いきれなかったパン粉は捨ててしまうか、保存せずすぐに使い切ってしまってください。 パン粉は元々パンを細かくしたものなので、残ったパン粉を卵・牛乳と混ぜてフレンチトーストやパンケーキにアレンジしてしまうのもオススメですよ。 【スポンサーリンク】 冷凍したパン粉はどうやって使うの? 冷凍した生パン粉を使う場合、電子レンジの解凍機能などは使わずに常温で解凍してください。 解凍する量にもよりますが、だいたい5分ほどで解凍できます。 使いたいときにすぐ使えるので便利ですね。 解凍したものを再度冷凍するのはパン粉が痛みやすくなるので避けましょう。 生パン粉が多く余ってしまった場合は、小分けにして密封し冷凍保存したほうが使う分だけ解凍できるので便利です。 パン粉の賞味期限について 生パン粉を冷凍保存している場合は、冷凍して1ヶ月を目安に早めに使い切ってしまいましょう。 「揚げ物をそんなに頻繁には作らないので生パン粉の使い道に困る・・・」という方は、オムレツや卵丼などの卵料理に混ぜ込んでみてはいかがでしょうか。 生パン粉を卵に混ぜて焼くとカンタンにふわふわに仕上げることができますよ。 乾燥パン粉を密封して冷蔵庫で保存している場合、半年程度は使用することができます。 また、「袋を開けたばかりのパン粉なのにすこし酸っぱいニオイがする」ということがありますが、保存性を高めるためにメーカーがph調整剤を使用しているためですので、パン粉が悪くなっているということではありません。 酸っぱいニオイが気になる、という方は使用する分をお皿やバットに広げて5分ほど置いておくと気にならなくなりますよ。 また、パン粉が家にない場合は、色々なものが代用品になります。 パン粉を切らしてしまっている方は是非チャレンジして見てくださいね。

次の