ウサギ 英語。 ネザーランド・ドワーフ

「ウサギ」を英語で何と言う?

ウサギ 英語

「hare」と「rabbit」の違い 「hare」。 聞き慣れない英単語だと思います。 「rabbit」ならすぐ分かるでしょう。 日本人の感覚だと、野うさぎもうさぎだから、「rabbit」でいいのではないか・・・。 けれど、外国人の感覚だと違うのです。 というのも、私たちが飼っているうさぎと、野うさぎは違うから。 私たちの飼っているうさぎは、種類的には「アナウサギ」を改良したものなのです。 一方、野うさぎは、アナウサギではありません。 ちょっと難しい話になってしまうんですが、うさぎというのは、ウサギ科とナキウサギ科に分類されます。 さらに、ウサギ科は、 アナウサギ属との ノウサギ属に分けることができます。 本当はもっと細かく分かれているんですけど、ここでは、分かりやすく2つだけにしますね。 「属」というのは、生物分類学の階級の一つなんです。 この階級のことです。 「属」の下は「種」です。 「固有種が発見されました!」 というニュースが流れることがありますが、「固有種」の「種」は生物分類学上の単位なのです。 ですから、「属」は「種」の上ですから、生物分類学上、結構遠いです。 ですので、私たちが飼っているうさぎと、野うさぎは違います。 だから英語でも「hare」と「rabbit」として分けられているんですよ。 ちなみに、「目」の上には、「綱」「門」「界」があります。 人間を例に挙げると、「動物界脊索動物門哺乳綱サル目ヒト科ヒト属ヒト種」となります。 アナウサギとノウサギの違い アナウサギとノウサギは一見、同じように見えますが、違いは多くあります。 ノウサギの特徴を挙げますね。 耳が短い• 体が小さい• 集団で生活する• 穴を掘って巣を作る• 行動範囲が狭い 私たちが飼っているうさぎは、このアナウサギを改良したもの。 ですから特徴が似ています。 穴をホリホリする行動がありますよね。 ところで日本に野うさぎはいるのか、ということですが、いますよ。 「ニホンノウサギ」といううさぎ。 本州、四国、九州に棲息しています。 数は減少していて県によっては、準絶滅危惧種に指定されていますよ。 〇ニホンノウサギの動画 まとめ 野うさぎは英語で「hare」です。 「rabbit」は、アナウサギのことです。 私たちが飼っているのは、このアナウサギを改良したものですよ。 一見、同じように見えますが、詳しくみてみると違った生き物なのです。 (おわり).

次の

うさぎって英語で?(無知ですいません・・)

ウサギ 英語

概要 [ ] カイウサギの中では小型のウサギで、体重は約0. 8 - 1. 2kgである。 生物学上の分類となるアナウサギの中では、極端に耳が短く体も小型で、仔ウサギのような外見が特徴。 ネザーランド・ドワーフは、ペットやラビットショー出展目的で飼われている。 のウサギの・クラブの『スタンダード・パーフェクション』(の規定)によると、理想体重は907g、最大1134gまでとされる。 しかし、これに当てはまらなくともウサギとしては何ら問題はない。 この種類のウサギは小さいため、一般的に毛皮や食肉用途に用いられることはない。 他の品種より小さいが活発な品種で、他のウサギ同様、動き回るのに十分なスペースを必要とする。 歴史 [ ] ネザーランド・ドワーフは20世紀初頭にオランダで作成された品種である。 原産の小型で小耳のポーリッシュ(ポリッシュ)()種(体重 0. 45—0. 91 kg)と小型の野生 種で交配され、数世代を経て多様な色のカイウサギとなった。 イギリスには1948年に初めて輸入され、アメリカには1960年-1970年に初めて輸入された。 日本では、のとして紹介されることもあるが、実際のモデルは原作者(1866-1943年)が飼っていた耳の長いアナウサギである。 ネザーランド・ドワーフはポターの死後、1948年にイギリスに初めて輸入された。 この品種は1969年、() に認定された。 このARBAの認定は、英国基準を一部変更して使用している。 初期(1970年-1980年代)のドワーフ種は凶暴で、しばしば攻撃的性格をも持ち合わせた。 小型化のために野生品種動物を交配に用いた結果でもあり、野生ウサギのような行動形態を持つためペットとしては不向きであった。 その後数世代にわたる選択的な育種により、現在のネザーランド・ドワーフに見られるような、温和で、友好的なペットとして変化したが、大型のウサギよりエネルギッシュなを維持している。 驚きやすく、野生的で、人に懐きにくい場合もある。 初期の品種改良による典型的な痕跡である。 外観 [ ] ネザーランド・ドワーフの頭と目は、体のプロポーションに反し大きく、耳は小さく立ち耳、頭頂部に位置する。 そして、顔は丸く短い。 コンパクトで丸い身体をしている。 これらの特徴はによる。 交配種の場合は、純血種よりもいくらか大きくなる。 純血品種には、様々な色が存在する。 ヒマラヤン、ブラック、ブルー、チョコレート、リラック、スモールパール、セーブルポイント、亀甲、チェストナット、シャムセーブル、オパール、リンクス、リス、チンチラ、カワウソ、褐色、シルバー テン、セーブル テン、スモークパール テン、オレンジ、鹿、鉄、碧眼ホワイト、ルビー眼ホワイトなど。 交雑品種 [ ] ペットショップでは、ネザーランド・ドワーフなどの品種と交配した雑種や派生種などをピーターラビットやミニウサギとして販売している。 書付きの純血種より安価である。 純血種より、一般的なアナウサギ種の顔型である面長になったり、大きくなったりする。 純血種の特徴とかけ離れた、耳が長く体が大きめの個体が「ネザーランド・ラビット」と表記し販売されることもある。 ドワーフ種 [ ] ネザーランド・ドワーフ種と交配した小型「ドワーフ種」の品種。 ネザーランド・ドワーフ種と大型種のフレンチ・ロップを掛け合わせ派生した、垂れ耳の のホーランド(Holland、ホラント)も、オランダを意味する語(日本語の「オランダ」の語源。 を参照)で「オランダの垂れ耳種」を意味している。 その他に、、ジャージー・ウーリーなどがいる。 脚注 [ ] []• 『』(p8)より。 American Rabbit Breeders Association 2000. Bloomington, IL: American Rabbit Breeders Association, Inc. ARBA()は、にある団体で、ウサギの公認品種を決定し、その品種の基準を作成し、管理している -- 『』(p24)より。 American Rabbit Breeders Association 2000. Bloomington, IL: American Rabbit Breeders Association, Inc. 参考文献 [ ]• 『うさぎの時間 no. 1』、2008年5月1日発行。 『ウサギ 改訂2』 総監修、、2006年10月19日発行。 『ザ・ウサギ』、2004年8月20日発行。 , , 2009年5月31日 日 閲覧。 関連項目 [ ]• (英語版) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 , 2010年2月7日 日 閲覧。 - (意訳:「米国ラビットブリーダーズ協会」).

次の

うさぎって英語で?(無知ですいません・・)

ウサギ 英語

「hare」と「rabbit」の違い 「hare」。 聞き慣れない英単語だと思います。 「rabbit」ならすぐ分かるでしょう。 日本人の感覚だと、野うさぎもうさぎだから、「rabbit」でいいのではないか・・・。 けれど、外国人の感覚だと違うのです。 というのも、私たちが飼っているうさぎと、野うさぎは違うから。 私たちの飼っているうさぎは、種類的には「アナウサギ」を改良したものなのです。 一方、野うさぎは、アナウサギではありません。 ちょっと難しい話になってしまうんですが、うさぎというのは、ウサギ科とナキウサギ科に分類されます。 さらに、ウサギ科は、 アナウサギ属との ノウサギ属に分けることができます。 本当はもっと細かく分かれているんですけど、ここでは、分かりやすく2つだけにしますね。 「属」というのは、生物分類学の階級の一つなんです。 この階級のことです。 「属」の下は「種」です。 「固有種が発見されました!」 というニュースが流れることがありますが、「固有種」の「種」は生物分類学上の単位なのです。 ですから、「属」は「種」の上ですから、生物分類学上、結構遠いです。 ですので、私たちが飼っているうさぎと、野うさぎは違います。 だから英語でも「hare」と「rabbit」として分けられているんですよ。 ちなみに、「目」の上には、「綱」「門」「界」があります。 人間を例に挙げると、「動物界脊索動物門哺乳綱サル目ヒト科ヒト属ヒト種」となります。 アナウサギとノウサギの違い アナウサギとノウサギは一見、同じように見えますが、違いは多くあります。 ノウサギの特徴を挙げますね。 耳が短い• 体が小さい• 集団で生活する• 穴を掘って巣を作る• 行動範囲が狭い 私たちが飼っているうさぎは、このアナウサギを改良したもの。 ですから特徴が似ています。 穴をホリホリする行動がありますよね。 ところで日本に野うさぎはいるのか、ということですが、いますよ。 「ニホンノウサギ」といううさぎ。 本州、四国、九州に棲息しています。 数は減少していて県によっては、準絶滅危惧種に指定されていますよ。 〇ニホンノウサギの動画 まとめ 野うさぎは英語で「hare」です。 「rabbit」は、アナウサギのことです。 私たちが飼っているのは、このアナウサギを改良したものですよ。 一見、同じように見えますが、詳しくみてみると違った生き物なのです。 (おわり).

次の