大和貴史。 大輪教授

持株会社体制における知的財産活動の運営体制の在り方 2014年03月27日

大和貴史

若月の速さに注目した湘南。 もともと、彼はまったくと言っていいほど無名の存在だった。 しかし、細かい動き直しをしながら、ずば抜けたスピードを操れる稀有な才能を持つ彼に、注目が集まるのはそう時間はかからなかった。 桐生第一が悲願のプリンスリーグ関東に昇格を果たした2018年、注目度が上がる舞台で彼は輝きは一層増した。 Jクラブのスカウトが視察する試合では、多彩なゴールアプローチを披露。 動き出しが早く、ゴールまで曲線的、ときに直線的にも突き進む若月のプレーは、湘南の牛島真諭スカウトの目に止まった。 真っ先に動いた湘南は夏にはすでに練習参加を要請。 '19年1月のトルコキャンプにも同行させた。 そして、3月8日には2020年シーズンからの加入内定を早々に発表。 Jリーグ特別指定選手として、ルヴァンカップとJリーグでデビューを飾った。 そして、若月の名が一躍有名となったのが10月末から行われたU-17W杯だ。 「U-17W杯は、海外に行くための第一歩と捉えていました。 チームとして優勝という目標がある中で、個人的には世界に自分のことを証明するという気持ちが強かった」 西川潤(セレッソ大阪)らと共に早生まれの選手として出場すると、初戦のオランダ戦で2ゴールとPKを獲得。 全ゴールに絡む活躍で、3-0の快勝に貢献した。 ラウンド16でメキシコに敗れたが、3試合にスタメン出場し、持ち前の変幻自在のスピードとシュートセンスで世界を沸かせた。

次の

集合住宅の計画にジェネレーティブ デザインを活用する大和ハウス工業の先進的な取り組み

大和貴史

今回は「新しい時代の成功」についてお話します。 その前に「古い時代」=「小和の時代」について確認しておきましょう。 これまでの時代「小和の時代」は、国や企業、組織のために生きてきた時代でした。 その中で、お互いの利益や幸福を競い合ってきたのです。 しかしそのことは同時に、 「対立・争い(戦争)・収奪・格差・差別・支配」 といった難しい問題を生むことにもなりました。 国のため、会社のためなら個人は犠牲になってもよい、という考え方もありました。 この時代の考え方は二元論です。 二元論は「勝つか負けるか」「損か得か」「善か悪か」の世界です。 そのため私たちは、 「勝つためには、何をすべきか?」 「より多くの利益を得るには、どうすればよいか?」 「相手より優位に立つには、どういうやり方があるか?」 ということを、ずっと追い続けてきました。 そういう価値観から生まれる成功とは、 「勝負に勝つこと」 「お金持ちになること」 「有名になること」 「高い地位や名誉、権力を手に入れること」でした。 いくらお金よりも愛の方が大事だといっても、この時代の人たちにはあまり響きません。 お金を手にすることさえできれば、有名にさえなれば、地位や権力を手にすることさえできれば、 「きっと幸せになれるだろう」 「・・・なれるはずだ」 と信じていたわけです。 実際、そのような目標に向かって努力をした人に、天も味方しました。 それが時代のエネルギーだったからです。 「小和」の時代の「成功プロセス」はこうです。 第一に、お金を稼ぐために何をすべきか?お金持ちになるにはどうすればよいか?を考えます。 次に、お金儲けに最もよい仕事や方法を見つけ行動します。 お金を儲けることが目的なので、どういう手段をとるかは自由です。 成功するために、休みもなく働き続ける人もいるでしょう。 嫌なこと、やりたくない事を我慢してやり続ける人もいるでしょう。 「お金さえ稼げばいいんでしょ」 と人を騙したり、犯罪スレスレのことをしてお金を稼いだ人もいるかもしれません。 しかし結果として、たくさんのお金を手にすることができれば、成功者の仲間入りです。 これが小和の時代の成功でした。 まとめてみると以下のようになります。 成功するまでの過程や成功した後の幸福感、満足感はあまり想定していません。 「お金持ちになれば、幸せになれるだろう」という勝手な思い込みがあるだけです。 世の中に成功者と呼ばれる人はたくさんいます。 しかし本当の自由や幸福を手にいれた「真の成功者」は、それほど多くはないと思います。 実際に私が出会った成功者の多くは、不安や孤独、病気やトラブルなど様々な悩みを抱えていました。 その理由は簡単です。 自分が本当にやりたいことをやってこなかったからです。 成功するために、たくさんのことを我慢したからです。 お金のために色々なことを犠牲にしてきたからです。 後ろめたいこともしたかもしれません。 これに合わないやり方は、徐々に通用しなくなっていきます。 「成功」の定義やプロセスも変わります。 「大和の時代」の成功とは、真の豊かさや安心、幸福感や満足感を得ることです。 心からの喜びや自由を感じることです。 偽りの自分ではなく、本当の自分を生きることです。 このように書いてくると、もしかして誤解する人が出てくるかもしれないので先に言っておきます。 私はお金を否定していません。 将来的に「お金を必要としない社会が来るだろう」とは思いますが、それはまだ随分先のお話です。 真の成功や幸福に、お金という要素は欠かせません。 これから私が進める「世の中をバージョンアップさせる活動」にもたくさんのお金が必要になるでしょう。 その上で、大和の時代の「成功プロセス」を説明したいと思います。 大和の時代の「成功プロセス」は、先ず「自分が本当にやりたいこと」を見つけることから始まります。 「本当にやりたいこと、やりたいと思えること」を、大和の時代の価値基準に合わせて行動していくのです。 すると必要なものが、ベストなタイミングで向こうからやってきます。 お金や人、情報など必要なもの全てです。 ここからさらに行動を続けると、色々な展開が待っています。 (私がいま、ちょうどこの辺にいます) そもそもやりたい事をやっているので、毎日の行動が楽しくて楽しくて、幸せです。 「大和」の価値観の中で行動しているので、対立や争いも起こりにくいでしょう。 もしかすると最初にやりたいと思っていたこととは、全く違う方向へ行くかもしれません。 その時は、自分の感情や直感に従うべきです。 ただし「一見上手くいかない」と思えることも起こります。 しかしそれらは、全て真の成功に必要なプロセスであり、経験なのです。 (これについては別の機会に説明したいと思います) 「大和の時代」の成功とは、結果だけの話ではありません。 スタートからゴールにいたる全ての流れや経験を楽しむことが、成功の中に含まれています。 その途中で、あなたが生まれてきた本来の目的や天命に気づくことともあるでしょう。 そのときも、自分の正直な気持ちに従っていくのです。 その目標が大きければ大きいほど、たくさんのお金や素晴らしい出会いが得られるのです。 最終的なゴールは誰にも想像できません。 世の中をひっくり返すほどの大仕事をするかもしれませんし、世界中の人を幸せにするかもしれません。 忘れないで下さい。 今は、文明の大転換期なのです。 あなた自身の実力や能力は関係ありません。 時代のエネルギーが勝手にあなたを運ぶからです。 (つづく) ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次の

【結婚出来ない男】大和貴史を演じる俳優は誰?三四郎の相田で確定

大和貴史

以前のブログで「大和(だいわ)」とは、 ・宇宙や自然の理(法則)に積極的に参加していくあり方 ・宇宙のために調和とバランスを取るあり方 と書きました。 私が感じ取った「大和の時代」とは、大いなる統合の時代です。 支配や力による統合ではありません。 自立した個性が、認め合いつながり合っていく感じです。 キーワードとしては、 「調和・バランス・多様性・自由・自立・陰陽和合・平和・平等・無条件の愛」などです。 一方「古い時代」=「小和の時代」は分割された個々の時代でした。 「善か悪か」「勝つか負けるか」「損か得か」「物質か精神か」という二元論の価値観です。 国や企業、組織のために考え出されたことは全て「小和」の価値観です。 小和は、競い合いの中でより良いものを生み出してきました。 それぞれが利益と幸福を追求することで社会も発展しました。 しかし問題もありました。 例えば、国や企業のためなら個人は犠牲になってもよい、という考え方です。 「小和=昭和」の時代には当たり前の価値観でしたが、大和の時代には通用しません。 また小和は、 「競争・対立・戦争・収奪・格差・支配・コントロール」というものを生み出しました。 古い時代の価値観が残る限り無くなることはありません…。 これからは「大和の時代」です。 大いなる統合、調和の時代です。 「大和の時代」を実現するため、ダイナミックな変化が地球上に起こります。 変化とは、自分の生き方やあり方を「小和」から「大和」の価値観にバージョンアップさせることです。 企業や組織、国も同じです。 当然、自分の生き方やあり方を「あえて変えたくない」という自由もあります。 しかし、どちらにしても時代の流れに逆らうことはできません。 古い時代の価値観ややり方では、成功することが難しくなるからです。 余談ですが、江戸から明治に変わる時代にも、頑なに自分を変えようとしない人たちがいました。 江戸時代といえば「丁髷(ちょんまげ)」です。 「丁髷」は、江戸時代の身分制度や価値観を象徴するものでした。 最初にこれをやめた人たちは「ざんぎり頭」とか「西洋かぶれ」と揶揄されましたが、やがて「丁髷」をしている人の方が、おかしな存在になっていきました。 価値観が変わるとは、そういうことです。 今回、自ら変わろうとしない人たちには、気づきを促すために何らかの経験が与えられる可能性があるそうです。 それは自然災害や病気、事故など苦痛を伴う経験かもしれません。 そもそも「成功」の定義も変わります。 これまでは勝負に勝つこと、人よりお金持ちになること、権力を握ることなどが、成功の定義でした。 勝負に勝てば、大金を手にすれば、権力をにぎれば幸せになれると信じていたからです。 しかしこれは「小和」の成功です。 私はこれまで、多くの「成功者」とよばれる人たちに会ってきました。 権力者や、大富豪の自宅に招かれたこともあります。 しかし本当の幸福や満足感、自由や喜びを手にいれている人は、意外なほど少なかったです。 「自分は不幸だ」と言い切る人さえいました。 これでは、本当の成功とは言えません。 「大和の時代」の成功とは、真の幸福感や満足感、充実感を得ることです。 心の底から喜び、自由を感じることです。 偽りの自分ではなく、本当の自分を生きられることです。 そうすることで人生に必要なものがすべてやってくるのです。

次の