ビルゲイツ 予言。 ビル・ゲイツが予言!?リーマンショック級暴落が起こるって本当?

【ビル・ゲイツの予言】銀行はいずれなくなる?!

ビルゲイツ 予言

20 自然災害への備え、突発的な軍事的緊張への対策などの危機管理は国家運営の要になるが、比較的軽視されているのが感染症対策であるとビル・ゲイツ氏が指摘している。 ゲイツ氏によれば、もし1918年のスペインかぜ並のパンデミック(感染拡大)が起これば、半年以内に世界中で3000万人の犠牲者が出ることを試算している。 抗生物質の普及などで1918年当時よりも命を落とす人は少なくなるが、感染が拡大するスピードが昔とは比べものにならない早さで進むことが深刻な脅威になっている。 ビル・ゲイツが戦慄発言「15年以内に犠牲者3000万人のパンデミック発生」! 生物兵器レベルの疫病が世界的流行の可能性の画像1 ビル・ゲイツ氏 画像は「Wikimedia Commons」より 今年に入ってからゲイツ氏はドイツ・ミュンヘンで開催されたセキュリティ関連の会議や、マサチューセッツ・メディカル・ソサエティなどが主催した疫病関連の会議などに精力的に参加して意見を表明している。 そこで語られるのが疫病のパンデミックに対する危機管理である。 「次の疫病は遺伝子工学技術を持ったテロリストによって作られた合成バージョンの天然痘ウイルスかもしれません。 あるいは超絶的な感染力を持った致死性インフルエンザかもしれません」(ビル・ゲイツ氏) 英米の情報機関は、ISがシリアとイラクで生物兵器を研究開発していることを突き止めていながらあまりこれといった対策を講じておらず、彼らの開発能力を軽視しているのではないかとゲイツ氏は警告する。 特にこの5年の化学分野の技術進歩によって、生物兵器の研究開発はそれまでよりも格段に容易になっているということだ。 「疫病のパンデミックが自然発生型であれテロリストの手によるものであれ、高速で空中を浮遊する病原体が1年足らずで3000万人を殺す可能性があると専門家が指摘しています。 そして今日の社会でパンデミックが発生した場合は社会生活と経済に与える打撃も相当なものになる点を指摘しているのだ。 「自然発生的なパンデミックに対する防衛のために必要なことのほとんどは、意図的な生物兵器テロのために準備しなければならないものと同じです。 そして世界的なパンデミックへの準備は、核抑止と自然災害に対処することと同じくらい重要なことです。 イノベーション、各界の協力、慎重な計画は、これらの脅威のそれぞれがもたらすリスクを劇的に緩和することができます」(ビル・ゲイツ氏) 戦争や自然災害に対する準備と同じくらい、疫病のパンデミックに対する備えが必要であることを主張するゲイツ氏は、最先端医療技術によるワクチンや新薬の研究開発もまた常に求められていると語る。 もちろん自国が関係する戦争も、その3分の2が勃発を恐れているが、一方でそれよりも多い83%は、どこで出くわすかわからないテロ攻撃に恐怖を感じているということだ。 ゲイツ氏が言うようにテロリストがウイルス型生物兵器を開発しているのだとすれば、あまり考えたくないことだが、今後は街中でウイルス散布型テロが起きる可能性もあるのかもしれない。 パンデミック対策はもはや国家防衛や治安維持と一体化した最重要、最優先の危機管理ということになるのだろう。 (文=仲田しんじ).

次の

ビル・ゲイツの的中しまくる予言(検索)

ビルゲイツ 予言

20 自然災害への備え、突発的な軍事的緊張への対策などの危機管理は国家運営の要になるが、比較的軽視されているのが感染症対策であるとビル・ゲイツ氏が指摘している。 ゲイツ氏によれば、もし1918年のスペインかぜ並のパンデミック(感染拡大)が起これば、半年以内に世界中で3000万人の犠牲者が出ることを試算している。 抗生物質の普及などで1918年当時よりも命を落とす人は少なくなるが、感染が拡大するスピードが昔とは比べものにならない早さで進むことが深刻な脅威になっている。 ビル・ゲイツが戦慄発言「15年以内に犠牲者3000万人のパンデミック発生」! 生物兵器レベルの疫病が世界的流行の可能性の画像1 ビル・ゲイツ氏 画像は「Wikimedia Commons」より 今年に入ってからゲイツ氏はドイツ・ミュンヘンで開催されたセキュリティ関連の会議や、マサチューセッツ・メディカル・ソサエティなどが主催した疫病関連の会議などに精力的に参加して意見を表明している。 そこで語られるのが疫病のパンデミックに対する危機管理である。 「次の疫病は遺伝子工学技術を持ったテロリストによって作られた合成バージョンの天然痘ウイルスかもしれません。 あるいは超絶的な感染力を持った致死性インフルエンザかもしれません」(ビル・ゲイツ氏) 英米の情報機関は、ISがシリアとイラクで生物兵器を研究開発していることを突き止めていながらあまりこれといった対策を講じておらず、彼らの開発能力を軽視しているのではないかとゲイツ氏は警告する。 特にこの5年の化学分野の技術進歩によって、生物兵器の研究開発はそれまでよりも格段に容易になっているということだ。 「疫病のパンデミックが自然発生型であれテロリストの手によるものであれ、高速で空中を浮遊する病原体が1年足らずで3000万人を殺す可能性があると専門家が指摘しています。 そして今日の社会でパンデミックが発生した場合は社会生活と経済に与える打撃も相当なものになる点を指摘しているのだ。 「自然発生的なパンデミックに対する防衛のために必要なことのほとんどは、意図的な生物兵器テロのために準備しなければならないものと同じです。 そして世界的なパンデミックへの準備は、核抑止と自然災害に対処することと同じくらい重要なことです。 イノベーション、各界の協力、慎重な計画は、これらの脅威のそれぞれがもたらすリスクを劇的に緩和することができます」(ビル・ゲイツ氏) 戦争や自然災害に対する準備と同じくらい、疫病のパンデミックに対する備えが必要であることを主張するゲイツ氏は、最先端医療技術によるワクチンや新薬の研究開発もまた常に求められていると語る。 もちろん自国が関係する戦争も、その3分の2が勃発を恐れているが、一方でそれよりも多い83%は、どこで出くわすかわからないテロ攻撃に恐怖を感じているということだ。 ゲイツ氏が言うようにテロリストがウイルス型生物兵器を開発しているのだとすれば、あまり考えたくないことだが、今後は街中でウイルス散布型テロが起きる可能性もあるのかもしれない。 パンデミック対策はもはや国家防衛や治安維持と一体化した最重要、最優先の危機管理ということになるのだろう。 (文=仲田しんじ).

次の

パンデミックを予言したビル・ゲイツに「いま何をすべきで、今後どうするべきか」を聞いてみたムービーが登場

ビルゲイツ 予言

ゲイツ氏「自動価格比較サービスが開発され、すべての業界で最も安価な製品を簡単に見つけることができる(意訳)」 これはAmazonでのショッピングやGoogleによるWeb検索など、あるいは 「価格. com」のようなサイトの出現を予想しています。 ゲイツ氏「デバイス1つで人々はどこにいても常に最新の情報を確認したり、フライト予約や金融市場情報知られるようになる(意訳)」 現在普及している スマートフォン全般のデバイス出現を指した言葉ですね。 ゲイツ氏「人々はインターネットを通じて支払いや財務管理、医者にコミュニケーションを取れるようになる(意訳)」 これは PayPalなどのオンライン決済サービス、オンライン融資サービスの出現と、現在進められているバーチャル医療の事を指しています。 ゲイツ氏「自宅のビデオフィードは一般的になり、不在時に誰かが訪れるとあなたに知らせてくれる(意訳)」 こちらはあまり普及していませんが、 IoTデバイスの自宅監視カメラが一般化するような事を指した言葉ですね。 ゲイツ氏「プライベートウェブサイトが一般的になり、チャットやイベントの計画を立てることができます(意訳)」 今や誰もが何かしら参加しているSNS全般を指したもので、 特にFacebookのようなSNSが普及する事を予想したようです。 ゲイツ氏「旅行を予約したらその情報を元に、目的地での観光の提案や割引、オファーやより価格の安いものを提案してくれるソフトウェアが出てくる(意訳)」 これは一般的な旅行サイトに加え、 追跡型広告のようなユーザ情報や訪問サイト、購入商品履歴等を元に様々なサービスを展開するようになる業界の変化を指したものと考えられます。 ゲイツ氏「テレビでスポーツ競技を見ている間に、他サービスであなたは実際に起こっていることについて話し合うことができ、あなたが勝つと思う人に投票するコンテストに参加できる(意訳)」 これは6. の延長で、 SNSなどでスポーツ実況などがされる事を予想した言葉ですね。 ゲイツ氏「デバイスはスマートな広告を持ち、購入傾向を把握し、好みに合わせた広告を表示する(意訳)」 こちらは7. の中でも特に広告について語られたもので、 追跡型広告など広告がユーザに合わせる形に変化する事を予想しています。 ゲイツ氏「テレビ放送には、見ているものを補完する関連ウェブサイトやコンテンツへのリンクが含まれるようになる(意訳)」 番組公式HPや公式SNSアカウント、あるいはテレビのデータ放送がこの言葉に該当しますね。

次の