足つぼ 内くるぶし。 冷えのツボ<三陰交> │ 健康アドバイス │ どうき・息切れ・気つけに

足つぼを押して痛いところでわかる不調と効果的な足つぼマッサージ

足つぼ 内くるぶし

Sponsored Link 痛む場所をチェック!くるぶしの下が痛む症状は? くるぶしの下が痛む時に考えられる症状は、次の通りです。 捻挫(靭帯損傷) くるぶしと周囲の骨をつなぐ靭帯が足首をひねった時などの 衝撃で伸びたり切れたりしてしまいます。 出典:nakanoseikotuin. くるぶし周辺の靭帯は外側に5本(上図参照)内側に「三角靭帯」と呼ばれる 靭帯がありますが捻挫によってくるぶしの下が痛む時は くるぶしの下にある靭帯が損傷している可能性が高いです。 足首を内側にひねったことで起きる「内反捻挫」の場合 足の外側の「前距腓靭帯」や「踵腓靭帯」が損傷するため 外側部分が痛くなります。 足首の捻挫のほとんどがこの内反捻挫です。 「外反捻挫」といって、反対に内側の 靭帯が損傷することもあります。 症状の特徴 ・足首をひねり、ひねった方向の反対側が痛い(外側・内側どちらでも起きる) ・腫れや内出血などが生じている 対処法 ・応急処置をしたのち、整形外科で治療を受ける 捻挫というと軽いけがのように思われがちですが、程度によっては 機能回復までに何か月もかかったり、何度も同じ場所の捻挫を 繰り返したりすることがあり、ある意味骨折よりも厄介な症状でもあります。 捻挫した場合は応急処置を行い、病院で適切な治療を受けましょう。 応急処置としては、広く知られている「RICE処置」というものがあります。 1 安静(Rest=安静) 2 冷やす(Ice=アイシング) 3 患部を圧迫する(Compression=圧迫) 4 患部を心臓より上に上げる(Elevation=挙上) 腱鞘炎 くるぶしの骨の下には脚とつながる筋肉(=腱)が通っています。 これが長時間の運動によって骨などの組織と擦れあい、炎症を起こします。 特に足の腱鞘炎は長時間足を酷使するランナーに多いことから 「マラソン障害・ランニング障害」とも呼ばれています。 くるぶしの下が痛む場合に考えられるものとして ・足の外側を通る「短腓骨筋腱」の腱鞘炎 ・足の内側を通る「後脛骨筋腱」の腱鞘炎 があります。 症状の特徴 ・押すと圧痛がある ・足の甲側や指先などの範囲にかけ、ビリビリと筋が張ったような痛みがある ・走っている時や歩いている時に痛みが出る ・足を酷使するような活動をした後に痛み出す 対処法 ・安静にする(スポーツや足を使う仕事を一定期間やめる) ・湿布を貼る ・炎症がひどい場合には、病院でステロイド注射などが行われます。 靴擦れによる腱鞘炎 出典:kotoseikeigeka. life. coocan. 足の外側を通る腱のひとつを「腓骨筋腱」といいますが、 この腱は踵骨にある「腓骨筋腱滑車」と呼ばれる骨の出っ張りの上を通っています。 骨と腱の隆起した部分が靴の圧迫などによって 炎症を起こすのが靴擦れによる腱鞘炎です。 症状の特徴 ・くるぶしの下の骨が出ている場所が痛い ・歩行や運動する時に痛みが出る ・きつい靴やサイズの合わない靴を履いている 対処法 ・靴底にヒールパッドを入れる(かかとを上げることで腱にかかる負荷を軽減できる) ・炎症がひどい場合には、病院でステロイド注射などが行われます。 疲労骨折 くるぶしの下の踵骨に継続的にストレスがかかることによって 疲労骨折を起こし、痛みが出る場合があります。 症状の特徴 ・痛み初めはそれほど強くないが、徐々に強くなってくる ・体重をかけると痛む ・かかとを色々な方向からトントンと叩いた時、局所的に激痛が走る 対処法 ・安静にする(約2~4週間) ・靴を足に合ったものに替える 痛風によるもの 尿酸値が高い状態が続き、関節に 炎症が起こることを痛風発作といいます。 痛風の痛みは足の親指の付け根に出ることが 多いですが、くるぶし部分に出ることもあります。 くるぶしの関節は指の関節に比べて大きいため 炎症が起きた時に感じる痛みも強く、長引きます。 症状の特徴 ・捻挫や腱鞘炎になるような運動をしていない ・運動していない時でも痛みを感じる 対処法 ・安静にする ・痛風の治療を行っている場合は、かかりつけ医に相談し抗炎症薬を服用します。 痛風による痛みがある場合、痛みを抑えるだけでなく、 食生活の見直しや運動など、根本的な生活改善が必要になります。 痛風が疑われる場合は病院で医師の診察を受けましょう。 Sponsored Link くるぶしの両側が痛い場合の症状は? くるぶしの下が痛むとき、捻挫であれば痛みは 外側か内側のどちらかだけに発生することがほとんどです。 腱鞘炎は両側の腱で発生することがあります。 片側が腱鞘炎を起こしている状態で無理な運動を続けていると 痛む方の腱をかばって反対側の腱に不自然な 負荷をかけてしまい、そちらにも炎症が起きるのです。 また、くつ擦れによる腱鞘炎は靴によって 足の両側が圧迫されると両側に痛みが発生します。 もし軽い捻挫だと思っていたのに痛みがなかなか引かない場合や 両側が痛む場合は、腱鞘炎を疑ってみる必要があります。 足の腱鞘炎を繰り返さないために気をつけるポイントとは? 足の腱鞘炎はスポーツや仕事などで足を使い過ぎることによって起こるものですが 安静にして痛みが引いた後、また同じようにスポーツや 仕事をすると再発してしまうことがあります。 一方で、同じように運動しているのに 一度も腱鞘炎にならない人もいます。 足の腱鞘炎をくり返す原因として、下肢の筋肉のバランスが悪い為に 足に不自然な力がかかっていることや、靴が足に合っていないことが考えられます。 再発を防止するためには、日頃から運動の前後に下半身の柔軟体操を取り入れ 靴も足に無理なくフィットするものに替えるようにしましょう。 まとめ くるぶしの下の痛みについてまとめましたが いかがだったでしょうか? 痛みを抱えている方は痛む場所や痛み方をチェックし 上に述べた各症状の特徴と照らし合わせてみて下さい。 また痛みの原因が腱鞘炎であった場合は、再発を くり返さないように上に述べたような対策を取り入れてみて下さいね。 Sponsored Link•

次の

足つぼを押して痛いところでわかる不調と効果的な足つぼマッサージ

足つぼ 内くるぶし

田辺智美(たなべ・さとみ) 院長。 世界7カ国の反射区療法、推拿整体、東洋医学全般を学び、ツボと反射区と筋肉を刺激するオリジナルの技術「足健道」を考案。 『』(マキノ出版)など著書多数。 足の裏をもむとリンパ、血液、気の流れが改善 足の裏には、全身の臓器や器官に対応する反射区があります。 この反射区を押したりもんだりして刺激をすることで、対応する場所を活性化できます。 また、足の裏をもむと、体内の老廃物や毒素を運び出すリンパや血液、さらには気(生命エネルギーの一種)の流れがよくなり、解毒が進み、エネルギーが湧いてきます。 私の足の裏もみ療法がほかと違うのは、心の痛みや 思考のクセに目を向けていることです。 昔から、心と体は一体だといわれています。 心の状態は、そのまま体に現れます。 長く生きていれば、艱難辛苦はたくさんあります。 そんなときに湧き上がる負の感情を心の奥に閉じ込めて停滞させてしまうと、偏った思考のクセとなり、病気につながっていきます。 体の痛みは心の痛みなのです。 その思考のクセに気づければ、バランスは戻り、思考が変わって、症状が和らいでいきます。 自分の心に目を向けてから足の裏をもむと、てきめんに効果が出やすくなります。 それでは、尿のトラブルの原因となっている思考の癖を見ていきましょう。 頻尿のかたは、無意識の不安や恐れがあるため、いつも焦っています。 ですから物事が成就するまでの必要な時間を待てず、早くやらなければ、あれもこれもしなければといつも追い立てられる心理状態になっています。 だから膀胱も尿がたまるまでの時間を待てず、何度もトイレに行きたくなるのです。 夜中にも3〜4回トイレに起きるというAさん(60代女性)は、必ず施術前、施術の途中、施術後にトイレに行きます。 そしていつも「あれも、これもしなければ」と忙しそうにお話をされます。 あるとき「忙しそうですね。 今、焦っている理由はなんですか? 誰かにプレッシャーをかけられていますか?」と聞いたら、「あらっ、私何を焦っているんだろう……。 今日は孫を迎えに行って、買い物して帰るだけや」とおっしゃるのです。 実は急ぐ理由は何もなかった。 そのことに気づいたAさんは、気持ちも膀胱も落ち着いて、夜中にトイレに行く回数が減ってきました。 頻尿に悩んでいる人は、何が心を急がせているのか、一度立ち止まって考えてみましょう。 焦る状態ではないことが腑に落ちれば、頻尿も落ち着きます。 出せない気持ちの代わりに尿がもれ出す 一方、尿もれに悩むのは、相手との関係が悪化することを恐れて、言いたいことを口にできない人が多いのです。 自分さえ我慢すればいいと気持ちを抑え込んでいるので、ストレスを溜め込む一方です。 子どもの頃に受けたプレッシャーが、抜けきらないこともあります。 でも、自分の気持ちを我慢するのではなく、出すことがとても大事です。 気持ちを出さないから、おしっこが勝手に出てきてしまうのです。 Bさん(70代男性)は、子どもの頃から尿もれがあり、ずっと人にバカにされ、利用されて生きてきました。 つらかったことが山ほどあり、それに耐える人生だったそうです。 Bさんは施術中にずっとそんな話をし続けた後で、「やっぱり、話さなあかん。 耐えるだけではなく、これからもっと自分の気持ちを言おうと思う」とおっしゃいました。 私が、「いいお話ですね。 ありがとうございます」と言うと、突然ワッと泣いて、「私はこれでよくなれる。 信じられないくらい体が軽くなった。 来てよかった」と言って、お帰りになりました。 その後様子をうかがうと、尿もれも治って体調がよいとのこと。 心にためていたものを一気に吐き出して、ようやく自分を解き放てたのでしょう。 尿もれのある人は、もっと自分の考えを出してもいいのです。 ただ、自己主張が苦手なので、その伝え方を考える習慣を身につけるといいでしょう。 心の声にも向き合いながら、次のやり方で足の裏をもんでみてください。 頻尿・尿もれに効く「足の裏もみ」のやり方 頻尿や尿もれに悩むのは、プレッシャーを感じたり、我慢をしたりしながら日々を過ごしてきたかたに多いのです。 できるだけゆったりと深く呼吸して、リラックスしながら足の裏をもんでください。 腎臓の反射区の中で、押すと痛いところ、じゃりじゃりするところを見つけて、痛気持ちいいと感じる力で3秒間深く押し、指を離すのを2~3回くり返す。 腎臓から膀胱の反射区に向けて、一方向で流す。 お尻の穴を締めて息を吸い、息をゆっくりと吐くのに合わせて10秒間深く押し、息を吐ききったらお尻を締める力も抜く。 押す位置を少しずつずらしながら反射区全体を刺激して、最後にお尻の穴を締める。

次の

足つぼを押して痛いところでわかる不調と効果的な足つぼマッサージ

足つぼ 内くるぶし

Sponsored Link 痛む場所をチェック!くるぶしの下が痛む症状は? くるぶしの下が痛む時に考えられる症状は、次の通りです。 捻挫(靭帯損傷) くるぶしと周囲の骨をつなぐ靭帯が足首をひねった時などの 衝撃で伸びたり切れたりしてしまいます。 出典:nakanoseikotuin. くるぶし周辺の靭帯は外側に5本(上図参照)内側に「三角靭帯」と呼ばれる 靭帯がありますが捻挫によってくるぶしの下が痛む時は くるぶしの下にある靭帯が損傷している可能性が高いです。 足首を内側にひねったことで起きる「内反捻挫」の場合 足の外側の「前距腓靭帯」や「踵腓靭帯」が損傷するため 外側部分が痛くなります。 足首の捻挫のほとんどがこの内反捻挫です。 「外反捻挫」といって、反対に内側の 靭帯が損傷することもあります。 症状の特徴 ・足首をひねり、ひねった方向の反対側が痛い(外側・内側どちらでも起きる) ・腫れや内出血などが生じている 対処法 ・応急処置をしたのち、整形外科で治療を受ける 捻挫というと軽いけがのように思われがちですが、程度によっては 機能回復までに何か月もかかったり、何度も同じ場所の捻挫を 繰り返したりすることがあり、ある意味骨折よりも厄介な症状でもあります。 捻挫した場合は応急処置を行い、病院で適切な治療を受けましょう。 応急処置としては、広く知られている「RICE処置」というものがあります。 1 安静(Rest=安静) 2 冷やす(Ice=アイシング) 3 患部を圧迫する(Compression=圧迫) 4 患部を心臓より上に上げる(Elevation=挙上) 腱鞘炎 くるぶしの骨の下には脚とつながる筋肉(=腱)が通っています。 これが長時間の運動によって骨などの組織と擦れあい、炎症を起こします。 特に足の腱鞘炎は長時間足を酷使するランナーに多いことから 「マラソン障害・ランニング障害」とも呼ばれています。 くるぶしの下が痛む場合に考えられるものとして ・足の外側を通る「短腓骨筋腱」の腱鞘炎 ・足の内側を通る「後脛骨筋腱」の腱鞘炎 があります。 症状の特徴 ・押すと圧痛がある ・足の甲側や指先などの範囲にかけ、ビリビリと筋が張ったような痛みがある ・走っている時や歩いている時に痛みが出る ・足を酷使するような活動をした後に痛み出す 対処法 ・安静にする(スポーツや足を使う仕事を一定期間やめる) ・湿布を貼る ・炎症がひどい場合には、病院でステロイド注射などが行われます。 靴擦れによる腱鞘炎 出典:kotoseikeigeka. life. coocan. 足の外側を通る腱のひとつを「腓骨筋腱」といいますが、 この腱は踵骨にある「腓骨筋腱滑車」と呼ばれる骨の出っ張りの上を通っています。 骨と腱の隆起した部分が靴の圧迫などによって 炎症を起こすのが靴擦れによる腱鞘炎です。 症状の特徴 ・くるぶしの下の骨が出ている場所が痛い ・歩行や運動する時に痛みが出る ・きつい靴やサイズの合わない靴を履いている 対処法 ・靴底にヒールパッドを入れる(かかとを上げることで腱にかかる負荷を軽減できる) ・炎症がひどい場合には、病院でステロイド注射などが行われます。 疲労骨折 くるぶしの下の踵骨に継続的にストレスがかかることによって 疲労骨折を起こし、痛みが出る場合があります。 症状の特徴 ・痛み初めはそれほど強くないが、徐々に強くなってくる ・体重をかけると痛む ・かかとを色々な方向からトントンと叩いた時、局所的に激痛が走る 対処法 ・安静にする(約2~4週間) ・靴を足に合ったものに替える 痛風によるもの 尿酸値が高い状態が続き、関節に 炎症が起こることを痛風発作といいます。 痛風の痛みは足の親指の付け根に出ることが 多いですが、くるぶし部分に出ることもあります。 くるぶしの関節は指の関節に比べて大きいため 炎症が起きた時に感じる痛みも強く、長引きます。 症状の特徴 ・捻挫や腱鞘炎になるような運動をしていない ・運動していない時でも痛みを感じる 対処法 ・安静にする ・痛風の治療を行っている場合は、かかりつけ医に相談し抗炎症薬を服用します。 痛風による痛みがある場合、痛みを抑えるだけでなく、 食生活の見直しや運動など、根本的な生活改善が必要になります。 痛風が疑われる場合は病院で医師の診察を受けましょう。 Sponsored Link くるぶしの両側が痛い場合の症状は? くるぶしの下が痛むとき、捻挫であれば痛みは 外側か内側のどちらかだけに発生することがほとんどです。 腱鞘炎は両側の腱で発生することがあります。 片側が腱鞘炎を起こしている状態で無理な運動を続けていると 痛む方の腱をかばって反対側の腱に不自然な 負荷をかけてしまい、そちらにも炎症が起きるのです。 また、くつ擦れによる腱鞘炎は靴によって 足の両側が圧迫されると両側に痛みが発生します。 もし軽い捻挫だと思っていたのに痛みがなかなか引かない場合や 両側が痛む場合は、腱鞘炎を疑ってみる必要があります。 足の腱鞘炎を繰り返さないために気をつけるポイントとは? 足の腱鞘炎はスポーツや仕事などで足を使い過ぎることによって起こるものですが 安静にして痛みが引いた後、また同じようにスポーツや 仕事をすると再発してしまうことがあります。 一方で、同じように運動しているのに 一度も腱鞘炎にならない人もいます。 足の腱鞘炎をくり返す原因として、下肢の筋肉のバランスが悪い為に 足に不自然な力がかかっていることや、靴が足に合っていないことが考えられます。 再発を防止するためには、日頃から運動の前後に下半身の柔軟体操を取り入れ 靴も足に無理なくフィットするものに替えるようにしましょう。 まとめ くるぶしの下の痛みについてまとめましたが いかがだったでしょうか? 痛みを抱えている方は痛む場所や痛み方をチェックし 上に述べた各症状の特徴と照らし合わせてみて下さい。 また痛みの原因が腱鞘炎であった場合は、再発を くり返さないように上に述べたような対策を取り入れてみて下さいね。 Sponsored Link•

次の