千と千尋の神隠し リン。 【都市伝説】千と千尋の神隠しと「もののけ姫」が繫がっていた

千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別は?正体が人間なのか考察した!

千と千尋の神隠し リン

そんな2人が「千と千尋の神隠し」で初めて出会ったのはお湯屋のボイラー室でした。 千尋がボイラー室で働く釜爺のところに行き、ここで働きたいと訴えていました。 この世界で生きていくには湯婆婆と労働の契約を結ぶしかないのですが、釜爺は次から次へと降ってくる仕事で手一杯。 どうしたものかと考えていると、タイミング良く釜爺の食事を運んで来たのがリンでした。 リンはすぐに 人間がいると気がつき非常に驚いていました。 何故なら「千と千尋の神隠し」の湯屋がある世界では人間はいないはずの存在。 釜爺はリンに、 千尋を湯婆婆のところへ連れてって欲しいと頼みます。 「 そんなことしたら自分が湯婆婆に殺される!」と断るリン。 しかし釜爺から上物だというイモリの黒焼きをチラつかされると、渋々ですが引き受けてくれました。 リンは思ったことをとにかく口にするタイプ。 登場シーンからハキハキしていたリンは、「千と千尋の神隠し」の中でも特に頼りになるタイプだと感じられます。 rakuten. 彼女の正体はズバリ何なのか? 「千と千尋の神隠し」の劇場パンフレット内にあるキャラクター紹介では、リンは「 人間」とされています。 年齢は14歳くらいだそうで10歳の千尋よりは年上ではありますが、14歳とは思えない落ち着きや心強さを感じます。 しかし、劇場パンフレットとは異なり「 リンはヒトではない」という説も存在します。 Sponsored Link 例えばリンが最初に千尋を見た時のセリフ。 「 人間がいんじゃん!」 千尋の正体について誰からも説明がないうちに人間だと気づいたのです。 「千と千尋の神隠し」の世界ではヒト特有の臭いがあるそうですが、リンが 人間の臭いを嗅ぎ分けられるのなら正体は人間ではないという考察もできます。 「千と千尋の神隠し」のお湯屋で働いている従業員の正体。 それは他の記事で書いた通り カエルや ナメクジが人間に化けた姿でした。 よってリンも 何かが化けている可能性があり、有力視されているのがこの白狐なのです。 変化できるとされる生物が沢山いる中で、なぜ白狐なのでしょうか? リンはつり目にほっそりとした輪郭で狐っぽい顔立ちをして肌も色白。 正体が白狐だと言われても特に違和感はないですよね。 さらに白狐説が生まれたのはネット上の噂などではなく、スタジオジブリが公開した「千と千尋の神隠し」のラフ画に根拠があるとのこと。 見てみると、 リンの上にズバリ白狐と書かれている! この画像から白狐だったという推測が出たのですね。 しかし、これでもリンの正体が白狐だと断定できないそう…白狐でないとしたら何の生き物なのでしょうか? 実は作画担当の方のインタビューで「最初、リンは イタチか テンなどが化けた設定だった」という話があったそうで、白狐と同じくリンの特徴と似た動物が候補に上がっていたのです。 とは言え、正体は白狐やイタチでもなく、やはり劇場パンフレットの通り「 人間」だという説も未だに捨てきれません。 千尋がお湯屋に入る時に息を止めながら渡った橋がありましたよね。 千尋は途中で呼吸してしまい、正体が人間だとバレてしまいました。 仮にリンも人間だったとして、あの橋を 息を止めたまま渡り切っていたら… リンは自分の正体が人間であることを隠して今もお湯屋で働いているのかもしれません。 人間もしくは白狐、はたまたイタチやテンなのか? 個人的にはリンの容姿から「正体=白狐」という説がしっくり来ていましたが…テンの特徴にも似ていてうなずける節もあります。 実に奥深い裏設定ですね。 リンや千尋たちと一緒に雑巾掛けをしていた従業員たちもナメクジ女とは違う見た目をしていたので、 白狐やイタチ、それ以外の生き物が化けている可能性も示唆されています。 本当の正体は「千と千尋の神隠し」の中では明らかになっていないものの、色々想像を張り巡らせる点もジブリ作品の魅力ですよね! また続報が入ったら紹介したいと思います。

次の

ラフ画に根拠が…千と千尋の神隠し、リンの正体は人間ではなく白狐? | シネパラ

千と千尋の神隠し リン

荻野家の3人は引っ越し中、千尋は父親が運転する車内で、不本意な転校に駄々をこねて不機嫌な様子です。 3人が乗る車は山道に迷い込み、その奥には不思議なトンネルがあり、興味本位で入って行く両親を追いかけて、千尋も一緒にトンネルを抜け「打ち捨てられたテーマパーク」のような世界に入ることに。 そこには、無人でありながら、おいしそうな食べ物が用意されていて、両親はそれを貪るように食べ始め次第に豚に姿を変えます。 怖くなった千尋はその場を離れ、車に戻ろうとしますが、野原だった場所は川になっていて帰り道を失い、身体が消え始めたところを謎の少年ハクに助けられ、油屋に連れて行かれるのでした。 油屋を経営する湯婆婆に「荻野千尋」という名前と引き換えに、「千」として雇ってもらうことに成功した千尋は、湯女のリンの下で働くことになります。 湯屋での生活に慣れて来た頃、千とリンが「 腐れ神」を担当することに。 千尋が「腐れ神」を薬湯に浸けて、刺さっていたゴミや自転車を引っ張り出すと一気に浄化され、龍神「名のある川の主」に戻り、そのお礼として千は「ニガダンゴ」をもらいます。 その団子を豚になった両親に食べさせれば、元の姿に戻れるかもしれないと希望をもつ千。 しかし、湯婆婆の指令で「魔女の契約印」を姉の銭婆から盗んだことで、深手を負った龍の姿をしたハクに、千はニガダンゴを半分食べさせて助けます。 その頃、千はお客と間違えてカオナシという化物を、湯屋の中に招き入れてしまいます。 カオナシは砂金を吐き出し、湯屋で豪遊をはじめますが、千が砂金を受け取ることを拒否したため、怒り狂い凶暴化し湯屋のひとびとを飲み込み出します。 それを鎮めるために、千はまたもや大事なニガダンゴを食べさせて、飲み込んだものを吐き出させ、片道切符の電車で、カオナシを連れて銭婆のところに「魔女の契約印」を返しに行きます。 千は両親を救い出し、もとの世界に戻れるのか、ハクの正体は? 『千と千尋の神隠し』は、10歳の少女千尋が不思議な世界で成長していく物語です。 カオナシは、神ではないため油屋に入りたくても入れず、いつも入口の前の太鼓橋に佇んでいる化物。 黒く細長い身体に白いお面をつけた姿で、「ア」「エ」といったか細い声を出すだけで、お面なので無表情。 登場当初は動きが少なく、言語でコミュニケーションが取れないため、見えていないのか、千尋以外の誰からも無視されています。 千尋がやさしさからカオナシを油屋に招き入れたため、カオナシは千尋を好きになり、気を引こうと、油屋のみんなが喜んでいた砂金を吐き出します。 砂金に群がり、カオナシの機嫌を取ろうとごちそうを運ぶ油屋の従業員たちでしたが、砂金を差し出された千尋は受け取りません。 千尋に拒否されて、カオナシはショックを受けて逆上し怒り狂って、油屋の従業員たちを飲み込みはじめます。 最初おとなしく、誰の目にもうつらないほどの存在感のなさだったカオナシが、たくさんの人間にちやほやされるも、一番愛されたいひとから拒否されて切れるのです。 宮崎駿監督は「カオナシは誰の心にも存在する」と語っています。 カオナシは人間の成長過程で通る、思春期の心の象徴で、坊がもっと小さい頃の幼児性の象徴といえるのではないでしょうか。 10歳の千尋は思春期の入り口に立っている年頃、カオナシはそんな思春期のモヤモヤした心をデフォルメしてあらわれた存在で、千尋はそんなカオナシを鎮め、自分がカオナシを招き入れたことへの責任を果たし、ひとつ成長するのです。 この油屋の浴槽はどこも仕切られていて個室風のつくり、VIP対応だからという理由もありますが、これはそれぞれのお客様に湯女たちが背中を流したり、特別なサービスをおこなうからなのです。 もともと江戸時代、吉原など公設の遊郭以外の浴場などで、風呂掃除や下働きと特別なサービスをおこなう女性たちのことを湯女と呼んでいました。 そして、それを裏付けるように、オリエンタルな油屋のしつらえにアンバランスな湯婆婆のドレス姿は、ヨーロッパの娼館のマダムを表しています。 湯婆婆の存在から、世界中のひとが、油屋が色々な側面をもつ「大人の世界」であることを感じられるのです。 宮崎駿監督は、「現代の社会を風刺的に描くため、あえて風俗店のような油屋を舞台にした」と語っています。 搾取される社会の象徴である油屋で、千尋はたくましく生きていくという設定です。

次の

【都市伝説】千と千尋の神隠しと「もののけ姫」が繫がっていた

千と千尋の神隠し リン

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 千と千尋の神隠しでリンが優しいのには秘密や理由がある? 油屋(湯屋)に迷い込んだ千尋をエレベーターに乗せてあげたり、気にかけて面倒を見てあげたりと、リンは千尋にとても優しいです。 千尋がいなくなって少し寂しいリン 【千と千尋の神隠し】 — つっく🍙 tukku727 言動は少々荒っぽいですが、千尋をいちいち心配してくれて千尋への優しさが伝わってきます。 リンがいなければ千尋は湯婆婆にも会えなかったし、油屋(湯屋)での生活もまともに出来なかったでしょう。 人間である千尋は油屋(湯屋)の中では煙たがられていますが、リンは千尋を見下したりすることもなく面倒を見てくれています。 みんなが千尋を厄介者扱いする中で、リンはどうして千尋に優しかったのでしょうか? リンが千尋に対して優しい理由についてちょっとまとめてみました。 ・リンは手下を欲しがっていた ・千尋と気が合う ・リンの元々の性格が優しい 映画での物語を観ている範囲で考えられるのはこんなもんでしょうか。 では上記を少し深堀りしてみてみましょう。 関連: 関連: リンは手下を欲しがっていた ハクがリンに「手下を欲しがっていたな」的なことを言っていたのを覚えていますか? ハクのこの言葉から分かるように、リンは使い勝手の良い手下を探していたようです。 念願の手下ということで、千尋を大事に扱っていた可能性はあります。 ・・・いや、ないかな?w 手下を欲しがっていた割には、リンは千尋のことを対等に扱っていたように感じます。 手下というよりはかわいい子分って感じで、優しく接してくれたのかもしれません。 最終的には 妹を心配するお姉さんって感じでしたねw 千尋を好きになった リンが単純に千尋を好きになり、千尋に対して優しくなったということも考えられます。 名のある川の主を浄化したり、ハクや海の向こうの街のことなど話したりすることで2人の距離はかなり縮まっています。 リンは千尋と共に過ごすことで千尋を好きになったのかもしれません。 ただこれはリンだけではなく、ハクや坊、釜爺やカオナシなども該当するため、そもそも 千尋が他人に好かれやすい体質なんでしょう。 千尋に好意を抱いた登場人物は例外なく千尋に優しいです。 ハクがエレベーター内で千尋に冷たくするシーンもありますが、それは恐らくわけありでしょう。 関連: 関連: 関連: リンの元々の性格が優しい まぁ、1番はここでしょうねw リンって口は悪いけど相当優しい性格のような気がします。 千尋が最上階の湯婆婆のところへ行ったときも心配していたし、働く契約をしたときも喜んでくれていました。 また、具合が悪くなった千尋を心配したり、ご飯を率先して取りに行ってあげたりと、リンは本当に良いやつです。 恐らく根っからの性格が優しくて、それが千尋への対応にも表れているんでしょうね~。 元々の性格が優しいので、ふとした瞬間の言動に滲み出ている可能性も十分にありますね! モデルになった動物やリンの正体や設定 リンが優しい理由を考えて上述しました。 しかし、リンが千尋に優しいのにはもっと 別の理由や秘密があるようです。 それはリンのモデルになった動物やリンの正体にヒントがありました。 油屋(湯屋)に登場する労働者達は、男性がカエル、女性がナメクジをモチーフにされているとのこと。 で、人間に近い容姿のリンは狐をモチーフにしているようです。 リンのほかにも人間に近い容姿の女性は多いですが、それらも狐をモチーフにしていると言われているようです。 ネットの情報では男性の従業員はカエル、着物を着て接客する面長の女性がナメクジ、清掃などの裏方担当が狐という設定みたいです。 とは言いつつ、りん以外の清掃員たちに狐っぽい女性はいない感じなので、ほかの女性は狐以外の動物をモチーフにしている可能性も高そうです。 そう言えばリンはどことなく狐顔ですが、まさかこのような裏設定があろうとは驚きですね~。 公には公開していない情報のようですが、宮崎駿監督の原画みたいなイラストでリンが白狐であることが書かれているようです。 で、白狐について調べたらこのようなことが分かりました。 これを踏まえて考えると、リンは人間である千尋にとって有益な存在であり、リンからすれば 千尋は守るべき存在であったことが分かります。 リンが千尋に優しいのは千尋との関係や元々の性格もあるんでしょうが、このような裏設定が影響している可能性も十分に考えられますね! リンの名前は本名なのか リンの正体を調べて気になったのがリンの本名です。 ということは、白狐であるリンも本名を湯婆婆に取られている可能性もあります。 ですが、どうやらリンの本名は決まっていないみたいです。 リンも「油屋(湯屋)を辞めて海の向こうの街に行く」的な発言をしているので、釜爺同様に湯婆婆に完全に支配されていない気がします。 名前を完璧に支配されるとハクのように操られてしまいますから、リンという名前が偽名の可能性も十分に考えられます。 まぁ、ハクの場合は自ら湯婆婆の弟子になり、あやつり虫も仕込まれていましたから、リンとはまた立場が違うのかもしれませんね。 関連: まとめ リンが千尋に優しい理由はリンの正体に秘密があったことが考えられます。 もちろん元々リンが優しいといったこともあるんでしょうが、白狐について調べれば調べれほど、優しい理由に納得できます。 豚になった両親を当てることが出来たのも案外リンのおかげだったりして?w 関連:.

次の