岐阜 県 ホームレス 殺害 犯人。 岐阜ホームレス殺人、犯人の実名や顔画像は?通っている大学はどこ?

ホームレス殺害の少年の大学はどこ?警察の対応は?世間の反応は?|らぼぴっくこむ

岐阜 県 ホームレス 殺害 犯人

岐阜新聞 大賀由貴子 2020年4月24朝刊より抜粋 海乱鬼 nipponkairagi 午後11:51 ・ 2020年4月26日 ホームレス殺害事件の被害者、渡邉哲哉さんについて女性の証言 「ゴミとして出されたアルミ缶を売り、15キロ集めて得た千円を猫達の餌代に充て、 自分には僅かな生活用品しか買わなかった。 雨の日も雪の日も、猫の為に真面目に働いていた。 私の事も守ってくれた。 」 この黒猫は渡邉さんの家族に違いない。 ある日、猫を虐める大学生達を咎めた。 学生達はその日から執拗にお爺さんに暴行し3月25日遂に集団で襲撃、 一緒にいた女性を逃し、お爺さんは亡くなった。 お爺さんのいたテントには今も帰りを待つ猫の姿がある。 反論出来ない者を、無関係な人間が安全な場から責め立てるのは虐めで第二の犯罪です。 19歳といういい年した大人のした事で、全責任は犯人達にあります。 ——— ホームレス殺害、過去にも投石 「男女10人で」供述 3月に5回の襲撃。 25日当日は襲撃から逃れようと自転車を引きながら堤防沿いを逃げていたが、 ライトで顔を照らされ、自転車を蹴られ投石された。 「今日はババアに用事があるんだ」と言われ、渡邉さんは「はよ行け」と女性を逃がし、 男たちに捕まった。 渡邉さんは、最後まで女性を守りながら殺された。 未確認情報だが、殺人罪の三人の内二人について。 捜査関係者らによると、渡辺さんは約20年前から、 河渡橋の下でテントをはって生活し、 空き缶集めで生計をたてていた。 生活保護などの行政支援は受けていなかったという。 岐阜県瑞穂市の自動車整備業の男性(57)は約3年前、 パンクした渡辺さんの自転車を修理したのをきっかけに話をするようになった。

次の

朝日大学ホームレス殺人犯人実名顔画像特定!岐阜瑞穂市硬式野球部

岐阜 県 ホームレス 殺害 犯人

ホームレス殺害の疑い、大学生ら少年5人を逮捕へ 以下のようなニュースが入ってきました。 まずはニュースの概要を見ていきましょう。 岐阜市の河渡(ごうど)橋付近で3月、住所不定無職の渡辺哲哉さん(当時81)が何者かに襲われ、その後死亡した事件で、岐阜県警は23日、県内に住む少年5人が関与した疑いが強まったとして、殺人などの疑いで逮捕する方針を固めた。 捜査関係者への取材でわかった。 捜査関係者によると、5人は3月25日未明、渡辺さんに投石などの暴行を加え、死亡させた疑いがある。 5人は友人同士で、一部は県内の大学に通っているという。 渡辺さんは、JR岐阜駅から西へ約4キロの長良川と伊自良(いじら)川の合流地点付近の橋の下で、知人女性(68)と生活していたという。 3月25日午前2時ごろ、テントが張ってある橋の下に女性といたところ、何者かに石を投げつけられその場から逃走。 約1キロ北へ逃げたところで女性が後ろを振り向くと、渡辺さんが路上に倒れていたという。 女性が「知人が数人の男に蹴られた」と110番通報した。 渡辺さんは同日、搬送先の病院で死亡が確認され、死因は脳挫傷と急性硬膜下血腫だった。 捜査関係者によると、頭頂部には強い衝撃による陥没骨折がみられたという。 県警が殺人事件として捜査していた。 渡辺さんは3月中旬ごろから、一緒に暮らす女性とともに、何者かに石を投げられるなどの被害を繰り返し受けており、県警は関連を調べる。 2人はこれまで計4回、通報や近くの警察署へ相談をしていた。 引用: 渡辺さんが殺害された事件は3月25日に発生しており、当時のニュースでは以下のように報じられていました。 25日未明、岐阜市の路上で倒れていた男性が病院に運ばれ、その後死亡しました。 警察は事件とみて調べています。 25日午前2時すぎ、岐阜市寺田の路上で「知人が数人の男に蹴られた」と女性から110番通報がありました。 警察によりますと、住所不定、無職の渡辺哲哉さん(81)が病院に運ばれましたが、頭を強く打ち死亡しました。 渡辺さんと通報者の女性は路上生活をしていて、女性は、「橋の下で寝ていたら、石を投げられた。 2人で逃げたが、渡辺さんが数人の男に蹴られた」などと話しているということです。 警察は事件の可能性が高いとみて調べています。 引用: ここからはちょっと細かくニュースについて見ていきたいと思います。 個人的な見解が多いですが、ご了承ください 大学生ら少年5人が渡辺哲哉さんを殺害した犯行動機は? 警察は今回の犯人が岐阜市内に住む少年5人だと断定し、これから逮捕するとのことです。 なので、まだ逮捕された訳ではなく、取り調べも行われていません。 この後いつになるか正確な時間は分かりませんが、おそらく本日中に逮捕され取り調べとなるでしょう。 今回逮捕される5人の少年は友人同士とのこと。 大学生も含まれているとのことですから、暴走族などの不良少年グループというわけではなさそうです。 おそらく事件現場周辺に住んでいる少年たちだと推測されますが、日ごろから渡辺哲哉さんたちが橋の下で生活していたのを知っていたのでしょう。 渡辺哲哉さんたちは3月中旬から複数回何者かに襲われていたようですが、この5人の可能性が高いでしょう。 ホームレスだという事でバカにしていたのかもしれません。 かなり昔にもホームレスを襲撃する事件が多発していましたが、犯人たちの動機はだいたいホームレスの人たちを襲撃することによってストレス発散をしていたり、楽しんでいるようなものでした。 ホームレスの人たちは存在している価値がない、ゴミみたいなものだからという認識です。 事件が起きたのは3月25日午前2時ごろだったそうです。 時期的に大学は休みでしょうし、科目登録などがあるとしても新型コロナウイルスの影響でなかったはず。 ほぼ自宅待機しているはずです。 しかし自宅待機でストレスが溜まり、友人同士で深夜に遊んでいたのだと思います。 そんな時にホームレスを襲おうと考えたのでしょう。 今回逮捕される5人もきっと楽しかったからなどという動機だと思われます。 大学生ら少年5人の名前や顔画像,SNSは? 現時点ではほとんど情報がありません。 例え逮捕されたとしても未成年なので、今後も情報が公表される可能性はほとんどないと思います。 名前などは公表されないでしょうから、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)のアカウントを検索することもできないでしょう。 未成年という理由だけで少年法によって加害者は保護されますが、事件によっては公表すべきだと個人的には思いますし、今回の事件については公表すべきだと思います。 新しい情報が入り次第、更新いたします。 大学生ら少年5人のプロフィール 現在分かっているのは以下の情報となります。 ・岐阜県内に住む少年5人 ・5人は友人同士 ・一部は岐阜県内の大学に通っている 新しい情報が入り次第、更新いたします。 大学生ら少年5人が渡辺哲哉さんを殺害した事件現場はどこ?岐阜市寺田 亡くなられた渡辺哲哉さんは、長良川と伊自良(いじら)川の合流地点付近の橋の下で、知人女性(68)と生活していたそうです。 亡くなった現場は岐阜市寺田とのことなので、住んでいたテントから必死に逃げたであろうことが分かります。 少年たちは面白おかしく、必死に逃げ惑う渡辺哲哉さんを追いかけたんでしょう。 少年法を改正して厳罰にしてください。 関わりたくないので氏名も公表してほしい。 抵抗できない相手に執拗に投石などを繰り返し、複数で殺害した行為は悪質。 少年法も改正された事で一般の刑法で裁く事が可能な筈なので、可能な限り重い量刑が科せられる事を期待する。 また、行為の悪質性や同様の犯罪行為を抑止するため実名での報道をした方が良いと思う。 うちの子に限ってって 感じの親なんじゃない。 ろくに叱られないで育ってんから 人の痛みもわかんないんだ。。 殴られた事もないから 限度もわからん。 なんで 4回も通報してるのに 守れなかったの? その子供たちには ちゃんと刑罰をあたえて下さい 自らの命で償うしかない。 数年後同じ社会で我々が暮らすことなんてあり得ない。 恐怖でしかない。 大学生にもなって殺人。 こういう子を育てた親の責任は大きいです。 最近の親は子を叱らないからでしょう。 更正は無理です。 厳罰にし、名前も公表して下さい。 未成年だから顔も名前も出ないし捕まっても何年かしたら出られると甘い事を思っているのでしょう。 だから未成年の犯罪は無くならないのです。 遊び半分かどうかは知りませんが、未成年だから許される事は有りません。 未成年は名前、顔写真が出ませんが、今後は犯した罪の内容で決めたら?犯した罪の償いはして下さい。 被害者は何度か相談していたみたいですが、この時点で行政はこの二人を施設かどこか入所させる事は出来なかったのでしょうか。 それが出来ていればこの様な事件が起こる事も無かったのでは。 いつまで少年法? 時代はどんどん進化しているのに古い体質をいつまでも 弱者や被害者が泣き寝入りする世の中が本当にいい社会なのか考えなさい! まとめ ネットの声に多数あるように、私も少年法の在り方に疑問を感じます。 たしかに未来ある少年にやり直すチャンスを与えるべきだと思います。 しかし、どう考えてもやり直すチャンスを与えるべきではないケースもありますし、特別な事情がある場合を除いて 殺人などは成人と等しく罰せられるべきです。 少年だからと言って守るべきではないし、むしろ 少年なのに人を殺してしまうという事に恐怖を感じるべきです。 犯人が少年の場合は死刑などありませんし、ましてや無期懲役などもありません。 下手すれば5年程度で外の世界に戻ってきます。 遺族からすれば自分の家族は命を奪われ二度と戻ってこないのに、犯人は少年というだけで数年で戻ってくる。 こんな不条理に納得できる遺族は少ないと思います。 今回の事件に至っては、渡辺哲哉さんたちは同じような被害に遭って 4回も警察に通報しています。 おそらく今回の犯人の少年たちがやったのでしょう。 渡辺哲哉さんは81歳とかなりの高齢です。 まともに逃げることなどできないことは誰にでもわかります。 少年たちだって当然分かっていて、だからこそ狙ったんだと思います。 その年齢であればある程度の人格は出来上がっているし、やっていいことと悪いことの区別はつくはず。 それでも弱い者いじめを楽しんでやって、しかも殺すまで暴行しています。 少年たちの人格がどんなものか、よく分かったと思います。 この事件、家庭裁判所で裁くのではなく、検察官送致して通常裁判で裁いて欲しいです。 ホームレス男性に石投げつけ暴行、傷害致死容疑の2少年は大学野球部員 岐阜市寺田の路上でホームレスの男性が殺害された事件で、岐阜県警に殺人容疑などで逮捕された少年5人(いずれも19歳)のうち4人が、同県瑞穂市の朝日大学の硬式野球部員や元部員であることが捜査関係者への取材でわかった。 少年らの一部が逃げる男性を数百メートルにわたって追いかけ、暴行を加えていたことも判明。 県警は動機や誰が事件を主導したかを調べる方針。 事件は3月25日未明に発生。 住居不定、無職渡辺哲哉さん(81)に石を投げつけるなどの暴行を加えて死なせたとして、傷害致死容疑で逮捕された、同県瑞穂市と同県山県市の大学生2人は現役の硬式野球部員で、殺人容疑で逮捕された、同県大垣市の無職少年ら2人も元部員という。 県警は部活動を通じて知り合った少年らが河川敷で生活していた渡辺さんを執ように襲ったとみて、詳しい動機を調べている。 朝日大の大友克之学長は「厳粛に受け止め、厳正に対処する。 警察の捜査に全面的に協力する」とのコメントを発表。 大学は硬式野球部の無期限活動停止を決め、藤田明宏監督は24日付で辞任届を提出し、受理されたという。 引用: 驚いたのは、少年と言っても年齢が19歳だったという事です。 中学生や高校生ではなく、もう成人が近い19歳。 これを少年と呼ぶのに違和感がありますし、ますます家庭裁判所ではなく逆送で裁判にして欲しいと思いました。 しかも少年5人のうち、 2人は朝日大学の現役の硬式野球部の部員で、別の2人は朝日大学の元硬式野球部の部員だそうです。 大学の野球部員が投げる石は普通の子どもが投げる石とは違います。 力もコントロールもあるのでもはや凶器です。 きっと亡くなった渡辺さんを的のように狙って楽しんでいたんでしょう。 ますます腹が立ちました。 この事件を受けて、朝日大学の野球部は無期限の活動停止となり、藤田明宏監督は辞任しています。 監督や野球部の部員たちはいったいどういう気持ちなんでしょうね。 正直これはとばっちりとしか思えません。 野球部や監督に責任があるかないかと言えば、私はどちらにも責任はないと思います。 ましてや今は新型コロナウイルスの影響で部活もなかったでしょう。 むしろ自宅にいるべき時に外出している子どもたちを咎めなかった親の責任ではないでしょうか? もちろん親にバレないように外出している可能性もあるので一概には言えませんが、少なくとも野球部や監督には責任はないんじゃないかなと思いますし、野球部の部員や監督がかわいそうで仕方ありません。 犯人についてまとめます。 名前は分からないので、便宜的に5人をアルファベットのA~Eとします。 野球を通じての仲間だったようです。 犯行については、会社員のEは殺意を否認しており、現役野球部員のAかBのうち一人は「現場に行っただけ」と犯行に加わっていないと供述しているようです。 実際はどうだったのかは分かりませんが、仲間を止めなかった人間にも責任はありますし、こんな悪質なことをしている段階で全員殺人罪でいいとすら思います。 徹底的に取り調べをし、自分たちが遊びながら1人の大切な命を奪ったという事実を認識させ、それがいかに重い罪なのかを裁判で思い知らせてほしいです。 次の記事 2020. 23 関連する記事• 2018. 25 11月23日、パリで開催された2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)の総会において加盟国による投票の結果、日本(開催地[…]• 2020. 31 本日WHOによって緊急事態宣言が発表されました。 これまで新型コロナウイルスに関する報道が連日されており、私たちはかなりの緊急性を感じていました。 もっと[…]• 2020. 21 自宅で新生児を殺害したとして、殺人の疑いで藤枝市に住む38歳の無職の母親・粟野亜希子容疑者が逮捕されました。 また何の罪もない1つの幼い命が、よりによっ[…] コメント (8件)• 、さま コメントありがとうございます。 まず「! 」は「EXCLAMATION MARK」と呼ばれており、驚きを表現する感嘆符です。 」に比べて驚きが大きい場合に使われます。 ちなみにこれが使われている箇所は、私自身が驚きを表現するために用いています。 よろしくお願いいたします。 最近の投稿• コメント• に 51 より• に 森恵美子 より• に 51 より• に 悩めるこひつじ より• に 51 より カテゴリー• 230• 120• 334• 102 アーカイブ•

次の

岐阜ホームレス投石暴行の犯人誰?名前や顔画像!現場の場所どこ?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

岐阜 県 ホームレス 殺害 犯人

少年5人組がホームレス男性殺害 朝日大(岐阜県瑞穂市)は24日、硬式野球部の現役部員2人(ともに19)が傷害致死容疑で逮捕されたことを受けて、部の無期限活動停止と藤田明宏監督(52)の辞任を発表した。 岐阜市の路上で3月、路上生活者(ホームレス)と見られる男性(81)が殺害され、岐阜県警などがこの日、少年5人を逮捕。 朝日大は、うち2人が同大に在籍する硬式野球部員だったことを受け、この日付けで部の無期限の活動停止を決定。 さらに、存廃についても、「学内処分や裁判等、今後、当該者に科せられる社会的制裁を見極めた上で対応を決定する」と、廃部を含めて検討する方針を示した。 同居していた女性の証言によると「若い男女に襲われた」と述べています。 硬式野球部員の顔と名前一覧 犯人5名の少年のうち2名は、チーム内にいます。 朝日大学の硬式野球部のホームページで顔写真と名前が記載されています。 顔写真をみるとパっと見は良い子そうに見える子も沢山います。 このような事件を起こす犯人は外面がよかったりするものです。 外見で判断しないほうがよいでしょう。 今回の事件において育てた両親の顔も見てみたいものですし、記事内にも少年たちの顔画像を載せたいものですが、野球部員の中にも無実の少年もいることですし、非常に悔しいですが写真は掲載するのをやめておきます。 またニュース記事によると逮捕された少年たちの情報は以下のとおりです。 安八町在住の会社員の少年• 大垣市在住の無職の少年• 瑞穂市の無職の少年• 瑞穂市在住の少年• 山県市在住の少年• 岐阜北警察署は無能か 今回の事件現場は寺田です。 被害者男性と同居人の女性は北警察署の寺田付近の交番に相談にいっていた可能性があります。 過去に何度も「バカ、ゴミ」などの暴言と共に投石被害をうけていたホームレス男性(81歳)と、同居人である女性は4回も警察に相談しにいっていました。 少年たちは以前、投石をして現場から逃げる際に学生証を落としており、これが証拠となって学校側に伝えていました。 学校側から叱責を受けた少年らは逆上して被害者男性(渡辺哲さん)を襲いました。 人に石を投げるなんて普通の頭では思いつかないことです。 何故、警察はこんなに危険な人間を野放しにしておいて未然に防ぐことができなかったのでしょうか。 逮捕してもよかったはずです。 明らかな殺意 段持ちである空手家や柔道などのスポーツマンは一般人に対して決して技をかけたり本気で喧嘩をしてはいけません。 銃刀法違反ではなく傷害罪になりますが、個人的には銃刀法違反と呼ばれてもいいような気がします。 なぜなら格闘家たちは素手でもナイフや武器を持っているのと同じくらいの殺傷能力を持っているからです。 これって野球選手や部員にも同じようなことが言えませんか? 毎日豪速球を投げ続けている少年が何度も石を老人に投げつけて殺害しているのです。 殺意はなかったと言い切れるでしょうか?また、少年たちは被害者男性が倒れたあとに逃走しているのです! 殺意がなかったのなら、自分たちで救急車を呼ぶなり警察に自首をすると思いませんか? 普通の少年であっても犯罪になりますが、これは明らかに殺意があったということとナイフや武器などを使った犯行と同じように見ていいと思います。 少年法で守られていいのでしょうか。 また、この事件には逮捕された5人の少年以外にも関与していた少年(少女)たちがいるそうです。 この事件にかかわっている人数は10人とのことです。 犯行当日、少年らは人気のいない朝方に集団で集まり「今日は絶対ゆるさねーぞ!」と叫びながら襲ったそうです。 計画的な犯行といえるでしょう。 これで殺意がなかったなんてよく言えたものです。 人の痛みがわからない理由 また少年らは被害者男性に対して、ひどい暴言を吐きながら投石していました。 人に危害を加える少年らは自分だけが苦しいと思っていますし、理解されないとも思っています。 馬鹿やゴミなどと人を傷つけてしまう人間は誰よりも自分をバカ扱い、ゴミ扱いしているともいえます。 自分をゴミ扱いと書きましたが、ゴミ扱いされてきた、ともいえるでしょう。 調べると朝日大は偏差値が低くFラン大学と呼ばれています。 本当に好きなことをしたくて行ったのならそれで構いませんが、少年らは世間でも冷たい態度をとられてきたのかもしれません。 痛めつけれてきた人間は人を同じような苦しみを与えることがあるからです。 犯人である少年たちの家庭や部活動自体も冷え切っていたのかもしれません。 似たような事件の事例 1983年に起きた 横浜浮浪者殺人事件を紹介します。 2月5日夜間に山下公園(横浜市中区)で60歳の浮浪者が集団で暴行を受け、収容先の病院で2日後に死亡した。 横浜スタジアムでは浮浪者9人が次々に襲われ重軽傷を負った。 2月10日朝、松影公園(横浜市中区)で43歳の浮浪者が死亡しているのが発見された。 2月12日、神奈川県警察の合同捜査本部は少年グループを傷害致死の疑いで逮捕した。 逮捕されたのは「恐舞連合」と称するストリートギャングで中学2年3人、中学3年生2人、高校1年生、16歳の無職4人の合計10人。 この事件は1983年とだいぶ昔のものです。 コンクリート殺人事件でも死刑にならなかった時代。 もちろんこの少年たちも少年法で守られて死刑にはなりませんでした。 この少年たちの動機はこのようなものでした。 「おまえらのせいで横浜が汚くなるんだ」と叫びながら浮浪者に暴行を加えていたことや、取調べに対しても「横浜を綺麗にするためゴミ掃除しただけ」と自供、対立グループとの喧嘩の練習のため、また「浮浪者が逃げ惑う姿が面白かった」、「退屈しのぎに浮浪者狩りを始めた」とも自供している。 今もあるかもしれませんが、当時もホームレスに対する差別はありました。 きっとこの殺人を起こした少年たち以外にも、ホームレスをゴミだと思っている人たちが沢山います。 だとすれば社会も悪いということになります。 今回の朝日大学のホームレス殺人事件も、少年たちは「ゴミ」だとののしりながら老人を襲いました。 少年たちも悪いですが、ホームレスの人たちを差別するように教え込んだ親や社会も悪いでしょう。 子供の手を引きながら、ホームレスのひとたちを見ると「見てはいけません」と教える母親も多いと思いませんか? ホームレスの人たちは、なりたくてホームレスになったわけではない人も居ます。 生きていれば様々な試練があります。 子供による介護放棄、倒産、病気による退職、生活保護も受けられないひとたちもいます。 この少年たちは、その想像力もなかったことになります。 現状、コロナで職を無くしていくひとたちが沢山います。 明日は我が身、ともいえるでしょう。 ホームレスを馬鹿にしていい人なんていないのです。

次の