渡辺 あき お。 渡辺あきお(版画)

渡辺明乃

渡辺 あき お

獲得メダル 銀 個人ノーマルヒル 銀 個人ノーマルヒル 金 団体 銀 個人10kmLH 銅 団体スプリント 銅 個人10kmNH 銀 2011-12シーズン 個人総合 銅 2012-13シーズン 個人総合 銅 2013-14シーズン 個人総合 銀 2014-15シーズン 個人総合 銀 2015-16シーズン 個人総合 銅 2016-17シーズン 個人総合 金 2017-18シーズン 個人総合 銀 2018-19シーズン 個人総合 銅 2015 総合 銀 2016 総合 金 2018 総合 最終更新日:2019年4月20日 渡部 暁斗 わたべ あきと、 - は、出身の競技者。 オリンピック2大会 、 個人ノーマルヒル銀メダリスト。 2017-18シーズン個人総合王者。 同じくノルディック複合競技者のは実弟。 妻はフリースタイルスキー、ハーフパイプ競技者の ()。 来歴 [ ] 在籍中のに出場。 スポーツ科学部進学後はの団体戦 、、 渡部暁斗、 で、日本の14年ぶり金メダル獲得に貢献した。 2010年1月、 W杯 ・大会で3位となり、初めてW杯個人戦の表彰台に登った。 2月にはに出場し、個人ラージヒルでは日本勢最高の9位。 ソチオリンピックシーズンまで [ ] 大学卒業後は、に所属。 12月の大会でも同順位に入ると、2月5日の ・大会で念願の初優勝を果たした。 日本人のW杯優勝は2004年3月の以来4人目である。 その後も好調を維持し、このシーズンは4勝を挙げて最終戦まで総合優勝の可能性を残した。 2012-13シーズンはで出場4種目中3種目で4位と表彰台をあと一歩で逃し続け、「(4位が)僕の居場所という感じですね」とコメントを残すなど悔しさを味わった。 しかし、世界選手権後はW杯で2大会連続で2位に入り、うち3月15日の ・大会では弟・善斗も3位に入り、1995年の荻原兄弟以来となる日本人の兄弟選手によるW杯表彰台獲得を果たした。 シーズン個人総合では3位。 2013-14シーズンは夏から好調な滑り出しを見せ、サマーグランプリでは初の総合優勝を果たした。 オリンピック前のW杯では優勝こそなかったものの、第2戦大会の2位をはじめ、3位が4回、出場10戦全てで8位以内に入る安定感を見せた。 年末にを発症するアクシデントはあったものの、オリンピック前最後のW杯となった大会でも3位に入り、個人総合2位と好調を維持してオリンピック本番を迎えた。 では初戦の個人ノーマルヒルで、前半ジャンプでトップだった から6秒差の2位につけると、後半クロスカントリーではフレンツェルと共にトップ集団を形成。 終盤までフレンツェルと互いにトップに出ながら激しく競り合い、スタジアムに入ったところで仕掛けたフレンツェルのスパートに離されたものの、4. 2秒差で2位に入り銀メダルを獲得した。 オリンピックでのノルディック複合の個人でのメダルは、で銀メダルを獲得した以来20年ぶり2人目。 次の個人ラージヒルでも2個目のメダルが期待されたが、終盤クロスカントリーでの転倒が響いてしまい6位入賞に留まった。 団体戦は5位入賞だった。 五輪後のW杯では、最終戦大会でシーズン初勝利、通算5勝目をあげた。 個人総合では1試合のみ22位に沈んだ大会が有ったため五輪前の総合2位から順位を落としたが、2シーズン連続で3位入賞。 平昌オリンピックシーズンまで [ ] 2014-15シーズンは個人第1戦の大会で4位となるスタート。 1月4日のショーナッハ大会で2位となり、シーズン初の表彰台を獲得。 2月にで開催されたでは個人・団体とも表彰台入りはならなかったが、世界選手権後のW杯では2勝をあげ 通算7勝 、W杯個人総合では3シーズンぶりの2位となった。 2015-16シーズンは初戦の大会で2位でスタートすると、優勝こそなかったが、自身最多のシーズン8度の準優勝、4度の3位など安定した成績を残し、2年連続の総合2位となった。 2016-17シーズンは直前の札幌大会第2戦で2シーズンぶりに優勝すると、世界選手権直後の大会でも優勝し、最終的に総合3位となり6シーズン連続で総合順位3位以内に入った。 ではラージヒル個人で銀メダルを獲得すると、弟・とペアで出場した団体スプリントで銅メダルを獲得した。 世界選手権での個人メダルは自身初、団体スプリントでのメダル獲得は日本勢初だった。 2017-18シーズンは ・でのW杯開幕戦で3位となると、翌日の第2戦でシーズン初勝利をあげW杯通算10勝に到達。 1月26日から ・において3日間連続で行われた3試合で自身初の3連勝を達成し、自己最多の1シーズン4勝に到達。 また、トリプル 3試合の総合成績で優勝を争う でも優勝した。 さらに2月3日の地元大会でも優勝し、4連勝を達成。 では3種目に出場。 個人ノーマルヒルはジャンプで105. 5メートルの飛躍で首位と38秒差の3位となると、後半クロスカントリーでは前回ソチオリンピック金メダリストのフレンツェルとのデッドヒートとなった。 終盤、フレンツェルのスパートに振り切られたが、オリンピック2大会連続での銀メダルを獲得。 ラージヒルは前半のジャンプで134メートルを記録して首位に立ったが、後半クロスカントリーでは互いに風よけとなるなど協力しながら追い上げてきた、、のドイツ勢3人をかわしきれず、5位に終わった。 団体はジャンプで3位につけたが、クロスカントリーの中盤でメダル争いから脱落し、4位だった。 オリンピック後、2月2日のW杯予選でを骨折したまま出場していたことが明らかになった。 オリンピック後のW杯では3月10日のオスロ大会でシーズン5勝目をあげると、その後も安定して上位の成績を残し、3月18日の第20戦大会で3位に入った時点で、残り2戦を残して総合優勝が決定した。 日本勢の個人総合優勝は1994-95シーズンの荻原健司以来で2人目である。 さらに3月24日、25日の大会で連勝し、荻原を上回る日本人最多シーズン7勝をあげてシーズンを締めくくった。 2018-19シーズンは、開幕戦の団体戦で5年ぶりの表彰台入りとなる2位となる。 個人では開幕戦・第2戦は振るわなかったが、第3戦でのマススタート方式の大会で4位になると、それ以降出場したすべての大会で9位以内に入り、年明け後の大会でシーズン初の表彰台入りとなる2位。 優勝こそならなかったが、2位3回、3位2回で総合2位となった。 では、個人ラージヒルでは6位、団体スプリントでは4位、個人ノーマルヒルでは銅メダルを獲得。 団体ノーマルヒルではジャンプで1位オーストリアと1秒差の2位だったが、4位となった。 主な戦績 [ ] 2008年3月 オーストリア アイゼンエルツ [ ]• 個人スプリント 19位• 個人ノーマルヒル 21位• 個人ラージヒル 9位• 団体 6位 加藤大平、、 渡部暁斗、小林範仁• 個人ノーマルヒル 2位• 個人ラージヒル 6位• 団体 5位 、湊祐介、渡部善斗、 渡部暁斗• 個人ノーマルヒル 2位• 個人ラージヒル 5位• 個人スプリント 31位• 個人グンダーセン 35位• 団体 8位• 個人ノーマルヒル 33位• 団体 優勝• 個人ノーマルヒル 5位• 団体ノーマルヒル 6位• 個人ラージヒル 13位• 団体ラージヒル 5位• ( )• 個人ノーマルヒル 9位• 団体ノーマルヒル 4位• 個人ラージヒル 4位• 団体スプリント 4位• 個人ノーマルヒル 6位• 団体ノーマルヒル 6位• 個人ラージヒル 7位• 団体スプリント 6位• 個人ノーマルヒル 5位• 団体ノーマルヒル 4位• 個人ラージヒル 2位• 団体スプリント 3位• 個人ラージヒル 6位• 団体スプリント 4位• 個人ノーマルヒル 3位• 団体ノーマルヒル 4位 [ ]• 初出場 2006年3月18日 日本・札幌大会マススタート• 2017年ルカ・ツアー総合優勝• 0km 準優勝 、渡部善斗、永井秀昭、 渡部暁斗 [ ]• 2005年 ・大会• 個人スプリント 50位• 団体 8位• 2006年 ・大会• 個人グンダーセン7位• 団体 11位• 2007年 ・大会• 個人スプリント 18位• 個人グンダーセン 19位• 団体 7位• 2008年 ・大会• 個人スプリント 4位• 個人グンダーセン 13位• 団体 13位 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

渡辺けあき

渡辺 あき お

獲得メダル 銀 個人ノーマルヒル 銀 個人ノーマルヒル 金 団体 銀 個人10kmLH 銅 団体スプリント 銅 個人10kmNH 銀 2011-12シーズン 個人総合 銅 2012-13シーズン 個人総合 銅 2013-14シーズン 個人総合 銀 2014-15シーズン 個人総合 銀 2015-16シーズン 個人総合 銅 2016-17シーズン 個人総合 金 2017-18シーズン 個人総合 銀 2018-19シーズン 個人総合 銅 2015 総合 銀 2016 総合 金 2018 総合 最終更新日:2019年4月20日 渡部 暁斗 わたべ あきと、 - は、出身の競技者。 オリンピック2大会 、 個人ノーマルヒル銀メダリスト。 2017-18シーズン個人総合王者。 同じくノルディック複合競技者のは実弟。 妻はフリースタイルスキー、ハーフパイプ競技者の ()。 来歴 [ ] 在籍中のに出場。 スポーツ科学部進学後はの団体戦 、、 渡部暁斗、 で、日本の14年ぶり金メダル獲得に貢献した。 2010年1月、 W杯 ・大会で3位となり、初めてW杯個人戦の表彰台に登った。 2月にはに出場し、個人ラージヒルでは日本勢最高の9位。 ソチオリンピックシーズンまで [ ] 大学卒業後は、に所属。 12月の大会でも同順位に入ると、2月5日の ・大会で念願の初優勝を果たした。 日本人のW杯優勝は2004年3月の以来4人目である。 その後も好調を維持し、このシーズンは4勝を挙げて最終戦まで総合優勝の可能性を残した。 2012-13シーズンはで出場4種目中3種目で4位と表彰台をあと一歩で逃し続け、「(4位が)僕の居場所という感じですね」とコメントを残すなど悔しさを味わった。 しかし、世界選手権後はW杯で2大会連続で2位に入り、うち3月15日の ・大会では弟・善斗も3位に入り、1995年の荻原兄弟以来となる日本人の兄弟選手によるW杯表彰台獲得を果たした。 シーズン個人総合では3位。 2013-14シーズンは夏から好調な滑り出しを見せ、サマーグランプリでは初の総合優勝を果たした。 オリンピック前のW杯では優勝こそなかったものの、第2戦大会の2位をはじめ、3位が4回、出場10戦全てで8位以内に入る安定感を見せた。 年末にを発症するアクシデントはあったものの、オリンピック前最後のW杯となった大会でも3位に入り、個人総合2位と好調を維持してオリンピック本番を迎えた。 では初戦の個人ノーマルヒルで、前半ジャンプでトップだった から6秒差の2位につけると、後半クロスカントリーではフレンツェルと共にトップ集団を形成。 終盤までフレンツェルと互いにトップに出ながら激しく競り合い、スタジアムに入ったところで仕掛けたフレンツェルのスパートに離されたものの、4. 2秒差で2位に入り銀メダルを獲得した。 オリンピックでのノルディック複合の個人でのメダルは、で銀メダルを獲得した以来20年ぶり2人目。 次の個人ラージヒルでも2個目のメダルが期待されたが、終盤クロスカントリーでの転倒が響いてしまい6位入賞に留まった。 団体戦は5位入賞だった。 五輪後のW杯では、最終戦大会でシーズン初勝利、通算5勝目をあげた。 個人総合では1試合のみ22位に沈んだ大会が有ったため五輪前の総合2位から順位を落としたが、2シーズン連続で3位入賞。 平昌オリンピックシーズンまで [ ] 2014-15シーズンは個人第1戦の大会で4位となるスタート。 1月4日のショーナッハ大会で2位となり、シーズン初の表彰台を獲得。 2月にで開催されたでは個人・団体とも表彰台入りはならなかったが、世界選手権後のW杯では2勝をあげ 通算7勝 、W杯個人総合では3シーズンぶりの2位となった。 2015-16シーズンは初戦の大会で2位でスタートすると、優勝こそなかったが、自身最多のシーズン8度の準優勝、4度の3位など安定した成績を残し、2年連続の総合2位となった。 2016-17シーズンは直前の札幌大会第2戦で2シーズンぶりに優勝すると、世界選手権直後の大会でも優勝し、最終的に総合3位となり6シーズン連続で総合順位3位以内に入った。 ではラージヒル個人で銀メダルを獲得すると、弟・とペアで出場した団体スプリントで銅メダルを獲得した。 世界選手権での個人メダルは自身初、団体スプリントでのメダル獲得は日本勢初だった。 2017-18シーズンは ・でのW杯開幕戦で3位となると、翌日の第2戦でシーズン初勝利をあげW杯通算10勝に到達。 1月26日から ・において3日間連続で行われた3試合で自身初の3連勝を達成し、自己最多の1シーズン4勝に到達。 また、トリプル 3試合の総合成績で優勝を争う でも優勝した。 さらに2月3日の地元大会でも優勝し、4連勝を達成。 では3種目に出場。 個人ノーマルヒルはジャンプで105. 5メートルの飛躍で首位と38秒差の3位となると、後半クロスカントリーでは前回ソチオリンピック金メダリストのフレンツェルとのデッドヒートとなった。 終盤、フレンツェルのスパートに振り切られたが、オリンピック2大会連続での銀メダルを獲得。 ラージヒルは前半のジャンプで134メートルを記録して首位に立ったが、後半クロスカントリーでは互いに風よけとなるなど協力しながら追い上げてきた、、のドイツ勢3人をかわしきれず、5位に終わった。 団体はジャンプで3位につけたが、クロスカントリーの中盤でメダル争いから脱落し、4位だった。 オリンピック後、2月2日のW杯予選でを骨折したまま出場していたことが明らかになった。 オリンピック後のW杯では3月10日のオスロ大会でシーズン5勝目をあげると、その後も安定して上位の成績を残し、3月18日の第20戦大会で3位に入った時点で、残り2戦を残して総合優勝が決定した。 日本勢の個人総合優勝は1994-95シーズンの荻原健司以来で2人目である。 さらに3月24日、25日の大会で連勝し、荻原を上回る日本人最多シーズン7勝をあげてシーズンを締めくくった。 2018-19シーズンは、開幕戦の団体戦で5年ぶりの表彰台入りとなる2位となる。 個人では開幕戦・第2戦は振るわなかったが、第3戦でのマススタート方式の大会で4位になると、それ以降出場したすべての大会で9位以内に入り、年明け後の大会でシーズン初の表彰台入りとなる2位。 優勝こそならなかったが、2位3回、3位2回で総合2位となった。 では、個人ラージヒルでは6位、団体スプリントでは4位、個人ノーマルヒルでは銅メダルを獲得。 団体ノーマルヒルではジャンプで1位オーストリアと1秒差の2位だったが、4位となった。 主な戦績 [ ] 2008年3月 オーストリア アイゼンエルツ [ ]• 個人スプリント 19位• 個人ノーマルヒル 21位• 個人ラージヒル 9位• 団体 6位 加藤大平、、 渡部暁斗、小林範仁• 個人ノーマルヒル 2位• 個人ラージヒル 6位• 団体 5位 、湊祐介、渡部善斗、 渡部暁斗• 個人ノーマルヒル 2位• 個人ラージヒル 5位• 個人スプリント 31位• 個人グンダーセン 35位• 団体 8位• 個人ノーマルヒル 33位• 団体 優勝• 個人ノーマルヒル 5位• 団体ノーマルヒル 6位• 個人ラージヒル 13位• 団体ラージヒル 5位• ( )• 個人ノーマルヒル 9位• 団体ノーマルヒル 4位• 個人ラージヒル 4位• 団体スプリント 4位• 個人ノーマルヒル 6位• 団体ノーマルヒル 6位• 個人ラージヒル 7位• 団体スプリント 6位• 個人ノーマルヒル 5位• 団体ノーマルヒル 4位• 個人ラージヒル 2位• 団体スプリント 3位• 個人ラージヒル 6位• 団体スプリント 4位• 個人ノーマルヒル 3位• 団体ノーマルヒル 4位 [ ]• 初出場 2006年3月18日 日本・札幌大会マススタート• 2017年ルカ・ツアー総合優勝• 0km 準優勝 、渡部善斗、永井秀昭、 渡部暁斗 [ ]• 2005年 ・大会• 個人スプリント 50位• 団体 8位• 2006年 ・大会• 個人グンダーセン7位• 団体 11位• 2007年 ・大会• 個人スプリント 18位• 個人グンダーセン 19位• 団体 7位• 2008年 ・大会• 個人スプリント 4位• 個人グンダーセン 13位• 団体 13位 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

渡辺捷昭

渡辺 あき お

国内作家から探す(版画)• 海外作家から探す(版画)• テーマから探す• 商品サイズ 横幅)から探す• 価格帯から探す• ポスター• 国内作家から探す(ポスター)• 海外作家から探す(ポスター)• テーマから探す• 商品サイズ 横幅)から探す• 価格帯から探す• その他• ダイヤモンド・スクリーニング• スマイヤー 複製画• アートキャンバスパネル• オーダー額・マット• クレジットカード情報が弊社で閲覧・保存されることはございません。 またカード情報などの入力内容は、暗号化技術(SSL)にて送信されます。 代引手数料はお客様のご負担となります。 ポイントについて 額装品は受注生産品のため、ご注文いただいてから1点1点制作しております。 注文内容の変更や商品の返品および交換は承っておりません。 ただし、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を受け付けさせていただきます。 商品到着後、7日間以内にご連絡ください。 良品との交換をご希望されない場合は、お支払方法にかかわらず、ご指定の口座に返金させていただくものとします。 当該商品の返送および再送に要する送料などは、当社負担といたします。 万が一お客様の購入された商品に、数量の不足または瑕疵があった場合は、商品到着後、7日間以内に弊社にご連絡いただき、弊社の費用負担によって交換、または補修を行います。 なお、同等品の交換または修補が不可能な場合に限り、お客様にお支払いいただいた当該商品金額を返金いたします。 下記事項にあてはまる場合は返品をお受けする事ができませんのでご注意ください。 ・お届け後7日以上経過した商品• ・「使用」した形跡のある商品• ・お客様が破損、汚損された商品 希望納期に間に合わなかった、思っていた商品と違った、商品の交換に手間がかかったなどの理由による返品・返金、あるいは商品と関係のない代金のお支払いは一切お受けできません。 シミュレーション結果はイメージです。 必ずしも実物と同じではありませんので、不安な点は必ず事前にご確認ください。 配送について• 【お届け方法 】 西濃運輸での配送になります。 予めご了承ください。 【お届け時期について】 商品は代金決済完了後、受注生産品(オーダーフレームや額装品)に関しましては完成しだい工場より『出荷』をさせていただきます。 ・ AM9:00以前のご注文の場合…ご注文日当日を1営業日として換算します。 ・ AM9:00以降のご注文の場合…ご注文日の次の日を1営業日に換算します。 納期はあくまでも目安となっております。 商品の入荷状況や生産スケジュールの関係上、確約はできませんので予めご了承の上、ご購入ください。 送料について ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 店頭で購入の商品やカタログ掲載の商品に関する問い合わせは03-3904-3561までおかけください。 商品の出荷も原則ございません。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 メールでの問い合わせ support art-frame. net 特定商取引に関する法律に基づく表示など.

次の