ソフビ 塗装。 KAIJU REMIX SERIES 『ウルトラマン』 ベムラー ソフビ製塗装済完成品

ソフビの簡単塗装方法!【カネゴン】

ソフビ 塗装

ゴジラ・ペイントガイド PAOPAO WONDER LAND SPECIAL NOTES ゴジラ・ペイントガイド HOW TO PAINT GODZILLA! といっても、それほど難しい技や凝った技は使っていない(使えない)ので、ご自身の塗装術の基本編として活用下さい。 道具 [塗料] 私は、ソフビカラーをベースに、ラッカー系とアクリル系塗料を使用しています。 下地を侵さぬ様、重ね塗りをしたい版数だけ、塗料の種類を使う事になります。 シンナーの強さは、 ソフビカラー > ラッカー > アクリル > エナメル となっています。 例えば目は、ソフビカラーのアイボリーで下地を塗って、影と瞳をラッカー系で書き込み、その上からアクリルやエナメルのクリアーを塗るといった具合です。 シンナーの強さは、揮発性の早さにも比例していて、ソフビカラーをエアブラシする時は、最適な濃度や距離の幅がかなりシビアになります。 [塗装具] 筆とエアブラシを併用しています。 エアブラシは、高いものでなくても一つあると格段に便利です。 塗装 ・step1「爪、歯、背ビレ、目の地塗り」 最初は、ソフビカラーのアイボリーで、目(全体)、爪、背ビレの外側(広め)、口の中、舌を塗ります。 口内は、歯以外の部分も成形色を消す(隠蔽)ための地塗りとして全部塗りつぶします。 ちなみに私は、サーフェイサーは使いません。 ソフビカラーの強さと柔軟性で食い付きは問題無いからです。 爪はアイボリー100%でもOKですが、私は黄色を少量混ぜて、爪専用カラーを作り使用しています。 ・step2「目の仕上げ」 次に目の塗装。 ラッカー塗料の黄色で瞳を塗り位置を整えます。 失敗しても、ラッカーシンナーでそっと拭けば、下地までは侵食しません。 次にラッカーの黒で瞳の中心を、虹彩の部分をクリアレッドでグラデーションをかけながら書き込みます。 ivory yellow black clear red clear red shadow and clear finish 瞳の外輪は、ほぼクリアレッド100%。 内側は、薄めにして黄色に重ねるのが良いと思います。 あとは好みに応じて、白目(アイボリー)の外側やまぶたの下に黄土色等で、影というか汚しをうす〜くかけてやります。 これは虹彩の目立たない昭和ゴジラには、良いアクセントになります。 仕上げに、ベトつき防止のためソフビカラーのクリアを何回かに分けて吹き、その上からアクリルやエナメルのクリアーを塗って光沢仕上げとします。 ・step3「口内の仕上げ」 口内と舌は、薄く溶いたラッカーのクリアオレンジを、できるだけ歯にかからないように流し込みます。 ある程度の濃さになったら、クリアレッドで濃淡のアクセントをつけます。 ラッカーシンナーを含ませた毛の長めの筆で、歯を上にして包み込むようにしながら、根元を突っつく感じで塗料を溶かし、筆に染み込ませます。 筆を洗いながらそれを繰り返すと、根元はボケて歯先はアイボリーの下地が出ていい感じになります。 くれぐれも歯と歯の間の歯ぐきまで、色を落とさないように気をつけて。 ・step4「爪、背びれ口内の仕上げ」 爪と背びれは、アイボリーの内側にソフビのブラウンをエアブラシしてやります。 爪は薄めに、背びれは濃いめが良いでしょう。 その後爪はラッカーのクリアを吹いて、半光沢〜光沢にします。 ivory brown and half clear body color 背びれは本体への接着前に、ブラウンの内側に、体色をエアブラシしておくと、後が楽です。 私は、真ん中の列だけ先に接着してから、左右の列の背びれはパーツのままでこの塗装を行っています。 ivory brown body color ・step5「体」 私は平成ゴジラでは、ゴジラ向けに調合されたと推察できるVカラー(ソフビカラー)の「モンスターブルー」を標準色として利用しています。 目や爪などを必要に応じてマスクし、最初は筆で標準色+黒を、影の部分にバリバリ塗ります。 影にならないところも、シンナーを多めにして、体表の凹部に流し込むように塗り、その上から、標準色を濃淡をつけてエアブラシします。 影の部分は、標準色を筆でドライブラシしてやります。 さらに標準色+白で、明るめのところをドライブラシしてやり、最後に全体をうすめの標準色+つや消しでエアブラシしてなじませます。 これで、体表の凸凹がよりきわ立って見栄えが良くなります。 ・step6「よごし」 黄土色等を、足の甲まわりや膝頭、尻尾の下側など地面に接する場所に乗せてやり、土で汚れた感じを表現します。 これもいろいろな方法がありますが、20cmクラスでは、ドライブラシとエアブラシの併用でやっています。 30cmクラスになると、微粉を作って乗せた後、つや消しのスブレーで定着させるのも良いでしょう。 ドライブラシの時は、筆跡が残らないよう注意。 凹部に施す時は、step5のハイライト用ドライブラシの前に行うと凹部に残った感じが表現できます。 あまり、やりすぎないように注意しましょう。 つなぎとして、必ず茶系の色を吹く事をお勧めします。 ・爪の表現 爪の生え際は、体色とはっきりと塗り分けをしていますが、好みによって体色をエアブラシして、境をぼかしてもよいでしょう。 キンゴジに代表される昭和ゴジラは、ブラウンを押さえ気味にして、体色(グレー)でグラデーションをかけると、いい雰囲気です。 Godzilla 1964 Moth-Godzi Godzilla 1962 King-Godzi Godzilla 1954 First ・初ゴジ、逆ゴジ 映画がモノクロということもあり、どの程度色を乗せるかは、各自の解釈となります。 私は爪や白目用に、白にアイボリーを混ぜる以外はグレー系でまとめています。 Godzilla 1955 Gyaku-Godzi C TOHO Co. All photograph and art by Masato Matsumoto.

次の

日本が誇るソフビ工房。その手仕事の全て!「シカルナ・工房」

ソフビ 塗装

ソフビ改造でここは気をつけよう!塗装の巻 ソフビ改造でここは気をつけよう!塗装の巻 (このページの作成にあたり、神宮寺三郎さんより多大なご協力をいただきました) ここではスタンダートサイズソフビを使用した素体くん改造、また、ミニソフビを使用した装着変身改造等での、ソフビの扱いについて解説します。 ソフビ製ガレージキット等の製作等はまたノウハウが変わる場合がありますので、付属マニュアルや入門書を参照してください。 ではここでも神宮寺三郎さんの書き込みを参考に… (この前にソフビ改造五つの誓いを実行していることを前提に) 「ソフビ塗装・ジサブロ&おもさん五つの誓い!」 ひとつ!換気には気をつけること! ひとつ!エナメルは使用禁止のこと! ひとつ!ラッカーの銀は直接塗らないこと! ひとつ!違う種類の塗料を使うときは順番に注意のこと! …四つしかない それでは、個々の内容について解説します。 特にソフビ用カラー、ラッカー系などは臭いもきついですから気をつけてください。 水性アクリルは一応健康に問題はないとされていますが、やはり独特の臭い等あります。 また、エアブラシやスプレー缶を使用する際には、非常に微細な飛沫が飛びますので特に注意。 マスクも必要ですね。 思いがけないところに塗料粒が散っていることがあります。 使わない方が無難です。 ついでに書きますと、プラモに使用する際も、関節割れ等起こす可能性が高いので注意してください。 エナメルで汚しとかスミ入れとかしていて、関節割ってしまったというのはよく聞く話です。 上からコートかけていようが、しみ出す様に銀の汚れが広がってきますし、どんどんベタベタしてきます。 銀に限らず、ラッカーでメタリック系の色は使わないほうがいいでしょう。 使う場合は、ソフビ用のカラーを使う、無理な場合は、下地にソフビサーフェイサーもしくはカラーを塗ってから(それでも安全かどうかは断言できませんが)にすべきです。 (ソフビに塗装することを前提として) ・ソフビ用カラー Vカラー、ソフカラー等の商品名で売られています。 大手、もしくはガレージキット等を扱っているような模型屋さんか、東急ハンズ等で入手可能。 一瓶350円程度。 専用シンナーも必要となります。 スプレー缶もあります。 特徴としては、塗膜が強いこと。 ソフビに塗るには最適です。 乾燥も非常に早いです。 ただしそのため、筆塗りではムラになりやすい傾向があります。 充分に薄めて使うといいでしょう。 また、シンナーの臭いのきつさではトップクラスなので、扱いには注意が必要です。 ・ラッカー系カラー GGクレオスのMrカラーが代表的です。 ごく一般の模型屋さんで入手可能です。 一瓶150円程度。 専用シンナーも必要となります。 スプレー缶もあります。 特徴としては色の種類が豊富なこと。 クリアカラー、パールなどもあります。 また塗膜も割と強く、ソフビに塗ってもそうそう剥がれることはありません。 乾燥も早めです。 ・水性アクリル系カラー 水性ホビーカラー、タミヤアクリルなどがあります。 ごく一般の模型屋さんの他、玩具屋さんなどでも扱っていることが多いです。 一瓶150円程度。 売り文句の通り、水で筆洗い等可能ですが、できれば専用シンナーを用意した方がよいでしょう。 特徴としては、ラッカー系に劣らず色の種類が豊富なこと。 また、ラッカー系より身体にはよいです。 臭いも独特の甘いもので、ラッカー系シンナーほどきつくありません。 弱点は塗膜がそれほど強くないこと。 乾燥も遅く、一度に厚塗りしてしまうと 「いつまでも乾かない物体」になってしまうことがあります。 素体くん、装着変身などでのソフビ改造に使われるのは上の3種が主となります。 (ソフビ用カラーの上にラッカー系カラーの場合は確実ではありませんが) また気をつけるポイントですが、ラッカー系のサーフェイサーを吹いた上にソフビカラーというのはバツです。 サーフェイサーが溶けてしまいます。 なお、私は使ったことはありませんが、ソフビ用サーフェイサーもあります。 神宮寺さんによれば、ボークスのものが比較的お勧めとか。 (透明、艶消しになるので、ソフビの下地を活かすのに使ったそうです) と、いうところです。 「こんなやりかたもある」とか 「これもやっておくべき」などというようなことがありましたら、またお知らせいただければと思います。

次の

ソフビ・フィギュアの企画、成型、彩色、組立なら

ソフビ 塗装

ホビービルドプラスの 宇宙九太です。 (TT そんな方に、簡単に 水性塗料でも自由に塗装して しかも、 ベタベタにはならない 方法を紹介します。 すごく形はリアルになってきたソフビの カネゴンでも 整形色が黄色で、なんか 銀色が顔やボディに 吹いてあるので、少し残念な気がする・・・ 他にも、遊びすぎて 塗装が ボロボロなので、どうせなら カッコよく塗装したい場合は、まず ソフビを新品でも 遊び倒したモノでも、工場出荷時の 油分や、手で触った 油がと言うのが付着しているので、まずはよくソフビを 洗ってください。 油分や汚れが付着していると、 塗装がのりません。 水道で石鹸やボディソープで、洗うので充分ですが 汚れが酷い場合は、 食器洗い用の洗剤を使ってみて下さい。 細かい部分は、 歯ブラシ(100均のでOK などで ゴシゴシと細部まで、よく洗いましょう! 洗ったら、よく拭いて乾かしましょう。 その時に、また 手の 油分を付着させないようにしてください。 2度吹き付けましょう。 ネットでなら1コイン以下で入手可能です。 おすすめのサーフェイサー 黒など、かなり濃いカラーの場合でも、完全に 元のカラーが 見えなくなるほどまでは、吹かなくても大丈夫です。 サーフェイサーは、 模型店、 ホビーショップなどで入手可能ですが おもちゃ屋さんや、ホームセンターなどでは置いてない場合もあります けども、ネットで購入できます。 と、言うかネットの方が、 かなり お安く買えます。 カラーなどの ホビー系の 水性アクリル塗料で OKです。 ソフビ専用のカラーでなくても、今回紹介する 仕上げ方法なら大丈夫ですし むしろ高価な 専用ソフビ塗料を使っても、けっこう ベタついてきます。 怪獣などは表面的に、 筆塗りで問題ありません。 よほど大きな巨大ソフビの場合だけは、 エアブラシに 塗料を入れてスプレーしてください。 エアブラシも安いのは、ネットなら 6~7000円 くらいからあります。 塗り重ねるのも 濃い茶色(カラー)から 明るい色を、上に重ねるの順番に塗っていきましょう。 また絵具のチューブなどに入った アクリル水彩は、チューブに入れる 為の粘材(質)が入っていて、ソフビには合わないものが多いので プラモデルなど、模型用の アクリル水彩塗料を使用してください。 もちろん、 そのままの色ではなく 黒や白など調合して 自分のイメージのカラーに 塗装してください。 カネゴンは、つなぎ目に 青いカラーがあるので段差に 青を入れました。 クチの中は 黒に塗って、チャックやつまみを 銀色に塗装します。 目も白目、 瞳を塗装します。 仕上げに、 プラモデルのクリアではなくて クルマの塗装補修用のスプレーのクリアを吹けば、 ベタベタの 問題は起きません。 スプレーは、カーショップや ホームセンター ネットなどで入手可能で、300gサイズで 1本1300円程(実売価格は800~1080円) くらいで入手可能です。 ネットでなら、更に 安く 入手できちゃいます。 お薦めは か です。 1本あれば カネゴンサイズなら、吹き付け方にも よりますが20~50体は足りる容量なので 手軽さと合わせ コスパもいい方法 だと思います。 プラモデルのクリアスプレーは、安いですが絶対に NGです。 最悪の場合は、さらに ベタベタが増します。 吹付けるコツは1つだけで、 怪獣などの複雑な形も 在るので、 乾いたら 違う面~次の面と、時間を 置いて アングルを変えながら行ってください。 ただ厚塗りする必要はなくて、全体に 1膜出来たらOKです。 乾燥したら、指で触るとクリアの膜で覆えた場所との 違いが分かるので、 全体的に覆えたら OKです。 部分的な リペイントなどは、その リペイント部分が 覆えたら OKです。 吹付けはダンボールや新聞紙などを敷いてください。 クリアですが、砂やホコリなどを 固着させてしまう ことになるので予防になります。 乾燥時間はベランダなどで、晴れなら 10~20分も 置けば乾きます。 怪獣などの つや消しでいいのであれば以上で 終了です。 コンパウンドも、 模型用より クルマの塗装 (補修)用の 細目を使う方が早く出来ます。 面積が多い場合や、細かい部分は根気よくやりましょう。 電動ドリルの先端を交換したり、靴磨きや研磨専用の 電動ツールの スポンジなどで行える方は コンパウンドを付けて磨くと、時短出来て綺麗に 仕上がります。

次の