ゾフ と ジーンズ どちらが いい。 jinsとzoffはどっちが良いか?ブルーライトカット率と老眼鏡に差

JINSとZoffのどちらで買うのが良いか?軽量メガネを比較しました|アタプラ

ゾフ と ジーンズ どちらが いい

「JINS PC」のパッケージ。 このような形状で、店頭に吊されて売られている。 一般的なメガネがオーダーメイドであるのとは大きく異なる メガネを常用する人からすると「なんで度付きじゃないの?」と思うが、この販売形態ならば、メガネをかけない人 メガネ店でメガネの注文をした経験がない人 でも、あまり躊躇することなく買える。 店頭にぶら下がったパッケージを持ってレジにいきさえすれば買えるのだ。 また、日頃コンタクトをしている人ならば、JINS PCをかけることで、コンタクトをしたままPC対応ができる、というメリットもある。 こうした違いを見ると、メガネ使いのシンプルな要望に答えているのがZoff PCで、メガネは普段かけていない人への浸透を狙ったのがJINS PC、という言い方もできるだろう。 JINSはこの種の「度なし・機能付き」のメガネを「機能性アイウエア」と呼んでおり、JINS PCもそのひとつである。 青い光をカット 茶色強めの「Zoff」と薄めの「JINS」 そもそもこれらの「PC対応レンズ」を使ったメガネの仕組みは、どうなっているのだろうか? 実際のところ、JINS PCもZoff PCも、同じような仕組みである。 液晶ディスプレーからは、さまざまな波長の光がでている。 中でも目の疲れに影響していると言われるのが、紫外線から可視光の青の領域の光であるという。 そこで、メガネにフィルターをかけてこの部分の光を減らし、目への負担を軽減しよう、というのがこれらのレンズの仕組みだ。 なんのことはない、ようはサングラスと同じである。 実際のところ、大昔から「パソコン用サングラス」的なものはあった。 筆者が記憶する限りでも、20年前くらいにはパソコン雑誌の広告 後ろのモノクロの部分だ。 ああ、懐かしい にあった。 それらと最新のPC対応レンズが異なるのは、どうやらLEDバックライトの普及にあるようだ。 これらのレンズでは、LEDバックライトから特に多く出る、紫外線から可視光の青の領域をカットすることで、より目への負担を軽減しよう……というのが狙いである。 青の領域を弱くするという考え方から、JINS PCもZoff PCも、レンズはブラウンがかったものになっている。 外から見れば「ブラウンのカラーレンズ」に見えるだろう。 だがそこに、JINS PCとZoff PCの最大の違いがある。 ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

jinsとzoffの老眼鏡を比較してどちらがおすすめですか?

ゾフ と ジーンズ どちらが いい

デザイン• 掛け心地• 機能性 その中でも特に デザインと掛け心地を重視しました。 JINSは小さいところに色が入っていたり、フレームのつや「あり・なし」の違いで気に入ったデザインがありませんでした。 純黒色で掛け心地重視でいくと鼻パッドありが希望だったのですが、 長方形の黒縁フレームの種類がJINSには少なかったです。 機能性も大事だけどメガネの見た目は重要ですよね。 デザインが豊富なのはZoff JINSの次にZoffのお店へ行ったところ店舗を見渡して一目瞭然、展示してあるメガネの数が全然違いました。 デザインや種類が多いのはZoffです。 嬉しくなって思わず店員のお姉さんに「たくさん種類がありますね!」とこちらから話しかけてしまった。 それでも自分の目で確認できる同じデザインのフレームを省いても、断然Zoffの方が種類が多い。 帰ってからネットで公式サイトを確認しましたが、やはりJINSはデザインの種類が少なかったです。 値段はJINSが安い ゾフスマートに「黒縁つやなし」の気に入ったデザインのメガネがあって購入しました。 購入価格は9,000円 税別 です。 JINSではAirframeのシリーズで鼻パッドありの同等クラスのメガネが8,000円 税別 と少し安い。 Zoffはデザインにこだわったり、より軽さを考えられているメガネは10,000円を超えます。 種類は少ないですが、値段だけで見ると JINSの方が気軽にメガネを買うことができます。 ゾフは店頭とオンラインショップでメガネを販売しています。 メガネがオンラインショップで購入できるなんてすごい時代が来ましたね。 ネット通販で買うメリットはアウトレット商品がWEB限定価格で購入できることです。 レンズ付きで標準タイプが3,000円 税別 ~とかなり安い。 気に入った物があればオンラインショップで購入すれば購入価格を抑えることが出来てお得ですね。 メガネの重さを比較 価格帯が違うのですが、JINSのAirframeとZoff SMARTを比較します。 ラバーモダンエアフレームというシリーズで鼻パッドがフレーム一体型の廉価版です。 JINSの重さ 黒縁が分厚いフレームで重さが23gでした。 正直もっと重たいのかなと思っていました。 ZoffSMARTの重さ ZoffSMARTが20gでJINSより3g軽いです。 たかが3gされど3g。 一日中メガネで生活していると、この3gは大きいです。 軽くなった分、Zoffのメガネにして断然疲れにくくなりました。 フレーム、価格帯が違いますが 掛け心地はZoff 鼻パッド「あり・なし」で掛け心地が全然違います。 鼻が痛くなりにくいのと、まったくメガネがズレません。 この秘密がシリコンエアパッドを採用していて、 パッドの中が空洞になっています。 鼻に跡がつきにくいのも利点です。 軽さにこだわったJINSのAirframeは鼻パッド一体型が多いのが難点。 サイドのモダン部はZoffの方が少し締め付け感があります。 ズレないという点では良いのですが、 あまりにも窮屈なら一日中掛けているのはしんどいかも。 正直な感想は、いくらメガネが軽いからとは言っても、CMのように「メガネを掛けている感じがしない」ということはないです。 メガネかけてる感はありますが フィット感がすごくてズレることがない。 それくらいフィットしているので、モダン部を持ってちょっと広げないと片手でメガネを外すことが難しくなります。 選べるレンズの薄さと屈折率 視力が0. 01レベルの極めて近眼なのでレンズがどうしても分厚くなってしまいます。 標準レンズで画像くらいはみ出ます。 レンズを薄くしないとフレームからはみ出るけど、まぁ これくらいならまったく気にしません。 屈折率については個人によって見え方は異なりますが、 あまりにもレンズが分厚いと歪んで見えるそうです。 気になる方はオプション 追加料金 で薄型レンズに変更できます。 押し売りはしてこないので、要らない時は要らないと断りましょう。 Zoffでは屈折率1. 76の世界最薄両面非球面のレンズを取り扱っています。 レンズの厚さが薄くなり、レンズ周辺のゆがみが軽減されて見た目や見え方が良くなります。 その他オプション JINS、Zoff共にブルーライトカットや曇り止め、遠近両用、耐擦り傷、カラー、などをオプションで付けることができます。 店舗にレンズの在庫がない場合や受注生産品があって即日メガネが完成しない場合がありますので要確認です。 昔はメガネを買うなんて5万円くらいしましたから、9,000円でこれだけのクオリティのメガネが手に入るなんて驚きです。 用途に合わせて複数購入もありです。

次の

同じ日にJINSとZoffの2店でメガネを作ったので比較してみた

ゾフ と ジーンズ どちらが いい

で、話は戻りますが、「安いメガネを買ってもいいの?」という話。 これは「ユニクロを買ってもいいの?」「吉野家で食べてもいいの?」という質問と似ています。 もちろん、買いたければ買っていいのですが、価値を理解してから買うのがベターです。 僕自身、少し前にJINSのメガネを自宅用として使っていました。 レンズ込みで9900円は非常に安く、なにより魅力は「安いから気を使わなくていい」こと。 寝起きでうっかり踏んでも気にならないし、2歳の娘が汚れた手でビヨンビヨン引っ張っても笑っていられます。 実際に使って、鼻が少し痛かったことを除けば、日常ではさほど不都合はなし。 ……なのですが、1年でテンプルが外れました(!)。 まぁ、子どもが雑に扱ったせいなので、普通に使えばもっと長持ちするはずです。 とはいえ、ここ数年は「メガネ=安い物」が主流になり過ぎていると、メガネライターとしては思うのです。 ぶっちゃけ、バランスが悪い。 例えば、新入社員のときは安いスーツや鞄で働いていても、社会人になって数年が経てば、身に纏うアイテムは徐々にランクアップしてきますよね。 スーツや靴、鞄にはうん10万円かけて、インテリアや食事など、ライフスタイル全般にもお金をかけるのに、「メガネだけ安い」っていう人は案外いるのです。 これ、マジで謎なんです……。 ただし、いまは安いメガネもバリエが増えています。 先に紹介した安っぽいヒンジは5000円前後のリーズナブルなラインで使われていて、1万円前後の高額ラインには埋め込み式のヒンジを使っている、なんてケースもあるんです。 ちなみに私物のテンプルが取れたメガネもこの安っぽいタイプのヒンジでした。 安いメガネを買うときは、ぜひヒンジをチェックしてみて。 「頼りねぇな〜」と感じたものは、たぶん頼りないです。 あと、細かいところでカッティングも重要です。 フロントを上から見たときに、安いメガネは厚みが圴一。 高いメガネは中央にかけてほんの少し薄くなっています。 ミリ単位の厚みの違いですが、実はこれによってフロントの強度を保ちつつ、少しだけ軽量化しているんです。 話はドラスティックに展開しますが、大学時代に友人と「雑誌に載っている店に行ってみよう!」と3200円のトンカツを食べに行ったときのことです。 当時、学食で400円の薄いトンカツばかり食べていた自分にとって、3200円のカツは完全に非日常。 貴族の晩餐です。 で、3200円のカツは確かにウマかった。 「すわっ! これが3200円の味か!! 」と大いに興奮したものです。 とはいえ、僕が出した結論は「元も子もない」ものでした。 5000円のメガネより4万円のメガネの方が、素材の質感やパーツ、デザイン、耐久性など、あらゆる面で優れています。 とはいえ、8倍も優れているわけではありません。 400円のトンカツでも栄養はとれるし、若ければぜんぜんOK。 ってのと、同じように、安いメガネも多少の不具合があったとしても、日常的に使うことができます。 かといって、いい大人が400円のトンカツしか食べたことがないってのは、侘しくないっスかね。 「安いメガネは買ってもいいの?」 僕の答えは3割イエス、7割ノーです。 それぞれの違いを知ったうえで、自分にドンピシャなものを掛けてほしいのです! で、最後に私物の価格の答えを。 いちばん安いメガネは左中央でした〜。

次の