雷鳥 龍 サンダー ドラゴン。 【遊戯王】《雷源龍

超雷龍-サンダー・ドラゴン(チョウライリュウサンードラゴン)カード情報・考察

雷鳥 龍 サンダー ドラゴン

前回の記事はコチラ どうも、スタッフIです。 突然なんですが 【サンダー・ドラゴン】強いですよね。 私は普段はインフェルノイドをメインで使っているんですが、たまにサンダー・ドラゴンを使っているんです。 簡単に出せて強固な耐性を持った超雷龍での制圧や雷神龍での除去、相互サーチやリクルートもあって 一度立ち上がれば簡単には崩れないのが強みですよね。 CSなどの大規模な大会でも入賞しているサンダー・ドラゴン というわけで、今回はサンダー・ドラゴンは何が強いのかを主観で語っていこうと思います。 サンダー・ドラゴンってどんなデッキ? 雷族モンスターで統一されたカテゴリーです。 所属するモンスターは光属性または闇属性です。 元々サンダー・ドラゴン自体はかなり昔からいるモンスターなのですが、 『SOUL FUSION』からカテゴリー化して大幅に強化を受けました。 また融合モンスターが存在し、 普通に融合召喚する、もしくは特定の手順を踏むことで 融合魔法を使わずに 展開することができます。 現在制限カードです。 現在準制限カードです。 守備も2000あるのでやることがないときに壁にするだけでも強かったり。 雷刧龍-サンダー・ドラゴン 通常召喚できず、カオスシリーズと同じ条件で特殊召喚できます。 手札からモンスター効果が発動すると打点強化、 相手モンスターを戦闘で破壊すると墓地のカードを1枚除外してデッキから雷族をサーチ、 相手ターンのエンドフェイズに除外されている自分の好きなカードをデッキトップかボトムに仕込めます。 特に強力なのが最後の効果で、仕込むカードにはなんの指定もないので ハーピィの羽根箒や灰流うららも仕込めます。 攻撃力は雷刧龍を上回り、メインデッキのサンダー・ドラゴンの中では最大の3000! このカードの登場によって雷獣龍や雷鳥龍がなくても雷族モンスターが立つようになり、 超雷龍に繋げやすくなりました。 前述した雷刧龍との相性がとてもよく、このカードを除外してあちらをサーチでき、あちらの効果で除外したこのカードをデッキに戻すことで何度でも使い回すことができます。 先述したループがあるのでこのカードと雷族の融合モンスターがある限り サンダー・ドラゴンのリソースが尽きることはありません。 超雷龍-サンダー・ドラゴン サンダー・ドラゴンが強デッキたる所以とも言える融合モンスターです。 普通に融合召喚するか、手札から雷族モンスターの効果が発動したターンに 場の融合モンスター以外の雷族モンスターをリリースすることで融合召喚できます。 場にいる限り相手のドロー以外でのデッキからのサーチを封印、 戦闘・効果破壊される代わりに墓地の雷族モンスター1体を除外できます。 現在制限カードです。 雷神龍-サンダー・ドラゴン サンダー・ドラゴンモンスター3体で融合召喚するか、 自分の場の雷族融合モンスターと手札の雷族モンスター1体を除外することで特殊召喚できます。 除外されたモンスターを一気に3枚回収できるので基本的には雷龍融合で呼ぶことが多いです。 手札から雷族モンスターの効果が発動すると場のカード1枚を 『対象を取らずに』破壊 自身が効果破壊される場合、代わりに墓地のカード2枚を除外できます。 ミラーマッチだと雷神龍が3回ぐらい除去効果を発動するなんてことも。 基本的な動き方 手札からサンダー・ドラゴンたちの効果を発動、場に雷族モンスターを呼び出してそのまま超雷龍を呼び出します。 雷鳥龍がすでに手札にいるなら太陽電池メンなどの効果で他のサンダードラゴンをあらかじめ墓地へ送っておくのもいいですね。 こうして立てた超雷龍で手札と場を固め、雷神龍で場を崩しながら高打点で攻めるのが 【サンダー・ドラゴン】というデッキです。 強力な2種類の融合モンスターが簡単に出せる上、雷刧龍や雷龍融合のおかげで一度崩されてもほとんど息を切らさずに立て直せるリソース力がこのデッキ最大の長所です。 超雷龍のサーチ封じが多くのデッキに対して有効で、さらに前述した場もちの良さも相まって破壊以外の除去が使えないデッキだとなかなか突破できません。 以上が個人的にサンダー・ドラゴンの強いと思うポイントになります。 今後登場するカード次第ではもっと活躍できそうですね。 ここまで読んでいただきありがとうございました!.

次の

遊戯王カードWiki

雷鳥 龍 サンダー ドラゴン

どーも。 Yuyaです。 久しぶりのnoteになりますが、今回はタイトルの通りスキルインチキドローを使用した30枚構築のサンダードラゴンについてです。 個人的な話になりますが、自分は30枚デッキとサンダードラゴンには並々ならぬ愛着があり、新パックリリース以来、調整を繰り返し、一先ずの完成が見えたのと、内容が結構バレてたんでもういいかと、公開という形になります。 例の如く目次設定とか知らんので適当に綴ります。 まずは構築から。 こちらが現在使用中の構築になります。 採用カードとスキルに関して 各カードに触れているとキリ無さそうなので一部割愛。 まずスキルインチキドローについては キース固有スキル。 星5以上の自分モンスターが戦闘破壊された後の通常ドローが2枚になるものです。 使えたら非常に強力ですね。 こちらの採用を決めた理由として、雷源龍以外の全てのサンダードラゴンモンスターが上級である事、最近のイベント報酬である、アーティファクト・ヴァジュラでの防御との相性の良さです。 では、各カードについて。 雷鳥龍3枚 蘇生兼リロード。 光属性コスト。 基本は蘇生役と光属性のコストとしての運用ですが、インチキドローと雷電、雷獣合わせると手札が一気に3枚増えたりもするのでリロード効果もよく使います。 運任せですが非常に良い効果です。 雷獣龍3枚 メイン戦闘役、壁、シンクロ素材、雷龍回収、デッキからリクルートor擬似サーチ。 基本的に場に出して行くのはこいつがメイン。 2400打点なので大体戦闘は負けますが、戦闘効果破壊や除外をされても必ず後続を生み出す点、インチキドローさせる為の囮、強力な壁として運用。 雷源龍を使うと2900まで上がるので迎撃も可能。 使用した雷電のサーチで雷鳥を取り、そのまま雷獣の蘇生がテンプレの動き。 ハンドから捨てて鳥蘇生で起点にも。 サーチは非常に優秀だがステ低すぎるので基本は単なる壁か各種素材での運用。 前述の雷獣の動きで使うか、ハンド次第では直接黄金櫃や孤高除獣で除外。 それ以上は特になし。 一応雷獣とセットで4000ラインなのは覚えておくと良い。 雷源龍1枚 打点上昇。 最悪壁。 光コスト サンドラにあるかないかで相当内容を変えるカードだと個人的に思います。 主に雷劫か雷獣に。 雷獣につけると展開した後のブラマジの足止め、アレイスター付きコキュートスの殴りを返り討ち、堕天使も多くが返り討ち、寝てる融合ペトルフィン、アペライオへの奇襲。 雷劫につけると3600打点まで行くので単騎ならアレイスター付きプルガトリオを返り討ちにするライン。 因みに、知らない人が結構いるみたいですが打点500上昇は永続です。 雷獣か雷劫の効果で回収して使い回し。 雷劫龍2枚 フィニッシャー。 デッキトップ操作、サーチ、3〜5ターン目の起点。 デッキ火力維持。 サンドラの最強カード。 お手軽3100打点に墓地除外で能動的にサンドラの効果を使用可能。 墓地除外で雷族サーチ。 除外カードをデッキトップか一番下に置くなど、デッキの爆発力を維持しつつ高打点での制圧が可能で、正規召喚後なら鳥で蘇生、獣で回収してまた召喚など、除去されても繰り返し繰り返し出てくる点が非常に優秀なカードです。 サイコショッカー2枚 後ろ触るカードにコズミック、シンクロ通すのに聖槍、等と色々試しましたがどれもしっくり来ず、特にコズミックは戦闘で耐えていく性質上1000すら払うのが惜しい場面もあり、その際に目を付けました。 穴カナ、デモチェ、各種罠カードを封じて雷劫で殴るだけでも相当制圧力は高まりますし、環境のブラマジ相手に先に出したらほぼ勝ちになる点がお気に入りです。 ヴァジュラ3 基本鳥と源しか光がない中、貴重な光コストと防御札兼インチキドロートリガー。 クリボールならアド損だがこいつなら取り返せる場面は非常に多く、殴らずにいてくれるならそれはそれで防御として完全に機能。 残ればアドバンスコストやシンクロ素材としてブラロになってもらう。 欠点は場に出る性質上クリボールより安定感落ちる点。 ただアペライオには使える、魔法罠としてセットしてスクドラのコストに使えるという点はより高評価。 一長一短でクリボールと共に3積み 残りとエクストラは割愛。 大体初動と使えるカードの積み込み。 簡単な相性 ガン有利 堕天使 使い手芝系 クリストロン 微有利 ブラマジ 芝じゃない不知火 HERO 普通 BF 微不利 召喚獣 プルガトリオ 不利 霊獣 キモい 墓所 これはデータも取ってない完全な体感での主観的意見です。 相手の立ち回りの理解度によっても変わりますし、微有利と言ってるブラマジにも解答なければ瞬殺されたりと厳しい面はあります。 また、他のテーマに関しては対面して無さすぎて不明です。 ある程度想像はつきますが。 説明がめんどいのでリプレイ置いときます。

次の

サンダー・ドラゴン(遊戯王OCG)

雷鳥 龍 サンダー ドラゴン

1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。 2 :このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。 【閃刀姫】に特に刺さりそうなモンスターなのもポイント高し。 でこれ、【サンダー・ドラゴン】なら めちゃくちゃ簡単に出すことができます。 1 :このカードを手札から捨てて発動できる。 デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を手札に加える。 1 :このカードを手札から捨てて発動できる。 自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 2 :このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。 その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。 1 :このカードを手札から捨てて発動できる。 自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を選んで手札に加える。 2 :このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。 1 :このカードを手札から捨て、自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力は500アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「雷源龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。 自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。 1 :1ターンに1度、モンスターの効果が手札で発動した場合に発動する。 このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。 2 :このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地からカード1枚を除外して発動できる。 デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。 3 :相手エンドフェイズに、除外されている自分のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。 1 :自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、雷族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから雷族モンスター1体を手札に加える。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 墓地or除外リソースから《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を出せる。 《雷龍融合》からなら《雷神龍-サンダー・ドラゴン》もお手軽に融合召喚できます。 1 :雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 2 :このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。 上記展開から《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を安定運用し、相手のサーチを徹底的に封じる戦略が【サンダー・ドラゴン】の強いムーブになりそうです。

次の