茨城 国体 サッカー 速報。 第72回国民体育大会(サッカー競技) TOP|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

全配信日程|国体チャンネル

茨城 国体 サッカー 速報

日程・会場 photo by 競技日程・会場 茨城国体・サッカー競技は2019年9月29日(日)~10月3日(木)まで開催されます。 開催地は茨城県鹿嶋市とひたちなか市です。 会場は男子が卜伝の郷運動公園多目的球技場、県立カシマサッカースタジアム、北海浜多目的球技場、新浜緑地多目的球技場、高松緑地多目的球技場です。 女子はひたちなか市総合運動公園陸上競技場、ひたちなか市総合運動公園スポーツ広場です。 素晴らしい戦い。 福井ユナイテッドFC凄いな、また見たい。 茨城、スタッフも涙涙、感動のフィナーレでした。 — incensemoon insencemoon 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は3日、自転車女子や自転車少年男子、馬術少年男子、サッカー成年男子、ラグビー女子で県勢が優勝しました。 特設サイトに電子号外があります。 点差以上に差はあった試合だったかな?と。 明日、第3位をかけて 神奈川県と対戦します。 明日まで力強いご声援を鹿児島からよろしくお願いします。 — 鹿児島高専サッカー部 KncTsoccer 準決勝 VS 福井県 2-3 LOSE 純粋に悔しい。 決勝行きたかった。 蔵田岬平のドリブル突破から同点弾が生まれると、アディショナル3分に木村魁人のブザービートゴール!概ね福井ユナイテッドの福井県選抜が駒を進めた — fukupulse fukupulse 試合終了 1-2 一回戦 鹿嶋の小学生やいわきFCサポーターの皆様、など全国からたくさんの応援にお越しいただき、ありがとうこざいました。 おばちゃん、ありがとう👍 — 下條彩 4mozooo こちらも再度上げておきますね。 試合後の明るい茨城県チームのみなさん。 静岡これまでとは違い、守りにおわれる時間が長くて、らしさが出せてないかな。 後半頑張れ!!! — incensemoon insencemoon 少年男子決勝、試合終了。 静岡県 1-0 広島県 セットプレーからの虎の子の1点を守りきった静岡県、平成28年岩手国体以来3年ぶりの優勝。 開始早々に千葉寛汰選手が相手GKからボールを奪って4試合連続となるゴールを決めました。 8年ぶりの優勝に王手です!とりあえず速報でした。 — incensemoon insencemoon 国体少年男子 準決勝第二試合 香川vs広島 試合終了 0-2 広島の突破素晴らしい、それを阻止し続けた香川のDFも素晴らしかったです。 The qualifier defeats No. — スガヒコ[a. 説明不要。 個人で縦に突破し短い距離を繋いでシュート!スピードもあるし、決定力もある。

次の

少年男子V王手 茨城国体・サッカー|静岡新聞アットエス

茨城 国体 サッカー 速報

国民体育大会(国体)とは 国民体育大会(国体)とは 国体とは 国民体育大会(国体)は,昭和21年,京都府を中心とした京阪神地方で開始され,都道府県持ち回りで毎年開催されている国内最大のスポーツ大会です。 国体は,都道府県対抗方式で行われ,男女総合優勝である「天皇杯」と,女子総合優勝である「皇后杯」獲得を目指し,都道府県代表の選手達が熱戦を繰り広げます。 「東(北海道・東北・関東)」,「中(北信越・東海・近畿)」,「西(中国・四国・九州)」の3地区の輪番制で開催され,昭和63年第43回大会(京都府)から二順目となっています。 国体の目的 国体は,広く国民の間にスポーツを普及し,国民の健康増進と体力の向上を図り,地方スポーツの振興と地方文化の発展を図ることを目的として行われています。 実施競技 正式競技(37競技) 都道府県対抗で実施され,得点対象(天皇杯・皇后杯対象競技)となる37競技のことをいいます。 高等学校野球 デモンストレーションスポーツ 県内在住の方を参加対象として,県・会場地市町村・県競技団体等が合意した種目を開催します。 都道府県対抗の得点対象となりません。 個々の競技の内容や開催地などの詳細は,をご覧ください。 国体のあゆみ 過去の国体の開催地と,本県の成績は以下の通りとなっています。 回数 開催年 開催地 本県の成績 天皇杯 皇后杯 第43回 昭和63年(1988年) 京都府 27 30 第44回 平成元年(1989年) 北海道 32 39 第45回 平成2年(1990年) 福岡県 26 31 第46回 平成3年(1991年) 石川県 22 35 第47回 平成4年(1992年) 山形県 23 28 第48回 平成5年(1993年) 徳島県,香川県 19 23 第49回 平成6年(1994年) 愛知県 33 42 第50回 平成7年(1995年) 福島県 20 27 第51回 平成8年(1996年) 広島県 32 28 第52回 平成9年(1997年) 大阪府 26 31 第53回 平成10年(1998年) 神奈川県 28 21 第54回 平成11年(1999年) 熊本県 26 22 第55回 平成12年(2000年) 富山県 24 29 第56回 平成13年(2001年) 宮城県 19 21 第57回 平成14年(2002年) 高知県 29 34 第58回 平成15年(2003年) 静岡県 22 19 第59回 平成16年(2004年) 埼玉県 23 29 第60回 平成17年(2005年) 岡山県 26 28 第61回 平成18年(2006年) 兵庫県 39 40 第62回 平成19年(2007年) 秋田県 28 37 第63回 平成20年(2008年) 大分県 16 20 第64回 平成21年(2009年) 新潟県 23 22 第65回 平成22年(2010年) 千葉県 23 39 第66回 平成23年(2011年) 山口県 36 37 第67回 平成24年(2012年) 岐阜県 33 34 第68回 平成25年(2013年) 東京都 29 37 第69回 平成26年(2014年) 長崎県 31 37 第70回 平成27年(2015年) 和歌山県 32 25 第71回 平成28年(2016年) 岩手県 22 14 第72回 平成29年(2017年) 愛媛県 23 21 第73回 平成30年(2018年) 福井県 16 14 第74回 令和元年(2019年) 茨城県 1 1 第75回 令和2年(2020年) 鹿児島県 第76回 令和3年(2021年) 三重県 第77回 令和4年(2022年) 栃木県 第78回 令和5年(2023年) 佐賀県 第79回 令和6年(2024年) 滋賀県.

次の

J1鹿島の内田、サッカー少年男子を激励 茨城国体|静岡新聞アットエス

茨城 国体 サッカー 速報

国民体育大会(国体)とは 国民体育大会(国体)とは 国体とは 国民体育大会(国体)は,昭和21年,京都府を中心とした京阪神地方で開始され,都道府県持ち回りで毎年開催されている国内最大のスポーツ大会です。 国体は,都道府県対抗方式で行われ,男女総合優勝である「天皇杯」と,女子総合優勝である「皇后杯」獲得を目指し,都道府県代表の選手達が熱戦を繰り広げます。 「東(北海道・東北・関東)」,「中(北信越・東海・近畿)」,「西(中国・四国・九州)」の3地区の輪番制で開催され,昭和63年第43回大会(京都府)から二順目となっています。 国体の目的 国体は,広く国民の間にスポーツを普及し,国民の健康増進と体力の向上を図り,地方スポーツの振興と地方文化の発展を図ることを目的として行われています。 実施競技 正式競技(37競技) 都道府県対抗で実施され,得点対象(天皇杯・皇后杯対象競技)となる37競技のことをいいます。 高等学校野球 デモンストレーションスポーツ 県内在住の方を参加対象として,県・会場地市町村・県競技団体等が合意した種目を開催します。 都道府県対抗の得点対象となりません。 個々の競技の内容や開催地などの詳細は,をご覧ください。 国体のあゆみ 過去の国体の開催地と,本県の成績は以下の通りとなっています。 回数 開催年 開催地 本県の成績 天皇杯 皇后杯 第43回 昭和63年(1988年) 京都府 27 30 第44回 平成元年(1989年) 北海道 32 39 第45回 平成2年(1990年) 福岡県 26 31 第46回 平成3年(1991年) 石川県 22 35 第47回 平成4年(1992年) 山形県 23 28 第48回 平成5年(1993年) 徳島県,香川県 19 23 第49回 平成6年(1994年) 愛知県 33 42 第50回 平成7年(1995年) 福島県 20 27 第51回 平成8年(1996年) 広島県 32 28 第52回 平成9年(1997年) 大阪府 26 31 第53回 平成10年(1998年) 神奈川県 28 21 第54回 平成11年(1999年) 熊本県 26 22 第55回 平成12年(2000年) 富山県 24 29 第56回 平成13年(2001年) 宮城県 19 21 第57回 平成14年(2002年) 高知県 29 34 第58回 平成15年(2003年) 静岡県 22 19 第59回 平成16年(2004年) 埼玉県 23 29 第60回 平成17年(2005年) 岡山県 26 28 第61回 平成18年(2006年) 兵庫県 39 40 第62回 平成19年(2007年) 秋田県 28 37 第63回 平成20年(2008年) 大分県 16 20 第64回 平成21年(2009年) 新潟県 23 22 第65回 平成22年(2010年) 千葉県 23 39 第66回 平成23年(2011年) 山口県 36 37 第67回 平成24年(2012年) 岐阜県 33 34 第68回 平成25年(2013年) 東京都 29 37 第69回 平成26年(2014年) 長崎県 31 37 第70回 平成27年(2015年) 和歌山県 32 25 第71回 平成28年(2016年) 岩手県 22 14 第72回 平成29年(2017年) 愛媛県 23 21 第73回 平成30年(2018年) 福井県 16 14 第74回 令和元年(2019年) 茨城県 1 1 第75回 令和2年(2020年) 鹿児島県 第76回 令和3年(2021年) 三重県 第77回 令和4年(2022年) 栃木県 第78回 令和5年(2023年) 佐賀県 第79回 令和6年(2024年) 滋賀県.

次の