オリビア ボーエン。 デス・ショット : 作品情報

オリビアボーエンのキャッチコピー:言葉のアイデア集

オリビア ボーエン

Topics• Now Available: 2020-3-31• Now Available: 2020-2-18• Now Available: 2019-11-26• 2019-06-28• 2019-06-11• The number of registered documents exceeds 60,000. 2019-03-22• Now Available: 2018-03-27• (2017-10-17)• Now Available: 2013-12-20• Now Available:• 2010-10-21• (2010-10-06)• Now Available: 2020-06-19• Now Available: 2020-06-16• Now Available: 2020-06-01• Now Available: 2020-05-29• Now Available: 2020-05-22• Now Available: 2020-05-22• Now Available: 2020-05-21• Now Available: 2020-05-21• Now Available: 2020-05-20• Now Available: 2020-05-08• Now Available: 2020-05-07• Now Available: 2020-05-07• Now Available: 2020-04-24• Now Available: 2020-04-20• Now Available: 2020-04-17• Now Available: 2020-04-15• Now Available: 2020-04-10• Now Available: 2020-04-10• Now Available: 2020-04-07• Now Available: 2020-04-07• Now Available: 2020-04-06• Now Available: 2020-04-01• Now Available: 2020-03-27• Now Available: 2020-03-26• Now Available: 2020-03-24• Now Available: 2020-03-10• Now Available: 2020-03-10• Now Available: 2020-02-17• Now Available: 2020-02-03• Now Available: 2020-01-24• Now Available: 2020-01-08• Now Available: 2020-01-06• Now Available: 2019-12-26• Now Available: 2019-12-25• Now Available: 2019-12-18• Now Available: 2019-12-02• Now Available: 2019-11-28• Now Available: 2019-11-25• Now Available: 2019-11-06• Now Available: 2019-10-30• Now Available: 2019-10-16• Now Available: 2019-09-30• Now Available: 2019-09-27• Now Available: 2019-09-20• Now Available: 2019-09-10• Now Available: 2019-08-21• Now Available: 2019-08-20• Now Available: 2019-08-09• Now Available: 2019-08-06• Now Available: 2019-08-01• Now Available: 2019-08-01• Now Available: (2019-07-10)• Now Available: (2019-07-10)• Now Available: (2019-06-26)• Now Available: (2019-06-20)• Now Available: (2019-06-06)• Now Available: 2019-06-04• Now Available: 2019-05-30• Now Available: 2019-05-28• Now Available: 2019-05-15• Now Available: 2019-05-07• Now Available: 2019-04-26• Now Available: 2019-04-24• Now Available: 2019-04-17• Now Available: 2019-04-17• Now Available: 2019-04-12• Now Available: 2019-04-11• Now Available: 2019-04-11• Now Available: 2019-04-11• Now Available: 2019-04-08• Now Available: 2019-04-05• Now Available: 2019-04-05• Now Available: 2019-04-02• Now Available: 2019-04-01• Professor NAKAGAKI won the Ig Nobel Prize 2008 and 2010! ( ) (2010-10-02) Latest Items in this Repository 李, 容鍵 2019. 北海道大学. 博士 農学 伊藤, 資浩 2020. 北海道大学. 博士 文学 ALFIAN, HELMI 2020. 北海道大学. 博士 文学 Huang, Yiwan... [et al. ] 2019. Journal of materials chemistry A, Materials for energy and sustainability, 7 22 : 13431-13440 Fiber reinforced soft composites FRSCs have been developed recently by combining tough but soft po.... 李, 雅旬 2020. 北海道大学. 博士 文学 髙尾, 祐太 2020. 北海道大学. 博士 文学 田海, 秀穗 2020. 北海道大学. 博士 文学 鈴木, 一生 2020. 北海道大学. 博士 文学 稲吉, 真子 2020. 北海道大学. 博士 文学 Wiesfeld, Jan J.... [et al. ] 2020. Green chemistry, 22 4 : 1229-1238.

次の

Home : HUSCAP

オリビア ボーエン

スポンサーリンク• ダニエル・ラドクリフ….. 乳幼時 トビー・パプワース• 常盤祐貴• エマ・ワトソン….. 須藤祐実• レイフ・ファインズ….. 江原正士• 回想時 リチャード・ブレマー• アラン・リックマン….. 土師孝也• 幼少時 ….. 野口響• ヘレナ・ボナム=カーター….. 高乃麗• 上野容• トム・フェルトン….. 三枝享祐• 谷育子• 斎藤志郎• 田村錦人• 宮澤正• 森功至• エマ・トンプソン….. 幸田直子• ミリアム・マーゴリーズ….. 山本与志恵• デイビッド・ブラッドリー….. 浦山迅• ジェンマ・ジョーンズ• ジェームズ・フェルプス….. 尾崎光洋• オリバー・フェルプス….. 尾崎光洋• 三村ゆうな• キアラン・ハインズ….. 菅生隆之• ボニー・ライト….. 高野朱華• ジュリー・ウォルターズ….. 一龍斎貞友• マーク・ウィリアムズ….. 梅津秀行• 立川三貴• ナタリア・テナ• 郷田ほづみ• 諸角憲一• ヘレン・マックロリー….. 佐藤しのぶ• ジェラルディン・ソマーヴィル….. 田中敦子• 幼少時 エリー・ダーシー=オルデン….. 出野泉花• 辻親八• 幼少時 ロハン・ゴトベッド• エイドリアン・ローリンズ….. 後藤敦• 幼少時 ロビー・ジャービス….. 橘敏樹• 幼少期 アリエラ・パラダイス….. 諸星すみれ• ドーナル・グリーソン….. 佐藤拓也• クレマンス・ポエジー 小笠原亜里沙• アルフレッド・イーノック….. 山本隆平• 海鋒拓也• ケイティ・リューング….. 川庄美雪• 東條加那子• 辺土名龍介• 河西健吾• アフシャン・アザド• ジョージーナ・レオニダス• イザベル・ラフランド• ジェイミー・マーク•

次の

「ボストン・リーガル」のマーク・バレー、共演者アンナ・トーヴと結婚?

オリビア ボーエン

物語に登場する「」のシンボルマーク 著者 訳者 ジェイソン・コッククロフト 発行日 発行元 Bloomsbury Publishing ページ数 607 前作 次作 コード [ ] 『 ハリー・ポッターと死の秘宝』(ハリー・ポッターとしのひほう、原題: Harry Potter and the Deathly Hallows)は、のによってに発売されている子供向け。 『』シリーズの第7巻である。 日本語版はにより発売された。 小説として刊行された最後のシリーズ作品であり、当初から全7巻構想とされていたシリーズの完結巻である。 しかしに当シリーズの後日談を描いた第8巻『』(舞台脚本の書籍化)が発売されたために「完結巻」ではなくなった。 は前後編の2部に分けられ『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が2010年11月19日に、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が2011年7月15日に公開された。 ストーリー [ ] が放った死の呪文によって校長・は死亡し、として帰還したスネイプは、たちを連れて姿を消した。 スネイプに敗れたは、7年生に進級するはずだったが、にダンブルドアがハリーに遺した仕事「を滅ぼす唯一の手段である、の破壊」を遂行するため、学校には戻らず、親友のやとともに旅に出る。 しかし、困難な旅のなかで仲間割れが起きる。 苛立ったハリーは謎の遺言や、中途半端なヒントしか残さなかったダンブルドアに対して疑念と不信感を強めていく。 ハリー達が旅をしているあいだにも、ヴォルデモートと彼の率いる死喰い人の一大集団は着々と手を伸ばしていた。 ヴォルデモート達によっては乗っ取られ、魔法大臣のが殺害される。 それによって、ホグワーツもまたスネイプが校長になるといった、数々の異変が起きていた。 ダンブルドアの驚くべき真実や、母・とスネイプの間にあった知られざる哀しい過去、それによるスネイプの悲壮な覚悟と決意、そして分霊箱のありかなど、今までの6年間で明かされなかったすべての真実を解き明かしながら、避けることのできないヴォルデモートとの最終決戦に備え、準備を進めていく。 また、死喰い人はヴォルデモートの命令で、ハリーを探していた。 ハリーたちは分霊箱の手がかりを探す途中で「死の秘宝」という伝説を知る。 ほとんど知られていない古い物語に記された伝説が本当であるならば、ヴォルデモートは分霊箱以上の力を手に入れることになる。 ダンブルドア校長の遺言「吟遊詩人ビードルの物語」に、ホグワーツのレイブンクロー寮に所属するハリーたちの親友の女子生徒、の父が首から提げた印と同じものが書き込んであったことを思い出したハリーたちは、ルーナの父に会いに行く。 その印は「」のなかの「3人兄弟の物語」に出てくる、、という、3つののことを示していた。 この3つの品物こそが死の秘宝であり、ハリーたちが着いたときにはルーナは連れ去られており、死喰い人がルーナの父の家を攻撃してくる。 ハリーたちはいったんは脱出するもののすぐに捕まり、マルフォイの家に連れて行かれる。 ハリーとロンはルーナと同じ地下牢に監禁される。 屋敷しもべ妖精・ドビーの手を借りて脱出に成功するが、ドビーは亡くなり、ハリーはドビーを埋葬する。 しかし、そのころヴォルデモートは、ダンブルドア校長の墓から死の秘宝の1つであるニワトコの杖を手に入れていた。 ヴォルデモートはニワトコの杖を手にいれ、以前にも増して力を増し、世界を恐怖に陥れていた。 宿敵のハリーを殺すために、ヴォルデモートは死喰人を総動員してホグワーツ魔法学校を包囲する。 そのあいだ、ハリーは分霊箱を探しており、見つかった箱はことごとく破壊する。 ダンブルドアのいなくなった学校は今や風前の灯火となり、ほかの教師たちがなんとか攻撃を防ぎ、持ちこたえている。 多くの学生たち、先生は闇の力に圧倒される。 ヴォルデモートはニワトコの杖の威力を試そうとするが、うまく作動しない。 その原因がスネイプであると感じるヴォルデモートは、彼を殺し、持ち主の交代を図る。 そのとき、スネイプはハリーにみずからの記憶を託す。 スネイプはハリーの母に恋をしており、二人は違う寮にいることで次第に疎遠となっていき、それでも彼はずっとハリーの母のことを見守っていた。 スネイプはホグワーツ卒業後に死喰い人となり、ヴォルデモートの傘下に下る。 予言により7月の暮れにハリーが生まれるポッター家がヴォルデモートに狙われるようになり、ダンブルドアにリリーを守るよう嘆願し、その代わりにヴォルデモートとダンブルドア、二つの陣営の二重スパイとして暗躍することを約束する。 その後、リリーは失われたが、リリーの目を持ったハリーを見守り続けることを誓う。 最後の分霊箱を探していたハリーは、自分のなかにヴォルデモートの一部があることを知る。 最後の分霊箱とは、自分自身のことだったと知ったハリーは、ヴォルデモートを倒すために、ネビルに蛇(ナギニ)を殺すよう願い、みずからの命をかけて進んで行く。 ハリーは、ぼろぼろになりながらも杖を振ってヴォルデモートと対決する。 ハリーはニワトコの杖で直前呪文を唱えて自分の所有としたことを知ると、ヴォルデモートは杖を使えず、ハリーの攻撃により破壊され死亡する。 背景 [ ] J・K・ローリングは、この巻の最終章を早いうちから書き終えており、金庫にしまっておいた。 タイトル決定以前にローリングは3つのタイトルを考案していたと述べている。 最終的にタイトルは、作中に登場する道具であるにちなんで『ハリー・ポッターと死の秘宝』となり、2006年12月21日に発表された。 ライブチャットにてローリングはほかのタイトル候補に関して尋ねられると、『Harry Potter and the Elder Wand(ハリー・ポッターとニワトコの杖)』、『Harry Potter and the Peverell Quest(ハリー・ポッターとペベレル家の追跡)』だと答えた。 2007年1月、ローリングはのに滞在し、彼女の泊った部屋のの胸像に「J・K・ローリング、この部屋(652号室)にて『ハリー・ポッターと死の秘宝』を書き終える。 2007年1月11日」というサインを書き残した。 テーマ [ ] 2006年のインタビューにてローリングは、シリーズのおもなテーマは死(物語はハリーの両親の死に始まり、ヴォルデモートの不死への執着と探求が描かれる)であり 、1990年にによって彼女の母親が亡くなったことが影響していると語った。 評価 [ ] 売上と受賞 [ ] 本を購入するために深夜にに並ぶファン。 発売日前日の23時56分の様子。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』の売り上げは記録的なものだった。 『死の秘宝』のアメリカでの初版部数は1200万部で、そして100万部以上がとで予約され 、プレ・セールスは『謎のプリンス』より500パーセント高かった。 発売日には、アメリカ合衆国で830万部(1秒あたり96部以上) 、イギリスで265万部の売り上げを記録した。 これにより24時間以内に米国で最も売れたフィクションの本としてに認定された。 また、では最高で1秒あたりに15部を売り上げた。 発売から約1年後となる2008年6月までに世界中で約4400万部を売り上げた。 また、『ハリー・ポッターと死の秘宝』は複数の賞を受賞した。 2007年、『ニューヨーク・タイムズ』の注目の100冊 と注目の児童書に選ばれた。 『』誌の評論家であるマルコム・ジョーンズは本作を2007年の最も良い本とした。 また、『パブリッシャーズ・ウィークリー』は2007年のベスト・ブックスの中に『ハリー・ポッターと死の秘宝』を入れた。 2008年、は青少年向けのベスト・ブックのひとつとし 、また、注目の児童書のリストに入った。 さらに2008年、コロラド・ブルー・スプルース・ブルー・アワードを受賞した。 その他 [ ]• この巻には表紙に今までなかったが挿入されている。 著者はあるインタビュー [ ]で重要人物のうち、「2人が死に、1人が免れるだろう」と語った。 しかし、これをあるメディア [ ]が「ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人組のうち2人が死ぬ」という間違った内容で報道した。 一部メディア [ ]では「宣伝のための煽り」として批判された。 発売日前に作品内容の露呈を防止するため、発行所のセキュリティーに26億円をかけたが情報が流失し、一部が販売される。 入手した本をもとに『』で批評が載りあらすじの一部が示唆されるなどのアクシデントがあった。 日本でも英語版が、世界同時に発売され、英語版にもかかわらず書籍売上で上位にランキングするなど、異例の売上げを記録した。 小説を映画化する場合、上映時間の関係で原作の一部がカットされるのが通例で、本シリーズもそうであった。 しかし、第7巻においては、前後編に分けることによって原作内容の多くが映像に取り入れられ、原作により忠実な映像化となっている。 また本作は劇場版としては初めて原作者のが製作として直接映画に携わっている。 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』がに日米同時公開されている。 また、シリーズ初の全編3D上映を目指していた(当初は2D撮影であったが、のちに3Dでの公開が決定した)が、のちに『PART1』は3Dへの変換が公開までに間に合わないことを理由に、3D版の上映中止が決定し、2D版のみでの上映となった。 『PART2』は予定どおり、2D・3D・3Dでの上映となっている。 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 [ ]• 6億円 前作 次作 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 スタッフ(PART1) [ ]• 監督:• 製作:、、• 原作:J・K・ローリング• 脚本:• 音楽:• テーマ曲:/ PART2• 製作総指揮:• 共同製作:、• 撮影:• 美術デザイン:• 美術総監督:• 装置監督:• 編集:• 衣装:• 視覚効果監修:ティム・バーク• 特殊メイク効果:• キャスティング:• VFX:シネサイト、、、、ライジング・サン・ピクチャーズ、ほか キャスト(PART1) [ ] 役名 俳優 日本語吹替え ジョージ・ハリス 青年時 老年時 ウィリアム・メリング ルイス・コーダイル アーベン・バジラクタラジ サイモン・グローバー グレンジャー夫人 グレンジャー氏 アルダートン(Scared Man) 死喰い人(1) マーティン の男性職員 の男性職員 の男性職員 の声 の声 (回想) (回想) 青年時• 日本語版制作スタッフ• 演出:、翻訳:岸田恵子、翻訳監修:• 録音・調整:阿部直子(オムニバス・ジャパン)• 日本語版制作: ネットへの流出問題(PART1) [ ] 2010年11月17日、の冒頭36分間の映像が、ネットに流出しているとワーナー・ブラザースが発表した。 同社は声明で、「この問題を徹底調査し、関与した者の責任を法律の及ぶ最大限まで追及する」と述べている。 日本におけるキャッチコピー(PART1) [ ]• ついに、完結へ。 ソフト化(PART1) [ ] 日本ではよりブルーレイ、DVDが発売。 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 DVD版(1枚組、2011年4月21日発売)• ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 ブルーレイ(1枚組、2012年6月27日発売)• ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (3枚組、2017年4月19日発売) その他(PART1) [ ]• 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 ブルーレイコンプリートBOX(12枚組、2011年11月16日発売)• 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 DVDコンプリートBOX(17枚組、2011年11月16日発売) サウンドトラック(PART1) [ ] この節のが望まれています。 受賞・ノミネート(PART1) [ ] 賞 部門 候補 結果 美術監督: スチュアート・クレイグ 装置監督: ステファニー・マクミラン ノミネート ティム・バーク、 クリスチャン・マンツ、ニコラス・アイターディー ノミネート メイクアップ賞 アマンダ・ナイト、Lisa Tomblin ノミネート 視覚効果賞 ティム・バーク、ジョン・リチャードソン クリスチャン・マンツ、ニコラス・アイターディー ノミネート ノミネート ダニエル・ラドクリフ ノミネート エマ・ワトソン ノミネート トム・フェルトン 受賞 キス賞 エマ・ワトソンとダニエル・ラドクリフ ノミネート 格闘シーン賞 ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント vs. ロッド・ハント、アーベン・バジラクタラジ ノミネート ノミネート デヴィッド・イェーツ ノミネート ノミネート ノミネート ノミネート 撮影賞 エドゥアルド・セラ ノミネート 作曲賞 アレクサンドル・デプラ ノミネート メイクアップ賞 ノミネート 視覚効果賞 ノミネート 美術監督賞 ノミネート 撮影賞 エドゥアルド・セラ ノミネート 美術監督賞 スチュアート・クレイグ ノミネート 撮影賞 エドゥアルド・セラ ノミネート 視覚効果賞 ノミネート 撮影賞 エドゥアルド・セラ ノミネート 視覚効果賞 ノミネート テレビ放送(PART1) [ ] 回数 放送日 放送時間 テレビ局 視聴率 備考 1 2013年11月1日 金 19:56-22:54 日本テレビ - [吹替][ノーカット][初] 地上波 64分拡大 64分繰上げ 2 2016年6月17日 金 21:00-23:49 日本テレビ - [吹替][ノーカット] 55分拡大 3 2018年11月16日 金 21:00-23:29 日本テレビ - [吹替] 35分拡大 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [ ]• 7億円 スタッフ(PART2) [ ]• 監督:• 製作:、、• 原作:J・K・ローリング• 脚本:• 音楽:• テーマ曲:/ PART2• 製作総指揮:• 共同製作:、• 撮影:• 美術デザイン:• 美術総監督:• 装置監督:• 編集:• 衣装:• 視覚効果監修:ティム・バーク• 特殊メイク効果:• キャスティング:• VFX:シネサイト、、、、ライジング・サン・ピクチャーズ、ほか キャスト(PART2) [ ] 役名 俳優 日本語吹替え 赤ん坊 回想 (ノンクレジット) 幼少期 野口響 幼少期 幼少期 幼少期 橘敏樹 (幼少期) ウィリアム・メリング スカーレット・バーン ルイス・コーダイル Tony Kirwood アーベン・バジラクタラジ 、 宮澤正 Hebe Beardsall の駅員 (最終編集からカット) ピーター イアン ボグロッド () 年老いた の声 (回想) (ノンクレジット) (回想) 駅の子供 男子学生 女子学生 のガードマン• 日本語版制作スタッフ• 演出:、翻訳:岸田恵子、翻訳監修:• 録音・調整:阿部直子(オムニバス・ジャパン)• 日本語版制作: ネットへの流出問題(PART2) [ ] 2011年7月15日、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の一場面の写真がネットに流出していることが分かった。 流出した場面とは禁じられた森でネビル・ロングボトムとヴォルデモートが対決するシーンであり、背後にはベラトリックス・レストレンジの姿も写されていた。 日本におけるキャッチコピー(PART2) [ ]• これが、最後。 ソフト化(PART2) [ ] 日本ではよりブルーレイ、DVDが発売。 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 DVD版(1枚組、2011年11月16日発売)• ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 ブルーレイ(1枚組、2012年6月27日発売)• ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (3枚組、2017年4月19日発売) その他(PART2) [ ]• 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 ブルーレイコンプリートBOX(12枚組、2011年11月16日発売)• 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第7章PART2 DVDコンプリートBOX(17枚組、2011年11月16日発売) サウンドトラック(PART2) [ ] 詳細は「」を参照 興行収入(PART2) [ ] 『PART2』は全世界で公開初週末に約4億8150万ドルを稼いでおり、2009年の『』の記録(3億9400万ドル)を破っている。 2011年7月13日に26カ国で公開初日を迎え、その日だけで4360万ドルを売り上げた。 (750万ドル)、、(460万ドル)、(210万ドル)、(180万ドル)、(160万ドル)、(170万ドル)、(140万ドル)、(200万ドル)、(74万9000ドル)、(1480万ドル)、(610万ドル)、(80万8000ドル)では歴代最高の初日興行収入となった。 また、(570万ドル)、(440万ドル)、(330万ドル)、(125万ドル)では『ハリー・ポッター』シリーズとしての初日興行収入の新記録を築いた。 北米外全体での週末興行収入は3億1230万ドルであり、『』の記録(2億6200万ドル)を破った。 アメリカ合衆国とカナダでは前売券が史上最高となる3200万ドルを売り上げた。 公開深夜には4300万ドルを稼ぎ、2010年の 『』の記録(3000万ドル)を破って歴代最高となった。 また、劇場のみでの公開深夜記録は200万ドルであり、『PART1』の記録(140万ドル)を破った。 公開初日全体では約9100万ドルを稼ぎ、『』(7270万ドル)を破って歴代最高を記録し 、週末3日間では1億6920万ドルを稼いで『』(1億5840万ドル)を抜き、これもまた史上最高となった。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 出典 [ ]• Rediff News 2007年7月16日. 2007年7月16日閲覧。 MTV Overdrive video 2007年7月17日. 2007年7月19日閲覧。 Savage, Mark 2007年7月12日. BBC News. 2007年7月17日閲覧。 Cornwell, Tim 2007年2月3日. 2007年2月5日時点のよりアーカイブ。 2007年3月29日閲覧。 London. 2007年4月4日閲覧。 2007年7月30日. 2011年2月6日閲覧。 Shapiro, p. Shapiro, p. BBC News. 2007年3月15日. 2007年5月22日閲覧。 Shapiro, p. 259-260• ie Entertainment 2007年4月13日. 2007年4月23日閲覧。 Blais, Jacqueline; Anthony DeBarros 2007年7月25日. 2009年7月13日閲覧。 Rich, Motoko 2007年7月22日. The New York Times. 2009年7月13日閲覧。 Associated Press. Fox News. 2007年7月24日. 2009年7月13日閲覧。 Guinness Book of World Records 2007年7月21日. 2011年2月5日閲覧。 Phelvin, Patrick 2007年7月23日. The Daily Telegraph ロンドン. 2009年7月13日閲覧。 The Celebrity 100. Forbes. 11 June 2008. "The final one, Harry Potter and the Deathly Hallows, has sold 44 million since it was published last July, including 15 million in the first 24 hours. " Retrieved 17 July 2009• Arthur A. Levine Books 2001-2005. 2007年10月22日時点のよりアーカイブ。 2009年7月17日閲覧。 The New York Times. 2007年12月2日. 2009年7月17日閲覧。 Fleischman, Paul 2007年12月2日. The New York Times. 2009年7月17日閲覧。 Jones, Malcolm 2007年12月13日. 2011年2月5日閲覧。 Staff 2007-11-05. 254 44. の2011年6月16日時点におけるアーカイブ。 2009年7月17日閲覧。. American Library Association 2008年. 2009年5月1日時点のよりアーカイブ。 2009年7月17日閲覧。 プレスリリース , American Library Association, 2008 , 2009年7月17日閲覧。 Frankel, Daniel 2010年11月17日. 2010年11月21日閲覧。 2011年7月20日閲覧。 ロイター 2010年11月18日. 2012年7月6日閲覧。 Frankel, Daniel 2010年11月17日. 2010年11月21日閲覧。 2015年5月26日閲覧。 第6作『』までフィルチの吹替えを務めたが本作収録当時で療養中(2012年4月9日に死去)だったため変更された。 The Hollywood Reporter. 2011年7月19日閲覧。 Chu, Karen 2011年7月18日. The Hollywood Reporter. 2011年7月19日閲覧。 Boxoffice Media 2011年7月18日. 2011年7月19日閲覧。 Zemanova, Irena 2011年7月18日. ihned. 2011年7月19日閲覧。 Subers, Ray 2011年7月13日. Box Office Mojo. 2011年7月19日閲覧。 Box Office Mojo. 2011年7月15日閲覧。 msnbc. com. 2011年7月15日閲覧。 2011年7月18日閲覧。 Gray, Brandon 2011年7月16日. 2011年7月18日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2011年7月18日閲覧。 Los Angeles Times 2011年7月18日. 2011年7月18日閲覧。 MTV Movie News 2011年7月18日. 2011年7月19日閲覧。 Gray, Brandon 2011年7月18日. Box Office Mojo. 2011年7月19日閲覧。 German, David 2011年7月17日. 2011年7月19日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• - ワーナー社認定Wiki• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の