キーボード クラッシャー 現在。 【画像】キーボードクラッシャーさんの現在wwww

キーボードクラッシャーの動画まとめ。通称キボクラの現在の姿が…[空耳]

キーボード クラッシャー 現在

キーボードクラッシャーとは、怒りながらキーボードを破壊するドイツ人の少年である。 キーボードクラッシャーの他にもKBC、キボクラ、キークラ、クラッシャーなどの数々の略称がある。 動画内では、所々「ホワァー!」と夥しい奇声を上げながらキーボードをテーブルに叩きつけながら、終始興奮状態でネットゲームに打ち興じている。 初出はネット上でSNSが浸透する以前の05年末頃~で、当時14歳の少年の「キーボードクラッシャー」と銘打たれたこの動画は、youtubeやニコニコ動画などをはじめ、数々の動画サイトで伝説化している。 なお、関連動画には元ネタとなるオリジナルの他にも日本語に翻訳されたものから「逆再生」や「vsドナルド」「天国と地獄」などがある。 続いてはこちらの動画。 キーボードクラッシャーことドイツの少年は、終始母国語で取り乱していると見られるが「パンパースまだ? 大久保死んだ? おいしいの? 」「いつパン買いに行く? 」など、その発言の多くが日本語の空耳に聞こえる。 こちらはバーレーンの日本語にしか聞こえない実況映像。 観客一同、今か今かと待ち望む中、試合終了間際、バーレーンの選手がゴールを決める。 すると「一点入りよる!」「一点入りよる!」と急に嬌声を轟かせ、テンションが最高潮に達したかと思えば、その後再三に渡りここぞとばかりに日本語の空耳を連発する実況者。 ロスタイムギリギリで「一点入りよる」試合内容も然ることながら、約4分を費やし丸々畳み掛けるような空耳でしゃべくりまくる実況者も見事。 「マグロ切り身にして半値」「茂原まで自動で!」「ブロッコリーまだかな?」など、肝心のサッカーを連想させる空耳は少ないが、キーボードクラッシャーの「イスラエルにトルネードスピン」「タピオカパン」と並び空耳動画の永久保存版。 活発な子供が、純粋に物事に没頭する姿には思わず微笑ましさを覚えるもの。 しかし、動画の中で発狂するキーボードクラッシャーのように、のめり込む対象を間違えると取り返しのつかないことになってしまうこともある。 動画は本人曰くあくまでも「本気ではなく演技」とし、モニターを通じてネット依存の恐ろしさを知ってもらうのが真の狙いだったようだが、仮に演技だとしても「お前らもこのままいくと、そのうちこうなるぞ!」と言わんばかりの本物のネット依存症者顔負けのメッセージ性を秘めた迫真の演技でもって世界中にその危険性を訴えかけていることは紛れもない事実だ。 いずれにせよ「イスラエルにトルネードスピン」「タピオカパン」などの数々の空耳は、今も当時のネット黎明期に一世を風靡した「キーボードクラッシャー」を知る人々から時代を超えて現在の若者まで語り継がれ、数多くのネット民たちの頭の片隅に焼き付いていることだろう。

次の

あのキーボードクラッシャーは今... マッチョなイケメンラッパーになっていた!?: J

キーボード クラッシャー 現在

キーボードクラッシャーとは怒りながらを破壊する人の 当時 のことである。 本名は「p Nond(ド・ド)」(後程)。 は、キラ、ラ、ッシャー等である。 に登場しているとは別人である。 (念のため) 概要 からされたと、それによって作られたにより認知されるに至った。 として利用され、とも呼ばれる。 に登場した頃は、の『』 ーナメント をしていたことから「 r」と呼称されていた。 後にに輸入されるようになると「」、また等の掲載が出現するようになるとの呼び名が定着した。 なお、圏では"Ary man " 怒っている人の 、略してKなどと呼ぶ。 他にも「Der echte er」、「i」、本名の一部「p」等 時間の遅さ等、事あるごとにキレているが、本人によると全て演技。 当時の彼がだったのかだったのかはのままだった。 現存する最古のキーボードクラッシャーの番号はと、におけるも長い。 内でを扱うの看バナーにも使われている。 のにて、の例としてキーボードクラッシャーのを取り上げた。 しかし、ド氏はではないのでただとばっちりを受けただけだった。 そして、現在… は「」名義でラッパー・として活動しており、には自身のにかつての「キーボードクラッシャー」を見るを配信。 の自らの姿に終始苦笑いする元気な姿を見せた。 本人によれば、「キーボードクラッシャー」後の経緯について ・をした後、中からからかいの対になりのをやめた。 ・この頃からを染める、をやめる等してパッと見でかわからなくなるようにした。 ・しかし、進学しても相変わらず自身をからかうが後を絶たなかったので、自分をなるべくコワく見せようと体を鍛え始め、っぽいに身を包むようになった。 背が急に伸びたのもこの時期。 ・それでもなかってくるを冗談でしたところがへする騒ぎとなり、退学処分を受けた その後、別ので事。 ・でも中に自身が知れ渡っておりを受けるも採用を尽く断られた 中には「ウチでもを壊すんじゃないか」と言い放つ会社もあった。 そのため三年間は生活を強いられた(週数時間だけ働き、収わずか)。 そして有り余る余暇の中でひたすら体を鍛えた。 ・三年のの末、の就職先に辿りつき、とにたの順満帆の日々を送っている。 ・頃にを開設しており、当初はをしていたがこの時からキーボードクラッシャー疑惑が上がっており、「方はキーボードクラッシャーか?」という問いに対して否定しするというを繰り返していたが、近年に有志がを上げたことにより「これ以上は否定しようがない」と諦め、キーボードクラッシャーのを上げるようになった。 ・を受け入れ、例の以降の半生をったを開したところ、多くの雑誌に取り上げられ万再生された。 ・当初は曲を作りたいだけだったが、ラッパーが見つからなかったためも自分でやるようになった。 ・は楽曲をに活動しつつ、として「ふざけた」も作っている。 自身がで反があったことを知ってからは向けのを作るようになった。 との事だった。 では2m・体重㎏・デッ㎏を持ち上げるなど、もはやをでは済まされないな身体を持っており「」「第二の(筋々な体、へののほか、没後のためか)」等、新たな呼び名が付けられつつある。 更にへの独占も開されており、それによると ・本名は「p Nond(ド・ド)」 ・元々ではなく、を体験したことすらなかった(但し、を好んでいた) ・キーボードクラッシャーのをする以前から活動をやっていた ・の文化にを受けていて、で有名になったことを受けて自分の作品に訳を付ける様になった など、次々としていた。 空耳 を話しているはずだが、その発言の多くがに聞こえることから、が数多く作成されている。 「マンマンフラ」• 「倍数? 死んだ? おいしいの? 「にスピン」• 「に逝った」• 「まだ? 「おんこ恥ずかしいーーー」• 「脂っこい」• 「のは関係ねぇ」• 「ちゃう! 「いつ買いに行く? 「さん()」「、の事好き…かも」• 「ああ、が取れちゃった」• 「だけ…」 他に「!!」としており、人でありながらを敬う大変なである。 なお「」はで「ぶっ殺してやった」という意味なのでで使うのはお勧めしない。 キーボードクラッシャー本編 関連動画 本人に対する 関連静画 NG推奨ワード ここ最近、と関係する「」等ののが随所で確認出来るので、関連のを閲覧する際には下記のを定、の方は設定しておくと便利だと思う。 きくしま• 外部リンク•

次の

【画像】キーボードクラッシャーさんの現在wwww

キーボード クラッシャー 現在

現在の日本や先進国において、無くてはならないものがネットワークであり、コンピューター機器やスマートフォンなどの最新鋭機器です。 そのネット社会が進む状況に合わせて大ヒットしたのが、YouTubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトになります。 現在でもその勢力は落ちること無く爆発的な人気を維持しておりますが、その動画投稿サイトの初期段階ではそこまで大きな流行を示したわけではなく、2017年現在のように当たり前としてある存在ではありませんでした。 その初期段階の下支えをしたのが、キーボードクラッシャーのような面白い動画になります。 それでは、過去の動画を今現在改めて確認しましょう。 キーボードクラッシャーの動画の内容について キーボードクラッシャーは2006年の3月6日に株式会社ニワンゴが運営していたニコニコ動画専用の動画投稿サイトであるSMILEVIDEOが誕生した当日に投稿された動画です。 このキーボードクラッシャーの動画正式タイトルは「Unreal Gamer」となっております。 内容は至ってシンプルで、当時のPCのFPSゲームである「Unreal Tournament」をプレイする14歳の少年が怒りのあまりにキーボードを破壊するというなかなかハードな仕上がりです。 このキーボードを破壊する動作から、日本では「キーボードクラッシャー」と呼ばれるようになりました。 英語圏の人たちは「怒っているドイツ人の少年」という意味で「Angry German Kid」と呼ぶこともありますが、世界中で当時は見られていた動画の一つなのでパソコンや動画鑑賞が昔から好きな人たちは、それだけでも話題になってくれることでしょう。 このキーボードクラッシャーは演技? 一度キーボードクラッシャーの動画を見てしまうとわかるのですが、あまりにもぶっ飛んだ内容に非常に衝撃を受けます。 そのため、この動画そのものも大流行しましたが、違う方向性にも進化をし始めました。 それが、嘘字幕を付けて面白おかしくしてしまうという行動になります。 キーボードクラッシャーはドイツ人少年による奇行なので、台詞も何もかもがドイツ語です。 このドイツ語の台詞に英語圏の方々がパロディ的な英語字幕を大量に付けた動画が大流行しました。 この流れがニコニコ動画でも全く同じ状況で進み、面白おかしい嘘字幕を付けて公開したり、このキーボードクラッシャーの動画を元にして、動画編集や音声編集を実行して人力ボーカロイドという扱いをする強者まで誕生したので、悪のりも極まっています。 実際に、このキーボードクラッシャーを元にした有名動画はニコニコ動画でも200万再生を突破しており、ニコニコ動画の最初期時代の先駆者という認識となっております。 10年くらい前に大流行した動画は現在まだある? 探せば色々と見つかる可能性はありますが、何せ10年以上も前の動画になってしまうので、自主規制で削除した人もいれば、権利者が違法であると摘発して削除されてしまっているものがほとんどです。 当時はそこまでニコニコ動画に影響力があるとは考えなかったのか、権利者の規制も緩く、いろんな種類の動画が楽しめましたが、あまりにも流行してしまい影響力も無視できなくなってきたことから、どう考えても著作権法などに引っかかるようなものは消去されるようになります。 キーボードクラッシャーは撮影投稿した当時のドイツ人少年が著作権で色々と訴えを起こさない限りは問題ないと考えられ、今でも残っていることから、ほとんど著作権フリーのような扱いになっています。 ただし、本家の動画を配信した人を侮辱するような内容にしてしまうことは何があってもしてはいけないことです。 用法用量を守って、正しくキーボードクラッシャーをお楽しみください。 ちなみに、とあるマスコミがネット依存症の例として2014年にキーボードクラッシャーの動画を取り上げましたが、本人は何度も記載するように演技ですので、勘違いしないように注意しましょう。 キーボードクラッシャーの現在はどうなっているの? 年齢については動画撮影時の年齢が14歳ということで最低でも27歳以上であると推測されております。 というのも、この動画を投稿されたのが2006年だったが、撮影されたのが2006年かは定かではないので、完全な特定はできないです。 この動画投稿時期についても諸説あり、2002年以前に投稿されているのだから、今では30代であるという説すらあります。 ただし、動画におけるパソコンから聞こえてくる曲やエンコード期間を逆算した結果、2005年末から2006年初めに撮影したものではないのかという推論が有力視されています。 現在年齢を考えると、完全に大人と言えるでしょう。 どのような大人になったのか、気になるところではあります。 相撲取りの体型からマッチョへ キーボードクラッシャーの少年に関する情報はかなり少なく、調べるのもかなり大変ですが、現在の姿に関する画像も数枚発見することができます。 その一つが2010年は完全に相撲取りのような体型だったのに、2012年になるとびっくりするぐらいムキムキマッチョな体つきに大変化しております。 2012年の画像なので、現在の画像とも言い切れないのですが、海外のドラマや映画に出てきそうな肉体になっていたので、ネット民族からは「簡単にキーボードクラッシャーが実行できそう」とか「最強になったキーボードクラッシャー」とある意味賞賛のコメントが出ておりました。 それ以外にも現在にほど近い2016年のとある人物のツイッターより、キーボードクラッシャーの画像がアップされ、再び大きな衝撃を私たちに与えてくれました。 その2012年の画像よりさらにグレードがアップして、完全に格闘家のような仕上がった肉体となっています。 現在もこの体型を維持できているのなら、一瞬でキーボードを破壊できることでしょう。 キーボードクラッシャーで有名な少年が、クラッシャーとしても有名になれそうな衝撃画像となっております。 YouTubeやニコニコ動画の初期はここまでヒットするとは多くの方々が予想しておりませんでした。 しかし、キーボードクラッシャーのような人気に火を付ける動画が数多く出現したことで、これらの動画サイトは急激に進化し、一部の人たちからするとテレビやビデオよりも動画配信サイトを使っての動画視聴を楽しむという人もいるでしょう。 現在では、一般放送局よりも勢力圏が拡大したことで、色々なメディアに影響力を与える超巨大市場となっており、もはや「たかがニコニコ動画」とか「たかがYouTube」なんて発現ができないような時代になっております。 あまりにも多くの方々に受け入れられたニコニコ動画やYouTubeから、次代のキーボードクラッシャーのような人気動画や動画ネタ元は表れるのでしょうか。 現在の時流に乗れるキーボードクラッシャーとはどのようなものになるのでしょうか。 今現在キーボードクラッシャーを見せても流行しなかった? 動画投稿サイトは自分自身が作り上げた動画を発信する場所としては最適なので、キーボードクラッシャーのような動画を配信するのは間違いなくできるでしょう。 しかし、現在おんなじ様な行動をしたところで全くもって流行らなかった可能性もあります。 インターネットが加速度的に流行した現代社会は、流行の移り変わりが非常に激しく、5年もあったら廃れていきます。 「現在流行しているから」と考えて購入した、ゲーム機・携帯電話・パソコン・洋服・テレビなど、家電製品や日用品が一気に古いという扱いになります。 その大きなうねりの中に、動画も組み込まれてしまっており、便乗商法のように動画を投稿したところで、「現在では古い」という認識をされてしまい、数ある「誰も気にすることの無い動画」の一つとして埋没してしまう可能性が高いでしょう。 要するに、その年々、現在にあわせた時流を読んで、何が面白いのか、関心を集めるのかを理解して、動画配信を行わない限り注目を集めることは難しいと言うことです。 口で言うのは簡単ですが、これを理解して実行できるのは一握りです。 そう考えると、YouTubeやニコニコ動画が始まった時代にキーボードクラッシャーのような動画が登場したのは奇跡と言って間違いないでしょう。 さらに、このキーボードクラッシャーはいまだに動画サイトに残っているので見ることができます。 これも歴史を感じるためには重要なエッセンスと言えるでしょう。 PPAPはなぜ流行したのか キーボードクラッシャーの本家動画の長さは4分20秒程度です。 しかし、現在の考え方において、この動画は長いと認識されることがあるので、そこまで流行らなかっただろうと推測されます。 昨年流行したPPAPの動画の長さはなんと1分。 この短さがリピーターを増やした要因と言えるでしょう。 現在の人たちは時間に追われている方ばっかりなので、短いことはやはりいいことです。 しかし、短すぎて何を言いたいのかが伝われないのは論外なので、いかに短くして要点を動画の中に入れられるのかが現在の流行に乗せられるかどうかの鍵になってきます。 PPAPはその短さとインパクトを両立した時流に合った動画だったのでしょう。 キーボードクラッシャー少年は現在も元気.

次の