アイフォンの写真をパソコンに送る。 iPhoneの画像をPCに転送するには

スマートフォンからパソコンへBluetoothで画像を送る方法

アイフォンの写真をパソコンに送る

PCの画像をiPhoneに転送するには Last update 2016-08-05 01:11 パソコンに保存された写真や画像をiPhoneに転送してみましょう。 方法は簡単。 パソコンからiPhoneや、iPadに写真を転送する方法は、大きく分けて3種類。 Sponsored Link• 最も手軽な方法は、iCloudのを利用する方法。 写真や画像をiCloud専用のフォルダに保存、コピーするだけで自動的にiPhoneに転送されます。 ただし、フォトストリームは Wi-Fiにつながっている状態じゃないと使えないので、Wi-Fiがない場合はUSBケーブルをつないで転送するを試してください。 また、写真や画像をフォルダごとに分けておきたい。 という場合も、がお勧めです。 自宅や職場、学校にWi-Fiがないよ!という人は、ので、それらを利用する方法もありだと思います。 もし、1枚1枚リアルタイムに、そしてもっと手軽に転送したいのであれば、がお勧めです。 iPhoneに画像を転送するには iTunes編 転送したい画像をフォルダにまとめる まずは、iPhoneに転送したい写真や画像を準備します。 キーボードの「Winキー」と「Xキー」を同時に押します。 「ピクチャ」をクリックします。 適当な名前をつけ、フォルダを作成します。 このフォルダにiPhoneやiPadに転送したい写真を保存します。 iTunesを起動する 次に、「」を立ち上げ、iPhoneやiPadとパソコンとをUSBケーブルで接続します。 パソコンとiPhoneをケーブルで接続すると、iTunesの左上に iPhoneのアイコンが表示されます。 (時間がかかる場合があります) ここをクリックします。 「すべてのフォルダー」でもいいのですが、ここをチェックしたままだと「ピクチャー」にあるすべての写真が転送されてしまうので、「選択したフォルダー」をチェックし、先ほど作成した 「iPhoneに転送」 にチェックを入れます。 その下に転送したいフォルダーのリストが表示されるので、転送したい写真が保存されたフォルダーをチェックします。 「写真を同期」がない!?対処法 すごく多い問い合わせの1つが、「iCloudフォトがオンです」という表示になっていて、「写真を同期」というチェックボックスがない!というもの。 これは、「iCloudフォトライブラリ」がオンになっているためです。 なお、iCloudフォトライブラリについては、を参考にしてください。 iCloudフォトライブラリをオフにするには、iPhoneの 設定を開き、「写真とカメラ」をタップします。 一番上にある「iCloudフォトライブラリ」をオフ 灰色 にします。 一度ケーブルを抜いたら、もう一度差し込んでから実行してみてください。 チェックを入れると、iPhoneに転送後のiPhoneの容量が表示されます。 あまり転送する写真が多すぎると、iPhoneの容量をオーバーしてしまうので、注意してください。 最後にiTunesの右下の「適用」をクリックすると転送が始まります。 転送中は転送状態がiTunesの上の方にバーで表示されるので、このラインがなくなるまでケーブルをはずさないでください。 なお、次回以降、ケーブルを繋ぐたびに自動的に転送されるので、転送したいときは先程のフォルダに写真を保存し、iPhoneをケーブルで繋ぐだけでOKです。 iPhoneで開くには この方法で転送した画像は、「写真」を開き 画面右下の「アルバム」を開くと、フォルダごとに写真がまとめられて保存されます。 転送した写真を消すには 転送した写真を消すには、転送するフォルダの中の写真を削除するか、別のフォルダに移動させ、その後、iPhoneとパソコンをケーブルで接続し、同期するとiPhone側の写真も消えます。 iCloudのフォトストリームを利用する フォトストリームは、本来は iPhoneからパソコンにケーブルを使わずに、写真や画像を転送する便利な機能なのですが、 パソコンからiPhoneやiPadにも転送できます。 フォトストリームについて詳しく知りたい場合は、を参考にしてください。 フォトストリームでiPhoneに画像を転送する方法は、以下の2種類があります。 1枚1枚転送させる場合 まずは「エクスプローラー」を立ち上げます。 Windows8の場合は、キーボードの「Winキー」と「Xキー」を同時に押し、 表示されたメニューから「エクスプローラー」をクリックします。 「お気に入り」の中にあります。 画像選択画面になるので、iPhoneに転送したい写真をクリックします。 この方法でiPhoneに転送すると、「写真」の中の「アルバム」の中の「自分のフォトストリーム」というアルバムの中に転送されます。 しばらくすると、iPhoneに写真が転送されているはずです。 注意点としてiPhoneで開く場合、日付順に表示されるので、写真を撮影した(もしくはパソコンに保存した)日付が古いと、iPhoneのフォトストリームの下の方に紛れてしまうかもしれません。 まとめて一気に転送する エクスプローラーで「iCloudフォト」を開き、中にある「アップロード」というフォルダが有るか確認します。 この「アップロード」に保存された画像や写真は、自動的にiPhoneに転送されるので、iPhoneに送りたい画像があれば、このフォルダの中にコピーすればOK。 なお、音楽の同期と違い、iPhoneに転送したあとは「アップロード」フォルダの中にある画像を削除しても、iPhone上の画像は削除されません。 iPhoneから画像を開くには 転送された画像をiPhoneで開くには、「写真」を開き、 画面右下の「アルバム」を開き、「自分のフォトストリーム」に転送されます。 古い写真は、奥のほう(というか上の方)に表示される可能性があるので、注意してください。 パソコンからiPhoneに写真を転送する LINE編 素早く写真を転送したい!なんて場合は、LINEやFacebook経由で写真をアップロードするのが簡単です。 ちなみにしたり、もあるので参考に。 アンドロイドの場合は、右上にある「・・・」をタップします。 「友だち追加」をタップします。 「グループ作成」をタップします。 友だちに追加されました。 パソコン版のLINEにも友だちリストに表示されました。 作成したグループをパソコン側で開き、好きな写真や画像をトーク画面にドラックします。 スマートフォンのLINEに写真を送ることが出来ました。 Facebook 複数のLINEのアカウントがない。 もしくは、たくさんの写真を転送したい。 という人は、Facebookの方が手軽かもしれません。 パソコンのブラウザでFacebookにログインしたら、近況をアップデートの入力欄にiPhoneにコピーしたい写真をドラッグ・アンド・ドロップします。 アップロードが開始されます。 転送したい写真が複数ある場合は、同じように入力欄に写真をドラッグします。 アップロードが完了すると、写真のサムネイルが表示されます。 必要に応じて写真の説明(コメント)を入力します。 この時注意しなければならないのが、他人に見せたくないような写真の場合は、 公開範囲を「自分のみ」にしておくこと。 最後に「投稿」をクリックすれば、Facebookに写真が反映されます。 FacebookアプリやiPhoneのブラウザからFacebookにアクセスし、自分のタイムラインを表示させます。 すると一番上に、今投稿した写真が表示されるので、タップします。 写真が全画面表示になったら、写真をタップし続けます。 するとメニューが表示されるので、「写真を保存」をタップするとiPhoneに写真を保存出来ます。 今回はFacebookを経由したiPhoneに写真を転送する方法を紹介しましたが、Facebookのアカウントを持っていない場合は、mixiやアメーバなど同じような方法で写真を転送することができます。 iPhoneで開くには Facebook経由で保存した写真は、まず「写真」を開き、 「カメラロール」の中に保存されます。 またサムネイルは、そのフォルダの中の一番最後に更新された画像のようです。 関連ページ• どうすれば良いのでしょうか。 ご返答宜しくお願い致します。 ありがとうございます。

次の

iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存しよう!PCで整理して戻す方法も徹底解説。

アイフォンの写真をパソコンに送る

スマホの写真をパソコンに移行する方法 スマホの写真をパソコンに移行する方法は以下の通りです。 気になる写真移行方法がある場合は、直接タップしてください。 すぐに詳細を確認できます。 USBケーブルを接続してデータ移行する パソコンとスマホ間で直接写真を移行するときは、USBケーブルを使用します。 USBでスマホとパソコンを繋いだ時、スマホの画面に接続モードが出た場合は、「 ファイルを転送」や「 画像を転送」など、写真の転送ができる設定を選んでください。 AndroidスマホとiPhoneによって写真の移行方法が異なるので、該当するスマホの移行方法を確認してください。 Androidからパソコンに保存する方法 Windows 10を例に、Androidスマホからパソコンに写真を保存する方法は以下の通りです。 PCとスマホをUSBケーブルで接続• PC上に「選択してこのデバイスに対して行う操作を選んでください」の表示をクリック• PC上の「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリック• スマホのフォルダを開いても何も表示されない場合は、スマホ側でパソコンのアクセスを許可し、「Androidシステム USBファイル転送モードON」をタップし、USBの設定を行う• PCでスマホの「内部共有ストレージ」をクリックし、写真が保存されている「DCIM」フォルダをタップ• フォルダ内にある写真の中からPCに保存したい写真をパソコン内のフォルダーにコピー 上記手順でAndroidスマホの写真をパソコンに保存できます。 機種によってフォルダ名は異なりますが、基本的な操作方法は同じです。 Googleフォトアプリを開く iPhoneはアプリのインストールが必要• 初期設定および利用するGoogleアカウントを確認し、「確認」をタップ• Wi-Fi接続時、自動で写真や動画のバックアップがされるので、バックアップ終了まで待つ• 全ての写真や動画のバックアップ終了後、PCにてGoogleフォトで使用しているGoogleアカウントにログインし、Googleフォトを開く• PCに保存したい写真を選択し、「ダウンロード」をクリック 上記手順でGoogleフォトを使用してパソコンに写真を保存できます。 1度バックアップと同期設定を行っておけば、 Androidスマホなら写真撮影後のWi-Fi接続時、iPhoneならWi-Fi接続時にGoogleフォトアプリを開くと、自動で写真をGoogleフォトにアップロードします。 パソコンでGoogleフォトにアクセスする方法は、アプリとプラウザの両方が可能です。 AndroidスマホにSDカードを挿入し、写真の保存先をSDカードに設定。 既に撮影してある写真は、ファイルマネージャーアプリでSDカードに移行する• パソコンに保存したい写真をSDカードに移行後SDカードを抜き出し、PCにSDカードを挿入• PC上に「メモリカードに対して行う操作を選んでください」と表示されるので、「フォルダを開いてファイルを表示」を選択• 写真を保存したSDカード内のフォルダをPCで開く• PCに保存したい写真を選択し、PC内にコピー 上記手順でSDカードを利用して、パソコンに写真を移行できます。 メールやLINEで転送する 保存したい写真が数枚程度と少ない場合は、LINEやメールに写真を添付して送れます。 1枚1枚手動で写真の選択と、ダウンロードをしないといけないので手間がかかります。 パソコンに保存する写真数が多い場合は、クラウドサービスの使用を推奨します。 スマホの写真がパソコンに取り込みできないときの対処法 スマホの写真がパソコンに取り込みできない、写真が表示されない、写真が見れないといった問題が起きたときは、以下の対処法を試してください。 USBケーブルを差し直す USBケーブルの接続が悪い可能性があるので、スマホの写真がパソコンに取り込めないときは、 USBケーブルの繋ぎ直しを行いましょう。 USBケーブルを繋ぎ直しても写真の取り込みを行えない場合は、スマホ側の設定に問題がある可能性が高いです。 スマホ側の設定が「ファイルを転送」や「画像を転送」になっているか確認してください。 データ転送可能なUSBケーブルを使う USBケーブルには、「 充電用」と「 データ転送・充電用」の2種類あります。 スマホの純正ケーブルはデータ転送・充電用なので問題ありません。 純正ケーブル以外のUSBケーブルを使用している場合は、USBケーブルの種類を確認してください。 USBケーブルの種類によって、写真の転送にかかる時間が異なります。 大量に写真を転送する場合は、 USB 3. 1ポートを使用しましょう。 USB 2. 0とUSB 3. 1の転送速度は以下の通りです。 USB 2. 0 USB 3. 1 転送速度 1秒 60MB 1250MB USB 2. 0とUSB 3. 1の転送速度を比較すると、USB 3. 1の方が 20倍以上速いです。 USBケーブルを新たに用意する場合は、USB 3. 1ポートのUSBケーブルを購入しましょう。 スマホの写真をパソコンに移行して印刷する方法 スマホの写真をパソコンに移行して印刷する方法は以下の通りです。 アプリを使用したネット印刷• USBにデータを保存し、コンビニ・家電量販店で印刷• 自宅のプリンターとパソコンを繋ぎ印刷 上記の方法でスマホの写真をパソコンに移行して印刷・写真の現像ができます。 スマホの写真は様々なサイズで印刷・写真の現像可能なので、使い勝手も抜群です。 スマホの写真を印刷する方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。 スマホの写真をパソコンに移行する方法は、USBケーブル、クラウドサービス、SDカード、メールやLINEの4通り• USBケーブルを使用して写真をパソコンに移行する場合、スマホのUSB設定に注意• Googleフォトを使用して写真をパソコンを移行する方法が最も手間がかからず簡単• SDカードを使用して写真をパソコンに移行できるのは、Androidスマホのみ• パソコンに保存する写真の枚数が少ない場合は、メールやLINEの使用も良い• パソコンへの写真転送が上手くいかない場合は、USBケーブルを繋ぎ直し、USBケーブルの種類を確認する• 大量に写真を転送する場合は、USB 3. 1ポートのUSBケーブルがおすすめ 投稿者名: saitama スマホの使い方.

次の

【Windows10】iPhoneの画像をパソコンに取り込みたい

アイフォンの写真をパソコンに送る

iPhoneの写真など画像をパソコンに取り込むには、• や、といったWEBクラウドサービスに画像データをアップロードしてからパソコンに取り込む• など対応のアプリを使いデータを取り込む• 外付デバイスとして直接アクセスする• メールやLINE、SNSなどを介して送る といった手段があります。 今回はApple製のアプリやクラウドサービス、SNSやメールを使ったりダウンロードしたりせずに、 Windows10の標準アプリ「フォト」を使い、 iPhoneを直接接続してデータを取り込む方法をご案内いたします。 iPhone側で操作を許可する ライトニングケーブル(充電で使うケーブル)をiPhoneに挿し、パソコン本体にUSB端子を挿します。 パソコンにiPhoneを接続すると、 iPhoneの画面に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」という表示が現れますので、許可をタップします。 間違えて「許可しない」を選択してしまった場合は、USBを一度パソコンから抜いて、挿しなおして再接続してください。 安全な取外し方についてはにて説明しております。 フォトを使って写真を取り込む Windows10に標準インストールされているアプリ、「フォト」をWindows(スタート)メニューから立ち上げます。 右上にあるフォトのメニューから「インポート」をクリック、「USBデバイスから」を選択します。 「インポートする項目の選択」画面が表示されます。 取り込みたい写真をクリックしてチェックマークを入れ、 「選択した項目のインポート」ボタンをクリックして取り込みます。 保存先を指定したい場合などは「 インポートの設定」をクリックして設定完了後、「選択した項目のインポート」ボタンを押します。 枚数が少ないのでさっくりまとめたい場合は「月ごと」、枚数が多く日付で確認したい場合は「日付ごと」などお好みで選択を変えると管理しやすいでしょう。 パソコンにデータを移動するからiPhoneの容量を空けたいなどの理由があれば、チェックをいれて削除してもいいかもしれません。 指定したインポート先(特に設定しない場合はピクチャフォルダ)にフォルダが作成され、パソコン内に保存されました。 エクスプローラーで直にiPhoneへアクセスする フォトを使わずに、外付けドライブとしてエクスプローラーで直にiPhoneのファイルを覗いたり、パソコンにデータをコピーすることもできます。 エクスプローラーのショートカットメニュー「PC」の「デバイスとドライブ」から「Apple iPhone」を開きます。 そのApple iPhoneの階層下、Internal Storage、DCIM以下がカメラ関係のフォルダです。 PC > デバイスとドライブ > Apple iPhone > Internal Storage > DCIM > 100APPLE 写真や動画は「100APPLE」に入っています。 保存したい画像データを選び、パソコンの保存したい場所へ手動でコピーを保存できます。 データの拡張子がHEICで編集できないとお困りの方は、をあわせてご確認ください。 パソコンからiPhoneを安全に取り外す Windows(スタート)メニューから「設定」(歯車アイコン)をクリックして「Windowsの設定」画面を開きます。 「デバイス」をクリックして「Bluetoothとその他のデバイス」画面を開きます。 「その他のデバイス」から「Apple iPhone」を選択すると、削除ボタンが現れます。 「デバイスの削除」をクリックすると、パソコンとの接続が切断されます。 ケーブルからiPhoneを取り外します。 または、パソコンの電源OFF後にも安全にiPhoneを取り外すことができます。

次の