画像 切り抜き サイト。 画像の切り抜き・切り取り・トリミング

画像を自動切り抜きする便利な無料サイトremove bgの紹介

画像 切り抜き サイト

ポチッと押すだけでハイ終了。 インスタグラムの登場で画像加工は当たり前になった。 色合いや明るさの調整くらいなら冒頭のようにワンタッチである。 一方、いまだ面倒くさい加工の1つが 人物の切り抜き。 誰かキレイに切り取ってくれないかな……そう思ったことがある人は私(中澤)以外にもいるだろう。 だが、そんなイライラとも今日でおさらば。 ワンクリックでAIが透過画像を作ってくれるサービスが凄すぎた! 複雑な髪の毛のラインも5秒で自然に切り抜けるゥゥゥウウウ!! ・無料オンラインサービス そのサイトの名前は『remove. bg』という。 登録やアプリダウンロードなどをする必要はなく、画像をアップすることで加工される無料オンラインサービスだ。 ・どこまでやれるのか サイトの説明によると、AIが人物を検出し背景を切り取るようである。 これが本当ならば画期的なサイトだが、問題は、 AIがどこまで正確に人物を判別できるのかということ。 そこで試してみることにした。 まずは、比較的背景が分かりやすい画像から。 サイトの「Select a photo」を押し、フォルダから画像を選択すると…… 一瞬で表示! 「Select a photo」を押す前から数えてガチで5秒くらいである。 画像アップロード後から表示されるまでなら1秒かかってないかもしれない。 まさに秒速で加工された。 しかも、 ハネ気味の髪の毛のラインまでバッチリ切り取られている。 AIスゲェェェエエエ! ・複雑な髪型ならどうか? この時点である程度使えるサイトであることは明らかだが、 はたしてどこまで対応できるものなのか? 切り取るのが超絶面倒くさいボンバーヘッドをしているバンド・フリサトのボーカル水本有で試してみることに。 「Select a photo」で画像を選択。 表示されたのは…… 自然なボンバー! 通常なら範囲指定するだけで鬱になりそうな水本有の髪型も一発!! SUGEEEEEEE! どうやら、形状自体の複雑さについては問題なく切り抜ける模様。 考えてみると、AIの得意分野かもしれない。 それでは 背景が複雑な場合はどうだろう? 正確に人物を認識することはできるのだろうか? 外で撮った写真で試してみたところ…… 認識したァッ!! 右手首が少し欠けたのと切り取り残しが少しあるものの、人の形はほぼ完璧。 便利すぎる! 写真によってはフォトショップいらずなこのサイト。 今後、本当にフォトショップなしで全ての切り抜きをこなせるようになるかもしれない。 参照元: Report:.

次の

WEBブラウザ上で簡単に透過PNG画像を作成できるツール

画像 切り抜き サイト

remove. bgの使い方 remove. bgの使い方は簡単です。 トップページにある「Select a photo」をクリックして画像をアップロードするか、ネットにアップした画像のURLを入力するだけです。 あとは自動で切り抜きが完成します。 加工は5秒で完成すると書かれていますが…本当に あっという間に人物だけを切り抜いた透過画像が完成しました!しかも…精度が高い! ただし…完成した画像は「500px」固定になっているので…使い道が限られますがブログやYouTubeのアイキャッチ画像や、ネットショップのバナーだったら活用出来そうなサイズです。 IllustratorやPhotoshopを使って画像を重ねるとこんな感じに仕上げる事も可能です。 とはいえ…背景があまりにもゴチャゴチャした写真だと切り抜きが微妙な場合もあります。 それと、人物が立っている場合などは…このように縦長のPNG画像が完成します。 とにかく簡単に人物写真を切り抜いて透過PNG画像を作ってくれるのでお試しを!話題になったのも納得の精度でした!それじゃ!また!.

次の

PCでweb画面の一部を切り取り、貼り付け

画像 切り抜き サイト

Contents• 画像の背景を削除(スマホも可) — remove. PC版 無料で使えますが制限があります。 その場合は有料版があります。 remove. bgの使い方 パソコンの中の画像をアップロードかファイルをドロップするだけで背景を削除してくれます。 自分の好きな背景に重ねることが出来ます。 画像でも出来ます。 アイコンでやってみます。 「色」をクリックすると背景色が選べます。 背景の種類、こんなにあります。 たまにアイコンの背景変えるのもいいですね。 背景を削除したい写真を選びます。 PCよりポップな感じですね。 まとめ 今までは背景を切り抜くって本当に大変でした。 こんなに簡単に出来るサービスがあるのですね。 ブログをやってる人は、なるべく画像に時間をかけずに更新スピードをあげましょう。 はい(汗).

次の