関東 梅雨 明け 2019 予想。 千葉県の梅雨入り・梅雨明け情報

関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

関東 梅雨 明け 2019 予想

2019年の関東甲信越の梅雨明け予想! 梅雨の時期になるとジメジメした空気と 暑さで気が滅入ってしまいますよね。 そんな時に思うのが、 「 早く梅雨明けないかな」 という事だと思います。 そこで2019年の梅雨明け時期を 一足早く、予想してみます。 まずは、過去の梅雨明け時期と平年の 梅雨明け時期から予想をしてみます。 特に気になる事は、 都心を含めた関東甲信越の梅雨が 早く明けるかという事だと思います。 しかし、 残念ながら、現時点で関東甲信越の 梅雨明けが早いかどうかの判断は つきません。 ただ、 こういう天候になれば梅雨は 早く帰るという事は説明できます。 その状況を知って、 2019年の梅雨明けを一早く 察知しましょう! 2019年関東甲信越の梅雨明けを過去と平年の明けから予想! 過去の関東甲信越の梅雨明けは、 以下の様になっています。 1980年:7月21日 1981年:7月 8日 1982年:8月 4日 1983年:7月26日 1984年:7月22日 1985年:7月15日 1986年:7月27日 1987年:7月23日 1988年:7月31日 1989年:7月19日 1990年:7月18日 1991年:7月23日 1992年:7月19日 1994年:7月12日 1995年:7月23日 1996年:7月11日 1997年:7月19日 1998年:8月 2日 1999年:7月23日 2000年:7月16日 2001年:7月 1日 2002年:7月20日 2003年:8月 2日 2004年:7月13日 2005年:7月18日 2006年:7月30日 2007年:8月 1日 2008年:7月19日 2009年:7月14日 2010年:7月17日 2011年:7月 9日 2012年:7月25日 2013年:7月 6日 2014年:7月21日 2015年:7月10日 2016年:7月29日 2017年:7月 6日 2018年:6月29日 昨年の異例の6月末明け以外は、 基本的に 7月から遅くても8月に 明ける事が多いです。 また、平年では、 7月21日に梅雨が明ける事が 気象庁から発表されています。 つまり、平年通りになら、 この時期付近に明ける事が 予想されます。 なるべくなら早く明けて欲しいと 思いますが、水不足等の様々な 問題が考えられるので、 難しい所ですね。 スポンサード・リンク 関東甲信越の梅雨明けは早い?梅雨明けが早くなる時期の特徴! 関東甲信越の人は得に梅雨明け時期が 気になるのではなないでしょうか? 東京では電車通勤もあり、 傘をさして、歩いて会社に向かう方も 多いかと思われます。 そんな関東甲信越の梅雨明けは 早いかと言われると、現時点では、 断言できません。 しかし、 2018年の異様に早い梅雨明けの 天候情報を参照して、 梅雨明けが早くなる特徴を ご紹介は出来ます! 2019年の関東甲信越が早い梅雨明けになる特徴は? 2018年は、 異様に梅雨明けが早い 年でした。 6月29日に明けるという 平年よりも 一ヶ月近く早く、 梅雨が明けた事に驚かれた方も 多かったと思います。 どうして、あの様な早い梅雨明けが 起こったかと言うと、 平年よりも 太平洋高気圧の 強まるタイミングが早かった為です。 そして、 同時にチベット付近に広がる チベット高気圧が 日本付近に張り出してきた為です。 太平洋高気圧とチベット高気圧、 このダブル高気圧によって、 2018年は異例の速さの 梅雨明けを迎えました。 2018年の様に、 ダブル高気圧がまた起こる可能性は 低いと考えられますが、 太平洋高気圧が強まるタイミングが 早まれば、関東甲信越、それどころか 日本全体の梅雨明けが早くなると 考えられます。 天気予報でこの事を注意しながら 見てみると、他の人よりも 梅雨明け情報をいち早く キャッチできると言えます。

次の

気象庁

関東 梅雨 明け 2019 予想

平年の関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ? 平年の関東の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 過去の気象庁のデータを調べてみると、 平年の関東の梅雨入りは6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろとなっています。 2020年 関東の梅雨入り時期を予想! 五月病も乗り越えて、元気に勉強や仕事に励み始めたと思ったら、すぐにジメジメ梅雨の時期……。 でも、あらかじめ心づもりをしていれば、少しは気分も楽なハズ! まずは2020年の関東の梅雨入りの時期を過去68年のデータから検証しちゃいましょう~。 気象庁の1951年から2018年までの関東の梅雨入りの過去データを見ると、一番早い梅雨入りが5月6日ごろ。 逆に最も遅い梅雨入りは6月22日ごろとなっていて大きな開きがあります。 とはいえ、5月6日だけがとびぬけて早いので、2020年も5月上旬に関東が梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 過去68年間のデータを見ても56回(89%)が、6月前半に梅雨入りしています。 さらに、梅雨入りの平年時期は6月8日。 また、過去5年間では全て6月前半に梅雨入りしています。 これらのことを考える 2020年の関東地方の梅雨入りは5月28日~6月10日くらいとなると予想されます。 誰もが気になる2020年の関東の梅雨明け時期はいつくらいになるのでしょうか? こちらも、気象庁の1951年から2018年までの68年間の過去データを見てみますと、最も早い関東の梅雨明けは6月29日ごろで、最も遅い梅雨明けが8月4日ごろとなっています。 8月の梅雨明けは過去68年のうち、たったの4回となっていますので、8月まで梅雨が長引く可能性はかなり低そうです。 また、68年間の梅雨明けの日の平年時期は7月21日、過去5年間においては7月上旬が2回、7月下旬が2回となっています。 このことから、 2020年の関東の梅雨明けの時期は7月11日から7月25日くらいになることが予想されます。 4倍とかなり大きな差があります。 とはいえ、55日以上の超長梅雨になったのは過去3回のみ。 また、2014年から2018年の過去5年間における関東の梅雨期間の平均は38日、過去68年間の平均41日間とほとんど変わっていません。 例年どおりなら2020年の関東の梅雨期間は38日から44日の間となるでしょう。 なお、関東の梅雨の傾向として、梅雨明けが宣言されてからも少しぐずついた天気が続きます。

次の

2020関東の梅雨入り明け予想!今年はいつからいつまで?

関東 梅雨 明け 2019 予想

平年の関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ? 平年の関東の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 過去の気象庁のデータを調べてみると、 平年の関東の梅雨入りは6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろとなっています。 2020年 関東の梅雨入り時期を予想! 五月病も乗り越えて、元気に勉強や仕事に励み始めたと思ったら、すぐにジメジメ梅雨の時期……。 でも、あらかじめ心づもりをしていれば、少しは気分も楽なハズ! まずは2020年の関東の梅雨入りの時期を過去68年のデータから検証しちゃいましょう~。 気象庁の1951年から2018年までの関東の梅雨入りの過去データを見ると、一番早い梅雨入りが5月6日ごろ。 逆に最も遅い梅雨入りは6月22日ごろとなっていて大きな開きがあります。 とはいえ、5月6日だけがとびぬけて早いので、2020年も5月上旬に関東が梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 過去68年間のデータを見ても56回(89%)が、6月前半に梅雨入りしています。 さらに、梅雨入りの平年時期は6月8日。 また、過去5年間では全て6月前半に梅雨入りしています。 これらのことを考える 2020年の関東地方の梅雨入りは5月28日~6月10日くらいとなると予想されます。 誰もが気になる2020年の関東の梅雨明け時期はいつくらいになるのでしょうか? こちらも、気象庁の1951年から2018年までの68年間の過去データを見てみますと、最も早い関東の梅雨明けは6月29日ごろで、最も遅い梅雨明けが8月4日ごろとなっています。 8月の梅雨明けは過去68年のうち、たったの4回となっていますので、8月まで梅雨が長引く可能性はかなり低そうです。 また、68年間の梅雨明けの日の平年時期は7月21日、過去5年間においては7月上旬が2回、7月下旬が2回となっています。 このことから、 2020年の関東の梅雨明けの時期は7月11日から7月25日くらいになることが予想されます。 4倍とかなり大きな差があります。 とはいえ、55日以上の超長梅雨になったのは過去3回のみ。 また、2014年から2018年の過去5年間における関東の梅雨期間の平均は38日、過去68年間の平均41日間とほとんど変わっていません。 例年どおりなら2020年の関東の梅雨期間は38日から44日の間となるでしょう。 なお、関東の梅雨の傾向として、梅雨明けが宣言されてからも少しぐずついた天気が続きます。

次の