格安 sim 乗り換え 準備。 格安SIMへの乗り換え手続きに必要なものや手順ってどんなもの?|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

【格安SIM契約方法まとめ】乗り換えの流れ、必要なもの、どこで契約できるかを徹底解説!

格安 sim 乗り換え 準備

契約にもよりますが格安SIMは1年くらい使えば、違約金なしに他の格安SIMへ乗り換えることができます。 乗り換えるメリットは、キャンペーンで格安スマホが安く手に入ったり、キャッシュバックや月額割引などの特典がもらえることです。 MNP転出手数料で3000円かかりますが、キャンペーンで1万円〜2万円程度の特典をもらうことができます。 実際にやってみましたが、すごくあっさりMNPできます。 MNPをすることで、新しい格安スマホに割安に機種変できたり、キャンペーンで月額割引やキャッシュバックがもらえたりします。 格安SIMのサイズの変更は変更手数料が3000円程度かか理、新しいSIMが届くまでスマホが使えない期間が発生したりします。 他の格安SIMヘMNPすれば、キャンペーンで収支がプラスになり、指定のSIMサイズにすることができ、そしてスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 SIMカードのサイズを変更したい場合も、どうせなのでMNPした方がお得で簡単です。 単に解約して、別の格安SIMを新規契約するだけです。 通話SIMの場合にMNPができます。 格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法の目次• この間も今使っているスマホで電話やネットができる。 届いた格安SIMをスマホに入れてAPNの設定を行う。 SIMを入れ替えた時にスマホでネットや電話ができなくなる。 開通手続き後、数秒でSIMカードを入れたスマホでネットと電話が使えるようになる。 ステップ1:次に使う格安SIMを選ぶ お得なキャンペーンを探す まず最初に他の格安SIMへMNPする場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOを探します。 格安SIMを初めて使う場合、知っている会社だとか、友人や家族が使っているからと言った理由で選ぶケースが多いですが、格安SIMを使っている人の場合は、格安SIMがどんなものか大体わかっているので、キャンペーン重視で乗り換えが行われます。 格安SIMの場合、大手キャリアと異なり、他社からMNPする場合と新規契約との差はありません。 どちらも同じキャンペーンが適用されます 極一部のMVNOでMNPの場合によりお得になる場合がありますが、極一部すぎるので無視です。 ただし、格安SIMのみ申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOと、格安SIMと格安スマホをセットに申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOなどがあります。 下記のページでそれぞれの場合に分けて、よりキャンペーンのお得度の高いMVNOをランク付けしているので参考にしていてください。 格安スマホとセットで申し込んだ方が割引額やキャッシュバック額が多かったりするので、今使っているスマホを1年以内に買い替えが必要そうな場合は、格安スマホとセットに申し込むことをオススメします。 SIM替えにオススメ、BIGLOBEモバイル SIMのみ申し込む場合でオススメなのがBIGLOBEモバイルです。 BIGLOBEモバイルを選ぶのは、単純にキャンペーンのお得度が高いからです。 BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。 SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。 格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。 初期費用込みでも、Redmi Note 9Sが実質9299円 税込 、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円 税込 、ZenFone Live L1が実質2963円 税込 など、超お得に手に入ります。 2020年8月31日までのキャンペーンです。 通信速度の速い格安SIMを探す キャンペーンのお得度は大きな決め手ですが、それだけで決めるとあとあと通信速度が遅くて後悔する場合があります。 このサイトでは格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測した結果を元に通信速度のランキングを行なっているので、検討している格安SIMの通信速度の参考にしてみてください。 少し遅いと評価している格安SIMは基本的には避けた方がいいですが、中には通信速度以外の強みがある場合もあるので、ケースバイケースで検討してみてください。 今回はIIJmioのタイプDからBIGLOBEモバイルのタイプDヘMNPすることにしました。 BIGLOBEモバイルを選んだ理由は、キャンペーンのお得度が高いためです。 BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中で普通、可もなく不可もなくと言ったところです。 auのスマホはau系の格安SIM マルチSIM で使えます。 ソフトバンクのスマホはドコモ系とソフトバンク系の格安SIM ドコモ系の電波がやや不利 で使えます。 それ以外は、説明するのも超面倒な組み合わせになっているので自力で調べてみてください・・。 今使っているスマホのSIMのサイズがマイクロSIMの場合は、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMならナノSIMを選んで下記の変換アダプターを使うことをオススメします。 変換アダプターのご利用は自己責任でお願いします ステップ2:今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行する MNP予約番号をオンラインで発行する 今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行してもらいます。 MNP予約番号を発行する上での注意点は3つです。 発行するのに最大4日かかる場合ある• 発行するだけで手数料がかかるMVNOがある• 発行されたら2日以内にMNPの手続きをする必要がある とりあえずMNP予約番号を発行しておこうというのはやめた方がいいです。 必要な時にMNP予約番号を発行して、発行されたらすぐMNPの手続きをする必要があります。 ということを頭に入れて、MNP予約番号をオンラインで発行します。 IIJmioは会員専用ページにログインすると「MNP予約番号の発行・確認」というリンクがあります。 「MNP予約番号の発行・確認」をクリックすると、IIJmioで契約している通話SIMのリストが出てきます。 IIJmioの通話SIMはmicroSIM マイクロSIM で契約して、SIMカッターでnanoSIMにして使っていました。 接触が微妙に悪く、SIMを交換したいと思っていたのですが、どうせなのでMNPすることにしました。 MNPの場合はスマホが使えなくなる期間なしで手続きができます MNPしたい通話SIMを選択して次へ進みます。 確認画面が出てきます。 3年以上契約しているので、違約金もなしです。 IIJmioは2年以上契約するとIIJmioプレミアム特典[長得]として毎年3GBのプレゼントがもらえるのですが、それよりキャンペーンを行なっている他の格安SIMへMNPした方がお得です。 IIJmioだけでなく、ほとんど全てのMVNOが違約金がなくなったら他の格安SIMヘMNPしたほうがお得に使えます。 MVNOの中には、格安SIMを返却しないと罰金をとるMVNOがあります。 その場合は郵便局のミニレター 62円 に入れて郵送しておきます。 IIJmioは建前上お願いしているだけで、返却の必要はないのでMNPの手続きが終わったらゴミ箱へ捨てるだけです。 チェックボックスに全てチェックを入れて「申し込む」をクリックします。 これで発行手続きは完了です。 MVNOによっては発行手続きをするだけで手数料を取るMVNOが極一部でありますが、IIJmioの場合は発行手続きだけでは手数料は発生しません。 実際にMNPした時に、MNP転出手数料として3000円がかかります。 MNP転出手数料の相場は2000円〜3000円です 極一部のMVNOで5000円徴収したりします MNP予約番号が発行されるまでの実際の日数 どのMVNOでもMNP予約番号の発行完了まで4日程度かかると記載されていますが、IIJmioの場合は1日ちょとで番号が発行されました。 MNP予約番号はEメールで届きます。 有効期限は15日です。 23時に番号が発行されたので実質14日みたいなものです。 ちなみにIIJmioはデータSIM2枚と通話SIM1枚を契約しています。 このうち3年5ヶ月契約していた通話SIMをBIGLOBEモバイルへMNPです。 ステップ3:MNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNPする MNP予約番号をもらったら、2日以内にMNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNP手続きをする必要があります。 MNP予約番号には有効期限がありますが、ほとんどの格安SIMはMNP予約番号の有効期間が10日〜13日以上残っている状態で手続きをするようにとの記載があります。 この記載を無視して、有効期限が短くなったMNP予約番号で申し込んだ場合、どうなるのかわかりませんが、わざわざ不要なリスクを取る必要はないです。 MNP予約番号をもらったらさっさとMNPの手続きをすることをオススメします。 格安SIMの管理人はIIJmioからBIGLOBEモバイルへMNPしましたが、他の格安SIMでも基本的には同じような流れになります。 必要なのは、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、そして本人確認書類 免許証や保険証等 です。 必要な本人確認書類は格安SIMごとに微妙に異なったりするので、免許証を持っていない場合は必要な本人確認書類を確認しておいてください。 どの格安SIMでも免許証だけは本人確認書類として認められています。 MNPで乗り換える場合も、今使っている格安SIMは手続き中はそのまま使うことができます。 新しい格安SIMが届いて、開通手続きをすると、今使っている格安SIMが使えなくなり、新しい格安SIMが使えるようになります。 ステップ4:届いたSIMカードを入れて開通手続きをする MNP予約番号を使って格安SIMを申し込むと、2日程度で格安SIMが自宅に届きます。 そのまま何もせずに数日経つと自動的に開通手続きが完了して、今使っている格安SIMは使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 自分で開通手続きをすると数分から1時間程度で、今使っている格安SIMが使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 放置だと、いつ切り替えになるのかはっきりしないので、格安SIMが届いたら自分で開通手続きをすることをオススメします。 電話やネットで簡単に開通手続きをすることができます。 開通手続きのやり方は、格安SIMと一緒に届く書類に記載されています 開通手続きが終わったら、あとは必須なのはAPNの設定をするくらいです。 APNの設定も一緒に届いた用紙に記載されていると思います。 契約していた格安SIMは自動的に解約完了 開通手続きが完了すると、今まで使っていた格安SIMは自動的に解約になります。 実際にかかった費用 MNP転出手数料 3000円 IIJmioへの支払い 初期費用 3394円 BIGLOBEモバイルへの支払い 合計で6394円かかりました。 実際のメリット は時期によって微妙に変わりますが、だいたいは同じようなお得度になります。 今回の手続きでは下記の特典をもらいました。 SIMのみの変更でも6000円のプラス、格安スマホとセットで申し込むとキャンペーンのお得度が上がるので1万円程度はプラスになる感じです。 単純にSIMサイズを変更すると3000円の手数料がかかって、スマホが使えなくなる期間が2日ほど発生しますが、MNPして新しいSIMのサイズにすればスマホが使えなくなる期間なし&プラス収支で手続きができます。 通話SIMのSIMサイズを変更したい場合は、MNPすることを強くオススメします。 おすすめの格安SIM• BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。 BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。 割安に使えるキャンペーンも積極的です。 UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。 通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。 auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。 LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータの消費なしに使えます。 LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。 SNS系サービスを良く使う場合にオススメの格安SIMです。 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。 シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。 通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。

次の

【完全版】UQモバイルへの乗り換え手順を最初から最後まで徹底解説

格安 sim 乗り換え 準備

格安SIMからドコモへ乗り換えメリット• 快適な速度で利用できる 格安SIMに比べて、ドコモは通信速度が速いです。 そのため、動画配信サービスで映画やアニメなどを楽しみたい人、ゲームをプレイする人にとっては、使い勝手が良く快適です。 格安SIMが決して遅い訳ではありませんが、より操作性の向上を図るにはドコモへの乗り換えがおすすめ。 通話プランが充実している 格安SIMに比べてキャリアのプランでは通話がお得になるでしょう。 ドコモでも、かけ放題オプション月額料金1,700円や、5分通話無料オプション月額料金700円などがあり、使い過ぎてしまう心配が軽減されます。 家族割やキャンペーンが充実している ドコモなどの大手キャリアでは家族で割引されるキャンペーンや、学生が割引されるキャンペーンなども格安SIMと比べて充実しているといえるでしょう。 こうした独自キャンペーンをしっかり利用することで、案外格安SIMとそんなに変わらない料金で利用することも可能です。 最新機種が使える ドコモに乗り換えることで、格安SIMでは扱っていない 最新機種が使えます。 基本的に、格安SIMは少し前のモデルとなるスマホなどを扱っているため、優れた機能を有する新機種は販売されていません。 その点、ドコモでは話題の新機種を購入できるので、格安SIMから乗り換えるひとつのメリットといえるでしょう。 5Gに対応できる ドコモに乗り換えることで、次世代ネットワークとして注目されている 5Gに対応できます。 格安SIMにおいては、現状 5Gには対応していません。 今後どうなるかはわかりませんが、 「高速・大容量」「低遅延」「多数接続」という優れた特徴をもつ5G対応機種を使いたい人は、ぜひドコモへ乗り換えを検討してください。 格安SIMからドコモ乗り換えでかかる費用 画像引用元: 格安SIMからドコモへ乗り換える際にかかる費用は下記になります。 格安SIM MVNO事業者 のMNP手数料一覧 格安SIM 最低利用期間 解約・MNP転出にかかる費用 12ヶ月または24ヶ月 プランで異なる ・ 3,000円 最低利用期間以降 ・ 12,800円~15,000円 最低利用期間中 2019年10月1日以降に契約の場合なし プランで異なる 3,000円 25ヶ月 ・ 3,000円 26ヵ月目以降 ・ 12,500円 7ヵ月目以降 ・ 15,500円 6ヵ月目以内 スマホプランの場合なし 3,000円 12ヶ月 ・ 3,000円 最低利用期間以降 ・ 12,500円 最低利用期間中 2019年10月1日以降はなし 3,000円 社名をクリックして公式サイトの解約費・MNP手数料について確認ができます。 他の格安SIMについても必ず確認をしておくことをおすすめします。 契約事務手数料 契約事務手数料とは、ドコモに対して支払う費用のことです。 ドコモでは契約事務手数料は 3,000円となります。 ただし、オンラインショップで契約すると不要となりますので、お得になることを知っておいてください。 端末購入費用 新たな端末の機種代金も、乗り換えする際にかかる費用です。 場合によっては数十万円となる場合もありますので、それなりにかかると考えておきましょう。 また、分割支払いにする際は、を利用すると 頭金・事務手数料が不要となるのでおすすめです。 格安SIMからドコモに乗り換えの際の注意点 格安SIMからドコモに乗り換える際は、下記にご注意ください。 乗り換え注意点3つ• 手数料がかかること• 解約時期によっては違約金が発生する• アドレス等の引継ぎに注意 手数料がかかる 乗り換えの際は、 MNP転出手数料が必要です。 上述した通り、多くのキャリアでは 3,000円かかりますので、出費は避けられないと理解しておきましょう。 先ほどもMNPにかかる費用で記載した表の通り、解約のタイミングや契約プランによっては1万円程度の解約金+MNP手数料がかかるので、しっかり確認をしておきましょう。 解約時期によっては違約金が発生する 使っているキャリアを解約する際、 契約更新月以外に解約すると違約金が発生します。 そのため、いつに解約をすると違約金がかからないか、乗り換えを検討している人は事前にキャリアに問い合わせをするなどして確認しておきましょう。 アドレス等の引継ぎに注意 乗り換え MNP では電話番号はそのまま使えますが、 アドレスは引き継げません。 また、アプリについても引き継ぐ場合はそれぞれ適切な方法を取らなければ、今までのデータ等が消えてしまう場合があります。 多くのアプリやWEBサイトでは、登録の際にメールアドレスを使用するため、引継ぎには十分ご注意ください。 MNPに必要なもの• MNP予約番号• 本人確認書類• クレジットカードまたは、金融機関の口座番号 MNP予約番号を取得したら、 本人確認書類 運転免許証や個人番号カード を準備してドコモショップ、もしくはドコモオンラインショップで手続きを行います。 店舗またはオンラインショップのいずれにしても、乗り換え手続きをするにはMNP予約番号と本人確認書類が必要です。 そして、支払いに使う クレジットカード、または 金融機関の口座番号も用意しておきましょう。 新しい端末を購入する ドコモに乗り換えた際に使用する機種を購入します。 ドコモオンラインショップで購入すると、店舗ではかかる 事務手数料や、頭金が不要になるためお得でおすすめです。 をまとめているので、比較したい方はこちらをチェックしてみてください。 もあるので、まだ機種を決めいていない方は是非こちらもチェックしてみてください。 利用開始設定と切り替え手続きをする 機種を購入したら、電池パックやUIMカードの確認とともに、データ移行を行いましょう。 そして、ドコモのUIMカードを端末に挿入すると利用できます。 なお、ドコモオンラインショップからログインをして 「切り替え手続き」を選択し、 「開通前のご確認事項」をタップしてください。 「受付確認メールの送信先を確認」を選び次の画面に進むと内容確認画面になりますので、問題なければ注文確定をタップ。 これで、格安SIMからドコモへの乗り換えは完了です。 ドコモへ乗り換え MNP で利用できるキャンペーン 格安SIMからドコモに乗り換え MNP でかかる費用を見て、意外とかかるように感じた方もいるでしょう。 しかしドコモでは乗り換え MNP の際に割引になるお得なキャンペーンが充実しています。 ここからは、ドコモの乗り換え MNP の際に知っていて欲しいお得なキャンペーンについて解説していきます。 2020年3月25日から始まったキャンペーンで、5G対応機種を購入する際は非常にお得になります。 はじめてスマホ購入サポート 画像引用元: 手続き内容 対象機種 割引額 購入時にオンラインショップ価格から割引き 他社4G回線からXiへののりかえ MNP ・iPhone SE 64GB ・iPhone SE 128GB ・iPhone SE 256GB 22,000円割引 進呈ポイント 他社4G回線からXiへののりかえ MNP ・iPhone 11 64GB ・iPhone 11 128GB ・iPhone 11 256GB ・iPhone 11 Pro 64GB ・iPhone 11 Pro 256GB ・iPhone 11 Pro 512GB ・iPhone XR 64GB ・iPhone XR 256GB ・iPhone XS 64GB ・iPhone XS 256GB ・iPhone XS 512GB ・iPhone XS Max 64GB ・iPhone 8 64GB ・arrows Be3 F-02L ・Google Pixel 3a ・Galaxy S10 SC-03L ・Xperia Ace SO-02L ・Xperia 5 SO-01M ・AQUOS zero2 SH-01M ・AQUOS sense3 SH-02M ・LG style2 L-01L ・らくらくスマートフォン me F-01L 20,000pt ・iPhone 7 32GB ・Galaxy A20 SC-02M 15,000pt ・キッズケータイ SH-03M 5,000pt 端末購入割引は、 他社4G回線からXiへの乗り換え MNP で、端末価格から割引、またはdポイントが進呈されるという内容です。 対象機種とともに、割引価格や進呈ポイント数は定期的に変更されるので、利用前に必ずチェックしておきましょう。 対象機種はiPhone22機種とAndroid17機種で、 最大12ヶ月分の支払いが不要となります。 大変お得に新機種を購入できるキャンペーンなので、ぜひ活用してください。 対象となる機種はドコモで販売されている全機種ですが、商品の状態によって下取り価格は大きく異なりますので、事前にホームページでチェックしておきましょう。 なお、端末に不備がある場合は下取り不可となる可能性もゼロではありません。 また、乗り換えの場合は auやソフトバンクのスマホも下取りの対象です。 端末代金をお得にするだけでなく、 月々の使用料を安くするキャンペーンもあることを知っておきましょう。 みんなドコモ割 みんなドコモ割は、 代表回線から三親等以内であれば、同居・別居を問わず、ファミリー割引グループ内にて条件を満たすと割引が受けられます。 対象プランはギガプランで、 2回線で500円・3回線以上は1,000円の割引です。 ドコモ光セット割 ドコモ光セット割は、インターネットとスマホを一緒に契約することで、 永年1,000円の割引が受けられるキャンペーンです。 ギガプランを契約している人が割引対象となりますので、事前に把握しておきましょう。 ネットをどこと契約しようか悩んでいる人は、管理もしやすくなりますのでドコモでまとめることを検討してみてください。 月々の利用料を dカードかdカード GOLDにて支払うことで、 毎月170円の割引が受けられます。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 ギガホ割やdカードお支払い割などが適用されると、 毎月最大6ヶ月間は4,980円となるお得な料金プランです。 毎月多くのデータ容量を使用する人におすすめ。 動画やゲームなどを存分に楽しみたい人におすすめで、5Gギガホ割やdカードお支払い割などが適用されると、 最大6ヶ月間は4,480円となります。 ただし、 5G対応機種を使用している人のみ契約できるプランとなりますのでご注意ください。 ステップ1からステップ4までに分けられていて、最大7GBまで使用できます。 普段あまりデータ容量を消費しない人にとっては、非常におすすめ。 最大7GBまでと使えるデータ量は同じですが、 5G対応スマホを契約している人が対象となります。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモの格安スマホでおすすめの機種には、安いだけではなく画面が大きかったり使いやすかったりなど多種多様なプランやオプションがあります。 実際に、オンラインショップでできる料金シミュレーションで計算すると、ドコモの格安スマホは月々2,772円で利用可能です。 ドコモの […]• ドコモで購入したスマホにはロックがかかっているので、同じスマホでauやソフトバンクのSIMカードはそのままでは使えません。 もしドコモ以外の携帯会社のSIMカードを使いたい場合は「SIMロック解除」しなければなりません。 つまり、SIMロック解除をすれば自由に携帯電 […]• 大手携帯キャリアのドコモにて、新規契約をする際は審査が実施されます。 審査に通過しなければ契約できないため、何としてでも通過したいところです。 そこで今回は、ドコモの新規契約審査について、基準や審査落ちとなるケースを解説していきます。 あわせて、審査に通過でき […]• インターネットとスマートフォンをセットで利用するとお得になることが多いため、キャリアであわせて契約する人は少なくありません。 ドコモでは、「ドコモ光パック」というものがあり、長きに渡り人気の料金プランとして提供されています。 そこで今回は、ドコモ光パックとはどういう […]• グローバル化が進んでいるため、仕事やプライベートなどさまざまなシーンにおいて海外にてスマートフォンを使えることは重要です。 そこで、ドコモから提供されている「海外パケ・ホーダイ」が注目されています。 この記事では、「海外パケ・ホーダイ」とはどういった内容なのかを解説 […].

次の

格安SIMに移行する前に連絡先、アドレス帳のデータバックアップをしよう!

格安 sim 乗り換え 準備

契約にもよりますが格安SIMは1年くらい使えば、違約金なしに他の格安SIMへ乗り換えることができます。 乗り換えるメリットは、キャンペーンで格安スマホが安く手に入ったり、キャッシュバックや月額割引などの特典がもらえることです。 MNP転出手数料で3000円かかりますが、キャンペーンで1万円〜2万円程度の特典をもらうことができます。 実際にやってみましたが、すごくあっさりMNPできます。 MNPをすることで、新しい格安スマホに割安に機種変できたり、キャンペーンで月額割引やキャッシュバックがもらえたりします。 格安SIMのサイズの変更は変更手数料が3000円程度かか理、新しいSIMが届くまでスマホが使えない期間が発生したりします。 他の格安SIMヘMNPすれば、キャンペーンで収支がプラスになり、指定のSIMサイズにすることができ、そしてスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 SIMカードのサイズを変更したい場合も、どうせなのでMNPした方がお得で簡単です。 単に解約して、別の格安SIMを新規契約するだけです。 通話SIMの場合にMNPができます。 格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法の目次• この間も今使っているスマホで電話やネットができる。 届いた格安SIMをスマホに入れてAPNの設定を行う。 SIMを入れ替えた時にスマホでネットや電話ができなくなる。 開通手続き後、数秒でSIMカードを入れたスマホでネットと電話が使えるようになる。 ステップ1:次に使う格安SIMを選ぶ お得なキャンペーンを探す まず最初に他の格安SIMへMNPする場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOを探します。 格安SIMを初めて使う場合、知っている会社だとか、友人や家族が使っているからと言った理由で選ぶケースが多いですが、格安SIMを使っている人の場合は、格安SIMがどんなものか大体わかっているので、キャンペーン重視で乗り換えが行われます。 格安SIMの場合、大手キャリアと異なり、他社からMNPする場合と新規契約との差はありません。 どちらも同じキャンペーンが適用されます 極一部のMVNOでMNPの場合によりお得になる場合がありますが、極一部すぎるので無視です。 ただし、格安SIMのみ申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOと、格安SIMと格安スマホをセットに申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOなどがあります。 下記のページでそれぞれの場合に分けて、よりキャンペーンのお得度の高いMVNOをランク付けしているので参考にしていてください。 格安スマホとセットで申し込んだ方が割引額やキャッシュバック額が多かったりするので、今使っているスマホを1年以内に買い替えが必要そうな場合は、格安スマホとセットに申し込むことをオススメします。 SIM替えにオススメ、BIGLOBEモバイル SIMのみ申し込む場合でオススメなのがBIGLOBEモバイルです。 BIGLOBEモバイルを選ぶのは、単純にキャンペーンのお得度が高いからです。 BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。 SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。 格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。 初期費用込みでも、Redmi Note 9Sが実質9299円 税込 、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円 税込 、ZenFone Live L1が実質2963円 税込 など、超お得に手に入ります。 2020年8月31日までのキャンペーンです。 通信速度の速い格安SIMを探す キャンペーンのお得度は大きな決め手ですが、それだけで決めるとあとあと通信速度が遅くて後悔する場合があります。 このサイトでは格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測した結果を元に通信速度のランキングを行なっているので、検討している格安SIMの通信速度の参考にしてみてください。 少し遅いと評価している格安SIMは基本的には避けた方がいいですが、中には通信速度以外の強みがある場合もあるので、ケースバイケースで検討してみてください。 今回はIIJmioのタイプDからBIGLOBEモバイルのタイプDヘMNPすることにしました。 BIGLOBEモバイルを選んだ理由は、キャンペーンのお得度が高いためです。 BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中で普通、可もなく不可もなくと言ったところです。 auのスマホはau系の格安SIM マルチSIM で使えます。 ソフトバンクのスマホはドコモ系とソフトバンク系の格安SIM ドコモ系の電波がやや不利 で使えます。 それ以外は、説明するのも超面倒な組み合わせになっているので自力で調べてみてください・・。 今使っているスマホのSIMのサイズがマイクロSIMの場合は、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMならナノSIMを選んで下記の変換アダプターを使うことをオススメします。 変換アダプターのご利用は自己責任でお願いします ステップ2:今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行する MNP予約番号をオンラインで発行する 今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行してもらいます。 MNP予約番号を発行する上での注意点は3つです。 発行するのに最大4日かかる場合ある• 発行するだけで手数料がかかるMVNOがある• 発行されたら2日以内にMNPの手続きをする必要がある とりあえずMNP予約番号を発行しておこうというのはやめた方がいいです。 必要な時にMNP予約番号を発行して、発行されたらすぐMNPの手続きをする必要があります。 ということを頭に入れて、MNP予約番号をオンラインで発行します。 IIJmioは会員専用ページにログインすると「MNP予約番号の発行・確認」というリンクがあります。 「MNP予約番号の発行・確認」をクリックすると、IIJmioで契約している通話SIMのリストが出てきます。 IIJmioの通話SIMはmicroSIM マイクロSIM で契約して、SIMカッターでnanoSIMにして使っていました。 接触が微妙に悪く、SIMを交換したいと思っていたのですが、どうせなのでMNPすることにしました。 MNPの場合はスマホが使えなくなる期間なしで手続きができます MNPしたい通話SIMを選択して次へ進みます。 確認画面が出てきます。 3年以上契約しているので、違約金もなしです。 IIJmioは2年以上契約するとIIJmioプレミアム特典[長得]として毎年3GBのプレゼントがもらえるのですが、それよりキャンペーンを行なっている他の格安SIMへMNPした方がお得です。 IIJmioだけでなく、ほとんど全てのMVNOが違約金がなくなったら他の格安SIMヘMNPしたほうがお得に使えます。 MVNOの中には、格安SIMを返却しないと罰金をとるMVNOがあります。 その場合は郵便局のミニレター 62円 に入れて郵送しておきます。 IIJmioは建前上お願いしているだけで、返却の必要はないのでMNPの手続きが終わったらゴミ箱へ捨てるだけです。 チェックボックスに全てチェックを入れて「申し込む」をクリックします。 これで発行手続きは完了です。 MVNOによっては発行手続きをするだけで手数料を取るMVNOが極一部でありますが、IIJmioの場合は発行手続きだけでは手数料は発生しません。 実際にMNPした時に、MNP転出手数料として3000円がかかります。 MNP転出手数料の相場は2000円〜3000円です 極一部のMVNOで5000円徴収したりします MNP予約番号が発行されるまでの実際の日数 どのMVNOでもMNP予約番号の発行完了まで4日程度かかると記載されていますが、IIJmioの場合は1日ちょとで番号が発行されました。 MNP予約番号はEメールで届きます。 有効期限は15日です。 23時に番号が発行されたので実質14日みたいなものです。 ちなみにIIJmioはデータSIM2枚と通話SIM1枚を契約しています。 このうち3年5ヶ月契約していた通話SIMをBIGLOBEモバイルへMNPです。 ステップ3:MNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNPする MNP予約番号をもらったら、2日以内にMNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNP手続きをする必要があります。 MNP予約番号には有効期限がありますが、ほとんどの格安SIMはMNP予約番号の有効期間が10日〜13日以上残っている状態で手続きをするようにとの記載があります。 この記載を無視して、有効期限が短くなったMNP予約番号で申し込んだ場合、どうなるのかわかりませんが、わざわざ不要なリスクを取る必要はないです。 MNP予約番号をもらったらさっさとMNPの手続きをすることをオススメします。 格安SIMの管理人はIIJmioからBIGLOBEモバイルへMNPしましたが、他の格安SIMでも基本的には同じような流れになります。 必要なのは、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、そして本人確認書類 免許証や保険証等 です。 必要な本人確認書類は格安SIMごとに微妙に異なったりするので、免許証を持っていない場合は必要な本人確認書類を確認しておいてください。 どの格安SIMでも免許証だけは本人確認書類として認められています。 MNPで乗り換える場合も、今使っている格安SIMは手続き中はそのまま使うことができます。 新しい格安SIMが届いて、開通手続きをすると、今使っている格安SIMが使えなくなり、新しい格安SIMが使えるようになります。 ステップ4:届いたSIMカードを入れて開通手続きをする MNP予約番号を使って格安SIMを申し込むと、2日程度で格安SIMが自宅に届きます。 そのまま何もせずに数日経つと自動的に開通手続きが完了して、今使っている格安SIMは使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 自分で開通手続きをすると数分から1時間程度で、今使っている格安SIMが使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 放置だと、いつ切り替えになるのかはっきりしないので、格安SIMが届いたら自分で開通手続きをすることをオススメします。 電話やネットで簡単に開通手続きをすることができます。 開通手続きのやり方は、格安SIMと一緒に届く書類に記載されています 開通手続きが終わったら、あとは必須なのはAPNの設定をするくらいです。 APNの設定も一緒に届いた用紙に記載されていると思います。 契約していた格安SIMは自動的に解約完了 開通手続きが完了すると、今まで使っていた格安SIMは自動的に解約になります。 実際にかかった費用 MNP転出手数料 3000円 IIJmioへの支払い 初期費用 3394円 BIGLOBEモバイルへの支払い 合計で6394円かかりました。 実際のメリット は時期によって微妙に変わりますが、だいたいは同じようなお得度になります。 今回の手続きでは下記の特典をもらいました。 SIMのみの変更でも6000円のプラス、格安スマホとセットで申し込むとキャンペーンのお得度が上がるので1万円程度はプラスになる感じです。 単純にSIMサイズを変更すると3000円の手数料がかかって、スマホが使えなくなる期間が2日ほど発生しますが、MNPして新しいSIMのサイズにすればスマホが使えなくなる期間なし&プラス収支で手続きができます。 通話SIMのSIMサイズを変更したい場合は、MNPすることを強くオススメします。 おすすめの格安SIM• BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。 BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。 割安に使えるキャンペーンも積極的です。 UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。 通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。 auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。 LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータの消費なしに使えます。 LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。 SNS系サービスを良く使う場合にオススメの格安SIMです。 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。 シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。 通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。

次の