ハイキュー378。 ハイキュー 378話 ネタバレ 感想 日向 VS 影山 あの人達の卒業後の職業

ハイキュー!!ネタバレ 379話「妖怪大戦争」日向vs影山の中学以来の公式戦開幕直前

ハイキュー378

ハイキュー!!【第374話】のネタバレ 徐々にコツを掴みはじめる2人 チームメイトから茶々を入れられながらも、少しずつコツを掴み始める及川。 日向がレシーブしたボールを及川がトスし、それを日向が打ちますが、ボールは風に流されてしまいます。 すると、得点が14点になったので、コートチェンジが行われる。 ビーチでは風向きや日光等、環境が戦況に強く影響するので、コートチェンジが頻繫に行われるのだ。 コートを移動しながら、どう攻めるのがいいのか模索する日向。 高いトスは風の影響を受けるから打ちづらいが、レシーブが悪かったり、スパイカーの攻撃態勢が整っていないと、トスを高くして時間を稼ぐしかない。 それが嫌なら、もっと早く攻撃態勢をつくること。 理想は、倒れないことだと日向は認識する。 どう見るかではなくどう見られているか 日向は、レシーブをすると、出来る限り速く攻撃態勢に入ろうとすぐに立ち上がろうとする。 それを見た及川は、日向に「相変わらずイヤな存在感だな」と思うのだった。 すると及川は、日向の存在感を利用して、ツーアタックを決める。 及川は背中にも目があるみたいだとという日向。 及川は、なんでそれを知ってるいるのかと言い、相手にどう見られているかも計算に入れなくてはいけないと話す。 ビール奢らせブラザーズの2人は、日向と及川が1プレーごとに上達しているのを感じ取っていた。 勝利した2人 今度は及川がレシーブして、日向がトスを上げる。 日向の背後へと回った及川は、走りながら「チャレンジャー」と叫んだ。 日向は、及川の位置やブロッカーの位置、風やトスの高さを瞬く間に考え、「チャレンジャ-」と叫びながらトスを上げる。 及川は「いいじゃん…!」と笑い、スパイクを決める。 向かい合う2人。 及川は、ビーチは2人だからいっぱいボールを触れるんだし、色々やらなきゃもったいないと語ります。 結果、試合は日向たちが勝利を収める。 プロテインを奢ってもらう予定だったが、及川はプロだからと遠慮すると、日向は4人でご飯を食べようと誘うのだった。 日本の忍者とまで言われるようになった日向 —後日。 及川は帰国の日を迎える。 涙を目に浮かべる日向。 がっちりと握手を交わし、お礼をつげる。 及川も初心に帰れたと言い、 全員倒すから覚悟しておけと言い残して去っていった。 その後、リオデジャネイロで本格的なトレーニングに臨んだ日向。 そしてついには、 「日本の忍者」だと評されるまでいたったのでした。 ジャンプネタバレ記事はこちら!.

次の

ハイキュー!!ネタバレ最新379話確定【待ち望んだ対決が始まる】

ハイキュー378

ハイキュー!!【第377話】のネタバレ ある日のランチ。 日向は、サンタナは練習ではオーバー 両手を上で構える姿勢 でセットするが、試合ではやらないのかと尋ねた。 オーバーは苦手だと話すサンタナ。 オーバーのほうが打ちやすいし上げる方のコントロールもしやすいが、そもそも難しく、オーバーのルールも厳しいのだ。 やっぱりオーバーのほうがいいかと訊くサンタナに、自分は上げてもらうボールは全部ありがたく打たせてもらうと微笑む日向だった。 奮闘した日向とサンタナだが僅かに及ばず 場面は試合へと戻る。 サンタナがジャンピングレシーブで相手コートに返し、それをサントスが繋いでカルバリョが強烈なアタックを仕掛ける。 日向がそれをレシーブすると、思わず唸るカルバリョと観客たち。 サンタナは、少しでも日向に良いセットを繋ごうと苦手なオーバーてボールを上げる。 しかし、ネットに近すぎたせいで、日向のアタックはカルバリョにブロックで押し返されてしまい、 13-15でサントル・カルバリョペアの勝ちとなった。 エースからの逆プロポーズ サンタナ「俺は肝心な時にダメな男だ…」 跪から崩れ落ちるサンタナに、日向は手を差し伸べ、「肝心な時に勝負できる男だよ」と励まします。 両チームはそれぞれ挨拶し、熱い戦いに観客からは大きな拍手が送られました。 サンタナは、エースもとへ行くと、「俺、もっと頑張るから…」と話を切り出します。 その場にいた全員が衝撃を受け、サンタナは戸惑いながらも受け入れるのでした。 プロポーズを終えたエースは、彼はあなたと組んでから凄く楽しそうだったと日向にお礼を言います。 そんな2人に、自分も「ちょー楽しかった!!」と満面の笑みで話す日向でした。 日向帰国! そして月日は流れ、2018年3月。 ルシオやペドロ、サンタナやエースたちに見送られ、日向は日本へと帰国します。 日向は日本に帰った後、日本のバレーボールチーム「MSBYブラックジャッカル」のトライアウトを受ける予定です。 一方、「MSBYブラックジャッカル」のロッカーでは、ファン感謝デーで盛大にすべり倒したことで意気消沈する選手が1人。 まるで屍のような佇まいのそれは、 宮侑でした。 その姿を見たチームメイトは、アイツに笑いを持っていかれたのが堪えてると言います。 直後、宮侑の肩をガシッと掴み、「元気か!!」と尋ねる 木兎の姿がありました。 ジャンプネタバレ記事はこちら!.

次の

ハイキュー!!ネタバレ最新379話確定【待ち望んだ対決が始まる】

ハイキュー378

スポンサードリンク これまでのキャラが渋滞! 武田先生は涙を流しながら、烏養と共にスタジアムに到着します。 後ろには烏野高校バレー部も引き連れて、今試合に出る豪華メンバーに心を踊らせていました。 もう試合前に腹を下す俺はいないと日向が言うと、当たり前だボケェと返す影山。 今までのように喚いて言う影山はそこにはおらず、日向は大人になったんじゃない?と驚きます。 手を振り回して日向を攻撃しようとする影山に、今なら腕相撲だって勝てるぜと握り拳を見せて言う日向。 やるか?と腕を出す影山に、後でなっと日向は手を引っ込めます。 宮侑がうちのスパイカーに喧嘩に売らんといて〜と影山に言うと、買っただけですと答えました。 すると木兎が買ったって何を?宮治のおにぎり?俺も食いたい!と飛び出てきます。 侑が早い早い2個質問して回答1個も聞いてへんやん!とツッコミます。 違います喧嘩ですと影山が言うと、喧嘩なんてするなバレーで勝負しろと牛島が現れました。 ややこしくなってきたと言う侑に、日向は喧嘩じゃないです腕相撲ですと律儀に答えます。 木兎があっウシワカだ勝負!と言うと、腕相撲のか?と聞く牛島。 そこで日向は牛島に久しぶりですと挨拶をすると、牛島は今日は勝たせてもらうと返しました。 そこで木兎はウシワカ、腕相撲で日向に負けたことあるの?と的外れな事を聞き、ない!ときっぱり答える牛島。 さらに星海も現れて、サイトでチェックしていたにも関わらず日向に身長を聞くのです。 日向が172. 2cmですと答えると、勝った!と星海は喜びました。 そこに木兎が星海は勝ったの?腕相撲で?と言う事で話がますます混乱していきます。 侑は的確なツッコミをしてくれていたアランのことを思い出し、甘えたったな…と反省しました。 あの頃はありがとう、俺頑張るからな…!と誓う侑でした。 さらにそこに全員インフルの予防接種は済んでるんだろうなと佐久早がマスクをして現れます。 侑はこっちは渋滞や、インターバルをくれ!と返し、牛島はドヤ顔で済んでいると答えました。 言い合いをする佐久早と牛島に例えツッコミをして静止する侑でしたが、滑り倒してしまいます。 心が折れそうやカンベンしてくれと侑が崩れると、日向は面白いです!と気遣いというトドメをさすのでした。 日向の周りに続々とライバルや仲間が集まってきて、混沌たしていましたね。 特に木兎の個性が立ちすぎて、話が分からなくなっていました。 これほどの豪華メンバーが一堂に会し、何かが起こるのは間違いありません。 スポンサードリンク いざ尋常に! 烏野高校バレー部のOBが集まっていると、そこに田中姉弟が合流します。 澤村達とも再会し、仕事の縁下以外は全員集合することができました。 そして会場が暗くなると、試合が間もなく始まろうとしているのです。 シュヴァイデンアドラーズの選手紹介から始まり、まずはキャプテンの昼神福郎から紹介されます。 牛島に星海が現れるとその迫力に烏野OBは圧倒されるのです。 そして影山が堂々と現れると、みんなで影山の名前を叫びました。 そしてアウェーであるムスビィブラックジャッカルはぬるっとコートに入るのですが、木兎は自分で自己紹介をしながらバク転をしてコートに入ります。 マスコットの登場の仕方に会場は笑いに包まれて賑やかになりました。 日向と侑もやろうとすると佐久早に本当にやる?と止められたのです。 そして日向は登場し、アドラーズとブラックジャッカルの両選手が並びました。 観客の拍手を受けながら、いよいよ試合が始まろうとします。 日向と影山は固い握手をして、いざ尋常に勝負が始まるのです。 試合の登場までも威厳のあるアドラーズ選手に、木兎や日向達も面白おかしく負けていません。 日向と影山の固い握手で試合が始まりますが、日向は日本での復帰戦となります。 一体、どのような展開となるのでしょうか。

次の