ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様になってしまった件について 1 (フロース コミック)

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た

最初ページの捲る向きが真逆だったことに気づかず、iPadが壊れたかと思いましたが左からか!と気付き読み進めました。 笑 読んでいるうちに思うことといえばとにかく絵が綺麗、国王様の腹筋めちゃくちゃ最高だな、と。 絵柄から漫画を選んで買いがちの自分には即購入案件でした。 なぜセリフが横書きなのかな?と思っておりましたが、韓国の作品なのですね。 納得です。 二巻まで読んだ感想としましては、まだまだ序盤であり内容についてまだ批評するほどではないな、と個人的には思いました。 伏線もちらほらあり、今後どういう形で回収されるのかと楽しみです。 しかし少々説明が不足しているのかな?と思う箇所も散見します。 原作を存じ上げないため憶測ですが、小説からのコミカライズ、さらに翻訳という過程があるためなのでしょうか。 しかし個人的にはここはこういうことなのかな、と想像するのが好きなので幅が広がり、ポジティブな方向にとらえております。 この手合の「転生先が生前に読んだ作品の嫌われ者だった!」パターンは即メインキャラに好かれハーレム化してしまう展開がありがちと個人的に思っておりますが、これは如何せん国王様の考えていることがわからないため、これからどういう風にオチにもっていくのかな?と楽しみです。 全編カラーなので瞳のキラキラした塗り込みもとても素敵で気に入ってます。 私は結構好きです!三巻もぜひ購入したく思います。 韓国の漫画だそうです。 そのため一般的な日本の漫画とは違い、台詞は横書き、コマとページを読み進める方向が逆になっております。 正直そこは日本向けに編集して欲しかった部分もありますが、やはり難しいのでしょうか。 とはいえ、中身には大変満足致しました。 向こうのイラストって、こちらのイラストとはタッチが全然違っていて、日本人の感覚からするととても面白いんですよね。 特にこの色彩感覚がとても好きで、この漫画で特に目を引くのは、王族に共通する青い宝石のような瞳。 一応作中では、王家の血を引いている者の特徴として設定もされているのですが、これが本当に綺麗なんです。 またそれ以外にも人物の描写がやはり繊細で美しい。 デフォルメも織り交ぜて可愛らしく、テンポも良く読みやすくありました。 全体的に綺麗で、絵を眺めるだけでもお値段分の価値はあったかなと思います。 某毎週マンガを読める無料サイトで拝見し、他の作品は買うまで至らなかったのですがこの作品はどうしても手元に置いていつでも読めるようにしておきたかったのでkindle版を購入。 「捨てられた皇妃」や「皇帝の一人娘」や「転生したら王女様になりました」など似たような展開の作品は今時多いですが、今のところ自分はこれが一番お気に入りです。 とにかく絵が綺麗で、女性も男性も美しく、ちゃんと描き分けも出来ており大変好みです。 どうしてもこの手のマンガは他の物と比べて高いですがフルカラー しかも着色もものすごく綺麗 だと考えると妥当かな。 他レビューにある通り文字が横書きなのは驚きました。 マンガサイトでは縦書きなのになぜ…。 でも2巻まで読み終える頃には慣れていたのでOKです。 物語の掘り下げが甘いと感じる箇所も多々ありますが この世界においての魔法とは何ぞや、みたいのがいつまでも説明されないまま話が進んだり… 美麗な絵目的で買ったので許容範囲。 物語の展開もそこそこ早くマンネリはしにくい。 表紙そのままのクオリティで描かれているので、よくある「表紙は綺麗なのに中身の絵でガッカリ」はありません。 表紙の絵が気に入った方ならオススメです。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、1発クロードを殴ろうと腕を振り上げるが、食べようと隠していたチョコが袖からこぼれ落ち、クロードを直撃し失敗。 その後、正面からクロードの視線を浴びながら、彼の部屋で晩餐をとる。 今回のことは、フィリックスがクロードに人の心を取り戻してもらうために、亡きダイアナそっくりのアタナシアを使った計画だった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」13話のネタバレ ある朝、ドレスの裾を持ち上げ、とてもかわいらしく丁寧に挨拶するアタナシア。 相手は勿論クロード。 彼の後ろにいたフィリックスやメイド達は、あまりの可愛さにほんわかする。 どうしたら可愛く見えるか練習したので、自信があるアタナシアだったが、クロードは相変わらず無反応だ。 それでもめげず、彼に愛想をふりまくアタナシア。 クロードがこの前の晩餐の後から、ティータイムを午前中にしてしまったので、毎日朝の挨拶を欠かさず行っていた。 クロードは返事もせず、アタナシアを見つめるだけだが。 パパが夢にでてきて嬉しかった等、彼に媚を売りまくるアタナシア。 フンと鼻で笑い、相手にしないクロード。 これはいつものことだが、初めてその会話を聞いたメイドは驚き固まっていた。 今日は庭園の中でのお茶なので、木漏れ日の下でテーブルにつく二人。 クロードは頬杖をつき、ぼんやりとしている。 いつも睡眠不足なのだろうか。 午後に呼べばいいのに。 ふと、クロードが飲んでいる紅茶を、美味しいのか聞いてみるアタナシア。 味で楽しむものではないと言われるが、パパと同じものが飲みたいとリクエストする。 フィリックスが、姫様が飲むには香りが強すぎると言うが、同じの飲みたいと主張する。 私の心臓がどれほど強くなったのか、この大胆さに感銘して、私を殺す気持ちがなくなればいいのにと思う彼女。 クロードは飲みたいなら飲ませてやれと指示する。 早速用意してもらい、口に運ぶと、とても良い香りがした。 これ好き、アーティの口でお花が咲くみたいと、大喜びするアタナシア。 その言葉に、クロードやフィリックスが固まる。 フィリックスは、それは陛下もよく飲まれるリペ茶で、ダイアナ様も口の中で花が咲くようだと言い、お気に入りだったのだと話す。 キョトンとその言葉を聞くアタナシアは、ママとアーティは同じことを言ったのと聞き返す。 リペ茶はシオドナで採れるサンユ草が原料で、陛下がリペ茶を楽しまれたのもダイアナ様のため、二人はここでお茶をされたこともあると、フィリックスが説明を続ける。 が、そんな記憶はない、今日は無駄口が多い、下がれ、とクロードにフィリックスは追い払われた。 そんなクロードの態度に、ダイアナのことはたった一度だけの女という意味か、あの女性の肖像画は今でも持っているくせにと、アタナシアは少し嫌な気持ちになる。 クロードは、まだ茶は早い、牛乳を飲めと、彼女の言うのだった。 その後、ルビー宮でお絵かきをするアタナシア。 それを温かく見守る、リリーとフィリックス。 リリーやフィリックス、クロードを描き終えると、他に描く人はいないかなと軽い気持ちで、ダイアナはどんな人だったのかと、リリー達に聞いた。 リリーとフィリックスは動揺するが、それに気づかないアタナシアは、髪はどうだったのか、長かったのか、顔の形はと、クレヨンで描きながら次々質問した。 アタナシア様のようにとても美しかったと言われ、原作の小説にも、目を離せないほど美しかったと書かれていたことを思い出す。 天下のクロードすらダイアナを気に入った程だから、相当な美人なのだろう。 そんなことを考えながら、絵を描き続けるが、フィリックス達が異様に静かなのに気づく。 それは、つい、お母さんに会いたいなと、アタナシアが呟いたせいなのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」13話の感想 ダイアナは、アタナシアと同じゆるいウェーブがかったシルバーブロンドの髪を持つ、絶世の美女だったようです。 2話にも美しいダイアナの絵が載ってましたよね。 クロードはずっと心を奪われたままのようですね。 その娘で、ダイアナそっくりのアタナシアを見て、クロードはいつも何を考えているのでしょう。 フィリックスは、なんとかクロードの心を開こうと、アタナシアとダイアナの繋がりを強調しますが、まだクロード自身に準備ができていないのか、拒否されています。 いつかこの傷は癒えるのでしょうか。 また、アタナシアは何の気なしに興味本意で、母に会いたいと口にしますが、フィリックスとリリーが重く受け止めてしまいました。 変な雰囲気になってましたが、大丈夫でしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

(限定版)韓国語 まんが 『ある日お姫様になってしまった2』(アタナシア アクリルスタンド+透明フォトカード5種+ボックス)原作:プルートス 絵:スプーン :COMIC56

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た

出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」21話 本作の主人公。 アタナシア(Athanasia 、不滅という意味の名を持つ。 不死の意味を持つ名前は、後に皇帝となる正式な後継者にしか許されないが、彼女の母ダイアナが死に際に名付けた。 愛称はアーティ。 クロードの唯一の実子。 直系の皇族の証である宝石眼を持ち、ダイアナそっくりの容姿をしている。 本来の彼女は孤児院出身で、貧しい暮らしを送る地球の社会人だったが、ある日突然、異世界のオベリア帝国・皇帝の一人娘として転生していた。 前世では、前日に睡眠薬を飲んで眠ったため、睡眠薬のせいで死んだ可能性がある。 彼女は、仕事先で客が忘れていったロマンスファンタジー小説「かわいらしいお姫様」の内容と一致する世界に来てしまい、しかも実の父である皇帝クロードに愛されることなく、濡れ衣で彼に処刑されてしまう悲劇の姫・アタナシアとして転生してしまった。 小説の内容では、9歳で初めてクロードに会い、18歳で処刑される。 なので、生き残るためにこっそり逃走資金を貯め、クロードに会わずにして皇宮から脱出しようと計画する。 だが実際は5歳でクロードに出会ってしまった上に、どういうわけか頻繁に会うようになってしまう。 いつクロードの機嫌を損ね殺されるか戦々恐々と過ごすうち、ある程度の慣れが彼女を強くする。 現在、彼女の身体に収まりきらない魔力が、黒い子犬の神獣となって彼女の傍にいるようになった。 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」24話 オベリア帝国の現皇帝。 アタナシアの実の父。 帝国を救った英雄と称される。 後継者であった兄を殺し、今の地位につく。 そのため、クロードの名は不死に関するものではない。 宝石眼を持つ。 冷血な性格で、感情の起伏がない。 日々4時間くらいしか寝る時間がないので、いつも眠そうである。 愛した女性ダイアナがアタナシアを産んだ直後死んでしまったので、後宮のルビー宮にいる者たちを皆殺しにした。 生まれたばかりのアタナシアも殺すつもりだったが、ダイアナが名付けた不死の意味をもつ帝王の名を聞き、踏みとどまる。 だが、その後ルビー宮に立ち寄ることをせず放置し、アタナシアが5歳になるまで一度も会うことがなかった。 そのため、子育てに関してやや無知である。 小説内では、クロードの前婚約者との間にできた、彼に隠され育てられていたジェニットという可愛らしい娘と出会ってから、ジェニットだけを溺愛するようになる。 そしてアタナシアを一度も愛すことなく、濡れ衣でアタナシアを殺す。 実際には、無愛想ながらなんだかんだアタナシアを構うようになり、彼女が血を吐き気を失ったときは、ひどく動揺していた。 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」3話 原作の正ヒロイン。 隠され育てられたクロードの娘という設定。 天真爛漫で純真な彼女は、アタナシアとは違いクロードに愛され、さらにイゼキエルという優秀な婚約者と幸せに暮らすと原作には書かれている。 クロードの元婚約者フェネロペ・ユディットが生みの親だが、クロードの兄アナスタシウスとの不倫で産まれた子なので、クロードの実子ではない。 その上、アナスタシウスの実験により黒魔力を吹き込まれたという、混ざった子だ。 出産の際、フェネロペは死亡。 クロードの実子ではないことは、クロードと原作を知るアタナシア以外、誰もいない。 現在はアルフィアス公爵家で、身分を隠した状態で保護されている。

次の