インフルエンザ ロキソニン 大人。 インフルエンザの時に『ロキソニン』を使っても良い?~インフルエンザ脳症・ライ症候群のリスク

インフルエンザの高熱に解熱剤はロキソニンで効果がある?

インフルエンザ ロキソニン 大人

この記事の目次• インフルエンザ脳症は大人でもかかるの? インフルエンザ脳症は、 インフルエンザウイルスの感染による神経の合併症の1つだといわれています。 特に4歳までの幼児に多く見られるようで、 6時間~1日以内という短期間で 急な高熱から 意識障害、 全身の痙攣が起こり、症状の進行がきわめて速いのが特徴です。 そして、この インフルエンザ脳症は大人でも発症することがあるようなので気を付けなくてはいけません。 インフルエンザ脳症には、急性壊死性脳症、ライ症候群、HSE症候群などの種類があるのですが、いずれも発病のメカニズムはまだよくわかっていないようです。 また、死亡率が 15~30%と高く、一命を取りとめたとしても 脳性マヒなどの後遺症が残りやすい恐ろしい病気なのです。 インフルエンザ脳症は解熱剤などの 薬が原因で発症する可能性があるという報告もあるようです。 風邪をひいた子供が解熱剤や抗生物質、鼻水止めなどいろいろな薬を飲んだ後に、インフルエンザ脳症で死亡したケースが数多くあることが指摘されているようです。 インフルエンザではなく一般的な風邪でも、 強い解熱剤を服用したりいろいろな薬を服用することで、身体の免疫機能の働きが過剰になり、脳症を引き起こしている可能性があるのです。 また、厚生省研究班が1999年に「一部の解熱剤とインフルエンザ脳症による死亡に関係がある」と報告していて、さらに厚生労働省は2003年にインフルエンザ脳炎・脳症を悪化させる恐れがある解熱鎮痛剤を「インフルエンザの可能性がある子供には使用しない」ように注意を呼びかける通知を出しているのです。 対象となる薬剤は、サリチル酸系製剤、ジクロフェナクナトリウムを含む製剤、メフェナム酸製剤です。 これらの製剤は、現在15歳未満のインフルエンザ患者には使用が原則禁止となっています。 発疹や腹痛、下痢、過度の体温下降によるショックなどの副作用はあるものの、比較的安全に子供にも使用できる解熱鎮痛剤は、 アセトアミノフェンだといわれています。 インフルエンザ脳症を予防するためには? インフルエンザ脳症を予防するためには、とにかく インフルエンザに感染しないようにする対策が重要になってきます。 具体的にはうがいや手洗いなどの生活面での注意の他にワクチンが考えられるのですが、子供への有効性は明らかになっていないのです。 rakuten. 39度以上の高熱の場合は、市販薬ではパブロンなどの アセトアミノフェン系の解熱剤が比較的安全に使用することができます。 乳幼児には氷枕や額を冷却剤で冷やす方法はあまり効果がなく、大きな血管がある脇や股、もしくは面積が広い背中の三カ所を冷やすことが効果的です。 そして、 インフルエンザ脳症の前兆の症状として、9割が 痙攣を伴うようです。 早めに痙攣を止めることなどの対処はとても重要とされているので、子供が熱を出して、いつもと違うような前兆の症状が見られたら、すぐに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。 まとめ 最後になりますが、インフルエンザ脳症は子供によく見られる病気のようで、大人でも発症する恐れがあるようです。 インフルエンザ脳症にならないためにはインフルエンザウイルスに感染しないことが1番の対策になってくるので、うがいや手洗いなど日常生活での予防をきちんと行うようにしましょう。

次の

インフルエンザでNGな解熱剤|カロナール、ロキソニンは?飲んでしまったら?

インフルエンザ ロキソニン 大人

インフルエンザの流行シーズンになると、「ロキソニンは使えない?強力すぎる?」「インフルエンザのときにロキソニンは使えるの?」といった質問をよく受けます。 インターネット上の情報も「ロキソニンはインフルエンザのときも使える」「ロキソニンはインフルエンザのときに使えない」といった意見がバラバラで、混乱される方もいるのではないでしょうか。 実際、医療の現場でもインフルエンザのときにロキソニンを処方する医師もいれば、処方しない医師もおり、同じ症状でも使えると判断する医師もいれば、使わないと判断する医師もいるのが現状です。 しかし、少なくとも「明らかにインフルエンザのときに使うのはNG」な人やケース、ロキソニンを使うときに注意したいこと、ロキソニン以外にインフルエンザのときに使ってはいけない成分があります。 インフルエンザのときに、成分によっては使えない解熱鎮痛剤があります。 インフルエンザにかかっている15歳未満の子どもに対して一部の解熱鎮痛剤を使用したときに、インフルエンザ脳症の予後悪化や「急性脳症」や「肝臓の障害」がおこるライ症候群という症状が発生しました。 死亡事故も起きていることから、インフルエンザでは一部の解熱鎮痛剤の使用を控えるようにと注意喚起されています。 症状や後遺症など、インフルエンザ脳症の詳しい情報については関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザで使えない代表的な解熱鎮痛成分 15歳未満の子どもがインフルエンザのときに使用を禁止されている成分は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)に分類される成分のうち、「サリチル酸系」と呼ばれるグループ、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸です。 インフルエンザの疑いがあるときは、これらの成分が含まれたものは市販薬も含めて使用しないようにしましょう。 また、15歳未満に対しての使用が禁止されているので、安全性を考えて成人の方もなるべく使わないようにしましょう。 具体的な成分名と代表的な製品は次の表をご参照ください。 成分名 代表的な製品 アスピリン・アセチルサリチル酸(サリチル酸系) アスピリン、バイアスピリン、バファリン配合錠 など サリチルアミド(サリチル酸系) PL配合顆粒、幼児用PL配合顆粒、ピーエイ配合錠 など エテンザミド(サリチル酸系) エテンザミド など (市販薬にも使われる成分なので要注意!) ジクロフェナクナトリウム ボルタレン、ナボール など メフェナム酸 ポンタール など 20歳以上の成人では、インフルエンザ治療薬(イナビル・タミフル・リレンザなど)と一緒に処方されることが多い薬にロキソニン(後発品名:ロブ錠、ロキソプロフェンNa錠など)があります。 インフルエンザの発症率が最も高いのも、世間で話題となる異常行動などが最も多いのも、インフルエンザ脳症・ライ症候群などの注意が最も必要なのも、「5歳~19歳」の未成年が中心です。 また、成人ではロキソニンとインフルエンザ脳症・ライ症候群との間に関連性が認められていないこともあり、事実上使用しても良いと判断されています。 ただし、医師・薬剤師によっては「インフルエンザにはロキソニンも使用しない」と考えている人もいるので、ロキソニンを処方しない医療機関もあります。 インフルエンザの頭痛や高熱にもロキソニンは効果的 インフルエンザでは高熱が出るので、睡眠や食事が十分にとれなくなり、体力が落ちて重症化してしまうケースがあります。 このような場合、まずはロキソニンやアセトアミノフェンなどの解熱剤で熱を下げ、しっかりと安静できるようにしましょう。 なお、発熱や頭痛・痛みへのロキソニンの使用は対症療法であり、ロキソニン自体にインフルエンザを治療する効果はありません。 また、ロキソニンの効果も8時間程度なので、 「インフルエンザの治療薬(イナビル・タミフル・リレンザなど)と一緒にロキソニンを使う」、「しっかりと睡眠をとって安静にするためにロキソニンを使う」といった、根本対応とセットで使うことを心がけましょう。 すぐに病院に行ける場合は病院で処方してもらいましょう ロキソニンなどの対症療法薬は、インフルエンザの疑いがある場合はイナビル・タミフル・リレンザなどの治療薬とセットで使用するべき薬です。 インフルエンザで咳や鼻水や痰がひどい場合は市販の総合かぜ薬ではなく、症状にあった成分の薬を病院で処方してもらいましょう。 なお、市販の総合かぜ薬は万人向けに作られているため複数の成分が入っており、インフルエンザのときに使えないものや不向きな成分もあります。 インフルエンザに使える市販薬と使えない市販薬については関連記事をごらんください。 関連記事 市販のロキソニンを使用するのは20歳になってから 「インフルエンザかも?」という状態で、市販のロキソニン(ロキソニンSなど)を使用するのは20歳になってからにしましょう。 ロキソニンSは15歳以上から使えることになっていますが、10代はインフルエンザ脳症を含めて重症化や異常行動の発生率が高くなっています。 20歳になるまでは、インフルエンザの治療には特にご注意ください。 熱が下がっても安静にしていましょう インフルエンザの治療薬(イナビル・タミフル・リレンザなど)と一緒にロキソニンを使うと、あっという間に熱が下がって体調が良くなってしまうことがあります。 しかし、インフルエンザウイルスは体調が良くなっても2~3日は体内に残っていいます。 「治った?!」と勘違いして無理をすると、体内に残っているウイルスによって再発症することもあるので、熱が下がっても3日間は安静にして過ごしましょう。 インフルエンザワクチンの予防接種後に起こる発熱や頭痛など副反応の症状には、ロキソニンを使用してもほとんど問題はありません。 ただし、15歳未満は使用を避ける、複数の解熱剤を併用しないなど、通常の注意を守って正しく使用してください。 予防接種の副反応については関連記事をごらんください。

次の

インフルエンザの高熱に解熱剤はロキソニンで効果がある?

インフルエンザ ロキソニン 大人

インフルエンザの流行シーズンになると、「ロキソニンは使えない?強力すぎる?」「インフルエンザのときにロキソニンは使えるの?」といった質問をよく受けます。 インターネット上の情報も「ロキソニンはインフルエンザのときも使える」「ロキソニンはインフルエンザのときに使えない」といった意見がバラバラで、混乱される方もいるのではないでしょうか。 実際、医療の現場でもインフルエンザのときにロキソニンを処方する医師もいれば、処方しない医師もおり、同じ症状でも使えると判断する医師もいれば、使わないと判断する医師もいるのが現状です。 しかし、少なくとも「明らかにインフルエンザのときに使うのはNG」な人やケース、ロキソニンを使うときに注意したいこと、ロキソニン以外にインフルエンザのときに使ってはいけない成分があります。 インフルエンザのときに、成分によっては使えない解熱鎮痛剤があります。 インフルエンザにかかっている15歳未満の子どもに対して一部の解熱鎮痛剤を使用したときに、インフルエンザ脳症の予後悪化や「急性脳症」や「肝臓の障害」がおこるライ症候群という症状が発生しました。 死亡事故も起きていることから、インフルエンザでは一部の解熱鎮痛剤の使用を控えるようにと注意喚起されています。 症状や後遺症など、インフルエンザ脳症の詳しい情報については関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザで使えない代表的な解熱鎮痛成分 15歳未満の子どもがインフルエンザのときに使用を禁止されている成分は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)に分類される成分のうち、「サリチル酸系」と呼ばれるグループ、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸です。 インフルエンザの疑いがあるときは、これらの成分が含まれたものは市販薬も含めて使用しないようにしましょう。 また、15歳未満に対しての使用が禁止されているので、安全性を考えて成人の方もなるべく使わないようにしましょう。 具体的な成分名と代表的な製品は次の表をご参照ください。 成分名 代表的な製品 アスピリン・アセチルサリチル酸(サリチル酸系) アスピリン、バイアスピリン、バファリン配合錠 など サリチルアミド(サリチル酸系) PL配合顆粒、幼児用PL配合顆粒、ピーエイ配合錠 など エテンザミド(サリチル酸系) エテンザミド など (市販薬にも使われる成分なので要注意!) ジクロフェナクナトリウム ボルタレン、ナボール など メフェナム酸 ポンタール など 20歳以上の成人では、インフルエンザ治療薬(イナビル・タミフル・リレンザなど)と一緒に処方されることが多い薬にロキソニン(後発品名:ロブ錠、ロキソプロフェンNa錠など)があります。 インフルエンザの発症率が最も高いのも、世間で話題となる異常行動などが最も多いのも、インフルエンザ脳症・ライ症候群などの注意が最も必要なのも、「5歳~19歳」の未成年が中心です。 また、成人ではロキソニンとインフルエンザ脳症・ライ症候群との間に関連性が認められていないこともあり、事実上使用しても良いと判断されています。 ただし、医師・薬剤師によっては「インフルエンザにはロキソニンも使用しない」と考えている人もいるので、ロキソニンを処方しない医療機関もあります。 インフルエンザの頭痛や高熱にもロキソニンは効果的 インフルエンザでは高熱が出るので、睡眠や食事が十分にとれなくなり、体力が落ちて重症化してしまうケースがあります。 このような場合、まずはロキソニンやアセトアミノフェンなどの解熱剤で熱を下げ、しっかりと安静できるようにしましょう。 なお、発熱や頭痛・痛みへのロキソニンの使用は対症療法であり、ロキソニン自体にインフルエンザを治療する効果はありません。 また、ロキソニンの効果も8時間程度なので、 「インフルエンザの治療薬(イナビル・タミフル・リレンザなど)と一緒にロキソニンを使う」、「しっかりと睡眠をとって安静にするためにロキソニンを使う」といった、根本対応とセットで使うことを心がけましょう。 すぐに病院に行ける場合は病院で処方してもらいましょう ロキソニンなどの対症療法薬は、インフルエンザの疑いがある場合はイナビル・タミフル・リレンザなどの治療薬とセットで使用するべき薬です。 インフルエンザで咳や鼻水や痰がひどい場合は市販の総合かぜ薬ではなく、症状にあった成分の薬を病院で処方してもらいましょう。 なお、市販の総合かぜ薬は万人向けに作られているため複数の成分が入っており、インフルエンザのときに使えないものや不向きな成分もあります。 インフルエンザに使える市販薬と使えない市販薬については関連記事をごらんください。 関連記事 市販のロキソニンを使用するのは20歳になってから 「インフルエンザかも?」という状態で、市販のロキソニン(ロキソニンSなど)を使用するのは20歳になってからにしましょう。 ロキソニンSは15歳以上から使えることになっていますが、10代はインフルエンザ脳症を含めて重症化や異常行動の発生率が高くなっています。 20歳になるまでは、インフルエンザの治療には特にご注意ください。 熱が下がっても安静にしていましょう インフルエンザの治療薬(イナビル・タミフル・リレンザなど)と一緒にロキソニンを使うと、あっという間に熱が下がって体調が良くなってしまうことがあります。 しかし、インフルエンザウイルスは体調が良くなっても2~3日は体内に残っていいます。 「治った?!」と勘違いして無理をすると、体内に残っているウイルスによって再発症することもあるので、熱が下がっても3日間は安静にして過ごしましょう。 インフルエンザワクチンの予防接種後に起こる発熱や頭痛など副反応の症状には、ロキソニンを使用してもほとんど問題はありません。 ただし、15歳未満は使用を避ける、複数の解熱剤を併用しないなど、通常の注意を守って正しく使用してください。 予防接種の副反応については関連記事をごらんください。

次の