パッチルドン 化石。 【ポケモン剣盾】化石ポケモンの復元方法とおすすめ【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】化石ポケモンの復元方法とおすすめ【ソードシールド】|ゲームエイト

パッチルドン 化石

こんにちは!ポケカ担当のMです! 本日も6月5日 金 発売の拡張パック 「 ムゲンゾーン」 に収録の新カードをご紹介します。 ・ターボパッチ 50%の確率でトラッシュからエネルギーを1枚自分のたねポケモン GXを除く につけることが出来ます。 GX以外のたねポケモンという条件は非常に緩く、ポケモンVやそれ以外のたねポケモン全てに対応しているので幅広く運用できます。 アローラキュウコンGX【 特性:ふしぎなみちびき】 で2枚持ってくる等して1回失敗してもカバーできるようにしたいですね。 場のエネルギーの数でワザの威力が上がるパルスワンVやゲッコウガ&ゾロアークGX 自身にはつけられないので注意 と相性が良いです。 ・めずらしい化石 新しい化石カードの登場です。 既存の「なぞの化石」と比べてみるとHPは10上昇しており、特殊状態にならないと単体での機能は優れています。 後述する新規の化石ポケモンへ進化するための重要なパーツなので化石カードのデッキを作る際は必須です。 ・ パッチルドン めずらしい化石から進化する化石ポケモンです。 【 特性:かじかむうず】 は相手のポケモンに手札からエネルギーがつけられる度にダメカンを2個乗せます。 同じパックに収録されるガラルサニゴーンVの【 特性:むしばむオーラ】 の類似効果で、異なる点はパッチルドン自身がバトル場に出ていなくても特性が働く事と、ダメカンを乗せる量が1個分少ないという点です。 この特性も複数枚場に出ていれば重複するので沢山並べましょう。 更にガラルサニゴーンVもバトル場に居ればエネルギーをつけているだけで大量のダメカンを乗せることができ、プレッシャーを与えることができます。 上記の2匹のポケモンが場に居ると、溶接工でエネルギーを2枚つけるとそれだけで10個のダメカンが乗り100ダメージを与えられます。 ドラパルトVMAXのダイファントムとも相性が良く、ベンチのポケモンにダメカンをばら撒いてエネルギーをつけられないよう調整しておくと相手の攻めの手をいなすことができます。 ・ バオッキー、 ヤナッキー、 ヒヤッキー 3種3タイプの1進化ポケモンです。 いずれのポケモンも無色3エネでワザが使えるのでトリプル加速エネルギーで即起動できます。 まだまだ全てのカードが判明されたわけでは無いので続報がきになりますね!今後の情報解禁も見逃せません! 今回はここまで。

次の

【ポケモン剣盾】化石ポケモンの復元方法・厳選方法まとめ 化石の入手方法も紹介

パッチルドン 化石

このポケモンとのみが覚える準専用技「でんげきくちばし」は、先制で撃つと超火力を発揮する。 ただ、パッチラゴンと比較すると特性を含めた火力で見劣りし、素早さも大きく劣る。 「でんじは」や味方の「トリックルーム」で鈍足をカバーする必要があるだろう。 同様、電気・氷タイプの組み合わせは技の通りが良く、電気を半減以下にする・・に対して氷技が抜群で通る。 「フリーズドライ」も扱えるため、水・地面、、に強い電気タイプという強みがあり、物理型でも一考の余地あり。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 物理技 タイプ 威力 命中 効果 解説 でんげきくちばし 電 通常:85 127 先制:170 255 100 先制で威力2倍 一致技。 命中安定かつ、先制で威力2倍。 電磁波やトリルとあわせて。 電磁波と相性がいい。 れいとうパンチは覚えない。 ゆきなだれ 氷 60-120 90-180 100 優先度-4 一致技。 ダメージを受けると威力2倍。 鈍足と相性がいい。 連続攻撃でみがわりに強くなる。 命中不安。 一致技との補完に優れる。 などに。 遅い素早さを補うのにも。 じしんは覚えない。 ついばむ 飛 60 100 きのみを食べる ダイジェットで素早さ上昇。 命中不安。 高火力。 命中安定。 中火力。 麻痺狙い。 命中不安。 高火力。 命中安定。 中火力。 ・・などに。 素早さを補う。 ハイドロポンプ 水 110 80 - 対地。 命中不安。 高火力。 ・などに。 なみのり 水 90 100 - 対地。 命中安定。 中火力。 変化技 タイプ 命中 解説 でんじは 電 90 素早さを補う。 でんげきくちばしとあわせて。 ちょうはつ 悪 100 耐久型対策。 遅いので使いづらいか。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイサンダー かみなり 140 210 場:EF 一致技。 先制でんげきくちばしより威力が低い点に注意。 フィールド展開で電気技威力1. でんげきくちばし 10まんボルト ほうでん 130 195 ダイアイス ふぶき 140 210 天候:霰 一致技。 霰でタスキ潰し。 通常時ふぶきの必中化にも。 つららおとし つららばり れいとうビーム 130 195 フリーズドライ 120 180 ゆきなだれ こごえるかぜ 110 165 ダイストリーム ハイドロポンプ 140 天候:雨 対炎地。 霰と相性が悪いが、かみなりの必中化を狙える。 追加効果が優秀。 蓄電での電気への遂行として。 じならし 110 ダイロック ストーンエッジ いわなだれ ロックブラスト 130 天候:砂嵐 対炎氷。 霰や雨と相性が悪い。 負担を与えながら攻撃強化。 でんげきくちばしの間接的な強化に。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックス切れを狙う。 追加効果もダイジェットで十分。 追加効果が優秀。 電磁波や岩石封じででんげきくちばしの威力倍増を狙う場合は陽気でS振り。 狙わないでゆきなだれを主軸に戦う場合はHA振りでよい。 また、フリーズドライを使いたい場合やトリルでの先制を狙う場合は性格を勇敢にするとよい。 サブウェポンは4倍狙いのフリドラ、マンムー意識のアイアンテール、電気への遂行の地面技、 ヒートロトム意識の岩技、ダイジェットのついばむ、ナットレイ意識のけたぐりから選択。 電磁波を使った場合、最速でテッカニン抜き。 無振りで最速85族と同じ。 からぶりほけんを発動させれば同じ素早さになれるが、狙ってやるのは難しい。 物理型と比べると範囲が狭いが、一致技2つで殆どの相手に等倍を取れるのでこれでも十分。 特殊技は高威力低命中の技があるため、からぶりほけんを持たせて素早さを確保するという戦法も取れる。 同タイプで特殊アタッカー向けのと比較した際、特攻と素早さで劣るが耐久指数で勝る。 また、向こうはこおり技を命中不安のふぶきしか持てないのに対し、こちらは命中安定のれいとうビームや 冒頭にもある通りなどに刺さるフリーズドライを採用することが出来る。 差別化を意識するのであれば優先的に採用したい。 相性考察 特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。 組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。 特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。 対パッチルドン 注意すべき点 ・の範囲の広さが特徴。 さらに、それらを補完する・・などのサブウェポンも豊富。 先制すると威力2倍になるでんげきくちばしを持つので、麻痺してしまうとやっかい。 さらに、ダイジェットも持つので行動する隙を与えてしまうと一気に畳みかけられる恐れがある。 対策方法 突出した能力はなく、弱点も・・・とかなりメジャーなものが揃う。 殴られる前に弱点をつけば簡単に倒せる。 すばやさを上げられた場合、せめて電気の通らないポケモンで対応しよう。 ・・などは2つの一致技を半減以下に押さえ込めるが、サブウェポンに注意。 種族値自体はそこまで高くないうえ積み技を持たないので数値受けも有効。 覚える技 レベルアップ No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20 技01 メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5 技05 かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技14 でんじは - 90 でんき 変化 20 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技22 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技27 こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15 技33 あまごい 95 100 みず 変化 5 技35 あられ 90 100 こおり 変化 10 技39 からげんき 70 - ノーマル 物理 20 技48 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技51 つららばり 25 100 こおり 物理 30 技54 ロックブラスト 25 90 いわ 物理 10 技57 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技64 ゆきなだれ 60 100 こおり 物理 10 技66 かみなりのキバ 65 95 でんき 物理 15 技67 こおりのキバ 65 95 こおり 物理 15 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技81 じならし 60 100 じめん 物理 20 技98 じだんだ 75 100 じめん 物理 10 教え技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技03 ハイドロポンプ 110 80 みず 特殊 5 技04 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技06 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技07 けたぐり - 100 かくとう 物理 20 技08 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技09 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技31 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 技37 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技42 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10 技75 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技80 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 技86 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 遺伝.

次の

【ポケモン剣盾】化石ポケモンの実態を考察していくよ!悪趣味?卵未発見?|ゲームメインのサブカル総括シティ

パッチルドン 化石

図鑑説明 こおりづけの じょうはんしんが えると でんきが つる。 あるくことが ひじょうに にがて。 こだいの で くらし えさを からだの こおりで ほぞんできたが うごきが にぶいため ぜつめつした。 「カのトリ」と「カのクビナガ」をに渡すことで復元される、の上半身と首長の下半身を持つ。 以来2体のでんき・。 ソードではラルで「カのトリ」、6番で「カのクビナガ」が手に入るため初めて復元したがこのだった人も多いのではないだろうか。 常にをたらしながら震えているが、でをたらしたは以来、常に震えているは以来久しぶりである。 でんき・こおりの時点で競合がほぼおらず、素で威にもかかわらず先制出来れば威が2倍になる技「でんげきくちばし」を覚える上半身のでアタッとして独自の立ち位置を持つ…のだが下半身のか素さが低く、を高めるもいので鈍足アタッになってしまっている。 攻撃面では非常に優秀なの組み合わせも防御面ではやや弱く、同様ややな位置づけになってしまっている。 や凍える程度では高速アタッ相手にを取ることが難しいが、との相性は良好。 うまく始動出来れば強なアタッになれる可性を秘めている。 関連動画 まだありません 関連静画 関連商品 まだありません 関連項目•

次の