そつ なく と は。 「そつなくこなす」の意味とは?そつなくこなす人の性格や特徴12選も!

そつなくこなすは褒め言葉?意味や仕事をそつなくこなせる人の特徴も

そつ なく と は

「そつなくこなす」を漢字で表記すると、「卒無く熟す」となります。 漢字から考えると「途中で終えることが無く、しっかりとやり遂げる」、「準備を怠ることなく、十分な技術を持って仕事に当たる」という意味合いにとらえられます。 「そつなく」の「卒」の漢字から考えると、2つの意味があります。 1つめは「卒業」の熟語の使い方のように「終える」・「終わる」という意味です。 2つめは「卒中」や「卒倒」の使い方のように「前触れがない状態でいきなり何かをする」ということを表します。 「無く」で前の意味を打ち消し、そのような状態が無いということを表します。 「卒無く」とは、「終えることなく」とか「準備を怠ることなく」という意味で考えられるでしょう。 「こなす」は「熟す」と表記します。 道具などを用いて固まりを細かくするという意味があります。 元々の意味から派生して「(道具を扱うだけの)十分な技量があって上手く扱う」とか、「(身についた技術で)仕事などを遂行し終える」という使い方をするようになりました。

次の

知らない人と、そつなく話すには

そつ なく と は

「そつなくこなす」の「そつなく」とは 「そつなくこなす」は 「そつなく」と 「こなす」の二つの言葉に分ける事ができます。 それぞれの言葉の意味を見て行きましょう。 まず 「そつなく」ですが、 「そつ」が 「ない」という、 「そつ」を打ち消す 「ない」が付いてできた言葉です。 基本的に 「そつ」は 「ない」という打ち消す言葉を付けて使います。 そもそも 「そつ」は、 「ムダ」とか 「手抜かり」などを意味する言葉です。 漢字で 「卒業」の 「卒」を当てはめる説もありますが、詳細は定かになっていません。 「そつなく」は 「ムダ」や 「手抜かり」を意味する 「そつ」が 「ない」わけですから、 「ムダがない」 「手抜かりがない」という意味になります。 「そつなくこなす」の使い方 「そつなくこなす」を使う時は、相手を褒める時です。 ただし、無条件に褒めるというよりも、制限付きの褒め言葉という印象があります。 ものすごく仕事ができる人や、魅力的な人に対して褒め言葉を使おうとする時に、 「そつなくこなす」という言葉は選ばないでしょう。 どちらかといえば、ミスなく段取りよく、仕事をこなせる以外に取り柄がない場合に 「そつなくこなす」という褒め言葉を使う事が多いです。 また新卒社員などのように、まだ実力が未知数な相手に対し、 「仕事を 「そつなくこなす」能力はあるようだ」などと、現段階の評価として 「そつなくこなす」を使う事もあります。 このような事情があるため、 「あなたは『そつなくこなせる人だ』」と褒めた場合、相手がそれほど喜ばないケースがありますので、注意が必要です。 「そつなくこなす」を使った例文 続いて 「そつなくこなす」を使った例文を見ていきます。 「そつなくこなす」をいちばん使用する機会が多い仕事の場面で、 「そつなくこなす」を使った文章をチェックしてみましょう。 「A君は派手な仕事ぶりではないが、『そつなくこなす』能力がある」とか、 「B君の取り柄は、物事を『そつなくこなす』くらいしかない」などです。 また 「Cさんはまだ新人なのに、仕事を『そつなくこなす』事ができるので、とても助かる」などという文章になります。 「そつなくこなす」は、評された人の置かれている立場により、褒め言葉にも、けなす言葉にもなります。 相手が言われた時にどう思うかまで考えて使用するようにしましょう。 「言われた事しかしない人」【いわれたことしかしないひと】 「そつなくこなす」という言葉は、褒め言葉であり、けなす言葉でもあります。 ミスをせずに仕事をする事ができるのは、仕事をする人にとって大切な事ですが、 「それ以上」を求める人からすると、物足りない面もあります。 例えば 「言われた事しかしない人」は、 「そつなくこなす」事はできるけど、 「それ以上」がない人です。 思わぬ成果を出す事がないため、上司からそれほど高い評価をされない可能性があります。 このように仕事ぶりに意外性がなく、期待以上の成果を出さない人を褒める時に、 「そつなくこなす」と、ある意味、嫌味のような言葉を掛ける事になります。

次の

そつなくこなすは褒め言葉?意味や仕事をそつなくこなせる人の特徴も

そつ なく と は

要領よく動く• 頭の回転が速い• 理解力が高い• 感情的にならない• 人付き合いが上手い• 危機管理能力が高い• 好奇心がある 詳しく、見ていきましょう。 物事を無駄なく片づける様子から、このことが言えます。 作業するには、上手にこなすポイントやコツがいくつかあります。 普通の人は、何度も繰り返し行うことで、ポイントやコツを掴みますが、そつなくこなす人はそうではありません。 要領のいい人は、数回繰り返すだけで、すぐにコツを掴みます。 何でもできるというわけではありませんが、どの作業も短時間にコツを覚える人が、要領がよく、手際がいい人なのです。 頭の回転の速さには個人差があります。 ですが、頭の回転の速さというのは、生まれ持ったものではありません。 物事をよく考えたり、たくさんの本を読んだりすることで、身についてくるのです。 今、頭の回転が遅いから…と諦めることはありません。 必要であれば、大人になってからでも、頭の回転を速くすることは、いくらでも可能なのです。 物事を進めるには、そのときの状況や、使える道具、期限や自分の能力など、さまざまな情報が必要です。 理解力が高い人は、言われたことはもちろん、その他の情報が必要だと思ったときは、広い視野を持って質問したり、調べたりして、理解していきます。 すばやく、何を求められているのかを理解するのです。 理解力は、普段から物事を理解しようと考えるだけでも、身につけることができます。 また理解力の高い人は、どんなことに目をつけ、どのような質問をしたり、調べ物をしたりしているのか、よく観察してみましょう。 また、好き嫌いがあまりない人も多いです。 これは、物事に対して理解力が高いからこそ、不必要に感情を持ち込まないという、そつなくこなす人の特徴が表れています。 もちろん、気分が乗らないときや、やる気が出ないときもあるでしょう。 それでも、そこそこ興味を持ち、淡々と作業をこなしていきます。 そのため、何でもできる万能な人と思われることが多くあります。 作業のポイントやコツを掴むのが上手いので、人間関係もポイントを押さえて、うまく付き合っていきます。 日常生活や、ビジネスの場でも、その理解力から頼りにされることが多くあります。 頼まれたことを全部こなそうとすれば、どんなに仕事が速い人でも、手いっぱいになってしまうでしょう。 しかし、そつなくこなす人は、周りの状況をしっかりと把握し、人にお願いしたり、時間がかかるものは後に回したりと、すぐに判断して行動を起こします。 人間関係がうまく作れるからこそ、自分の評価は落とさずに、無理な作業をすることなく、うまく立ち回るのです。 状況を判断する能力が高いため、ちょっとした問題や、隠れた危険を見つけるのが得意なのです。 問題が大きくなってからでは、手がつけられません。 問題が小さいうちに、少ない労力で対処するのが一番です。 そつなくこなす人は、優れた観察力から、問題や危険をすぐに見つけ、すぐに解決策を練り、行動に起こします。 ビジネスやプライベートでも、気になるものを見つけたら、すぐにやろうとします。 新しい物事に取り組み、ポイントやコツをすぐに掴み、どんどん上達していくのです。 マスターしたり、成功を経験したりすることで、さらに次のことに取り組もうと、モチベーションも続きます。 自分なりに考えて行動する• 問題が起きたときの、予防策も考える• 時間配分を決める 詳しく、見ていきましょう。 情報収集や、応用力も高いため、難しい問題や物事を解決するときは、自分で解決策を考え、実行することができるのです。 そのため、周りの人から頼りにされたり、リーダーに抜擢されたりすることもよくあります。 人付き合いも上手いので、リーダーになっても、適材適所に仕事の振り分けを行い、うまく物事を進めていきます。 今のことだけでなく、先の未来のことも考えて行動するため、起こりえる問題に対して、リスクを最小限に抑えられます。 リスク管理もできることから、危機管理能力が高いと、周りの人から評価されることもよくあります。 状況を判断する能力も高いため、もし問題が起こったとしても、すばやく対処できます。 時間を決めて、1つの作業に集中して取り組むことができるので、効率よく作業が行えるのです。 1度に複数のタスクをこなしても、作業を間違える可能性があったり、時間のロスになったりしてしまうことがあります。 そつなくこなす人は、物事を進める前に、時間の配分を決め、1つの作業を集中して対応できるようにします。 集中して行うことで、作業を間違えたり、時間を無駄にしたりすることが、ほとんどないのです。 陰で努力する• 結果が重要だと考える• 優先順位をつける 詳しく、見ていきましょう。 冷静に、淡々と仕事を進めることができるため、周りの人からは、余裕をもって仕事する、そつなくこなす人だ。 という評価をされることが多いでしょう。 しかし、努力していないかと言えば、そうではありません。 陰で努力しているからこそ、うまく仕事を進めているのです。 無駄なく仕事を終わらせるので、結果を重視して、仕事を進める傾向があります。 結果的に仕事が無事に終わればいい。 という考えを持って、仕事に取り組むため、全体の状況を見て、作業を進めていきます。 そのため、計画的に、要領よく仕事を進めることができるのです。 効率よく作業するために、優先順位をつけるのです。 すぐに終わる仕事、すぐに取り掛かれる仕事は、優先順位を高い方に、難しい仕事や時間のかかる仕事は、優先順位を低い方に設定します。 簡単なタスクをどんどん終わらせるので、達成感もあり、モチベーションも持続します。 優先順位を正しくつけるには、仕事全体の状況を正しく判断することが重要です。 完璧な仕事をしようとはせず、不必要な作業や、無駄な力を抜いて、いい仕事を効率的に進めようという考えがあるからこそ、そつなくこなす人の能力は、高いと言われています。 そつなくこなすことのメリット 何でもこなす、万能な人というイメージがある、そつなくこなす人ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか? そつなくこなすことのメリットをご紹介します。 作業スピードが速い• 冷静な判断ができる• 小さいミスは気にしない 詳しく、見ていきましょう。 1度に行う作業は少なくても、コツコツと努力して作業ができるため、結果的に仕事を早く終わらせることができるのです。 モチベーションが必要とされる仕事は、やる気があるときのスピードは早いですが、気が乗らいないときは、なかなか仕事を進めることができません。 そつなくこなす人は、不必要に感情を出さずに、冷静に淡々と仕事を進めていきます。 もちろん、疲れたときは休憩を取りますが、それ以外の時間は、ほとんど仕事に没頭するため、仕事の量も、普通の人と比べて多くこなしているのです。 優れた観察力、分析力を持っているため、何を優先して仕事を行えばいいのか、把握することができます。 仕事で良い評価をもらえる人は、物事に正しい優先順位をつけられる人が多いです。 仕事をしていると、重要ではない作業や、上司からの急な頼み事などで、いつの間にか多くの仕事を抱えていることがあります。 この仕事を片付けるには、仕事に正しく優先順位をつけ、どんどん終わらせていく他ありません。 そつなくこなす人の仕事は、たくさんの依頼された仕事の中から、優先順位をしっかりとつけて、そつなく作業するため、周りの人からの評価も高くなるということです。 ポジティブな考えを持っている人が多いというのが特徴です。 ネガティブな考えを持っていては、小さいミスも気になり仕事が進みません。 その点、そつなくこなす人は、ミスを恐れず、冷静に淡々と仕事を進めていきます。 結果を重視して考えるため、結果に影響しないような小さいミスは気にしないのです。 情熱的な考えを持った野心家ではありませんが、ポジティブな考えというのは、仕事を進めていく上で、重要なポイントになります。 そつなくこなすことのデメリット そつなくこなすことにメリットがあれば、反対にデメリットもあります。 見方を変えれば、良いことも、悪いように受け取られてしまうのです。 それでは、 そつなくこなすことのデメリットをご紹介します。 反感を買うことがある• 多くの仕事を任される• モチベーションの維持が難しい 詳しく、見ていきましょう。 どんな仕事も簡単にこなしてしまうので、反感を買うことがあるのは、仕方がないのかもしれません。 仕事ができる人に対して、悪いイメージを持つ人がいるのも事実です。 特に淡々と仕事をしている人に対して、嫌がられてしまうこともあるでしょう。 努力している姿を見せない人は、嫌われる可能性もあります。 仕事をうまくこなしているのだから、良いようにも捉えられますが、見方を変えれば、デメリットになるでしょう。 そのため、 ちょっとした頼み事をされることも多く、いつの間にか、たくさんのタスクを抱えていることが、よくあります。 淡々と仕事をこなす姿が、まだ余裕があるようにも見て取れ、さらに仕事を任されてしまうのです。 効率的に作業できるからこそ、多くの仕事を任されるのはわかりますが、重要度の低い仕事をしていても、いつまで経っても、上がる評価も上がりません。 どんな仕事も、何でも効率よくこなしてしまう人だからこそ、ありがちなデメリットです。 どんな物事も、ポイントやコツを掴むのが上手いので、ある程度やってしまうと、飽きてしまうのです。 これは考え方を変えれば、モチベーションの維持につながります。 物事をマスターしたという達成感を、次に活かしていきましょう。 広い視野を持つ• チャレンジ精神を持つ• 苦手意識を捨てる 詳しく、見ていきましょう。 いつもアンテナを伸ばし、さまざまなことに興味を持つことが大事です。 1つのことに集中していては、広い視野を持つことはできません。 いろいろなことに、目を向けてみましょう。 そのため、少しでも多くの物事を経験し、知りたいと思い、新しいことにもどんどんチャレンジしていきます。 そのチャレンジ精神から、積み重ねた経験をもとに、ポイントやコツをしっかりと掴みます。 要点を押さえることで、そつなくこなす人に近づけるでしょう。 経験が、自分の自信と評価にもつながります。 苦手意識を持っていては、失敗を恐れて、新しい物事にチャレンジしていくことは、できません。 そつなくこなす人は、ポジティブな考えを持つ人が多くいます。 小さなミスは気にせず、結果を重視して考えましょう。 1度成功すれば、その達成感から次へのモチベーションにもつながります。

次の