アウディ tt。 価格が2倍も違う!アウディTTとTT RSの違いは何か?

【アウディ TT 新型試乗】どこまでも走らせていたい、と思わせる…島崎七生人

アウディ tt

ロードスター リア アウディがに発表した TT デザイン・スタディ・モデルを、ほぼそのままの形で市販化したモデルが、このTTである。 TTのデザインの方向性は、その後のアウディ車に反映されただけでなく、他社のデザインにも影響を与えている。 はやなどと共通であり、にバックハッチを持つ TTクーペを発売、には電動ソフトトップを備えた TTロードスターが追加された。 初代TTのデザインはドイツ系アメリカ人のによるもので、のオマージュであるとも言われる。 円のモチーフをエクステリア・インテリアともに反復表現していることも特徴である。 しかしこのスタイリングは、高速域での過大なをもたらす要因ともなった。 内装では、製パーツを用いて質感を高めたり、オーディオをワンタッチで隠せる蓋を設けるなど、プレミアムスポーツを感じさせる演出がなされている。 クーペは後部座席を持つが、大人が座るには非常に窮屈である。 ただし、後部座席の背もたれを前方に倒すことで荷室を拡大することができる。 なおこのリアスポイラーの装着に関しては、デザイナー(フリーマン・トーマス)が頑なに反対した、という逸話がある。 マイナーチェンジが一回実施されており、外観では、周囲が黒から銀黒色へ、が水平基調から格子柄となったほか、のデザインが変更されている。 グレード構成は以下のとおり 日本国内正規導入 1. 8T Quattro(型式:GF-8NAPXF, GF-8NBAMF 日本に最初に導入されたモデル。 全て左ハンドル・6MTであった。 当初の色はシルバー・ブラック・ブルーメタリックの3色。 225PSの1,800ccエンジン搭載のモデル。 1,800ccターボエンジンモデルはすべて5バルブである。 モデルよりも大きなツインインタークーラ付ターボを装備することで、出力に差が出ている。 1,800ccの排気量で225PSの出力は1Lあたり125PSというハイチューンエンジンであった。 極初期モデルはリアスポイラーもESPも未装着であった。 FFモデルとの外観上の識別点はマフラーカッターが2本であること・フロントとリアにクアトロエンブレムが装着されている点が挙げられる。 8T(型式:GF-8NAUQ 1月に発売された180PSの1,800cc直4 DOHC 5バルブ ターボエンジン搭載、5MTのFFモデル。 8T Quattroより約100万円安い390万円にて当モデルを発売した。 初めての右ハンドルモデルとなった。 11月には、そのFFモデルに製6ATを搭載。 これによってTTは日本でも、女性を含めた一般ユーザーに選ばれるクルマとなった。 ただしこれ以降、安価なFFの5MT車は販売を終了してしまったため、マニュアル派には選択肢が狭くなった。 2 Quattro S-line(型式:GH-8NBHEF フォルクスワーゲン・ゴルフ やアウディ・などにも搭載される3,200ccエンジンを搭載し、と呼ばれるを組み合わせたTTのトップグレード。 8T S-line(型式:GF-8NAUQ, GH-8NBVR アウディTTのラインアップの中で最販グレードであった1. 8Tクーペとオープンエアドライブを満喫できる1. 8Tロードスターにスポーティな『S-lineエクステリアパッケージ』を標準装備し、8月より発売。 8T S-line Limited(型式:GH-8NBVR 全国限定250台で2006年3月に販売開始した。 価格は434万円と、ベースモデルに58万円相当の特別装備を施しながらも、15万円高に抑えられた。 S-Lineリミテッド特別限定車のカラーバリエーション ボディーカラー&シートカラー は以下の通り。 シルバーメタリック + シーブルー 30台 シルバーメタリック + ブラック 40台 ファントムブラックメタリック + クリムゾンレッド 60台 ファントムブラックメタリック + ブラック 83台 モーリシャスブルーパールエフェクト + アニスイエロー 7台 ブリリアントレッド + ブラック 30台 1. 8T Quattro-Sport(型式:GH-8NBFVF クアトロ誕生25周年を記念してSラインをベースにクアトロGmbHがチューニングしたスポーツモデル。 発売時にはすでに1. 8Tクワトロはカタログ落ち 2004年8月 し、1. 8TはATのFFのみであったが、当モデルにて1. 8Lエンジンのクアトロモデルが復活した。 直4・1. エンジン以外の変更点としては専用サスペンションを装着、また、ハンドリングを向上させるためにTT3. 2のリヤフロアパンを使用し、バッテリーを後部に移動している。 軽量化のため、後部座席とエアコンを排除し、エアコンはオプションとして設定した。 また、後部座席を排除した事による剛性低下に対してリヤタワーバーを設けることで剛性を確保している。 これらの軽量化によって75kgの軽量化とCd値を0. 02下げることに成功している。 キセノンヘッドライト、アルカンタラの3スポークスポーツステアリング、アルカンタラのハンドブレーキグリップ、アルミシフトノブを標準装備。 ルーフ、サイドミラー、リヤスポイラーがパールがかったブラックに塗装されているのが特徴。 これらの装備を備え、3. 2クワトロSラインの535万円とほぼ同じ529万円で販売された。 2代目(2006年-2015年)タイプ8J [ ] アウディ・TT 2代目 ロードスター リア エクステリアデザインは、Jorge Diez、Gary Telaakが担当した。 エクステリアは初代TTのイメージを残しつつ、最近のアウディの特徴であるシングルフレームなどを取り入れた躍動感あふれるデザインとなっている。 からインスピレーションを得たという空調の吹き出し口や、SF映画に登場する宇宙船のようなテールランプなど、細かな内装の作り込みも特徴である。 そのインテリアデザインは、Carsten Monnerjan、Uli Beierlenが担当した。 メカニズム的には初代TTがそうしたように2代目A3と同じプラットホームを採用しているが、TTのために開発されたスポーツカー仕様のASF(アウディ・スペースフレームテクノロジー)を採用したことによりボディの7割がアルミニウム製となった。 ちなみに残りの3割の鉄は重量バランスと衝突安全性の改善ためリア部分とドアに使われている。 30と初代より向上した。 またオプションとして、アウディとしては初めて、磁性流体を利用したサスペンションであるマグネティックライドを搭載している。 インゴルシュタットの本社工場でボディの生産を行い、ハンガリーにあるアウディ ハンガリア モーターKft. へ列車輸送され組み立てを行っている。 日本仕様のグレード構成は以下のとおり。 なお、日本仕様はTTSとTTRSを除く全車右ハンドルのみ、HDDナビゲーションシステム(モデルまでクラリオン製MAX760HD、モデルからクラリオン製NX808のOEM)、バイキセノンヘッドライトが標準装備となっている。 クーペ [ ] 日本国内正規導入 1. 8TFSI(型式:ABA-8JCDA 2011年からエンジンをダウンサイズし、1,800ccターボエンジンを搭載する。 最高出力160PS、最大トルク25. 7速Sトロニック搭載。 駆動方式はFF。 6速Sトロニックを搭載する。 特別仕様車• 0T FSIリミテッド 2. 0T FSIに特別色「ミサノレッド」、「ルクソールベージュ」カラーの電動レザーシート、17in5アームトラペゾイダルデザインホイール等を標準装備とした100台限定車。 2008年6月26日発売。 TTS(型式:ABA-8JCDLF) TTのSモデル。 アウディ・S3とほぼ同型の2,000cc直4直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力は272PS、最大トルクは35. マグネティックライドは標準装備、ESPは2ステージモード付きとなっている。 外観は、デイライトをヘッドライト内に装備し、メッキ塗装されたドアミラー、専用の前後バンパー、18inホイールなど。 内装は、レザーシートを標準とするが、レザーパッケージ2を選択すると、初代(8N のTTに装備されていた、インパルスと呼ばれるグローブをモチーフとしたステッチが入ったシートが装備される。 2008年3月にジュネーブショー2008で発表され、同年9月に販売開始。 日本仕様は、当初は左ハンドルの6速Sトロニックのみだったが、の一部改良により右ハンドルも追加された。 価格は693万円。 2008年5月には、名称の由来であるツーリスト・トロフィーの役員用車両としてTTSが供給されている。 TT RS(形式:ABA-8JCEPF) TTのRSモデル。 詳細は「」を参照 ロードスター [ ] 日本国内正規導入 2. ソフトトップは約12秒でオープン、約14秒でクローズする。 Sライン(S-line) クーペと同等のパッケージ 過去のモデル [ ] 日本国内正規導入 3. 2クワトロ(型式:ABA-8JBUBF) ゴルフ R32、と同じ3,200cc狭角V6エンジン搭載。 BUB型。 パドルシフトも可能な6速Sトロニック(DSG)搭載。 駆動方式はクワトロシステム(フルタイム4WD。 ヘッドライトの照射角を走行速度や、ステアリングホイールの切れ角から進行方向へ傾けるアダプティブヘッドライトを標準装備。 11月にはアウディから詳細が発表され、改造されたTTSにはかつてでパイクスピークの記録を更新したと同じ「Shelley」のニックネームが与えられることも明かされた。 2010年9月、「Shelley」はパイクスピークを27分で停止せずに完走。 証人となった同レース主催者は、プロドライバーが同車を運転した場合でも17分が限界との見方を示した。 0L直列4気筒DOHCエンジン インタークーラー付ターボチャージャー 2. 0Lコモンレール式直噴ディーゼル 2. 0TTS 184ps 2. 0TDI 37. 7kg・m 2. 0TTS、2. 0TDI 6速 Stronicトランスミッション 6速MT 全長 4180mm 全幅 1830mm 全高 1380mm 2505mm 車両重量 1230kg.

次の

TTクーペ(アウディ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

アウディ tt

あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608053957 Frontend 99. 0 Rendertime 20200615061714 StaticVersion 20200608053957 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608053957 Frontend 99. 0 Rendertime 20200615063704 StaticVersion 20200608053957 Activated Scopes Context Scopes.

次の

アウディ・TT

アウディ tt

再会の相手とは、今年で登場20周年を迎えたアウディ『TT』の最初期型、「Audi TT Coupe 1. 8T quattro」。 アウディジャパンがコンディションのいい個体を選び、外観はもちろん、ブッシュ類も含む足回りの細部に至るまでレストアをかけ、仕上げたという個体だ。 きのう納車されたばかりのように磨きあげられた……そう言われてもおかしくないボディ色は、初代TTのイメージカラーだったシルバーレイクメタリック(5B)、6アームデザインのアルミホイール(7. インテリアも、本革&アルカンターラのシートを始めオリジナルを保っていた。 精緻、クール、そんな言葉で言い表せる室内空間の心地よい緊張感と斬新さは、懐かしくも今なお新鮮に感じる。 搭載エンジンは1. 8リットルの4気筒5バルブターボで、225ps/28. これに電子制御油圧多板クラッチを用いたフルタイム4WDのquattroが組み合わせられ、アウディならではのスポーツカーの走りをモノにしていたのだが、今回改めて乗って実感したのは、エンジン、ハンドリングなどのすべてのフィールが、コチラの心構えを超越した、きわめてダイレクトで気骨あるものだった……ということ。 率直なところその感覚は意外でもあり、もっと大人しいクルマのイメージを持ってきたのだが、『TT』が単にスペシャルティクーペではなくピュアスポーツカーだったのだと再認識、そのイメージが上書きされた次第。 「バウハウス」の流れを色濃く受け継いだデザイン ところで『TT』は、その登場以来、アウディのデザインを象徴する存在としても役割を果たしてきた。 バウハウスはアウディと同じドイツにある造形学校で、建築家ヴァルター・グロピウスにより古都ヴァイマールに開校されたのが1919年のことだから、今年でちょうど100周年を迎えた。 我々の身の回りにもバウハウス由来のシンプルで機能的な美しさで目を惹くデザインや製品は数多く、広く愛されているが、自動車の分野でいえば、凛とした存在感を放つアウディ『TT』のデザインは、ドイツを象徴するバウハウスの流れを色濃く受け継いでいるといえる。 ブレることなく新型へ受け継がれた、Audi TTの世界観 なお『TT』は最新モデルで3世代目にあたり、今年フェイスリフトも実施した。 注目したいのは、時代の流れる速度がこれだけ速い現代でも、いささかもブレることなく初代からのコンセプトが受け継がれているという点だ。 とはいえ、今回試乗のチャンスがあったレストア版初代モデルと較べれば、当然ながら現行型からは20年分の時代の進化は否応なしに感じられるところ。 とくに走りは、意のままのハンドリングはそのままに、現代の『TT』は最新の技術を得て、乗り味や各部の操作系を始め、全体の洗練度が格段に高められていることを肌で実感する。 たとえば20年前の初代『TT』の味が忘れられない、または憧れた、そんなクルマ好きがもう1度、今の『TT』のコクピットに収まったとしたら、進化しつつも変わらない世界観と『TT』ならではの思いのままの走りが健在であることが嬉しく思えるに違いない。 アウディジャパンは、バウハウス100周年を機に開催される巡回企画展「開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎- 」を協賛している。 新潟市美術館で8月から、西宮市大谷記念美術館で10月から開催された(すでに終了)。 2020年は、高松市美術館で2月8日(土)~3月22日(日)、静岡県立美術館で4月11日(土)~5月31日(日)、東京ステーションギャラリーで7月17日(金)~9月6日(日)に開催される。 バウハウスの一端を見て、体験できる機会となる。 《島崎七生人》.

次の