フレンチブルドッグ 病気。 【獣医師監修】フレンチ・ブルドッグの皮膚病の症状と対策

フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

フレンチブルドッグ 病気

愛犬が下痢や軟便をした時、それが急性なのか慢性なのかはとても重要です。 急性下痢の8割は自然に治ってしまう事があります。 ライフスタイル、フード、おやつ、サプリメントの見直しで薬を色々と使用しなくて治るものもありますが、数週間から数ヶ月続く下痢は、寄生虫感染や病原性細菌感染、内臓の疾患、アレルギー、免疫性疾患、腸内の腫瘍などなど本当にたくさんの疾患を考えなくてはいけません。 そして、フレンチブルドッグの場合は、他の犬種と違い、腸にタンパクが漏れ出てしまう蛋白漏出性腸炎や、アレルギー性腸炎などが多い一方で、単純な「繊維反応性腸症」という疾患も多いのです。 今回は、「繊維反応性腸症」についてお話をしましょう。 人気ランキング• 何倍も大きな猫…でも負けない! フレブルぶーはまだポテッとしたパピー。 しかしとても勇敢なところがあり、どうや... 12,600ビュー• プール遊び開始! 早速ですが、フレブルがプールの中に入りました。 これくらいのサイズであれば怖がる子は少ないも... 4,200ビュー• おもちゃを取り合っている2頭 まずはこちらの動画から。 お気に入りのおもちゃを取り合っている2頭のフレブルたち... 3,400ビュー• カッパを着て準備万端! オーナーさんと雨の日のお散歩へ出かけるフレブル。 目立つ黄色のカッパを着て準備はバッチ... 3,200ビュー• オーナーさんのお客さん。 迎えにいくのは… フレブルと暮らすと起こる「あるある」1つ目は、「オーナーのお客さん... 3,100ビュー.

次の

フレンチブルドッグ 人気ブログランキングとブログ検索

フレンチブルドッグ 病気

実年齢 人間に換算した年齢 6ヶ月 7歳半 1歳 15歳 2歳 23歳 3歳 28歳 4歳 32歳 5歳 36歳 6歳 40歳 7歳 44歳 8歳 48歳 9歳 52歳 10歳 56歳 11歳 60歳 12歳 64歳 13歳 68歳 14歳 72歳 15歳 76歳 16歳 80歳 17歳 84歳 18歳 88歳 19歳 92歳 20歳 96歳 この表からわかるように人間が10歳の時には、犬はもう56歳です。 この時点で5倍以上の差がありますので、犬の方が断然、成長スピードが早いのが分かりますよね。 一般的にフレンチブルドッグは 6歳からがシニア期、 11歳からが高齢期です。 シニア期からは• 徐々に視力や聴力の低下• 筋力や体力がなどの低下• 歯周病の口臭 フレンチブルドッグは、とても活発的なので飼い主の方がしっかりと コントロールをする必要があります。 興奮してしまい 激しい運動をさせてしまうと気道を圧迫してしまい、呼吸が苦しくなってしまいます。 長時間の運動は必要ない犬種なので、室内で遊ばせるのと、散歩は、 1日に1~2回を30分程度で十分です。 夏の散歩は熱中症のリスクもあるので、朝や夕方など 暑さのピーク時はなるべく避けるようにしてください。 年齢とともに体力や呼吸器官は低下しますので、年齢に合ったペースと距離にしてくださいね。 また、室内でもおもちゃの 誤飲やテーブルのカドに 激突するトラブルも起こしやすいです。 眼が少し飛び出ている顔の構造しているので、眼球を傷つけてしまう可能性があります。 時々、何をしているか確認して安全を守ってあげましょう。 フレンチブルドッグは、場の空気を読んだり飼い主の態度や関係性をよく見ています。 なので、家族同士でケンカしていたり、誰もかまってくれないと すごくストレスがたまってしまいます。 ストレスが行動であらわれることもあります 以下のような行動はストレスがたまっているサインです。 震える• しっぽが下がっていて足の間に巻き込む• 生あくび ストレスがたまらないように スキンシップを増やしたり、 犬用のガムも効果的です。 また、毛が短いのでやらない飼い主の方もいますが、ブラッシングやなどを毎日してあげましょう。 ブラッシングやは血行促進や犬のストレス発散だけではありません。 特にフレンチブルドッグの 皮膚が弱い傾向があります。 ケアを怠るとアレルギー性の 皮膚炎になる可能性もありますから、ブラッシングをしてダニや花粉などの アレルゲンをとってあげましょう。 顔のしわなども汚れや食べかすがたまりやすいです。 ぬれタオルで拭いてあげて清潔にしてあげましょう。 また、かわいがる時は、ただ触るだけでな くマッサージもしてあげましょう。 皮膚の状態や 骨肉腫などの腫れも確認できるのでおすすめです。 犬は呼吸を用いて体温調整を行いますが、フレンチブルドッグはそれが苦手です。 一般的には パンティングと呼ばれる呼吸を用いて体温を調整するのですが、マズルが短いフレンチブルドッグにはそれが難しいのです。 そのため、飼い主の方が適度な 温度調節をする必要があります。 クーラーや扇風機を使い、室内の温度を一定に保ちましょう。 外の気温が高いと散歩の後は 体温が上昇しているので、室内では冷やしてあげる必要があります。 ほかの犬種に比べてどっしりとした体型なので、より注意深く体調管理をしてあげる必要があります。 毎年、熱中症に関してのペット保険に請求されるケースが増えています。 夏場は散歩の 時間・コース・ペースなどに気を遣うようにしましょう。 フレンチブルドッグは、 短頭種なので特有の病気になりやすいです。 なので、早期発見・早期治療のためにも、 定期的な健康診断を受けさせるようにしましょう。 成長期までは、年に1回で良いのですが、6歳以降の シニア期からは年に2回の健康診断がベストです。 老化とともに病気のリスクはどうしても上がってしまいます。 場合によっては、 レントゲン検査や 超音波検査なども血液検査のほかにやってあげるのも良いのかもしれませんね。 今の愛犬の状態を飼い主と獣医師が把握することで、病気になってしまった時も、適切に病気を絞り込み処置ができます。 愛犬の健康にも重要ですが、仮に病気になってしまった時に治療費が高額であるケースや長期的に費用がかかるケースが多いのです。 万が一、病気になってしまった場合も、ペット保険に加入することで一部を補償してくれるので、 加入していない方は加入をご検討ください。

次の

フレンチブルドッグ 人気ブログランキング OUTポイント順

フレンチブルドッグ 病気

com フレンチ・ブルドッグは、脊椎疾患や短頭種症候群・整形外科疾患など、様々な病気に悩まされがちな犬種です。 その中でも多いのが、痒みや痛みを伴う皮膚の疾患です。 とくに最近は犬種自体の飼育頭数が増えたこともあり、皮膚病を患うフレンチ・ブルドッグは増加傾向にあります。 なぜそのような皮膚の疾患になりやすいのか…それは、フレンチ・ブルドッグの顔にシワが多いことが原因の一つです。 シワの間を清潔に保っておかないと、すぐに細菌が繁殖して皮膚病を引き起こしてしまいます。 また、フレンチ・ブルドッグは皮脂腺の分泌も活発なことから、皮膚病にかかるリスクが高く、結果、抜け毛も多くなるというわけです。 com 上述のように、フレンチ・ブルドッグは皮膚のトラブルを起こしやすい犬種です。 具体的には、以下のような皮膚病を患うリスクが高くなります。 アレルギー性皮膚炎 痒みを伴う皮膚炎の代表格です。 食べ物が原因となって現れる食餌性皮膚炎、アレルゲンが体内に侵入して起こるアトピー性皮膚炎や、アレルゲンとなる物に接触することで起こる接触性皮膚炎などがあります。 とくに、アトピー性皮膚炎にかかった犬は激しい痒みに襲われ、カラダ中を舐めたり掻いたり、床や壁にこすりつけたりするため、抜け毛も多くなってしまいます。 膿皮症 ブドウ球菌など、細菌が異常増殖することで発症するのがこの病気です。 皮膚の状態が不衛生だったり、擦り傷や噛み傷から進行したり、栄養が不足していたりする時に起こります。 膿皮症(のうひしょう)になると抜け毛が多くなり、毛の抜けた部分にかさぶたや膿疱ができます。 マラセチア皮膚炎 その名の通り、マラセチアという真菌が異常増殖することで発症する皮膚病です。 このマラセチア、皮膚に常在している真菌なのですが、異常増殖して皮膚炎を悪化させることがあります。 この病気も激しい痒みを伴うので、皮膚を掻いてしまい抜け毛が起きます。 とくに、シワの間や脇の下など不衛生になりやすい箇所に強い赤みが出やすいので、注意して観察しましょう。 com では、フレンチ・ブルドッグが皮膚病にならないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか。 フレンチ・ブルドッグの皮膚病対策には、シャンプーが有効です。 2週間~1ヶ月に1回のペースでシャンプーをし、皮膚を清潔な状態に保ちます。 フレンチ・ブルドッグの体調が良くない時や寒い季節には、ドライシャンプーを使用したり、蒸しタオルでカラダを拭いてあげたりしましょう。 また、シャンプー剤の洗い流し不足やシャンプー後の自然乾燥は、皮膚の細菌を増殖させる可能性があるので、シャンプー剤はしっかりと洗い流し、ドライヤーなどを使って素早く乾かしてあげてください。 そして、フレンチ・ブルドッグで一番お手入れが重要なのは、顔のシワの間です。 このシワの不衛生がフレンチ・ブルドッグの皮膚病の一番の原因になるので、濡れたタオルでシワをしっかり伸ばしながら汚れを拭きとっていきます。 肌が乾燥している時は、犬用の保湿剤などを用いて、潤いを与えながら清潔にしてあげましょう。 このように、フレンチ・ブルドッグは皮膚の疾患になりやすいので、毎日のお手入れを習慣づけ、常に清潔な状態を保つようにしましょう。

次の