今なんでもするって言いましたよね?。 今何でもするって言ったよね?とは (イマナンデモスルッテイッタヨネとは) [単語記事]

普通の人ってなんなの #呑みながら書きました|あらしろひなこ|note

今なんでもするって言いましたよね?

卒論、ちゃんと提出したぞ……。 意外と余裕もって提出できたぞ…。 これで卒業できるぞ……。 私、がんばったな……。 てかマジで年明けの大学4年生の忙しさなめてた……。 こんな記事書いてる暇じゃなかったよ…… ? てか今更感満載ですけども、一応ご挨拶させてくださいね、 あけましておめでとうございます……(小声 ……ということで! ? 私も大学生活最後にして最大の課題である卒論を提出し終えたことですし! 200000000年くらい前にやった、 ぷしゅしゅ的ジャニーズジュニアのことをこんなふうに思ってるよ発表会の第二回を開催したいと思いま〜す!パフパフパフ〜! 自分で無理やり盛り上げるタイプ そして記事の冒頭ですが、 ここで皆様にお詫びしたいことがございます(深刻) 今まで散々のデジタル化にどちらかと言えば否定の立場をとってきて、ジュニアチャンネルも観ない宣言をしておりましたが、そんな、ジュニアに詳しくないで有名だった私 ? も、去年8月にスノスト同時デビュー発表を機に、 ついにジュニアチャンネルに手を出してしまいました。 そして手を出した結果、 ストのジュニアチャンネルはほぼ観たんじゃないかなと思いますし、スノ、トラジャ、、美少年の動画も、ちょっとつまみ食いしました。 ジュニアチャンネル観ない宣言した時、 「私がもしジュニアチャンネルに手を出した時は、どうぞ後ろ指を指してください。 どうぞ笑ってやってください。 」などとお話ししましたが、 もうこうなった以上、ジュニアチャンネルに手を出した以上、皆様に後ろ指を指されて笑われる覚悟はできております。 のジャニオタの皆さんにあざ笑われる覚悟はできております (大げさ) むしろそうされないと私が自分で自分に罪の意識を感じすぎて、堂々とジュニアを応援できないので (?)、どうぞ大笑いしてくださいませ。 ・・・はい!!ここで私の謝罪会見は終わりです!ここからは楽しい話しかしないつもりです!(勝手に謝罪会見をしただけ) まぁストスノに関してはギリですがジュニアって扱いにさせてください! いろんな意味でこいつらやばい 褒めてる? 最初こそ、第一印象の最上位層軍団、仮に私が同じクラスだったら関わりたくない軍団であるという感じだったし、好きになった今も、仮に同じクラスにがいたとしても関わりたくないし、遠くで観てるだけでマジで十分だなって思うくらいに、彼らはいろんな意味でオーラが半端ないと思うんですけど、でもそれと同じくらい 「なんなん、ただのめっちゃおもろいやつらやん」という急な親しみも持っています。 彼らの動画はどれも面白いと思いますが、の動画の中で特にお気に入りなのは、 10万円旅とでのコーディネート企画ですかね。 御多分にもれず有名どころの企画。 今までの動画を観たことない、今までの私のように「とか怖いから近づきたくない(怯)」って思ってる人ほど、 動画の彼らを観るとギャップの落差で沼に自らのめり込む可能性大ですよ。 いいですか!? なんの自慢にもならん をスクロールする自分の手が止まらなくて怖いんだからね!? 病気 あと、私が地味だけどたしかに衝撃を受けたのが、そう、 氏です……。 どんな衝撃を受けたかというと、 氏ってちゃんとジャニーズだったんだ……ということです ??? いや、こんなこと言っちゃうと担に刺されるかもしれないんで、ちゃんと補足しますと、私はについて詳しくなった媒体がだったんで、皆さんご存知のとおり、 「HAHAHAHAHA! 」つってバカでかい声で笑う氏、暇さえあれば森本氏と一緒になってボケ倒す氏しか知らなかったんですよ。 それがさ……、11月にジャニショに行った時、もうその時にはすでにに堕ちてますから、買うか買わないかはさておいてのコーナーもなんとなく見るじゃないですか。 その時。 ふと何気なく観たの写真に驚愕する。 氏が、あのが、おふざけ一切無しでちゃんと笑顔で写真に写っている……。 笑顔というか、微笑んでいる…。 ちょっとおまえ何言ってんだ、仕事で写真撮ってんだから笑うのは当たり前だろとか今皆さん思ったかもしれないですけど、それまでジュニアチャンネルでの「HAHAHAHAHA! 」氏とか、ひたすらボケ倒し氏しか知らない私にとっては、割と地球がひっくり返るくらいの衝撃でしたからね……。 でも、このデビューを機に、いろいろなテレビ番組に出る氏はやっぱりおふざけ満点氏なので、 あれはジャニショが見せる幻想だったんか…?とすら思っています 失礼) あと、高地先生については、今までスクール革命での彼しか知らなくて、ジャンプにもまれながらも頑張っているジュニアの子って感じだったんですけど、その印象とは違って、ストの中にいる彼は入所が1番遅くてその話を持ち出されたらもう勝ち目ないんですけど (?)、でもそれ以外は時に最年長として以下5人をまとめ、ドSぶりを発揮する、まさに高地先生ですね… (?) ちなみに先日の「」では、巨匠の、20年ぶりのリベンジ(?)ということで、彼がストのリーダーとなることになりましたね!彼がこれからどんなリーダーになっていくのか楽しみです! じゅったんはその赤髪から私が1番に「絶対関わりたくない人なんですけど…」とか失礼なことを思っていましたが、 ジュニアチャンネルではもうママじゃん…(?)パパじゃなくてママじゃん…。 誰が言い出したのか 「田中樹はスト動物園の飼育員」とのキャッチコピー(?)がまさに言いえて妙…。 じゅったんは1人でも手に負えない人間を5人まとめて面倒見てんだね…。 いつもドライバーしてるし(?)、家計管理してるし(?)、パパっていうよりママじゃない…(?) そしてママであること以外にも、私が勝手に赤い髪に恐怖心感じてただけだけど、礼儀正しい子じゃん…。 仕切れる子じゃん…。 ジュニアチャンネル1周年記念で、いつも相手にしてるスト以外にも大勢のジュニアを前に企画仕切ってんだからね…。 ちなみに小学生の時、その映画も観に行きました…。 当時は大して私はジャニーズに興味はなかったですが、友達に連れられて、そしてその時の私も、興味のない映画を観に行くにも関わらずなぜか「ジャニーズについて詳しくなることはこれからの女子同士の付き合いで大事なこと!」と思い込んでました。 今、自分の意思でジャニーズを好きになってしばらくたって思うことは、ジャニーズを好きになることは楽しいことだけど、別にジャニーズ好きじゃないからって女子の世界で生きていけないなんてことはこれっぽっちもねぇよって当時の私に言ってあげたいです 何の話) あの時は、ただひたすらにかわいくて小さかった少年…(今かわいくないとは言っていない) あの若さでデビュー&映画主演なんかしちゃって、明らかにジュニアの有望株だと思ってたのに、気づけばだいぶ苦労人になり、本格的なデビュー?はここまで来ましたね…。 1度は夢をつかみながらも、紆余曲折があって今回でのデビューをつかんだ森本氏なら、きっとその いろんな意味でのを生かして、きっと粘り強く頑張っていけると思うよ…。 ちなみにきょもほくについてはこの記事で語ったんで、こちらをご参照ください (急に雑) 私ときょもほくの関係性としては (???)、私がリアルにほっくんと付き合っていて (?)、でもアイドル・京本氏のことが好きで、彼氏であるほっくんの目の前でも「きょもきょもきょもきょも (怖)」と騒ぎたおしてるんですけど、ほっくんはオトナなので (?)、そんな私に引くこともなく、むしろ一緒に「いや、俺は京本くんより森本くんのほうが好きだけど?」みたいに一緒にファンとして楽しんでくれたり、彼女が少しでもライブに行ける可能性を上げるために、自らファンクラブに入って、自分のためでもあるけど、半分彼女のために毎回コンサートに申し込んであげたりするみたいな感じですかね (ここまでひと息) ちなみにこれを意を決してジャニ友に話したら「…へぇ~~!」って真顔で言われたあと、無かったことにされました (そっちの方が怖い) あと、嵐の表紙と特集目当てに買ったMORE12月号を読み返してて、ほっくんがウエディングリング特集で載ってたんですけど、インタビューで「(結婚は)いずれはと思いますが、今はないです。 」との回答に、「いや、今あったら困るわ、てかデビュー控えてる今に万が一結婚の予定あるとかいうジャニーズジュニアつよすぎるだろ…」と私が1人で勝手に安堵したのもつかの間、ほっくんが 「ずっと先の未来に、「そりゃ、お前ら結婚するよな」って周りから言われるような相手と結ばれたいなと思います。 」 とか言ってて、急に誌面越しにいい意味の呼吸困難で死にかけました。 いや、私もそんな結婚したい…、そんな相手と結ばれたい… (そんな予定はしばらくなさそう) もうこうなったら理想の結婚の方向性が一緒ってことでほっくんと結婚するしかないのでは…? (偏差値が急激に低い) あと、ほっくんがウエディングリングをつけるモデル?としても誌面に載ってましたが、たぶんこの企画にほっくんを起用したMORE編集部の意図としては、ほっくんをMORE読者の未来の旦那さんと見立てて、ほっくんに指輪をプレゼントされたらという想定だったと思いますが、 のリングのページのほっくんはどうみても指輪をプレゼントされた側の顔してました。 思いがけないタイミングでプロポーズ&指輪をプレゼントされて、うっすら涙を浮かべながら過去イチのまぶしい笑顔魅せちゃってるほっくんでした。 そんな笑顔されたら、自分がその笑顔超えられる自信ないから、の指輪は自分の未来の指輪候補から外したくなるよね? (?) この企画の趣旨に大幅に反してね?? てかそもそもシンプルに左手薬指にリングしてるつよい。 ストに関して明らかに語りすぎなのは私が1番自覚してます、ご安心ください (?) 私は今回のアリーナツアー、ファンクラブに入っていなくても申し込めるとのことだったのでぜひ行きたかったんですが、私がそのことに気づいて申し込もうとした時には、 すでに申し込み締め切りは終わっていました…。 嘘でしょそんなことある?(実際にある) 当たる当たらないじゃなくて、申し込みすらできなかったんだよ?? 自分のせい) なのでその時はだいぶ自分を恨み、呪いましたが、今はもう落ち着きました(穏やかな笑顔) 心穏やかに彼らのツアーの成功と、ツアーに行かれる方が心から楽しまれることを祈れるくらいの心の余裕を、これまた自分で生み出せました。 私ジャニオタの鑑やと思う (自分で自分をほめるスタイル) あと、私が勝手に的な扱いにしていた、かの (? B. Shadowですが、 これで全員デビューできたね、って菊池さん家の風磨くんがジャンプコンのオーラスを観に行った際の挨拶でそう言ったらしいですね…… (涙 ごめん、私勝手にあのグループのことタブー視してた……、その名前を口にしてはいけないみたいなで言うヴォルデモートみたいな扱いしてた……。 、、、はそれぞれとストであり、それと同時に今もB. Shadowでもあったんだね……。 なんかエモい…… (語彙力 もうこうなったらB. Shadow永遠なれ…… (急に手のひら返す 前回では、申し訳ないことに腹筋太鼓しか彼らについての知識を持ち合わせていなかった私ですが、あれから勉強しましたよ (謎に上から目線) あの時はメンバーの顔と名前の一致はおろか、誰がオリジナルメンバーで誰が新加入組なのかすらもわかっていませんでしたが、今は完全にお顔とお名前が一致するし、なんならそれぞれについてほんんのちょっとなら語れるレベルになりましたよふっふっふっふ (自分で悦に入る) 阿部くん、前も言ったけど、 君、院卒って何事なんや…?前回の記事を書いた時は私の進路が決まっていなかったから言えなかったけど、春から大学院生となる身としては、これからの大学院生活に不安しかないのに、彼はその大学院生活に加えてしてたわけだろ…?いや意味わかんないんですけど…? (ほめてる) だって私はついこの間卒論から解放されたばかりなのに、もう今からの心配ばっかりしてんだよ…?(ガクブル) それに加えての資格だと…?前も言ったと思うけど意味わからんな…? (超褒めてる) 彼は「自分のとりえは勉強が苦じゃないこと(ニュアンス)」とのことで、クイズ番組で活躍できるよう、例えばの氏主宰のクイズ勉強会的なものに参加して、テレビ局とかの会議室でひたすら早押しクイズ4時間やったりするとかいう、なかなかシンプルな意味でやばいクイズマニアっぷり?を見せてくれていますね。 私はもはやここまでくると「ジャニーズとは、アイドルとは」みたいなことを問いたくなってくるんですが、彼がそうしたいならそれでいいんじゃないかな… (母親目線) もう私は彼が大学院を修了したということだけで完全に尊敬の対象だからね… (これから院生になるやつの発言) 新加入組の ラウール氏、てかもうここまで来たらオリジナルメンバーか新加入組かとかどうでもいいかもしれませんが、新加入組なのに(? 16歳の若さで?センター張ってるってどゆこと……?シンプルにすごない……?彼はもともとは少年忍者で、その外国の血をひいた影響なのか背が伸び過ぎで少年忍者の中での立ち位置を見失っていた時に、我らがタッキー社長にへの加入を打診され、意を決して飛び込んだそうですね。 ……ラウール氏もタッキー社長も先見の明がありすぎか?(褒めてる ラウール氏もラウール氏で10歳も歳が離れてる、今までほぼ関わりなかったであろうお兄さんグループへ突如入っていくのはすごく怖かったというか不安だったろうし、タッキー社長もラウール氏をここでに入れようとする判断がすごい。 結果ラウール氏に限らず、このメンバー増員作戦(? は大成功を納め、この度のデビューと相成ったわけです。 ちなみにそんなジャニーズサクセスストーリーを辿っているラウール氏ですが、私は今の金髪よりも黒髪のほうが幼さ、あどけなさ、可愛さがあって好きです (急な私の好み あと、この間のでの密着を観たんですけど、私が常々、本人でもないのに考えていた、 今のジャニーズジュニアのリアルな悩みがそこにはありました。 これこそ私が常々、ジュニアでもないのに考えていたことですよ (立場が謎) 「いつまでジュニアやってんだろうって思われただろうこともあるし」「このままやっていても未来はあるのかな」 ニュアンス) まるでスノメンバーの体を借りて私がしゃべってんのかなってくらいに (?)、私が普段ジュニアについて考えていることがほぼそのまま語られてしましたね (???) ジャニーズが男性アイドルとしての寿命を延ばし続けているおかげで、1度デビューすればめったなことがない限り、彼らを応援できるという楽しみがある反面、その分どうしてもデビュー組がある程度出てしまえば上がつかえるので、どうしても下の世代は活躍の場が狭められると思うんですよね。 もちろんジャニーズの先輩がいることで彼らが露出していける媒体、機会もあるわけだけど、前例が多い分、前例通りのことを踏襲していくわけにもいかない。 でもジュニアだからいかんせんある程度経験を積まないと、前例以上のことなんてそう簡単にはできない。 もう負のスパイラルではないけど、ジャニーズが組織として育てば育つほど、成熟すればするほど、ファンとしてはうれしい反面、楽しい反面、どうしてもその光が強いだけ、陰というかなんというかみたいな部分ができてしまうと思うんですよ、どうですか、この私の、まるでお前現役ジュニアかみたいな語りぶりは。 今回デビューを機に、そしてそのデビュー前に、本人たちの口からそのような苦悩の日々を聞くことができてよかったです。 きっと彼らが語ったのなんて、彼らが思い悩んだことのほんの少しでしかないだろうけど、本人たちの口から語られることによって、今まで私が勝手にジュニアたちに対してのその将来の心配をしていたことがあながち間違っていなかったのかもなんて思いました。 そして、デビュー組がデビューできているのは当たり前、当然の結果ではないこと、デビュー組がいれば、その何倍もの数のジュニアがデビューできなかったということを忘れてはいけないし、というより忘れたくないなと思いました。 そして今回デビューできなかったけれど、腐らずにジュニアとして頑張っていくジュニアたちをこれからも生暖かい目で見守っていこうと思いました。 なんかめっちゃ真面目な話になった。 まず苗字が初見では絶対に読めない。 読み方を教えてもらわないと絶対に読めない。 しめちゃんにはその貴重であろう名字を絶やしてほしくないので、家族構成とか全く知りませんが、できれば結婚する時にはお婿さんにはならずにお嫁さんをもらってほしいです (勝手に気が早いおせっかい) しめちゃんはジュニアチャンネルの寝起きドッキリ回で 「うちの姫は」といわれていたので、例えば知念侑李先生とかもっと言えば大先生のように、 そのグループのマスコット的存在というか、もっと端的に言えばかわいいキャラ担当なのだと思います。 実際にかわいいのでなんら異議なし。 ですが…、このの番組でちょっと詳しい話の流れは忘れたんですけど (おい)、まぁ端的に言えばしめちゃんが 「どうせかわいい恰好、かわいいキャラしとけばいいんでしょ、これもお仕事なんでね」みたいな、急に氷点下みたいな発言をしたときには、かわいいはずだった彼のキャラが急につかめなくなりかけて、無意味に番組を一時停止したくらいには戸惑いました (?) でも…、これも私好きなやつ…。 私、最近ようやく自覚してきたんですけど、どっちかというと私はかわいい男の子が好きなんだと思うんですよね(言い方) 伊野尾慧氏しかり、先生しかり、知念侑李大先生なんか大好物。 しかもかわいい見た目、甘やかされるポジションとは裏腹に、いったん口を開けば毒舌だとかのギャップにまぁちょろいほどにコロッとやられる。 知念侑李氏なんかその王道しか行っていない (?) しめちゃんはそんな私の性癖をきっと知っていたに違いない…(自意識過剰) あと、この間ジャンプコンに行って、そのバックダンサーとしてトラジャがついてるってことで、MCで長くトラジャがジャンプと一緒にしゃべってたんですけど、トラジャが1人1人自己紹介する際にトップバッターの我が (?)のえるくんが、まぁしっかりとした挨拶をしていて、あとに続くメンバーにプレッシャーを与えるというシーンがあったんですね。 薮宏太氏がのえるくんに対して「しっかりした挨拶するね~!まるで生徒会長みたいだね!」と30手前にして生徒会長というワードを持ち出すという、ちょっと独特な感想を述べてたんですけど、そこでただ笑って流して終わりではなく、なんとのえるくんの自己申告により、 のえるくんは高校時代に生徒会に入っていたことが判明…。 薮宏太氏の目は節穴じゃなかった… (?) むしろ人の過去まで無意識に見透かしてた… (??) またしても、またしてもですよ…、 これだから私にとってのえるくんは例え担当じゃなくても、もう他人とは思えないんだよ…。 なぜなら私も高校時代生徒会に入っていた…。 なんなら中学校の頃からやってた…。 さらに言えば高校では生徒会長もやった…。 もうジャンプコンの会場で、なぜか (?)トラジャののえるくんとの共通点(?)、さらに他人とは思えない私的ポイントをさらに発見しましたよね…。 」って冷静になった今ではなんかあの空気に酔ってたなって曲歌わされたし (言い方)、しかもその成人式ソングを歌うことをジャンプとジャンプファンに強要した元太くん本人が、薮氏の「地元の成人式にはいかないの?」という問いかけに対して、 「いや!僕が行ったら僕の担当みんな来ちゃいますよ!」という、なかなかに自意識過剰な発言してて最高でした。 薮氏の苦笑いつつの「お前、なかなか自信過剰だな(ニュアンス)」というたしなめまでがセットです。 2025年に開催予定の大阪・関西万博のなんちゃらということで(詳しくは覚えていない&知らない)、なにわ男子がデビュー前のジュニアなのに!1曲!歌ってたんですよ!つよい…。 しかもそれだけでも快挙、すごい事なのに、 その時歌った「世界の国からこんにちは」という曲が思いのほか(失礼)、すごい良かった…。 たぶんそもそもの歌自体もすごいいい曲なんだということはもちろんですが、あの先生アレンジも良かったんだと思う…。 ずいぶん昔の歌なのに、全然今でも通用する感じの歌にアレンジされてました。 しかもね…、そんな先生の素晴らしいアレンジでなにわ男子が歌うんだからね…、もう百人力だわ…。 サビの「こんにちは こんにちは」に合わせてぺこりぺこりお互いに挨拶してるなにわ男子が控えめに言ってもかわいすぎたし、 何よりそのサビのユっていうの?なんか、聞いててめっちゃ気持ちよかったです。 あと、まぁビジュアルの面に触れますと、 なにわ男子を久々にみたら、ちょっと目を離した隙に爆イケになってました…。 この前見た時は、 私の大好物の(言い方)ただのかわいい男の子だった長尾くんが、なんか前髪遊ばせてイイ感じにチャラくなっててよかったし、 西畑くんもなんかミルクまではいかないけどカフェオレ色みたいな髪色(?)になってて、イイ感じにチャラくてあか抜けてました。 しかも風のうわさによると、 追加公演もしたとか…? なんなん関西ジュニア、いつもいつも関東ジュニアとの差を嘆いているが、十分君たち仕事してるやん…。 ジュニア総出演とはいえ、ドームレベルの会場を追加公演するなんて相当すごいと思うよ…? そして私がさらに感動したのは、 どうやら今回の京セラドームジュニアコンで、グッズの完売完売が相次いだので、公演が当たった人に限るそうですが、後日ネットでのグッズ販売的なことを、ついにあのおれらのがしてくれたそうですね…。 あのが…、オンライン販売だと…?これは天変地異の前触れか…?しかも私がそれを知ったのが、自分がジャンプコンに行く前日だぞ…?こんなに局地的にうらやましいことあるか…? (私の事情) たぶん皆さんも常々思っていらっしゃると思います、 「グッズ列に並ぶのつらすぎるから、そろそろおれらのもネットでグッズを販売してくれよ」 と。 私も思ったことがないと言えばうそになるし、チケット当たった人だけじゃなくてファンクラブ会員の資格を持ってる人とかに対象の枠を広げれば、シンプルにもっとグッズの売り上げ増えるし、カウコンみたいな地獄のグッズ列がなくなるわけだから運営側もジャニオタ側もじゃね?と思いもします。 でもですねぇ…、ネット販売にしたら楽になることが確かにある反面、グッズを買った直後に売り場のお兄さんお姉さんに言われる「ペンライトは入場前に必ず点灯確認してください~~」とか「入場後は返品交換できませ~~ん」という対応がめちゃくちゃ煩雑になりますよね…。 私を含めてジャニオタの中には、ネットでグッズを買ったとしても公演前日とか下手したら公演直前になって初めてペンラの点灯確認したりパンフの乱丁確認したりするズボラさんたちが絶対にいますからね…。 それで慌てて運営側に問い合わせたりするなんてことになるのは運営側も目に見えてるだろうし、そしたら結局グッズの問い合わせブース的なものを会場に設置しないといけないだろうし、そもそも社会問題化している、全国のネットショッピングの荷物の配達量がめちゃくちゃに増えますからね…。 ただでさえジャニオタは誕生日カードとか舞台のチケットとか、自担の結婚発表の (白目)なんかで様にはお世話になっているのに、さらに、もしかしたらとか佐川急便なんかの手を煩わせることになるかもしれない…。 ご紹介します、 くんです…。 なんやろ (?)、もちろん私は井上くんへの恋心があるので(?)、もちろんジャニショでも買うか買わないかはさておいてでは井上くんの写真を真っ先に観てたんですけど、 なんかふと見た高橋くんの写真が不覚にも(失礼)、すごいときめいたんですよね、ちょろいジャニオタの心に刺さったんですよね…。 私はただでさえDDで、しかもめったにジャニショに来ない、しかもオンラインをしてまで買うつもりはなく、ジャニショに来たら毎回レジで自分で自分に引くくらい写真を買うので、せめて選んでる時は必死で自分を律してるんですけど、 うっかり今回の高橋くんの写真は買いかけましたね…。 危なかった…(ここまで来たら買え) まぁはこの秋から冬にかけて諸事情により、本来5人であるところが3人での活動を余儀なくされたわけですけど、でもめでたく ? 先日再び5人体制になったわけなので!この機会をにしたい気持ちもわかるが!にはせずに、しっかり過去の教訓として今後のデビューに向けた活動に生かしていってほしいです! 今回の事、きっとデビューしてからだったら今回以上にすんごいバッシングだったろうし、謹慎して済む問題なのかみたいなこともあったと思うのでね… (偉そう) また、私は今までジュニアに詳しくないジャニオタだったのでよく知らないですが、今回のようなことは今までだったらうやむやのうちに揉み消されて、ファンが納得しないのはまだしも、いつの間にかその本人がジャニーズじゃなくなってるなんてこともしばしばあったそうなので、今回のようなちゃんと発表して認めての謹慎期間は、 彼らはジュニアだけどジャニーズの一員なんだということを改めて本人にもファンにも認識させる機会になったのではないかなと思います (めちゃくちゃに偉そう) 別に恋してはいけない、遊んではいけないなんてことはないんだよ、恋してこそ、遊んでこそ得られることもあるだろうし、そんな楽しみでもなきゃ、ジャニーズなんて、芸能人なんてストレスフルな仕事、やっていけないと思うからね…。 でも散々言っているが、せめて君たちがジャニーズである以上、アイドルである以上はこっちにばれないように、悟られないようにやってくれ…。 頼む…。 ~ここまでが、前回も言及したジャニーズジュニアグループの中で、特別に発表者・ぷしゅしゅの中でその後の心境の変化、印象の変化があったグループ、ジャニーズについての発表でございました。 続きまして、ここからは前回の発表の際には知らなかった、特に印象のなかっt、ゴホンゴホン失礼しました、新規のグループについての発表でございます。 ~ そういえばこのグループについては、前回の記事以前から知っていたというか、聞いたことはありましたが、なんせ聞いたことがあるレベルだったので、発表会にエントリーさせておりませんでした。 担の皆様に深くお詫び申し上げます…. と言っても今も全然詳しくないんですけど(は?)、 私が今回彼らについて言及するなら、めめこと現の氏ですね。 本格的に語る前にこれだけ言わせてほしいんですけど、 「めめ」ってニックネームがスーパーかわいくない??本人は180超えてるって身長なのに、そんなかわいいニックネームなのがさらにかわいさ増してない?? (?) 私はめめ氏がに加入した際には、というジュニアの名前はなんとなく聞いたことがあったけれど、でもどこかのグループにいたということではなくて、どこからともなく彗星のごとく現れた、ただの(?)期待大ジュニア(言い方)かと思ってたんですよ。 まぁ実際彼は期待大ジュニアだったわけですけど、よくよく彼について詳しくなるにつれて、 もともと彼はこのにいたけれど、に入ると同時に脱退していた、卒業していたという何とも切ない過去を知りました…。 これ、めっちゃ難しい問題というか、心境ですよね…。 めめ氏はもちろんデビューしたかっただろうけど、でもそれはじゃないグループであってもそうしたかったのかと言えばなかなか難しいところだったろうし、でもそこでタッキーからの打診を断れるかというとそれもなかなか答えに窮するところだと思うんですよね。 実際彼はに入り、この度デビューしますけど、私がそのこと(だったこと)を知ってからはめめ氏を見るたびに、私の脳内で勝手にがめめ氏のバックに見えて切なくなってんですよね… (THE余計なお世話) 私はこの後日談について1ミリも知りませんが、どうかめめ氏もといとが仲たがいせずに、これからもいい感じの距離を保って切磋琢磨していけますように…。 でもこれも勝手な私の憶測というか願いなんですけど、をのバックにつけるのはやめてくださいね…。 本人たちがどう思ってるかは知らんけど、私が勝手にの気持ちを慮りすぎて苦しくなるのでね… (THE余計なお世話2) あと!どうやらうちの (?)先生の舎弟2号であるらしい、くんというジュニアがにいるらしい!相葉先生の舎弟1号はの氏でここは順当に先輩ですが、まさかの飛んで舎弟5号に大先輩であるはずの氏を置くあたり、松本くんが末恐ろしいのか、さすがの相葉先生なのかって感じですね! (?)(多分後者) 7MEN侍 彼らについてもその、さすがとしか言いようのないお名前は聞いたことがありましたが、なんせ聞いたことがあっただけなので、前回の発表にはエントリーさせていませんでした。 7MEN侍担の皆様に深くお詫び申し上げます…. 7MEN侍について少しだけ、ほんの少しだけですが知識がついたのは、なんといってものおかげですね!ストがこの度デビューするに伴ってジュニアチャンネルを卒業するということで、その彼らの枠の後任に選ばれたのが7MEN侍でしたね。 その時の引継ぎ発表動画を観たんですけど、ストのジュニアチャンネル卒業が発表された際に7MEN侍メンバーの誰かが 「え、これから毎週の楽しみが1つなくなる…」と言っていたのが、 マジで好感度爆上げでしたね。 たぶん私がジュニアの立場だったら、もちろんストの動画で毎週捧腹絶倒できなくなるのはさみしいと思うと同時に、でももしかしたらその枠に自分が後釜としてはいれるかもしれない!というなんともよこしまな考え、ピュアさのかけらもない考えが一挙に巡ってきて、さみしいのか野心にまみれているのかどっちつかずな顔しちゃうと思います (正直) スト担のみならず、ましてやジャニーズファンのみならず、シンプルに多くの人を面白がらせてきたストの枠の後任を担うのは少々どころではない重責だと思いますが、 ストにはない、彼らにしかない味を出していってほしいし、いつか彼らのデビューが決まってジュニアチャンネルを去る時に、それを引き継ぐかもしれないそのまた後輩グループの子に「え、毎週の楽しみが1つ減る…」と残念がられるようなグループになっていってほしいです!(偉そう) 少年忍者 彼らについては今回がマジで初見かもしれない。 初めまして。 これからどうぞよろしく。 彼らについても知ったのも、今回ジュニアチャンネルを卒業するの後任に少年忍者が選ばれたということだったんですけど、スノがそのことを少年忍者にお伝えする動画を観ましたが、 初めて知ったが少年忍者人数多いな!?こんなにいんの??少年忍者担は誰が誰とか認識してんの??私は今のところ、ジュニアの集団としか思えないんですけど?? (失礼) また、これもちょっととめめ氏の関係に似たものがありますけど、少年忍者とラウール氏の関係もなかなか言い難いものがありますよね…。 確かにこのちびっこジュニアの中にいたら、そりゃあんなのっぽになってしまったラウール氏は浮くわ…。 そしてスノがこれからを担う少年忍者の認知度を、少しでも上げよう!という素晴らしいジャニーズ上下関係を見せてくれて、その引きつぎ動画で少年忍者1人1人の自己紹介がありましたが、私がお顔と名前を一致させる以前に大前提として思ったこと。 「少年忍者、めっちゃ若いやん…。 」 いや、おまえ今更何をと思われた方もいるかもしれませんが、 私は今絶賛、ジュニアの低年齢化に慣れていくぞリハビリの真っ最中なんですよ。 マジでこの記事でもジュニアの低年齢化についてだいぶショックを書き綴ったが (2回目) 私が知らなかっただけで、今のジュニアってもう私の年下ばっかりじゃん…。 なのに、まだ私のそのリハビリが不安定なところにこの少年忍者はつらいって…。 高校生どころじゃなくて中学生もわんさかいんじゃん…。 ついに私の鬼門・一番下の妹の年齢(15歳)も大幅に下回ってんじゃん…。 ということで、もうお顔と名前を覚えるどころではなくて、そのショックに負けずに自分をどうにか保つことで精いっぱいだったわけですが (満身創痍)、その中でも 「お!君はここにいたのか!」と思える子がいました。 まずはなんといっても (?)、 ヴァサイェガ渉くんですね。 完全にお名前で優勝。 イラン人のパパとかもうその時点で興味しかない。 あと、うちの ?? 先生がの話の中で気になる子として挙げていた くんにもここで出会えました。 君か!織山くんは!初めまして!うちの松本先生がお世話になっています! (??) 松本先生曰く、舞台か何かで観た 織山くんのダンスには何か引き付けられるものがあり、すぐに一緒に鑑賞していたタッキー社長に彼のことを聞いたらしいですが、織山くん本人は仙人のような穏やかほんわかタイプらしく、そのギャップがまた推せるんだそうです。 松本先生は自己プロデュースだけでなく他者プロデュースもうまいので (?)、 全国の視聴者に織山くんというジュニアの存在をアピールするというこれまた素晴らしいジャニーズ上下関係を見せただけでなく、さりげなく松本先生からの仙人へのラブコールとも受け取れる発言をてくれました(深読みしすぎ) ジャニーズってのはふとした瞬間にジャニオタが悶えるやつやってくるから、これだからやめらんねんだよなぁ! ~以上をもちまして、第2回ぷしゅしゅ的ジャニーズジュニアのことをこう捉えてるよ発表会を終了いたします。 第3回の開催は未定でございます。 ~ まぁ私は普段のジャニオタライフとして、自分の担当を追いかけるだけで精一杯なので、なかなかジュニアにまで手を伸ばせないんですけど、でもこうして私が第2回を開催するくらいに、私とジュニアのエピソード、ネタがたまる (?)ということは、 そんな私の生活にすら入り込んでくるほど、ジュニアの頑張り、ジュニアの活躍は目覚ましいものがあるということだと思います。 そしてジュニア本人だけの頑張りではもちろんなくて、例えば自分たちのコンサートでたっぷり時間をとってトラジャを紹介してくれたジャンプとかみたいに、 デビュー組のお兄さんたちがいろいろな方法と機会でもって、私のようなジュニア詳しくない勢=新規開拓の余地がある勢にジュニアをプレゼンしてくれるのはとてもありがたいですよね。 そりゃジャニオタなんて生き物は、自担の話はおとなしく聞くし、自担がおススメするもの、人には興味津々ですからね (?)ただでさえジャニオタなんだから、そりゃ自担がおススメするジュニアなんか問答無用で興味わくにきまってる。 そして少しだけおこがましいことをいえば、今回のような記事を書けたのはジュニアとかジャニーズ達のプロモーションがうまくいった、功を奏した以外にも私本人の頑張りも微力ながらあるのでは…? (自意識過剰) きっかけを与えてくれたのは間違いなくジュニアたちだったりジャニーズたちだったりするけれど、そこで与えられた興味関心を失ってしまうのではなく、なんとか自分なりの形で維持し続けて、自分なりに追ってみた、知ってみた結果が、今の私のジュニア知識になっているのだと思います、大丈夫です、私はちゃんと自分がわけのわからない発言をしている自覚だけはあります。 去る2019年は私がこれまでの人生すべてを生きてきた時代である平成が終わり、であったと同時に、令和なる新しい時代が始まり、令和元年でもあったわけですが、 私の中ではジュニア元年であったとも思っています (???) 過去を振り返ってみて、2019年ほどジュニアに興味を持った、知識をつけた年はない。 いやぁ、新しい時代が始まる日本の歴史的なタイミングと同時に、私のジャニオタ史的にも新たな時代を始められてよかったなぁ!キリがいいなぁ!気持ちいいなぁ! 1人で悦に入る) と! デビューおめでとう! 君たちのこれからに大いなる幸あれ!! pushushu.

次の

惚れた弱み/一周回って言いたい話/ジュニア元年

今なんでもするって言いましたよね?

A ベストアンサー こんばんは。 結婚5年、27歳。 人妻です。 (子供ナシ。 ) 『夫以外の男性と二人っきりで飲みに行く時』。。。 これはもう、確実に相手に好意を持っていますね、個人的には。 わたしの場合、正社員として働いているとか仕事を持っているとかではないので、男の人と二人で飲みに行くというのはまずないのですが。 だって「二人きり」で、しかも「お酒の席」なんて。 世間一般論では会社勤めの方々は、「しがらみ」優先で、好意がなくてもそういう事したりするんでしょうか。 こういう位置付けでしょうか。 typeOさんは、奥様があなた以外の男性と飲みに行く事を悩まれていて、その事を好ましく思っていないのでしょうか。 (たしかに、二人っきりでしかもお酒が入るとなったら心配でしょうね。 ) そういう時は「心配」という気持ちを正直に話された方がいいと思いますよ。 わたしは、もし夫に「心配」と言われたら、そういう行動は控えます。 配偶者をあまり悩ませたくないですから。 こんな回答でも何か参考になれば嬉しいです。 tokyo24 こんばんは。 結婚5年、27歳。 人妻です。 (子供ナシ。 ) 『夫以外の男性と二人っきりで飲みに行く時』。。。 これはもう、確実に相手に好意を持っていますね、個人的には。 わたしの場合、正社員として働いているとか仕事を持っているとかではないので、男の人と二人で飲みに行くというのはまずないのですが。 だって「二人きり」で、しかも「お酒の席」なんて。 世間一般論では会社勤めの方々は、... A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。 Q メールは必要最低限、用事がなければメールしない方がよいと、多忙で連絡無精な彼氏対策に賢いアドバイスを度々いただきました。 その通りだな、と実践しています。 が、用事の時だけにしようと思うと、結構ないものなんですね、本当の意味での用事って。 今まではわざと聞きたいことを作って上手くメールしたりしてましたが、そんな内容すらくだらなく思えてきました。 用事がなければメールしないけどうまく行ってるよという方々、 会える時を楽しみにして、普段は無駄なやりとりしなくても別にいいんじゃない?・・・と思われますか?この調子だと滅多にお互いやりとりしなくなりそうです。 会うとお互い話題が尽きなくて最初から最後まで楽しいんですけど・・・。 A ベストアンサー もうすぐ三十路の女です。 色々な男性と付き合ってきましたが、 メールは必要最低限以外しないほうが、彼のテンションは高いです。 会ってるときも楽しいし、彼が私のために色々尽くしてくれてます。 ぶっちゃけ、私が必要以外のメールがすっごい苦手で、 基本は相手からの用件メール(今度いつ会う?とか旅行の予定の打ち合わせとか)に返事するだけ。 ですがすっごいラブラブだし、私は彼を信頼しているので、全く問題ないです。 もっとメール欲しいとか1回も思ったことがありません(笑) 逆に、毎日何通もやりとりしてた彼は、確かにメールが好きな人だったけど、 辛い形でお別れしました。 毎日毎日連絡しあうと、飽きちゃうんでしょうね。 男性側が。 男性って、寂しくさせておくくらいが丁度良いですよ。 だって、メールをいつも自分から送ってたら、幸せが実感できませんもの。 彼から愛されてる実感がほしいならば、こちらからのメールは控える。 しぶしぶ強制されて彼から貰うより、「あれ?彼女からメール来ないぞ!おかしいな」 と思って彼からメール貰える方が嬉しくないですか? 「ああ、私、必要とされてるのね!」って思うでしょう? だから、あなたのメールは極力控えて、会う時に最高の自分を見せれば良いと思いますよ! もうすぐ三十路の女です。 色々な男性と付き合ってきましたが、 メールは必要最低限以外しないほうが、彼のテンションは高いです。 会ってるときも楽しいし、彼が私のために色々尽くしてくれてます。 ぶっちゃけ、私が必要以外のメールがすっごい苦手で、 基本は相手からの用件メール(今度いつ会う?とか旅行の予定の打ち合わせとか)に返事するだけ。 ですがすっごいラブラブだし、私は彼を信頼しているので、全く問題ないです。 もっとメール欲しいとか1回も思ったことがありません(笑) 逆に、毎日何通も... Q 今日合コンで知り合った人と4回目のデートでした。 今までのデートは全部彼から誘ってくれました。 メールもほぼ毎日1、2通ですがやり取りしています。 でも手をつなぐことさえないし、正直会話もそんな弾んでるように感じません。 誘ってくれるからちょっとは好意を持ってくれてるのかなとは思うんですが。 今日は仕事帰りに映画のレイトショーを見て軽くご飯を食べました。 ご飯を食べた後、私がこの間旅行に行ったお土産を今日忘れてきたからまた今度渡すねと言って、でもまた会うことらあるかなぁ?って言ったら、えっ会うやろーと言っていました。 帰ってからは向こうから終電間に合ったよみたいなメールがきました。 私はもうちょっと仲良くなりたいしまた会えたらいいなみたいに送りました。 その返事が、うん、また遊ぼう!よろしく!ってきました。 彼は私のことただの友達としてしか思ってないのでしょうか。 会っている時の彼の態度などからも好かれているような気が全くしません。 もう脈はないのかなって思ってきました。 こういう場合の男性の気持ち教えてください! A ベストアンサー 煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。 しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。 「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。 「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。 また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。 煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。 しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。 ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。 仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。 従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。 女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。 しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。 別に和服でなく、洋装でも構わないのです。 また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。 あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。 例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。 しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。 坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。 極楽じゃ。 しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。 また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。 酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。 大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。 仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。 もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。 これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。 別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。 親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。 これも煩悩か」などとなります。 「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。 これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。 煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。 また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。 (ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。 煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。 肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。 人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。 分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。 しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。 「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。 本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。 本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。 世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。 煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。 しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。 「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。 「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。 また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。

次の

「来阪」「帰阪」ってなんやねん

今なんでもするって言いましたよね?

私は春、目の病気で人生初の入院・手術を受けました。 病気の原因は簡単に言うと老化からくる病気。 先生に「年を取ると体のいろんなところが壊れてくる。 それはしょうがないからね。 上手に付き合って」とアドバイスをいただきました。 私はこれからの人生を歩むために手術を受け、完治まで 3 か月かかりました。 手術して、心から思ったこと。 「健康な身体が1番大事!」です!何よりも。 病気をすると、「心・時間・お金」が凹んでしまいます。 今回、我が身で体験して思ったのは、日本の「 高額療養費制度」はとても素晴らしい!と実感しました。 FP として、相談者の方に 高額療養費制度のことはよく話していましたが、本当にすごい制度で感謝の気持ちでいっぱいです。 それに比べて、保険って何?なんのために入ってるの?今まで掛けてた保険料返してって言いたい気持ちが湧いてきてしまいました。 「保険は必要最低限しかいらない!」「貯金があれば問題ない」とつくづく感じたとても良い経験となりました。 どうして、保険は最低限でよいのか?それは… 「 高額療養費制度」とは、 医療費の自己負担額が高額となった時、家計の負担を軽減できるように、一定の金額を超えた部分が戻ってくるという制度。 同一月( 1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、後で払い戻される制度です。 被保険者、被扶養者ともに、同一月内の医療費の自己負担限度額は、年齢および所得に応じて上記の計算式により算出されます。 事前に「認定証」を入手して窓口に提出すると自己負担額のみの支払いになります。 ( 高額療養費制度が使えない場合もありますので条件はチェックしてくださいね) 私の場合、入院のベットが二人部屋しかなかったので、差額ベッド代金、食事代、入院セットは自腹となりました。 この部分を保険金が支給されれば大きな出費にならずにすみます。 私が加入している保険は「短期入院(1泊2日)から」保険金がでるタイプ。 入院すれば、入院保険金と手術保険金が支給されます。 今回は先生に入院して手術することをお願いしました。 そのおかげで多少保険金が支給されました。 実は、私の目の手術を先生は「日帰りで手術できるようになったから。 一週間は自宅で絶対安静でいれば入院しなくても問題ないから」と。 私は驚きました。 先生は「今はあまり入院しない流れだよ。 大きな病気以外は」って。 ひと昔の5日入院しないとダメですよっていう保険とは違い私の保険は今の医療治療にわりと適している保険だと思っていました。 ですが、保険の商品より医療の進歩が早い感じがします。 確かに、最近の医療保険は、外来手術でも保険金がでるタイプができました。 保険は毎年新しい保険が販売されます。 ですが、ある程度の年齢がいってしまうと保険を入り直すのは困難になります。 保険の掛け金が高くなるし、健康体なのか?で。 高い保険料を払って新しい保険に入っても、またすぐに対応できない保険になってしまう可能性もあります。 保険金をあてにして保険料をかけるより、その分を医療費のお金として貯金しておいた方が損しないと思いました。 貯金さえあれば保険は必要ないってこと。 でも、 命に係わる大きな病気で長期な入院をすると保険金が支給されると助かるので、最低限の保険は必要だと思います。 私が金融機関で勤務している時、貯金をしっかりしてる方は医療保険に加入していないことを思い出しました。 相続対策をかねて保険加入される方は見えましたが。 日本の制度には、国民を補助してくれる制度はあります。 その部分はしっかり利用して、自己努力のところは備えていきましょう。 掛け捨ての医療保険などに加入してくださいね!.

次の