メチコバール 錠 500μg 0.5 mg。 レチコラン錠500μgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

メチコバール錠500μgの添付文書

メチコバール 錠 500μg 0.5 mg

9時間、静脈内投与時では投与終了直後〜3分後であった。 4、85. 0ng/mLであった。 1、358. 6ng・hr/mLであった。 結合飽和率については、両投与群とも、投与後144時間までほぼ同等の増加が認められた。 7%(24/62)、やや改善以上74. 2%(46/62)、筋肉内投与で改善以上46. 3%(25/54)、やや改善以上81. 5%(44/54)であり、同等の有効性が認められた。 疾患の内訳は糖尿病性神経障害、多発性神経炎、頸部脊椎症、坐骨神経痛、アルコール性神経障害、顔面神経麻痺、単神経炎等であった。 3 ビタミン B 12欠乏による巨赤芽球性貧血に対して、3週間から2カ月で貧血像や一般症状の回復が認められた。 薬効薬理.

次の

メコバラミン錠500「トーワ」

メチコバール 錠 500μg 0.5 mg

9時間、静脈内投与時では投与終了直後〜3分後であった。 4、85. 0ng/mLであった。 1、358. 6ng・hr/mLであった。 結合飽和率については、両投与群とも、投与後144時間までほぼ同等の増加が認められた。 7%(24/62)、やや改善以上74. 2%(46/62)、筋肉内投与で改善以上46. 3%(25/54)、やや改善以上81. 5%(44/54)であり、同等の有効性が認められた。 疾患の内訳は糖尿病性神経障害、多発性神経炎、頸部脊椎症、坐骨神経痛、アルコール性神経障害、顔面神経麻痺、単神経炎等であった。 3 ビタミン B 12欠乏による巨赤芽球性貧血に対して、3週間から2カ月で貧血像や一般症状の回復が認められた。 薬効薬理.

次の

メチコバールの効果と副作用【ビタミン剤】

メチコバール 錠 500μg 0.5 mg

一方、投薬した薬剤師が患者にどのような症状で受診したか確認したところ、1 カ月前より手が痺れて受診していたことが判明した。 また、甲状腺について何か医師より説明を受けなかったか確認したところ、何も説明を受けていなかった。 その結果、以下の処方に変更となった。 医薬品名の類似に関しては、共に最初が「メ」で始まり「ール」で終わる 6 文字で構成され、音の響きも似ている。 初めて処方された薬剤については、医師の処方意図に関係した情報(患者の症状、患者が医師から聞いた内容)を患者や家族に確認する。 更に、処方に少しでも疑問があれば、医師に疑義照会して問題的を確認し、納得してから調剤にかかる。 事例114• 事例113• 事例112• 事例111• 事例110• 事例109• 事例108• 事例107• 事例106• 事例105• 事例104• 事例103• 事例102• 事例101• 事例100• 事例99• 事例98• 事例97• 事例96• 事例95• 事例94• 事例93• 事例92• 事例91• 事例90• 事例89• 事例88• 事例87• 事例86• 事例85• 事例84• 事例83• 事例82• 事例81• 事例80• 事例79• 事例78• 事例77• 事例76• 事例75• 事例74• 事例73• 事例72• 事例71• 事例70• 事例69• 事例68• 事例67• 事例66• 事例65• 事例64• 事例63• 事例62• 事例61• 事例60• 事例59• 事例58• 事例57• 事例56• 事例55• 事例54• 事例53• 事例52• 事例51• 事例50• 事例49• 事例48• 事例47• 事例46• 事例45• 事例44• 事例43• 事例42• 事例41• 事例40• 事例39• 事例38• 事例37• 事例36• 事例35• 事例34• 事例33• 事例32• 事例31• 事例30• 事例29• 事例28• 事例27• 事例26• 事例25• 事例24• 事例23• 事例22• 事例21• 事例20• 事例19• 事例18• 事例17• 事例16• 事例15• 事例14• 事例13• 事例12• 事例11• 事例10• 事例09• 事例08• 事例07• 事例06• 事例05• 事例04• 事例03• 事例02• 事例01.

次の