白浜 キーテラス。 SHIRAHAMA KEY TERRACE SEAMORE RESIDENCE

シラハマキーテラス ホテルシーモア【 2020年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】

白浜 キーテラス

2018年8月に家族(5歳娘・7歳息子・夫)で和歌山県南紀白浜にある「キーテラス ホテルシーモア」に宿泊してきました。 この春リニューアルしたばかりというのもあって、施設はとってもきれいでした。 テラスやラウンジは天井が高く広々としていて開放感があります。 おかげでとても寛げました。 宿泊日はアドベンチャーワールドで遊んだ後、キーテラスへ向かいました。 アドベンチャーワールドで遊んだ時の事はに詳しく書いてあります。 キーテラス ホテルシーモアは温泉とお食事以外でも楽しめるものがあって散策はとにかく楽しかったです。 なによりテラスがとっても素敵で夕日鑑賞を楽しめました。 これから行かれる方の参考になればと思い、ホテル宿泊の感想を書いていきます。 「デラックスルーム」オーシャンビューに宿泊 部屋は「デラックスルーム」オーシャンビューでした。 4人泊まれるタイプで、ツインサイズのベットが2つ置いてあります。 お部屋の半分は畳になっていて、寛げました。 さっそく子供たち、走り回ります。 ベッドの上は窓になっていてバスルームから景色を見られるようになっています。 畳には小さなテーブルとチェアが置いてありました。 ここからゆったりと海を見渡せます。 左がシャワールーム、右がお風呂です。 ゆったり浸かりながら外の風景を楽しむことができるよう窓があります。 洗面所も広々です。 鏡の大きさといったら、大人三人くらいは余裕でメイクできそうです。 左がバスルームです。 お手洗いもきれいで清潔でした。 お部屋からの景色。 夕日と共に。 お部屋に入った瞬間窓いっぱいに広がるオーシャンビューに感激しました。 もう海までこの距離だとオーシャンフロントですね。 夕食後には、畳部分に布団を敷いてくれていたので、子供たちはこちらで寝かせました。 ベットに慣れていないと必ずと言っていいほど落ちるうちの子供たち。 今回ベットから落ちる心配はしなくてよかったので助かりました。 キーテラスホテルシーモアはチェックインしてからの散策が楽しい こちら玄関です。 スタイリッシュで素敵です。 入り口を入るとこんな感じです。 余計な飾りなどはなくシンプルです! ここを右に行くと・・・ 正面奥の突き当りがフロントです。 この道の左がパン屋さんで右がお土産屋さんです。 この白を基調としたおしゃれな館内に入っただけでワクワクしてきます。 正直、夕日と温泉以外でこんなに楽しめるとは思っていませんでした。 大人も子供も楽しめるポイントを押さえているなという印象を受けました。 チェックインしてからの散策が楽しいですよ。 私の立ち寄った場所を以下の順番でご紹介しますね。 ホテルにチェックインしたのが夕方17時半頃、部屋に荷物を置いて早速立ち寄るとパンはあとわずかしか残っていませんでした。 こちらはカフェコーナーです。 購入したパンを食べるためカフェコーナーでお茶しました。 飲み物も注文できます。 左から時計回りにレーズンパン、みかんシュークリーム、粒あんぱん、ミカンのブリオッシュです。 みかんシュークリームは注文後にクリームを入れてくれます。 飲み物は珈琲です。 パンの生地はしっかりしていてそれでいてしっとり美味しかったです。 パン屋さんの奥に、ジュースやジャム、お酒などが売っているコーナーがあります。 お土産に良さそうでした。 ここで有田みかんのジュースを買いました。 お値段も一本300円~400円位しましたがそれ相応のお味。 みかんの味がギュッと凝縮されていてとっても美味しかったです。 テラスで夕日鑑賞&インフィニティ足湯 ラウンジから、テラスに出られる扉があります。 扉の近くには海が眺められる、こんな広々としたラウンジがありました。 お店にはなっていないので、フラッと来ておしゃべりを楽しめます。 外に出てみると、広々としたテラスそしてその先にはインフィニティ足湯があります。 海と繋がって見える足湯は、まるで海に入っているかのよう。 ここからは夕日をのんびりと鑑賞です。 なんて贅沢。 人が立っている場所が足湯です。 この景色綺麗すぎですよね。 ホテルの名前が「キーテラス」と言うだけあってテラスはとっても素敵です。 子供も足湯が気持ちよかったみたいで、喜んでいました。 ゆっくりと太陽が海へ沈んでいきます。 ロマンチックですね。 「浴衣Lounge」は早めに行くのがおすすめ 温泉に行こうという事で、18時半過ぎにフロントの斜め後ろにある浴衣ラウンジに寄ってみました。 浴衣ラウンジでは、自分の好きな浴衣を選んで着ることができるんです。 私はこれを楽しみにしていたのですが、行く時間が遅かったのか、一種類の浴衣しか残っていませんでした。 可愛い浴衣を着たいって方は、チェックインをしたらすぐに浴衣ラウンジへ行くのがおすすめです。 Play Roomは家族で楽しめる 子供たちの一番の楽しみプレイルームです。 チェックイン後と食事後に立ち寄りましたが家族で遊びに夢中になってしまいました。 まず目に入ってくるのがボルダリングです。 娘がボルダリングにはまってしまい、ずっとこれを楽しんでいました。 もう何周したんだろうっていうくらい。。。 ボルタリングの下のふかふかのマットに続くところにこんなブロックなどを発見。 幼児向けのおもちゃが置いてあります。 娘はこのおままごとセットでも遊んでいました。 ビリヤードもありましたが、他の子が遊んでいたので別の場所へ。 手前にエアホッケー、奥に卓球台が2台ありました。 卓球は家族で大盛り上がり。 盛り上がっているところで営業時間が終了してしまいました。 ざ、ざんねん。 【プレイルームの営業時間】 8:00~24:00(一部のエリア) 一部のエリアだけ24:00までで、 子供が遊べるプレイルームは22:00でおしまいでした。 子供たちは夕食後に遊ぶだけでは物足りないかもしれませんので、夕食前にも遊ばせてあげると、夜遅くならずに済むかかと思います。 お土産屋さん「kukulu」 こちらお土産屋さんの「kukulu」。 和歌山の特産品が沢山あります。 お土産屋さんは、時間がなくて一瞬しか寄れなかったのですが、お土産に良さそうなおしゃれな梅干しが沢山ありました。 おしゃれな梅干しとは、おしゃれな袋に梅干しが個装してあるんです。 職場などで配るのにちょうどいい大きさで、この梅干しを翌朝買って帰りたかったのですが、時間がなくて買えませんでした。 とても残念です。 なので、ぜひ梅干しコーナーを見てみてください。 「キーテラスホテルシーモア」温泉からも絶景が見られる 浴衣に着替えたら5歳娘と二人で、温泉へ入りに行きました。 温泉入り口には「シャンプーバー」があり、好きなシャンプーが選べるようになっていました。 こういうのテンション上がりますね。 ゆっくり選びたかったのですが急いでいたため、こちらは通り過ぎて温泉更衣室へ。 温泉の入り口を入ると、まず洗い場があり、その奥に大浴場と五右衛門風呂、小さな子供が安全に入れるような足首位の深さのお風呂がありました。 そこには、手のひらサイズのアヒルが沢山浮かんでいて、娘はずっとここに入りたいと言ってききません。 しょうがないので私はその横にある五右衛門風呂に入って見守ることにしました。 露天風呂はこの大浴場から一端外に出て、階段で下へ降りていくとありました。 オーシャンビューの露天風呂が最高に気持ちよかったです。 ここも一瞬で終了。 娘はまたあのアヒルのお風呂へ直行。 こんなに素敵な温泉ならもっとゆっくり浸かりたかったです。 子供が一緒だとなかなか長い間入ってくれませんよね。 短い時間でしたが温まりました。 温泉について詳しくはをご覧ください。 「キーテラスホテルシーモア」お食事 旅先での楽しみの一つ、お料理。 夕食は夫の両親の金婚式のお祝いという事で宴会場を貸し切り、クエ料理の宴会コース、朝食が「by the ocean」でバイキングでした。 夕食は宴会コース料理 今回、夫の両親の金婚のお祝いという事で親戚一同集まり、宴会場での食事となりました。 クエの料理のコースでした。 クエのお料理は、お刺身、お鍋、唐揚げ、パイ包みでした。 クエのパイ包み クエの鍋 5歳の娘が卵と乳のアレルギーで、そのことをホテルに伝えていなかったので急遽対応食を作ってくれました。 子供用、アレルギー対応食(乳・卵抜き) 食事をしている途中、白良浜で打ち上げ花火が始まったので、途中で抜け出して、テラスへ出てみました。 夜のテラスです。 夕食バイキング利用の人がこちらで食事をしていました。 こんな風にテラス越しに綺麗に花火が見えました。 メッセージ花火というので打ち上げと同時にメッセージを読み上げてくれるイベントです。 バンバン打ちあがるわけではなく打ち上げ前後の間隔はありますが、綺麗で楽しめました。 こんなきれいな花火が間近で見られると思っていませんでしたので、得した気分でした。 夏休みに宿泊すると見られますよ。 【メッセージ花火日程】 毎年7月の中旬~8月の中旬まで。 朝食は「by the ocean」でバイキング 朝食はバイキングを利用しました。 もうフロアが広すぎて、すべての料理網羅しきれませんでした。 朝食バイキングは洋食・和食が揃い、お料理の種類も多いので、ゆっくりしたかったら1時間以上食事の時間は見ておいた方が良いかと思います。 気になったのがパンのバイキング。 人気なのか列ができていましたが私も迷わずその列へ。 8種類のパンが置かれています。 クロワッサンがサックサクでバターの風味がちゃんとして美味しかったです。 二個も食べちゃいました。 おすすめです。 私はパン以外に和食をいただきました。 なので和食の写真はありました。 鮭の囲炉裏焼きです。 和食のコーナーです。 これ以外にもたくさんのお料理がありました。 写真撮れなくてすみません。 とにかく料理は期待を裏切らない程の種類があります。 私の朝食です。 さすがホテルのバイキングなのでレベルは高いなといった印象です。 「キーテラス」のチェックアウトは何時? キーテラスのチェックアウト時間は11:00です。 本当ににゆっくりさせてくれるホテルですね。 子連れですとこの時間は嬉しい限りです。 ですが私たちは、8:30にチェックアウトしてキーテラスを後にしました。 「瀞峡めぐり」っていうのがとにかく素晴らしい!というのを夫の兄が教えてくれていたので、後ろ髪を引かれる思いでホテルを出ました。 瀞峡はこんな風景が見られます。 キーテラスを8:30に車で出発し、熊野方面の南に下っていきます。 瀞峡ジェット船の乗り場である「瀞峡めぐりの里 熊野川」に着いたのが10:00でした。 ホテルを早く出て行った甲斐はありました。 瀞峡は大自然に感動すること間違いなしです。 キーテラスから乗船場まで車で約1時間半の場所ですのでぜひ行ってみてください。 瀞峡めぐりをした時のことはに詳しく書いてあります。 さいごに!「キーテラスホテルシーモア」はゆっくりしなきゃ損 キーテラスはとってもいいホテルなので、来られる際は早めのチェックインと遅めのチェックアウトでゆっくりと滞在がおすすめです。 大人はお土産屋さん、パン屋さんに夕日鑑賞で楽しめますし、子供はプレイルームで喜んでくれますよ。 大人も子供も一緒になって楽しめるの間違いなしです。 私たちはハードなスケジュールだったため、チェックインが17時30分、チェックアウトが8時30分でした。 もう少しホテルでゆっくりしたかったというのが正直なところ。 時間が足りませんでした。 各フロア天井が高く広々と空間を取っているため、開放的でした。 部屋からの景色は最高でしたし、日ごろの疲れを癒すのに最適なホテルです。 【SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE】 〒649-2211 和歌山県西牟婁郡西牟婁郡白浜町1821 TEL:0739-43-1000.

次の

シラハマキーテラス シーモア レジデンス ( 白浜 ) の宿泊予約

白浜 キーテラス

有名な白浜温泉エリアに位置するシラハマキーテラス ホテルシーモアは、海の景色を望む快適なお部屋、リラックスできるサウナや温泉、マッサージサービス(リクエスト制)、ロビーエリアでの無料Wi-Fiを提供しています。 南紀白浜空港まで車で10分です。 お部屋にはエアコン、デスク、薄型テレビ、冷蔵庫、専用バスルーム(スリッパ、ヘアドライヤー付)が備わります。 畳敷きの和室と洋室(ソファのあるシーティングエリア付)を用意しています。 ゲームルーム、地元のお土産を販売するギフトショップ、夏季営業の屋外スイミングプール、ラウンジ(カラオケ付)を併設しています。 24時間対応のフロントデスクにてコピーサービス、外貨両替サービスを利用できます。 オーシャンビュー・カフェラウンジでは軽食を、館内レストランでは和食を楽しめます。 ザ・サミットからはビーチの美しい景色を望めます。 朝食は複数あるレストランのいずれかで提供しています。 シラハマキーテラス ホテルシーモアから白良浜海水浴場まで徒歩15分、千畳敷海岸まで徒歩10分、アドベンチャーワールドまで車で10分です。 客室数: 13• Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の

SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE: 2020 Room Prices, Deals & Reviews

白浜 キーテラス

白浜キーテラスホテルシーモア入り口 住所: 〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町 1821 駐車場:有 無料 営業時間:7:00~23:00 足湯料金:無料 日帰り利用OK 無料貸出タオル有 絶景足湯スポット ナンバー1!! ホテルシーモアが『SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE』に新しく生まれ変わり、眼前に海の景色がどこまでも広がる足湯がオープンしていました! 白浜の足湯はこじんまりとした風情のある素朴なところが多いのですが、ここは全然違います! まるでシンガポールのマリーナベイサンズを思わせるような絶景が体験できます。 この日は少し曇っていましたが、気温もちょうどよかったのでずっとこのまま景色を見ていたい気分になりました。 夕方は夕日がとってもキレイなんやろうなぁ!! ただ、夏にこの足湯は厳しいかも~ 泣 日陰が全くないので太陽が容赦なく照り付け、5分も持たずに帰ることになると思います。 また、寒い時期も同じで、寒風が容赦なく吹きつけ、足があったまる前に体が冷えて後悔することになるかも。 ここに来るときは季節のよい時にゆっくり時間を作って行くことをオススメします。 この場所はインスタ映えっていうやつかな。 足湯スポットの仕切りの先は水で冷たい! 無料でタオルが設置 なんと!ここにはご丁寧にタオルを貸していただけるんです!! これは本当にありがたいサービスだぁぁ! 普段観光で足ふきタオルを持ち歩いている人なんていませんもんね。 手ぶらで足湯を楽しめて、しかもタオルまで用意してくれているとは!! ホテルならではのサービスですね。 パン&カフェが併設 ホテルの入り口入ってすぐ左にカフェがありました。 足湯目的できたのにカフェにも寄りたくなってしまうほど、パンのいい匂いがして思わずフラーっと入ってしまいました。 無料でセルフの水も置いてあるのでパンだけの購入も可能ですが、コーヒーやソーダなども400円~あるのでぜひ立ち寄ってみてもいいですね。 パンはここで作られています でも正直に言うとパン好きの私の感想としては、値段の割にパンのレベルはそこそこ、という感じでした。 ドリンクのソーダやオレンジジュースはお土産コーナーにもズラリと並んでいたのでぜひ試してみてください。 おいしい!と思ったらお土産に買ってみてもよいかと思います。 カラフルでオシャレなお土産がたくさん! ロビーからの海の眺めも最高! 足湯の後はここでゆっくりしたい! 足湯ができる場所はこの写真の左手にある扉を開けて屋外へ出るのですが、その手前に広々としたソファがありました。 静かで広い空間だったので子連れだとあまりよく思われないかもしれませんが、できることならこの空間は、宿泊したその翌日の朝に景色を眺めながらゆったり過ごす場所にしたいなと思いました。 初の足湯でテンション上がる2歳児 まとめ この場所を教えてもらったのは地元の方です。 白浜で足湯をするなら絶対行ってほしいスポット!として紹介していただきました。 実際に行って確かにイチオシする理由が分かりました。 足湯も体験でき、白浜の海の景色も堪能でき、しかもできたばかりで施設がとってもオシャレ!キレイ!! 立ち寄らないのはもったいないです。 ぜひ皆さんも時間を作って行ってみてください。 次回は足湯だけでなく日帰り温泉にも立ち寄ってゆっくり過すことにします。 本当は泊まれたらいいのですが・・・。 『露天風呂 三段の湯』もこの絶景が望めるようなので、冬の時期に今度は温泉で楽しむことにします! その時はまた別の体験記事としてお届けしますね。 お楽しみに!! 公式ホームページ:.

次の