やりくり七重ブログ。 田舎で働くプログラマーの日記

社会人音大大学院生ブログ

やりくり七重ブログ

忍阪(桜井市)の Hさんにお願いして、お盆にご先祖様をお迎えする「迎え火」を拝見させていただいた。 忍阪では、ご先祖は 13日の早朝に迎えて、 16日にお帰りになる。 宗派とは関係なく、垣内(かいと・村の中のグループ)ごとにお迎えする場所が決まっている。 12日には祭壇を整え、玄関先には「がきんど」(施餓鬼)も用意して、ご先祖のお迎えに出かける。 ご先祖は祭壇に、餓鬼道は玄関先でという事である。 これは玄関前のガキンド。 餓鬼道へのお供え 細い道を粟原川に向かって下る。 旧道沿いの玉津島神社と聞いていたが、どんどん下ると右手にはちょっとした砂盛があり、左手には、お盆には咲くというみそ萩(禊萩)の花、これが盛りだった。 砂盛に線香を立て、手を合わせる。 そして、煙がただよう線香を家に持ち帰る。 先祖の霊は線香の煙に乗って家に帰られる。 砂盛からは忍阪の共同墓地(埋め墓)が見渡せた。 「お墓まで迎えに行かねばならないが、ここで線香を立てて迎えます。 この道はソウレン道(葬斂道)で、お葬式の時に送った道、お盆にはここまでお迎えに出ます」と Hさんは話される。 Hさん宅には木彫りの大師像が 21体も祀られているのもすごい。 この像は「太師講」の名残とのことである。 お線香を立て、先祖の霊に呼びかける方向は村の共同墓地である。 忍阪の共同墓地は「埋め墓」で、各家の墓石が立てられているお墓の方向でないことも注目される。 念のために申し添えておけば、忍阪には埋め墓(木製の墓標。 共同墓地)と参り墓(各家の石墓)がある。 遺体の埋葬地(埋め墓)と墓石を立てる墓地を分ける墓制で、ご遺体は村の共同墓地に亡くなった順に埋葬されていた。 これを両墓制という。 この制度は土葬の時代には有効な制度だったが、火葬に切り替えられてからは、廃れていく。 しかし、 忍阪ではいまでも両墓制が行われている。 もちろん土葬は行われず、お骨を納めて卒塔婆を建てる…。 忍阪では、墓参の墓は「石墓」と言い、墓石が密集した二か所の墓地がある。 忍阪には古代の古墳があり、近世の墓制が残り、現代もある。 忍阪は奥が深い… 6月 28日は外山不動院の大祭である。 外山不動院は毎月 28日に「護摩祈祷会」を厳修されているが、一年に一度の大祭は6月である。 外山中筋町は子供会も含めて、町挙げての行事でもある。 「和の一と」の和太鼓の演奏があり、護摩法要が行われる。 真言宗である。 国道を挟んでしまったので見えにくいが、宗像神社の参道に西面している。 宝形造本瓦葺きのお堂があり、古くからの由緒も感じさせられる。 元々は外山にいた長谷川党が建てたという長谷ケ堂の名残のとのことで、付近には経蔵山・ハセガ堂の地名が残っていると聞いた。 ご本尊は不動明王坐像で、国により重要文化財に指定(昭和 63年 3月)されている。 像高85㎝。 左目を閉じ、頭頂に沙 髻(しゃけい)を表す平安後期の不動明王の姿である。 檜材を用いた寄木造で、現状はほぼ古色を呈しているが、当初の華麗な彩色をとどめており、条帛の背面部や裳の一部にに切金文様が認められる。 二重円相を透かした火炎光背と、七重の瑟々座が揃う王朝様不動明王像の本格作は、奈良県下でも珍しい。 (境内桜井市教育委員会掲示) 左目を閉じている。 不動明王で、左眼を閉じ右眼を開けて睨むのを「阿遮一睨 あしゃいちげい 」と言うそうである。 「すべてを見通すぞ」という感じですごみがある。 今日はそうめんのお接待が (具が乱れているのは、少し食べたから) 毎月 28日の午後 2時から護摩を焚いており、地元をはじめ遠方からの信者も熱心に参拝されているとのことである。 談山神社、6月第二日曜日は鏡女王祭である。 今年は6月11日となる。 午前11時から東殿にて祭祀を行う。 鏡女王祭 前日(土曜日)には、桜井市忍阪の生根会により鏡女王忍阪墓前祭がおこなわれた。 鏡女王忍阪墓は、生根会(忍阪区老人会)によって草刈りなどの日常的な管理が行われていて、談山神社とともに祭祀を行うのである。 祭は一年に一度、東井(ひがい)会長をはじめ、役員のみなさんの気合は十分である。 談山神社からは宮司と黒住さんが参加。 神社と忍阪のみなさんで、天智天皇の妃、藤原鎌足の正妻、万葉歌人でもある鏡女王の生涯をしのんだ。 鏡女王の歌碑は鏡女王墓をしばし降りた、舒明天皇陵に差し掛かった川の中に置かれている。 「秋山の 木の下隠 このしたがく り 行く水の 我れこそ益さめ 御 み 思ひよりは」で、天智天皇との思いを歌う歌である。 犬養孝先生の揮毫である。 多数の識者に書いてもらうという趣旨で歌碑建設を進めてきた努力の結果でもあるが。 鏡女王忍阪墓 被葬者は額田王の姉で天智天皇の妃、のちに中臣鎌足の正室。 万葉歌人の鏡女王の押坂墓とされている。 談山神社が管理しており、忍坂の生根会が清掃奉仕をしている。 平安時代前期に編纂された「延喜諸陵式」には舒明天皇の陵域の東南と書かれている。 鏡王女(かがみのおおきみ、生年不詳 - 天武天皇12年7月5日(683年8月2日))は、飛鳥時代の歌人。 藤原鎌足の正妻。 『万葉集』では鏡王女、『日本書紀』では鏡姫王と記されている。 『興福寺縁起』・『延喜式』では鏡女王。 『興福寺縁起』では藤原不比等の生母(後世の創作とする説もある)。 また後述するが「鏡王女」と「鏡姫王」を別人とする説もある。 (ウィキ) 忍坂【おしさか】 奈良県桜井市の東部,外鎌 とかま 山西麓の古代以来の地名。 恩坂,押坂とも書き,〈おさか〉ともいう。 遺称地である桜井市忍阪は〈おっさか〉。 地名〈忍坂〉は《日本書紀》神武天皇即位前紀や垂仁天皇39年10月条にみえ,後者の記事によるとこのとき大刀1千口を新たに作らせ,〈忍坂邑〉に収蔵したのち石上 いそのかみ 神宮(現奈良県天理市)に移している。 (百科事典マイペディアの解説) これをFBでも紹介したら石亀嶽さんから昭和40年代の忍阪墓の写真が送られてきた。 「門だけ・・植わっているのは松」とのことである。 犬養孝が「松の木が19本」と書いたとおりである。 村人によると、「松は50年までにはすべて枯れた。 杉を植えた」である。 昭和40年代(石亀嶽さん提供) 現在の墓。 杉林 これが一号墳である。 白状するが今回は到達。 3回目だった。 前回の敗退を教訓して今回は登山靴。 森本運輸の駐車場から入る。 もちろん事務所には声をかけて許可を得る。 一回目はこれも知らず、国道から無理矢理、登ったのである。 道なりに登る。 道標がある。 今回も右に折れた。 青い線である。 こちらにはもう一個、道標がある。 そこから稜線へ直登である、石室の入り口が無い、小高い山に上がった。 くるりと周りを見てみると、丘尾切断型の円墳の上にいるように思える。 西に下りてから南に回ると、ありました。 一号墳の入口 内部から外をみてみると 西北の方向に二号墳、これも戸惑ったが発見できた。 しかし、これは狭い。 3メートルくらい匍匐前進すると中は広そうだが、これは勇気ある撤退かな。 下りの道でよく確かめてみると、笹やぶも赤い線に沿って踏み分けがあった。 桜井市の埋蔵文化財センターは「桜井市の横穴石室を訪ねて」を発行している。 100ページくらいのリーフレットである。 このリーフレットをペラペラとめくるとムネサカ古墳がとても気になったのである。 忍坂から女寄峠に登るR166の左側の山手にあるという。 終末期の大型円墳と石室、これが二つ並んで残されているのである。 石室の石積みは玄室・奥壁とも二段積み、羨道は一段積みで、ほぼ切石状態で漆喰も使われているとのことである。 このような石材の構成や規模は、明日香村の岩屋山古墳とほぼ同一でである。 同じ設計図を用いて作らたとも考えられ、石室を作った工人は同じだったのかもしれない。 ムネサカ古墳群(桜井市大字粟原字峯坂) 談山神社は鏡女王(かがみのおおきみ)を東殿に祀っていて、6月の第二日曜日午前11時から鏡女王祭りを行っている。 その前日の午前10時から、忍坂の鏡女王押坂墓において墓前祭がおこなわれる。 鏡女王忍坂墓 鏡女王祭を支えるのは、忍阪の生根会である。 生根会、鏡女王墓を清掃管理する忍阪区の老人会である。 年に3回、鏡女王墓の外周などの草刈りをされている。 「もう、50年になる。 区の道づくり(川掃除)とは別に行っている。 昨日は朝五時から。 そして5月と10月」と、老人会長が言われる。 この生根会が墓前祭を行うのである。 忍阪生根会。 氏神様から命名されたようである。 こちらの氏神、忍坂坐生根神社は三輪の大神神社と同じで本殿がなく、忍坂山を神体山としていて、拝殿・鳥居・玉垣のみの神社である。 神社の頭屋記録、「忍坂庄神事勤帳」は延徳4年(1492年)から残るという。 (桜井風土記 忍坂生根神社による) ちょっと寄り道して、忍坂生根神社の境内である 旧街道筋から舒明天皇陵、鏡女王墓に入った所(ただし新道)にちご石。 神武東征の時に、この石の隠れて戦うという伝承を持つが、普通に神籠石として、神の依り代として崇敬されたとみるのが自然である 舒明天皇押坂内陵。 八角墳の始めのものとされる 舒明陵をこえると、鏡王女の歌碑がある。 「秋山の樹(こ)の下隠(したがく)り 逝(ゆ)く水の われこそ(ま)益さめ 思ほすよりは」(巻2-92)鏡王女 歌碑は犬養孝の揮毫である。 鏡女王、天智天皇の后だったが、鎌足の正妻になったとされ、。 不比等の実母と言われ、興福寺の前身の山階(やましな)寺を創建したと言われる。 鏡女王押坂墓前祭。 談山神社の長岡宮司が祝詞奏上 墓前祭をおえて 二年前の談山神社の鏡女王祭のリンクは 最後に、鏡女王上墓の奥の大伴皇女押坂墓に。 こちらまで登って振り返ると多武峰が正面である 源(木曽)義仲ってどう思いますか? 長野県で聞いたらプラスイメージだよね。 北陸で聞いてもプラスイメージだと思う。 京都では乱暴者ということで、はっきりマイナスイメージでしょう。 それで奈良では、どうなんだろう? 秋原北胤(ほくいん)監督が主宰する東京のカエルカフェが、義仲の映画、「義仲穴」(ぎちゅうけつ)を作成する。 秋原監督は「義仲の映画は奈良でこそ撮りたい」と奈良でのロケを考えている。 「奈良の大仏を焼いた平家を追い払ったのは義仲。 義仲は奈良で好感が持たれている」というのが、その考えの土台である。 さまざまな候補地が奈良県下であったが、秋原監督は桜井市の等彌神社を見て「ここがイメージ」と言い切り、ロケを等彌神社で10月28日に行うのである。 等彌神社の境内 秋原監督は「特定のスポンサーに頼らず、地域住民を巻き込む幅広い皆さんのご協力で映画をつくる。 だから協力者、出演者の確保に私も力を尽くし、ワークショップという手法で広げている」と語り、「映画の魅力は大きく、映画作りには地域おこしの力がある」と熱心に語られる。 これは桜井の活性化、町おこしに力を入れる等彌神社の佐藤宮司の思いと波長がピッタリである。 「9月30日には、ワークショップ(衣装合わせ、演技の練習)を等彌神社でやろう」という具合に話はとんとん拍子に進んでいく。 監督と出演者の玉串奉奠、撮影場所の確認、撮影シーンの確認なども終えて、みんなで記念撮影である 秋原監督は「桜井市役所への表敬訪問も行った。 監督は元田清士副市長と30分にわたって懇談。 元田副市長は映画が趣味と見えて、意見の交換、質問も具体的で監督の思いが通ずる懇談となった。 映画ができてからのことではなく、映画作成、映画のロケへの桜井市民の参加をさらに増やしたいものである。 元田清士副市長との懇談、左から元田副市長、倉本明佳聖林寺住職、秋原冬胤監督 「義仲穴、桜井等彌神社ロケ」、いよいよ始動である。 敬称略ですが和田萃 安田真紀子 浅田隆というお名前で、なにか連想ができますか? 7月から9月にかけての桜井市立図書館の連続講座の講師の皆さんお名前です。 申し込み方法はEメールまたは往復はがきに「講座名・住所・氏名・電話番号を書いて、申し込む」とある。 メールアドレス library city. sakurai. nara. jp 住所は633-0051 桜井市河西31番地である。 先着順で70人、対 象は一般で、資料費(講座費)は300円である。 図書館HPから。 一部略 和田萃さんはご承知のとおりである。 浅田隆さんは、奈良まほろば検定の公式テキストの執筆者の一員でもあり、ユーモアあふれる軽快な語り口でとても聞きやすい。 安田真紀子さんは、奈良町からくりおもちゃ館の館長さん。 からくりおもちゃ館は江戸時代のからくりおもちゃに実際に触れて遊ぶことができる施設として有名で、古いおもちゃの復元に取り組んだきた方と聞いた。 僕もこの講座はやりくりつけて出席しようと申し込んだ。 11日の朝に図書館に電話で確かめたが、「まだ空きがあります。 大丈夫です」とのことだった。 藤和鎌足をご祭神とする談山神社は正室の鏡女王(かがみのおおきみ)を東殿に祀っている。 毎年、6月の第二日曜日午前11時から鏡女王祭りを斎行する。 6月9日。 東殿での鏡王女祭 最近は室生だ、三宅町だとブログの幅を大きく広げてしまっているが、今日は地元の談山神社、鏡王女祭のことを書いておくことにする。 三つほどである。 一つは天武天皇(大海人皇子)と鎌足公、鏡王女とのことである。 談山神社の長岡宮司は祝詞のなかで鏡王女の万葉歌を紹介した。 万葉歌が入っている祝詞は僕は初めて聞いた。 そして、直会で宮司は天武天皇(大海人皇子)と鎌足、鏡王女のことを話された。 鎌足公は本殿、鎌足の正室の鏡女王は神社東殿に祀られている。 この鎌足公と鏡王女、天武天皇がどんなに信頼したか、大事にしたかが日本書紀に記されている。 「天武12年7月4日、天皇 鏡姫王(かがみのおおきみ)(鎌足の嫡室)の家にお越しになり、病気を見舞われた。 5日、鏡姫王は薨じた。 」 天武天皇は鏡女王の亡くなる前日に見舞いをしているのである。 「天智8年10月15日、ひつぎの皇子(大海人皇子・天武天皇)を藤原内大臣(ふじわらのうちのおおおみ)の家に遣わし、大織冠(だいしょくかん。 冠位の最上位で藤原鎌足だけが授かった)を授け、藤原の氏を授けた。 16日、鎌足は薨ずる。 」である。 鎌足公の亡くなる前日にも見舞いに訪れていて、いかに鎌足を信頼していたかがわかる。 二つ目に、「本日、鏡女王のご神像の御霊込めを行った。 福禄寿神を彫っていただいた斉部哲夫大阪芸術大学教授にお願いをして、鏡女王のご神像ができました」と紹介があった。 ひざまずき、雲形の鏡を抱いたご神像はあたかも本殿を見上げるような姿勢で少し上向きである。 祭祀の終わりに、斉部先生に「何歳の鏡女王ですか」とお聞きすると、「年齢はなしです。 永遠の少女というか」というのが先生の答えである。 左が斉部哲夫さん、右が室原慶和さん 三点目である。 鏡女王祭、参列者の中心は生根会の会員とホテル日航奈良のツアーの参加者だった。 生根会、鏡女王墓を清掃管理する忍阪の老人会である。 忍阪の氏神様でもあり、山をご神体とする忍坂坐生根神社の名前をもらっての生根会である。 「鏡女王忍坂墓と生根神社の清掃が生根会の仕事です。 一昨日は鏡女王墓の草刈り、昨日は墓前祭を行いました」と言い、驚くほど行動的な老人会である。 「鏡女王祭は忍阪の鏡女王墓で行われていたが、それは談山神社東殿で行うようになった」と聞いたことがあったが、移されたのではなく、談山神社でも斎行することになったとのことである。 墓前祭が継続されていたことは知らなかった。 鏡女王祭は6月の第二日曜日の午前11時から。 墓前祭はその前日の午前10時からである。 さっそく草刈りの終わった忍阪の鏡女王墓を訪れてきた さて、土曜日は奈良交通の万葉ツアー、桜井・長谷コース、僕の準備も、これでいよいよ完了である。 忍阪の鏡王女(かがみのおおきみ)墓を訪ねた。 舒明天皇陵のすぐの奥である。 桜井で記紀万葉ならまずは山辺道である。 初瀬の谷も双璧であり、磐余もそれに匹敵する。 そこで「忍阪を忘れちゃいませんか」という話である。 先日の僕の「天理・桜井の四季折々」の講演でも、忍阪は触れていない。 しかし、「万葉の旅」(犬養孝著)で桜井を回るならば、忍阪は必須である。 舒明天皇陵がある。 鏡王女(かがみのおおきみ)墓がある。 大伴皇女(欽明天皇の皇女)陵がある。 それから衣通姫(そとおりひめ)伝説にまつわる社がある。 鏡王女の歌碑が犬養孝の揮毫である。 「秋山の樹(こ)の下隠(したがく)り 逝(ゆ)く水の われこそ(ま)益さめ 思ほすよりは」(巻2-92)鏡王女である。 天智天皇の后だったが、鎌足の正妻になった。 不比等の実母と言われ、興福寺の前身の山階(やましな)寺を創建したと言われる。 「あきやまのこのしたがくり」の歌碑 鏡女王墓に忍阪区が立てた案内板。 史跡紹介の忍阪区(町内会のこと)の努力はものすごい。 大きな駐車場もできていた 衣通姫(そとおりひめ) 磐媛皇后(いわのひめおおきさき)の歌に 「君が行(ゆ)き 日長(けなが)くなりぬ 山たづね 迎えか行かむ 待ちにか待たむ」万葉集(巻2-85)がある。 忍阪にはこの歌の元歌を歌ったという(古事記による)衣通姫の故地がある。 「君が行き 気長(けなが)くなりぬ やまたづの 迎えは行かむ 待つには待たじ」古事記 (あなたが行ってしまってから時間が経ちました。 もう待てない、私が行きます)である。 万葉集の歌とほぼ同一である。 外通姫のことを簡単になぞる。 允恭天皇(第19代天皇、五世紀前半)、皇太子の木梨軽王(きなしのかるのみこ)は即位前に同母の妹、軽郎女(衣通姫)と密通して伊予の道後温泉に流される。 それを追う衣通姫、軽王と歌を交わし、のち自害するという話だ。 美しさが衣を通してあらわれるほどの美女という衣通姫の悲恋の話で、忍阪には、その姫の誕生の故地(姫が使ったという産湯の井戸)が残されている・・・という話である。 衣通姫、伝承の残る玉津島明神 こんな忍阪、万葉集で案内すれば、話は無限である。 何本かの好きな樹の話である。 わが家の木ではなく、よその人が丹精を込めている樹である。 一番は、忍阪山口神社(桜井市赤尾)の楠。 延喜式神名帳に記された大和の山口の神々は14社。 忍阪山口神社はそのうちの一社である。 この境内に素晴らしいクスノキの巨樹が生きている。 「室町幕府の第三代将軍足利義満は、京都の北山に金閣寺を造営するにあたり、天井板を一枚張りにしたい為に、この神社の楠の巨樹を切り出したと言われています。 現在境内にある楠の巨樹は、この時切られた楠の二代目と言われています」(境内の掲示)。 このクスノキには圧倒される。 枝分かれというより、2~3本が接着したという感じだが、それでもすごい。 名古屋の熱田神宮は楠の巨樹(大きい7本は名前が付いている)で有名だが、忍阪の楠は引けを取らない。 接着と言えば、八ツ房スギ(宇陀市菟田野区佐倉)もそうである。 桜実神社の境内、社殿に隣接した東の高台にあり、根幹の接着によって8株くらいの杉が四方に伸びている。 全体の周囲が14mもあり、天然記念物に指定されている。 ここは、太い直立樹が枯れたのが残念だが、地を這うような樹勢の強い大樹もあり、何度見ても感動する。 先日、神楽岡神社(宇陀市大宇陀)を訪れた。 春に「大海子皇子東国発ち」というツアーを案内したが、その時訪れるべきところだった。 気になっていた。 そこであっちゃんと先日訪れた。 普通の参拝と見学だが・・・そこで、杉の巨樹を見た。 拝殿と本殿の間だから、うっかり見落とすところだった。 最近、気に入っている三本の巨樹である。 いつでもそうだ。 大木から力をいただく。 樹の声を聴くと、力がいつでも湧いてくる。

次の

50歳年収220万からの脱出 老後へのカウントダウン

やりくり七重ブログ

【首都圏にお住まいの皆さまへ】 今週末の首都圏から長野県への人の移動が増えています。 出来れば、首都圏の皆さんも自宅で過ごしてもらいたいと思います。 蔓延する首都圏から比較的穏やかな長野県で過ごしたいとお考えかもしれませんが、自粛要請の趣旨をもう一度考えて下さい。 「都会の人は来るな」とも取れる、この投稿。 首都圏に住む人はどう捉えたのだろうか。 賛成派(埼玉在住):(ツイートで)言ってることは合っていると思う。 自分がかかっているかもしれないのに気付かずに移動して感染を広げるのはよくない。 賛成派(東京在住):しょうがないですよね。 自分のところの県民を守るためにやっているから仕方ない。 一方で、こんな意見も… どちらでもない(東京在住):東京に住んでる側としてはなかなか複雑。 ちょっと傷付きますけど、気持ちもわかるかな。 反対派(東京在住):(東京都民に)線を引くのは違うと思う。 反対派(東京在住): 県にかかわらず、今は協力するべきだと思う。 反対派(東京在住): 観光に来てくれって言ってる割には……人と物が動かなくなると、経済がだめになる。 止めることより、うまくやる方を考えた方がいい。 「ナシ」? 感染症にくわしい、昭和大学医学部の二木芳人氏が解説した。 パトリック・ハーラン: 実は30日のニューヨークタイムズにちょうど載っている記事なんですけど、フランスでもまったく同じ問題が起きているんです。 パリから別荘のある地方に疎開しようとする人がいて、その別荘のある地方で感染拡大が確認されたら、知事は「来るな」と。 そこまでの道路を封鎖しようとする動きもあったんです。 もちろん、その地方の皆さんの命を守ることが仕事ですから、市長さんの言うことはよくわかる。 ただ、自分の身を守ろうとする都会の皆さんの気持ちもよく分かる。 ちなみに、僕は週末は地方に行ったんですけど、その時はアルコール消毒液とマスクを持って。 僕も都会から行っているから、万が一のために、感染させないように対策を徹底したんです。 加藤綾子キャスター: 無症状だけどもしかしたら自分も感染者かもしれないと思った行動が大事なんじゃないかと。 人が動いたらウイルスの拡散につながりますから、やっぱりやるべきじゃない。 この場合は「地方の医療体制を守らなければいけない」という動機もかなりあると思うんですよね。 佐久市の場合は拠点病院があるんですが、感染症病床は4床、精神病床が2床しかないわけです。 これで軽井沢で感染が確認されると佐久市の病院に運ばれてくるわけですから、なかなか厳しくなるんじゃないですか。 昭和大学医学部 特任教授・二木芳人氏: 仮に感染者が出た場合はやはり首都圏とか、あるいはもう少し広域にとらえてそこで病床のやりくりをするべきだと思いますので、そこの地域の病床が少ないということはそれほど心配にならなくてもいいと思います。 【引用 中断】 中国の武漢でもイタリアでも、ロックダウンの直前直後に地方につてのある人たちが一斉に逃げ出したために、全国に感染が広がっていった事は事実ですので、無秩序な東京脱出は歓迎できないと思います。 ですからここで、行政が手助けして「ルールを決めて、東京人の疎開システム」を構築したらどうでしょうか?地方の観光ホテルも長期滞在者がいれば助かると思います。 七重の提案する「都会人の疎開システム」 概要 最初の7日程度はホテルの部屋から出ない。 またこの間の食事は弁当が部屋の前に届く式。 行政の手助けでこの後コロナ検査をして陰性だったら、普通のホテル滞在者としてゆっくりする。 疎開者から見た 料金の支払い 契約は4週間単位。 最初の7日は無料。 後は通常料金で支払う。 例えば1泊2食付き1万5千円だったら、28日宿泊して21日分31万5千円を支払う。 ホテル側から見た 収入 28日で21日分の収入が確保できる。 行政の手助け 念のためのコロナ検査と、客の中にコロナ患者がいた場合には残り21日の契約が破棄されるので、7日分の宿泊費の半分程度をホテル側に助成する。 これはいわゆる「三方一両損」の方式です。 疎開を希望する人は7日は不便を強いられます。 ホテルは感染者かもしれないというリスクと、4分の3の値引きを強いられます。 地方公共団体は、余分な手間暇と余計な助成金が出る危険を覚悟する事を強いられます。 しかし、これはいずれも耐えられる程度の負担だと思います。 逆に 何のシステムもない所で 自分勝手に疎開する人達が増えてくるとその方がかえって感染のリスクが高くなるのではないでしょうか? なぜならば、お客がいない閑古鳥が鳴いている観光地のホテルに1ケ月2ケ月疎開しようと思い付いた人が、個人個人名で疎開を始めると、感染者はそこでクラスターになってしまいますから…。 ですから、疎開をした人は安全が確認できるまでは行動制限をした方がよいと考えます。 そして今 どこかの観光地で、疎開システムを売りだせば「外出できない東京にいるよりはよい」と、資金に余裕のある人たちの潜在需要を掘り起こすことになると考えます。 つまり、海外の旅行もクルーズ旅行もできないから、地方の温泉で1~2ケ月湯治をしようと思う人は少なくないと、私は考えます。 以上、七重の「都会人の安全な疎開システムのすすめ」でした。 以下【引用記事の後半】と朝日新聞の【東京脱出」SNS拡散中 新たなクラスター生むおそれ】を付記します。 「東京の人は来ないで」は差別につながる? 加藤綾子キャスター: 佐久市の市長の言い方は「差別につながらないか」ということなんですが、これはどうでしょうか。 パトリック・ハーラン: 例えば、トランプ大統領が「中国ウイルス」と連呼していることに対しての反発は見えている。 アメリカ国内で中国人、中国系アメリカ人に対する暴力・いじめ・差別的な行為が確認されています。 ですからそれはぜひやめてほしい。 しかし「東京人差別」は聞いたことはないですよ。 今までにないから、多分今まであった差別を助長するような恐れはあまりない。 長期的にはあまり気にしなくていいかなと思います。 フジテレビ・風間晋解説委員: 言い出しっぺは東京都知事と隣接4県の県知事じゃないですか。 これが地方から東京への差別につながるとは思わないですよ。 加藤綾子キャスター: 東京だけ、というよりは単純に「外出自粛要請が出ている所からは来ないでください」ってことですよね。 「外出規制」は若者の行動にかかっている? では、外出の「自粛要請」ではなく、強制的な「外出規制」は必要になってくるのだろうか? フジテレビ・風間晋解説委員: 僕自身は必要な局面が来るのかなと思っていますが、日常的な外出と、今回のようないわゆる疎開みたいなものは別に考えるべきだと思いますよ。 パトリック・ハーラン: 日本は世界各国の国民に比べて大変マナーが良いし、要請されるとそれに応えようとする国民性があると思うので、外出禁止令みたいなものは必要ないかもしれない。 加藤綾子キャスター: でもアメリカは結構厳しいですよね。 パトリック・ハーラン: アメリカはめちゃくちゃ厳しいし、アメリカ人は政府の言うことを聞かないんですよ。 ドイツでも罰金制度があって300万円とか取られちゃうんですけど、日本は本当に抑制しようと思っていれば外出禁止令以外でも措置があると思うんです。 例えば電車やバスの運賃などを10倍に引き上げたらどうですか。 不要不急の集まりに行かないと思うんです。 そういうことも考えられる。 二木芳人氏: 要請に国民は大変良くこたえてくださって抑えてこれたのですけれども、少しフェーズが変わりましたよね。 若い方だけが悪いわけではありませんけれども、若い方が踏ん張ってくだされば「外出の規制」というようなことはしなくてすむ可能性は十分あると思いますので、若い方の行動に期待したい。 今回、志村けんさんのような非常に著名な方がお亡くなりになられました。 若い方は「自分はうつっても平気」と思っていますけど、やはり高齢の方とか病気のある方に移すというリスクをもう一度考えていただければ、それが少し変わるんじゃないでしょうか。 (「Live News it! だが、ウイルスを地方に運び、そこで広げてしまえば、新たなクラスター(感染者集団)を生んでしまうおそれも否定できない。 専門家は注意を呼びかけている。 そう考えられる事例が、複数報告されている。 静岡市では3月末、家族4人の感染が確認された。 東京都に住む10代の女子学生が同18日から帰省。 女子学生は24日に東京へ戻った後、4月1日に感染が確認された。 母親の40代看護師が勤務する市立静岡病院では、濃厚接触者とされた患者や同僚らがPCR検査の対象となった。 佐賀県では3月末に東京都から帰省した30代の女性が、祖母宅に滞在中に発症。 今月4日に感染が確認され、70代の母と80代の祖母も同5日にそれぞれ感染がわかった。 秋田県でも東京都から帰省した専門学校生の10代女性と母親で看護助手の50代女性、50代の父親の感染が判明している。 医師が十分にいなかったり、ベッド数が少なかったり。 地方は医療体制が脆弱(ぜいじゃく)なところが少なくない。 政府の専門家会議のメンバーの押谷仁・東北大学教授(ウイルス学)は4日、厚生労働省クラスター対策班の専門家らによるツイッター投稿で「少数の感染者が出ただけで医療体制は維持できなくなります」と警鐘を鳴らした。 感染者が日に日に増える東京や大阪を出ていく。 そんな人の動きがすでにあるとし、「ウイルスを拡散するような行動はできるだけ避けていただく必要がある」と指摘した。

次の

牛若・チェンジ【天使だらけ/22位】

やりくり七重ブログ

我が家は夫に金銭感覚がまったくないので、家計の管理は妻である私が全てを握っています。 このブログでも、開設当初に我が家の過去のお金の使い方について反省も込め色々と書いてきましたが、今や私の中にはかなりまっとうな金銭感覚が身に付きつつあると実感する今日この頃。 それに引き替え、夫は本当に相変わらずです。 今や家計費から彼に渡す月のおこづかいは5万円しかないのに、使いたい放題だった昔の感覚が抜けないのか、私からみてみるとありえないお金の使い方をしています。 8月支払の夫のカード明細が届いたのですが、相変わらずの洋服の買いっぷり。 毎月5万も渡してるんだからそれで十分!)、「ボーナス払い」を選択するという、金銭感覚の欠如ゆえのその場しのぎでたまった分が99,380円。 ちなみにすべて洋服です。 それに加えて、今月洋服代で使った分が40,185円。 洋服代だけで合計139,565円。 わが夫ながら本当にあきれます。 それに見合った収入があればいいと思いますが、完全に見合ってないでしょ。 彼が手もとにいくら現金があるのか知りませんが、万が一これが払えないとなっても私は100%手助けするつもりはありません。 そのために、家計費で使用したカード代金が落ちる銀行口座と、彼のカードが落ちる口座とをわざわざ分けてもらったんですから。 ここで助けてたら彼の金銭感覚も一生治らないと思いますし。 困っても、自分でまいた種なので自分で何とかしてもらわないと。 今からカード決済の来月12日までの間に必死でネットオークションで資金を稼ぐなり、実家の親に頭さげて借りるなりすればいいと思います。 ・・・と冷たい嫁ですが、ここは曲げるつもりはありません。 夫に金銭感覚がないのなら、家計は妻ががっつり握って、夫には限られたおこづかいの中でやりくりしてもらう、これしかないと思います! ランキングに参加しています。 応援クリックお願いします!!.

次の